2017年版 自然派・オーガニック化粧品マーケティング総鑑

日本の自然派・オーガニック化粧品市場の概要・動向、主要プレーヤー・主要小売業を総覧したレポート。現在、様々な海外ブランドの輸入販売が進むほか、近年では国内大手化粧品メーカーの参入も活発化している。さらに小売においても、バラエティストア、百貨店、セレクトショップなどで専門売場が出来るなど顧客接点も増えていることから、市場拡大の最中にある。市場の動向と今後の方向性を調査・分析することにより、自然派・オーガニック化粧品市場の現状把握と将来性を展望することを目的として企画した。

発刊日: 2017/08/31 体裁: A4 / 326頁
資料コード: C59107500 PDFサイズ: 5.7MB
カテゴリ: ファッション、スポーツ、美容、生活雑貨、消費財

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 129,600円 (本体 120,000円 消費税 9,600円 )
定価 129,600円 (本体 120,000円 消費税 9,600円 )
定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 259,200円 (本体 240,000円 消費税 19,200円 )
定価 291,600円 (本体 270,000円 消費税 21,600円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:自然派・オーガニック化粧品市場の動向と今後の方向性を調査・分析することにより、自然派・オーガニック化粧品市場の現状把握と将来性を展望することを目的として実施した。
調査対象市場:自然派・オーガニック化粧品市場
<自然派化粧品>下記要件にあてはまるものを自然派化粧品と定義している。
①天然植物原料を主成分としている ②化学合成成分の配合を抑制している
<オーガニック化粧品>下記要件のいずれかにあてはまるものをオーガニック化粧品と定義している。
①オーガニック認証を取得している ②使用原料の大部分が自社及び提携農園のオーガニック素材である
③ブランドラインアップの大部分にオーガニック素材を用いている
調査対象先:自然派・オーガニック化粧品市場参入企業。その他関連企業、関連団体。
調査方法:直接面接及び電話取材、その他周辺間接調査を実施した。
調査期間:2017年6月~2017年8月

調査結果サマリー
Close

自然派・オーガニック化粧品市場に関する調査を実施(2017年)
・2016年度の自然派・オーガニック化粧品市場は前年度比5.3%増の1,237億円
・トータルなライフスタイル提案を強化する自然派化粧品ブランドが増加
・2017年度の自然派・オーガニック化粧品市場は前年度比4.9%増の1,298億円、2018 年度は同4.2%増の1,353億円、今後も拡大基調を予測

資料ポイント
Close

  • 自然派・オーガニック化粧品市場の2012~2016年度の製品カテゴリー別市場規模・流通ルート別市場規模、2014~2016年度メーカーシェアを調査
  • 自然派化粧品市場の2012~2016年度の製品カテゴリー別市場規模・流通ルート別市場規模、2014~2016年度のメーカーシェアを調査
  • オーガニック化粧品市場の2012~2016年度の製品カテゴリー別市場規模・流通ルート別市場規模、2014~2016年度メーカーシェアを調査
  • 主要参入メーカーブランドのマーケティング戦略を徹底調査、対象22社
  • 主要小売企業のマーケティング戦略を徹底調査(3社)
  • 主要ブランドの概要が一目でわかるブランド一覧を掲載(全116ブランド)
  • 2017~2021年度の自然派・オーガニック化粧品市場を展望
     

資料概要
Close

第Ⅰ章 自然派・オーガニック化粧品市場の動向分析
第Ⅱ章 自然派化粧品市場の動向分析
第Ⅲ章 オーガニック化粧品市場の動向分析
第Ⅳ章 有力参入メーカーの戦略分析
第Ⅴ章 有力参入企業の事例研究(25社)
第Ⅵ章 主要ブランド一覧(全116ブランド)

リサーチ内容

■掲載内容

第Ⅰ章 自然派・オーガニック化粧品市場の動向分析

1.自然派・オーガニック化粧品の市場概況と調査対象範囲
2.主要参入ブランド類型
3.主な認定基準
4.自然派・オーガニック化粧品の市場年表
5.自然派・オーガニック化粧品の市場規模推移(2012~2016年度)
  1)総市場
  2)化粧品総市場における自然派・オーガニック化粧品市場の位置づけ
  3)製品カテゴリー別
  4)コンセプト別
  5)流通ルート別
6.自然派・オーガニック化粧品のカテゴリー市場構成比(2016年度)
  1)製品カテゴリー別
  2)コンセプト別
  3)流通ルート別
7.自然派・オーガニック化粧品のメーカーシェア(2014~2016年度)
  1)総市場
  2)総市場シェア一覧
8.参入ブランド戦略分析
  1)製品戦略
  2)価格戦略
  3)チャネル戦略
  4)プロモーション戦略
9.自然派・オーガニック化粧品小売の動向
  1)百貨店
    (1)ビューティアポセカリー
    (2)アミューズ ボーテ
  2)百貨店による新業態
    (1)イセタン ミラー メイク&コスメティクス
    (2)フルーツギャザリング
  3)バラエティストア
  4)自然派・オーガニック化粧品専門店
    (1)マッシュビューティーラボ「コスメキッチン」
    (2)SLJ「オーガニックマーケット」
10.自然派・オーガニック化粧品の今後の市場展望
  1)自然派・オーガニック各々のチャネル変化に伴うブランドと顧客との接点増加
  2)実感の促進による潜在需要の掘り起こしが進展
  3)製品品質及び機能性の向上
11.自然派・オーガニック化粧品の市場規模予測(2017~2021年度)
  1)総市場
  2)コンセプト別

