2017年版 有力来店型保険ショップの実態と戦略

本調査レポートは、今回で発刊4回目を迎えた。作成時は、法改正から既に半年以上が経ち、本部における体制整備や店舗業務での運用面を見直し、改善作業を進めている真最中だった。そこで、従来の事業戦略、営業戦略、商品戦略に加えて、法整備対応に付随した効率化やシステム化などにも対応しているか否か、その内容も取材した。また、業法改正を機に、大手企業の中には訪問事業や法人向け事業などの多角化が図られ、来店型保険ショップ専業者は減ってきているが、来店型保険ショップの社会的存在意義は高まりつつある。また、地方の有力来店型保険ショップでは、地方銀行や準大手証券会社の傘下に入り、グループ力を活かした生き残りを模索しており、銀行代理業務、金融商品仲介業務など保険を含めたファイナンシャルショップ化の動きも見える。
こうした状況から本調査レポートでは、来店型保険ショップ事業を中心に市場規模の算出や事業動向をまとめ、他の事業への注力状況についても言及した。更に、来店型保険ショップ利用者へのインターネットによるアンケート調査から業界全体の俯瞰を試みた。

発刊日: 2017/03/31 体裁: A4 / 176頁
資料コード: C58122600 PDFサイズ: 2.8MB
カテゴリ: 流通小売、一般・事業所向けサービス、金融 / ブランドビジネス、ライフスタイル

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 129,600円 (本体 120,000円 消費税 9,600円 )
定価 129,600円 (本体 120,000円 消費税 9,600円 )
定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 259,200円 (本体 240,000円 消費税 19,200円 )
定価 291,600円 (本体 270,000円 消費税 21,600円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:生命保険、損害保険を扱う来店型保険ショップの経営企業の経営実態を把握し、各社の戦略と市場動向を明らかにすることを目的とした。また、保険会社や有力な乗合保険代理店も併せてヒアリングし、業界を俯瞰することを目的とした。
調査対象先:来店型保険ショップ市場において、実績がある企業、新規参入企業等を任意抽出。補足的に、来店型保険ショップを展開している生命保険会社等。
★取材にご協力頂いた企業や情報開示を行なっている企業が少ないため、参考数値として例示に留まる項目もあります。
調査方法:個別面接取材
調査期間:2017年1月~2017年2月

調査結果サマリー
Close

来店型保険ショップ市場に関する調査を実施(2017年)
~厳しい環境下、来店型保険ショップの市場規模、新規契約件数は拡大基調~
・2016年度の来店型保険ショップの市場規模(新契約年換算保険料)は前年度比11.2%増の1,882億円と拡大の見込み
・2016年度の来店型保険ショップの新規契約件数は前年度比12.2%増の184万件の見込み
・生命保険会社に続き、地方銀行、証券会社も地方有力来店型保険ショップを買収、
 損害保険会社も子会社で来店型保険ショップを展開、当市場に対する金融機関の注目度高まる

資料ポイント
Close

  • 直接ヒアリング情報及び周辺取材から得られた情報から業界動向の現状を俯瞰
  • 取材協力企業の事業戦略や取組み、募集実績など定量・定性両面から来店型保険ショップ経営企業の実態を把握し、将来展望も掲載
    (取材にご協力頂いた企業や情報開示を行なっている企業が少ないため、参考数値として例示に留まる項目もあります。)
  • 本年版は、来店型保険ショップ利用者へのインターネットによるアンケート調査結果も掲載

 

資料概要
Close

第Ⅰ章 総論編
第Ⅱ章 各論編
第Ⅲ章 アンケート集計編
第Ⅳ章 個表編

リサーチ内容

■掲載内容

調査結果のポイント

第Ⅰ章 総論編

1.市場の成り立ちと背景
2.来店型保険ショップの位置づけ
3.業界動向
  (1)市場動向
  (2)法整備から半年、業法改正の功罪
  (3)法改正による来店型保険ショップの動向と影響
    ①概観
    ②大手で出店スピードにブレーキ
    ③大手で資本充実
    ④大手は事業の多角化、地方有力ショップで地方銀行、証券会社の傘下に
    ⑤顧客とのコミュニケーション強化が図られ、追加契約が増加
  (4)意向把握、情報提供義務対応のためのシステム化の現状
  (5)異業種の参入の現状
    ①生命保険会社に続き損害保険会社でも参入
    ②生命保険会社の来店店舗
    ③資本・業務提携した異業種の動向
    ④来店型保険ショップ向け商品開発・販売も拡大
    ⑤他業態からも参入
  (6)活用高まる来店型保険ショップ
4.市場規模
  (1)来店型保険ショップの市場規模
  (2)生命保険、損害保険の契約動向
5.業界構造
  (1)参入企業
  (2)来店型保険ショップの経営企業数
  (3)設立
  (4)従業員数
  (5)資本金
  (6)店舗数
6.来店型保険ショップの事業戦略
  (1)事業戦略
  (2)事業戦略の課題と対策、差別化策、今後
  (3)個人への訪問の注力状況と予定
  (4)法人への注力状況
  (5)法人向け商品への注力の予定
7.業界の課題と展望

