2017年版 物流市場の現状と将来展望

社会・産業のインフラ産業として、戦略的な物流システムが求められるなか、本調査レポートでは様々な業態の物流事業者の取り組みをまとめた。

発刊日: 2017/03/31 体裁: A4 / 344頁
資料コード: C58123500 PDFサイズ: 10.1MB
カテゴリ: 流通小売、一般・事業所向けサービス、金融

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 324,000円 (本体 300,000円 消費税 24,000円 )
定価 356,400円 (本体 330,000円 消費税 26,400円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:物流市場における業種別の市場規模や需要動向、有力事業者の経営・事業の現状等を調査分析することにより、今後の業界の発展に供することを目的とする。
調査対象:ヒアリング調査実施社数12社、各社IR情報による簡易個表28社、その他、国土交通省、業界団体等
調査方法:面接ヒアリング調査、一部書面および電話による補足調査。各種統計、文献資料等の収集・分析調査
調査期間:2016年12月~2017年3月

調査結果サマリー
Close

物流17業種に関する調査を実施(2017年)
・2015年度の物流17業種総市場規模は前年度比99.1%の20兆4,110億円、2016年度は前年度比96.0%の19兆5,970億円の見込み
・人手不足問題は業界全体の課題ではあるが、「スマート物流」に向けた兆しも

資料ポイント
Close

  • 近年のトピックスの方向性を整理
    物流業界は、国際物流とは切り離せなくなりつつあり、海外戦略や外資のM&Aといった動向を整理
  • 市場環境分析、市場分析に役立つ視点で分析・整理
    物流市場・国際物流を取巻く市場環境の動向を網羅的に整理
  • 物流主要業種ごとに市場動向、市場規模を整理
    主要業種ごとに市場動向、市場規模を整理するとともに、有力企業の事業事例も整理
  • 調査対象とする物流17業種
    特別積合せ運送、宅配便、システム物流、国際宅配便、フォワーディング、鉄道利用運送、一般港湾運送、海運、航空輸送、鉄道輸送、軽貨物輸送、バイク便輸送、普通倉庫、冷蔵倉庫、トランクルーム類、納品代行、引越

資料概要
Close

第1章 物流市場の潮流
第2章 物流市場を取巻く市場環境
第3章 物流市場の最新動向
第4章 業種別にみる市場動向・事例研究 ~物流17業種の市場動向と有力事業者の事例研究~

リサーチ内容

■掲載内容

調査結果のポイント

1.市場動向
2.展望と課題

第1章 物流市場の潮流

1.大手物流事業者に顕著な業務領域の拡大
2.物流のシステム化がもたらした物流サービスの高度化と国内物流の充実
3.物流市場の市場トレンド
  1)物流17業種 総市場規模の推移と予測
  2)物流17業種 総市場規模における企業別シェア
4.物流市場のアキレス腱

第2章 物流市場を取巻く市場環境

1.国内における物流政策の動向
2.物流市場を取巻く経済環境の動向
  1)日本と世界の経済環境
  2)わが国における輸出入動向
  3)貨物輸送量の動向
  4)国内における貨物在庫量の動向
  5)輸送機器の動向
  6)物流不動産市場の動向

第3章 物流市場の最新動向

新興国における経済概況と物流事業者および荷主業種の動向について
  1)世界規模で進む海運業界の再編
  2)低温物流
  3)M&Aに関する動向
  4)人手不足の対応
  5)注目される「地域包括ケアシステム」に物流会社が続々と参入

第4章 業種別にみる市場動向・事例研究 ~物流17業種の市場動向と有力事業者の事例研究~

1.特別積み合わせ運送
  1)事業概要と参入企業の動向
  2)最新トレンドと有力企業にみる注力施策
  3)課題・問題点
  4)市場規模の動向と見通し
  5)事例研究:セイノーホールディングス株式会社
2.宅配便および国際宅配便
  1)事業概要と参入企業の動向
  2)最新トレンドと有力企業にみる注力施策
  3)課題・問題点
  4)市場規模の動向と見通し
  5)事例研究:ヤマトホールディングス株式会社
3.システム物流及び納品代行
  1)事業概要と参入企業の動向
  2)最新トレンドと有力企業にみる注力施策
  3)課題・問題点
  4)市場規模の動向と見通し
  5)事例研究
    センコー株式会社
    ニッコンホールディングス株式会社
    株式会社C&Fロジホールディングス
    株式会社ハマキョウレックス
    株式会社丸和運輸機関
4.フォワーディング
  1)事業概要と参入企業の動向
  2)最新トレンドと有力企業にみる注力施策
  3)課題・問題点
  4)市場規模の動向と見通し
  5)事例研究
    株式会社近鉄エクスプレス
    山九株式会社
    丸全昭和運輸株式会社
5.鉄道貨物輸送および鉄道利用貨物運送
  1)事業概要と参入企業の動向
  2)最新トレンドと有力企業にみる注力施策
  3)課題・問題点
  4)市場規模の動向と見通し
6.一般港湾運送および海運
  1)事業概要と参入企業の動向
  2)最新トレンドと有力企業にみる注力施策
  3)課題・問題点
  4)市場規模の動向と見通し
7.航空貨物運送
  1)事業概要と参入企業の動向
  2)最新トレンドと有力企業にみる注力施策
  3)課題・問題点
  4)市場規模の動向と見通し
8.軽貨物輸送及びバイク便
  1)事業概要と参入企業の動向
  2)最新トレンドと有力企業にみる注力施策
  3)課題・問題点
  4)市場規模の動向と見通し
  5)事例研究
    株式会社By-Qグループ
    株式会社全国赤帽
9.普通倉庫および冷蔵冷凍倉庫(およびトランクルーム)
  1)事業概要と参入企業の動向
  2)最新トレンドと有力企業にみる注力施策
  3)課題・問題点
  4)市場規模の動向と見通し
10.引越
  1)事業概要と参入企業の動向
  2)最新トレンドと有力企業にみる注力施策
  3)課題・問題点
  4)市場規模の動向と見通し
  5)事例研究:アートコーポレーション株式会社

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 324,000円 (本体 300,000円 消費税 24,000円 )
定価 356,400円 (本体 330,000円 消費税 26,400円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C57103800 2015年版 物流市場の現状と将来展望
C59100100 2017年版 日本マーケットシェア事典
C58103800 2016年版 メディカルバイオニクス(人工臓器)市場の中期予測と参入企業の徹底分析
C58124500 2017年版 電子決済/EC決済サービスの実態と将来予測
C57118000 2015年版 低温物流市場の現状と将来展望