第Ⅱ章 自然派化粧品市場の動向分析

1.自然派化粧品の市場概況
2.自然派化粧品の市場規模推移(2012~2016年度)
  1)総市場
  2)製品カテゴリー別
  3)流通ルート別
3.自然派化粧品の市場構成比(2016年度)
  1)製品カテゴリー別
  2)流通ルート別
4.自然派化粧品のメーカーシェア(2016年度)
  1)総市場
  2)総市場シェア一覧
5.参入ブランド戦略分析
  1)製品戦略
  2)価格戦略
  3)チャネル戦略
  4)プロモーション戦略
6.自然派化粧品の今後の市場展望
  1)トータルなライフスタイル提案を強化するブランドの増加
  2)日本人に訴求する機能性製品の強化
  3)通販ルート・卸ルートの拡大
7.自然派化粧品の市場規模予測(2017~2021年度)

第Ⅲ章 オーガニック化粧品市場の動向分析

1.オーガニック化粧品の市場概況
2.オーガニック化粧品の市場規模推移(2012~2016年度)
  1)総市場
  2)製品カテゴリー別
  3)流通ルート別
3.オーガニック化粧品の市場構成比(2016年度)
  1)製品カテゴリー別
  2)流通ルート別
4.オーガニック化粧品のメーカーシェア(2016年度)
  1)総市場
  2)総市場シェア一覧
5.参入ブランド戦略分析
  1)製品戦略
  2)価格戦略
  3)チャネル戦略
  4)プロモーション戦略
6.オーガニック化粧品の今後の市場展望
  1)統一基準「コスモス認証」施行を契機とした潜在需要の掘り起こしの進展
  2)国産ブランドの成長による主要プレイヤー増加と競争激化
  3)ブランド専門店ルート及び卸ルートの拡大
7.オーガニック化粧品の市場規模予測(2017~2021年度)

第Ⅳ章 有力参入メーカーの戦略分析

1.研究開発・製品開発・生産の動向
2.流通ルートと課題・対策
3.広告・販促・顧客管理の方法
4.今後のマーケティング戦略

第Ⅴ章 有力参入企業の事例研究(25社)

<自然派・オーガニック化粧品ブランドメーカー編(21社)>
株式会社ACRO
株式会社アリエルトレーディング
アルペンローゼ株式会社
株式会社イオンフォレスト
株式会社ヴェレダ・ジャパン
株式会社おもちゃ箱
株式会社コーセー
株式会社サボン ジャパン
ジュリーク・ジャパン株式会社
株式会社ジョンマスターオーガニックグループ
株式会社生活の木
ドルチェ・ヴィータ・エッセンツィアーリ株式会社
株式会社ニールズヤード レメディーズ
株式会社ハウス オブ ローゼ
株式会社フィッツコーポレーション
株式会社マークスアンドウェブ
メルヴィータジャポン株式会社
株式会社ラッシュジャパン
ラリン・ジャパン株式会社
ロクシタンジャポン株式会社
株式会社ローレル

<自然派・オーガニック化粧品小売企業編(3社)>
(株)SLJ
内からの改善提案としてフードを強化オーガニックコスメセレクトショップ『オーガニックマーケット』を運営

(株)マッシュビューティーラボ
新業態開発やオリジナルブランド立ち上げを実施『Cosme Kitchen』

(株)三越伊勢丹
ナチュラル&オーガニックアイテムで「美と健康」の先駆者として市場をリード『ビューティアポセカリー』

<自然派・オーガニック注目企業編(1社)>
日本ロレアル(株)
165年以上の歴史を持つブランド『KIEHL’S SINCE 1851/キールズ』

第Ⅵ章 主要ブランド一覧(全116ブランド)