第Ⅱ章 各論編

1.経営実態
2.営業戦略
  (1)新規開拓策
  (2)既存顧客の囲い込み策
  (3)顧客利便性向上のための施策
    ①付加サービス
    ②保険以外の取扱商品
    ③その他サービス(他の金融機関や異業種とのアライアンス、内容、導入の背景等)
  (4)集客方法での課題と対策、今後の方針
    ①課題と対策
    ②今後の方針
  (5)生命保険会社の来店誘致策
3.商品戦略
  (1)提案、推奨商品の選定方法
  (2)生保の売れ筋、高シェア会社・商品
  (3)損害保険の注力方針、販売方針、強化策、損保の売れ筋、高シェア会社・商品
  (4)今後の注目商品
4.顧客獲得実績
  (1)保有契約高と契約件数
  (2)新規契約高と契約件数
  (3)新契約年換算保険料
  (4)販売商品別の新契約件数の構成
5.顧客動向と属性
  (1)現状の顧客層とターゲット層
  (2)生命保険会社のターゲット層
  (3)顧客の来店目的、契約動向、ニーズの変化
  (4)生命保険会社の顧客の来店目的、契約動向、ニーズの変化
  (5)既存、新規顧客属性の概況と変化、生保の新規契約件数の構成
  (6)新規顧客の相談内容
  (7)成約率、リピート率
6.店舗運営戦略
  (1)人材採用、教育の方法、方針
  (2)FC(フランチャイズ)支援策/プログラム、支援効果
  (3)店舗展開地域と今後の展開
  (4)生命保険会社の来店型店舗展開の現状と今後の展開(地域や立地)
  (5)店舗数推移
  (6)立地、出店形態、商圏
  (7)店舗規模、1店当たりの人員数
  (8)店舗数拡大意向
  (9)店舗運営の課題と対策
  (10)生命保険会社における来店型保険ショップとの協業策

第Ⅲ章 アンケート集計編

1.アンケート結果の概要
  (1)生命保険の加入率と来店型保険ショップ利用率
  (2)来店型保険ショップの利用動向
  (3)来店型保険ショップ非利用者の今後の利用意向
2.アンケート集計の結果
  (1)来店型保険ショップの利用動向
    ①生命保険の加入経路(メインとサブ)
    ②加入した来店型保険ショップ(メインとサブ)
    ③初めて来店型保険ショップを利用した時期
    ④来店型保険ショップの利用理由
    ⑤加入した来店型保険ショップを選んだ理由
    ⑥来店型保険ショップで契約、乗り換えた理由
    ⑦来店型保険ショップへの年間来店回数
    ⑧来店型保険ショップのお気に入りのキャンペーン
    ⑨来店型保険ショップへの不満点
    ⑩来店型保険ショップの継続利用意向
    ⑪再度利用する場合、利用したい来店型保険ショップ
    ⑫来店型保険ショップが無かった場合の加入経路(1位)
  (2)来店型保険ショップ非利用者の今後の利用意向
    ①来店型保険ショップを利用しなかった理由
    ②今後の来店型保険ショップの利用意向
    ③来店型保険ショップの利用方法
    ④今後、来店型保険ショップを利用する場合、利用したい来店型保険ショップ

第Ⅳ章 個表編

1.ほけんの窓口グループ(株)
2.(株)セブン・フィナンシャルサービス
3.FPコンサルタンツ(株)
4.(株)エフケイ
5.アフラック

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 129,600円 (本体 120,000円 消費税 9,600円 )
定価 129,600円 (本体 120,000円 消費税 9,600円 )
定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 259,200円 (本体 240,000円 消費税 19,200円 )
定価 291,600円 (本体 270,000円 消費税 21,600円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C59100100 2017年版 日本マーケットシェア事典
C58103800 2016年版 メディカルバイオニクス(人工臓器)市場の中期予測と参入企業の徹底分析
C58124500 2017年版 電子決済/EC決済サービスの実態と将来予測
C58124400 2017年版 静電容量方式タッチパネル・部材市場の徹底分析
C58121700 2017年版 理美容マーケティング総鑑