発刊予定   2017-2018 流通小売市場白書

139兆円もの小売市場の裾野を形成する中小専門店は、業種を問わず転廃業を基調に縮小が続いている。中堅企業は流通再編に在り、有力企業はM&Aの渦中、新たな成長戦略に取り組んでいる。大手企業もシェア争いに躍起で、業種によっては大方の潮目も見えてきた。こうした中、依然ITCを駆使したビジネスモデルは健在で、成長戦術の基本スキルとなっている。ネット通販も更なる成長戦略として勢いを増している。リアルとバーチャルは日常的な購買行動になっている。すでに成熟の域を脱し、モノ離れが顕在化している中で、サービスと消費文化を小売企業のMD、マーケテイングにいかに組み込み、顧客の共感やロイヤルテイ獲得していくか注目される。

発刊日: 2017/12/下旬 体裁: A4 / 約480頁
資料コード: C59120200 PDFサイズ:
カテゴリ: 流通小売、一般・事業所向けサービス、金融

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 149,040円 (本体 138,000円 消費税 11,040円 )
定価 149,040円 (本体 138,000円 消費税 11,040円 )
定価 181,440円 (本体 168,000円 消費税 13,440円 )
定価 298,080円 (本体 276,000円 消費税 22,080円 )
定価 330,480円 (本体 306,000円 消費税 24,480円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

資料ポイント
Close

  • 流通小売139兆円 市場構造・動向・調査分析報告(年次レポート第18版)
  • 業種業態ごとの分析
    GMS(総合小売店)、SM(食品スーパー)、百貨店、CVS(コンビニエンスストア)、通販(ネット・TV・カタログ)、ドラッグストア、ホームセンター、専門店/FC(フランチャイズチェーン)、SC(ショッピングセンター)/アウトレット、生活協同組合、商社・卸

リサーチ内容

2017年11月17日更新
※掲載予定内容、発刊予定日等に一部変更が生じる場合がございます。

■掲載予定内容

第1章 総論編

(1)流通小売市場16/17年最新動向
  1.2016-17年の流通小売市場
  2.国内139兆円市場構造
  3.消費動態・動向
(2)業態動向でみる小売市場
  1.業態別の市場動向
  2.2016年最新業態別勢力関係図
  3.PB市場の拡大と進展
(3)小売市場の情報化・サービス化
  1.ポイントサービスやSNSで消費を喚起
  2.サービス業と小売業の競合・協業
(4)世界企業/日系企業の海外戦略
  1.海外市場2015-2016年最新動向
  2.海外市場と日本企業の位置づけ
  3.外資系流通企業の日本市場動向
  4.日本企業の海外進出動向
   CVS/GMS/百貨店/各種専門店
  5.グローバルネット通販市場

第2章 業種業態編

1.GMS(総合小売店)
  (1)2016-2017年のGMS最新動向
  (2)GMS市場の推移と2016年動向
  (3)GMS市場の参入企業と市場構造
  (4)大手GMSのオムニチャネル戦略
  (5)大手・中堅GMSの個別動向
2.SM(食品スーパー)
  (1)16/17年の食品スーパー最新動向
  (2)食品スーパー市場の概況と規模
  (3)食品スーパーの業界再編動向
  (4)大手・中堅食品スーパーの個別動向
3.百貨店
  (1)百貨店市場16/17年最新動向
  (2)百貨店市場の推移と市場概況
  (3)百貨店市場の参入企業と市場構造
  (4)大手百貨店グループの個別事例
  (5)地域別百貨店の市場動向
4.CVS(コンビニエンスストア)
  (1)2016-2017年のCVS最新動向
  (2)CVS市場の現状と推移
  (3)CVS市場の構造と動向
  (4)CVSにおける企業間競争の現状
  (5)CVSの個別動向
5.通販(ネット・TV・カタログ)
  (1)通信販売市場16/17年最新動向
  (2)通信販売市場の現状と動向
  (3)カタログ、TV、インターネット別市場
  (4)各小売業態のネット通販動向
  (5)主な業種別通販市場の動向
6.ドラッグストア
  (1)16/17年最新市場動向
  (2)市場の推移と市場構造
  (3)ドラッグストア参入企業と概況
  (4)調剤薬局・事業の動向
  (5)大手ドラッグストアの個別動向
7.ホームセンター
  (1)HC市場16/17年最新動向
  (2)HC市場の推移と市場構造
  (3)大手HCの個別動向
8.専門店/FC(フランチャイズチェーン)
  (1)専門店市場16/17年最新動向
  (2)専門店の位置づけと現況
  (3)市場牽引の大手チェーンと成長企業
  (4)FC市場16/17年最新動向
  (5)FC市場の推移と市場構造
  (6)業種・業態別FC業界の動向
9.SC(ショッピングセンター)/アウトレット
  (1)16/17年SC最新動向
  (2)SCの現状と市場推移
  (3)SCの規模・種類、開発企業の動向
  (4)アウトレットモールの現状と開発計画
10.生活協同組合
  (1)16/17年の生協最新動向
  (2)生協の現状と小売(供給事業)動向
  (3)宅配ネット注文システムと配食事業
  (4)有力生協の動向
11.商社・卸
  (1)総合商社16/17年最新動向
  (2)中間流通市場の規模と構造
  (3)大手専門卸の個別動向
12.巻末資料
  1.小売企業売上高ランキング(1,000社)
  2.卸企業売上高ランキング(500社)
  3.都道府県別 業態別 主な店舗数

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 149,040円 (本体 138,000円 消費税 11,040円 )
定価 149,040円 (本体 138,000円 消費税 11,040円 )
定価 181,440円 (本体 168,000円 消費税 13,440円 )
定価 298,080円 (本体 276,000円 消費税 22,080円 )
定価 330,480円 (本体 306,000円 消費税 24,480円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C59100100 2017年版 日本マーケットシェア事典
C59120100 2018 サービス産業白書
C59121400 2017-2018 SPAマーケット総覧
C59115900 2017年版 建材市場の展望と戦略
C59115200 2017年版 CAD/CAM/CAEシステム市場の中期展望