AVEDA(アヴェダ)
amritara(アムリターラ)
ARGITAL(アルジタル)
ArsNova(アルスノーヴァ)
ANNEMARIE BORLIND(アンネマリー・ボーリンド)
HIERBAS DE IBIZA(イェルバス デ イビザ)
Aesop(イソップ)
IN FIORE(インフィオレ)
Villalodola(ヴィラロドラ)
WELINA(ウェリナ)
WELEDA(ヴェレダ)
uka(ウカ)
URTEKRAM(ウルテクラム)
ESSENSITY(エッセンシティ)
F organics(エッフェ オーガニック)
erbaviva(エルバビーバ)
organic elements(オーガニックエレメンツ)
The organic Pharmacy(オーガニックファーマシー)
organicBOTANICS(オーガニックボタニクス)
AUBREY ORGANICS(オーブリーオーガニクス)
L'ORACLE(オラクル)
GamilaSecret(ガミラシークレット)
Kiehles(キールズ)
KORRES NATURAL PRODUCTS(コレスナチュラルプロダクト)
THE BODY SHOP(ザ・ボディショップ)
sabai-arom(サバイアロム)
SABON(サボン)
Senders Perry(サンダースペリー)
Sierra Organica(シエラ・オーガニカ)
Cigale Bio(シガールビオ)
SHIGETA(シゲタ)
Jurlique(ジュリーク)
john masters organics(ジョンマスターオーガニック)
Sinn Purete´(シン ピュルテ)
skyn ICELAND(スキンアイスランド)
THREE(スリー)
生活の木
草花木果
davines(ダヴィネス)
TAUTROPFEN(タウトロッフェン)
chant a charm(チャントアチャーム)
Terracuore(テラクオーレ)
THERMAE DI SALSOMAGGIORE(テルメ ディ サルソマッジョーレ)
do organic(ドゥーオーガニック)
Dr.Hauschka(ドクターハウシュカ)
DR.TAFFI(ドクタータッフィー)
trilogy(トリロジー)
davines(ダヴィネス)
NASEED(ナシード)
NEEAL'S YARD REMEDIES(ニールズヤード レメディーズ)
NUXE(ニュクス)
Nature & Co(ネイチャーアンドコー)
Nature's Gate(ネイチャーズゲート)
BURT'S BEES(バーツビーツ)
PERFECT POTION(パーフェクトポーション)
herbfarmacy(ハーブファーマシー)
HOUSE of ROSE(ハウスオブローゼ)
BAGER(バジャー)
HANA ORGNIC(ハナ オーガニック)
PANGEA ORGANICS(パンゲアオーガニクス)
BIOFFICINA TOSCANA(ビオッフィチーナ トスカーナ)
FIG+YARROW(フィグアンドヤロウ)
PHYT'S(フィッツ)
PRIMAVERA(プリマヴェーラ)
fleur de fatima(フルールドファティマ)
Provida(プロヴィダ)
babybuba(ベビーブーバ)
MARKS & WEB(マークスアンドウェブ)
MÁDARA(マダラ)
MARTINA GEBHARDT(マルティナ ゲフハルト)
Melvita(メルヴィータ)
La CASTA(ラ・カスタ)
RAHUA(ラウア)
lavera(ラヴェーラ)
La Claree(ラ クリー)
LUSH(ラッシュ)
RUHAKU(琉白)
ROSE DE MARRAKECH(ローズ ド マラケシュ)
L’OCCITANE(ロクシタン)
LOGONA(ロゴナ)
YSK(ワイエスケー)
Erms(アールエムエス)
Aromedica(アロメディカ)
HERBORISTERI(エルボリステリア)
Optimistic(オプティミスティック)
quattro-botanico(クワトロボタニコ)
product(ザ・プロダクト)
sarahapp(サラハップ)
sunfood Superfoods(サンフードスーパーフード)
Le Chateau du Bois(シャトー・デュ・ボワ)
Josiane Laure(ジョジアンヌ・ロール)
Zuii(ズイ)
thayers(セイヤーズ)
centifolia(センティフォリア)
sodasan(ソーダサン)
soaptopia(ソープトピア)
sonett(ソネット)
sonnentor(ゾネントア)
solyvia(ソリビア)
diptyque(ディプティック)
naobay(ナオベイ)
HERBAN ESSENTIALS(ハーバンエッセンシャルズ)
Pacific Essences(パシフィックエッセンス)
pukka(パッカ)
power of healing essence(パワーオブフラワーヒーリングエッセンス)
panpuri(パンピューリ)
Pubicare(ピュビケア)
Plug aroma(プラグアロマ)
provamel(プロヴァメル)
magica(マヒカ)
MAMA BUTTER(ママバター)
marias(マリアス)
malieorganics(マリエオーガニクス)
radius(ラディウス)
lebensbaum(レーベンスバウム)
remio(レミオ)

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 129,600円 (本体 120,000円 消費税 9,600円 )
定価 129,600円 (本体 120,000円 消費税 9,600円 )
定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 259,200円 (本体 240,000円 消費税 19,200円 )
定価 291,600円 (本体 270,000円 消費税 21,600円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C59100100 2017年版 日本マーケットシェア事典
C59109900 2017年版 ヘアケアマーケティング総鑑
C59110900 2017 アイウエアブランドマーケット
C59111600 2017 デニム・カジュアル白書
C59110000 2017年版 家庭用・オフィス用家具マーケットの市場実態と将来展望