海外関連

支援体制

ビジネスのグローバル化に対応すべく、矢野経済研究所は、海外における調査ネットワークの拡充を目指し、アジアでは現地拠点作りを、欧米ではパートナー企業との連携を進めています。
これによって、矢野経済研究所は、アジアを代表する総合調査機関として多種多様なニーズにお応えすることが可能になりました。
環境・エネルギー、自動車、機械・エンジニアリング、エレクトロニクス・オプティクス、化学素材、物流、航空・宇宙、建設、不動産、住宅建材、住宅設備機器、家具、繊維、アパレル、農産物、食品、金融、情報通信 他、様々な産業フィールドにて、現地産業調査、現地消費者調査、その他文献調査を含む広くリサーチならびにコンサルティングを行っております。

支援体制

上海、ソウル、台北と海外拠点も有しており、海外調査の基点として各国の調査を実施しております。
各国のパートナー企業とのネットワークを活かして調査をすることが可能です。
各分野の専門事業部と海外事業部門の連携により、あらゆる業界の海外現地調査、および海外の現地企業との交渉を担当。
現地パートナーとのコミュニケーションもスムーズに図れます。
日本の各産業分野の調査ノウハウによって現地調査の品質を可能な限り担保、特にクライアントとの意思疎通、調査項目の背景にある真意、企業戦略、日本との違いなどを理解して調査にあたり分析をすることが、成果を得るための大きなポイントとなります。

  • 調査・コンサルティング

    矢野経済研究所は、実際の市場から生の情報を元に、実ビジネスの視点で、日本企業の海外市場での成長戦略をお手伝いいたします。

  • マーケットレポート

    自社企画資料の中で、海外現地企業および市場情報を掲載しているマーケットレポートと、外国語翻訳版マーケットレポートをご紹介いたします。


中国・台湾
詳細はこちら

中国は、弊社東京本社 中国事業部のみならず、上海に拠点として弊社100%子会社「矢野経済信息諮詢(上海)有限公司/上海代表処 」を設置し、中国に関するあらゆる企業ニーズにお応えします。
台湾は、台北事務所を弊社資本拠点としています。

ASEAN+インド
詳細はこちら

タイ、シンガポール、マレーシア、ベトナム、インドネシア、フィリピン、ミャンマー等、ASEAN主要国、ならびに消費市場としての「ポスト中国」と注目を集めはじめたインドにおいて、信頼できるパートナーとの協業をベースとして、お客様のASEAN市場でのビジネス拡大を支える体制を整えております。

矢野経済研究所はソウルに拠点を設置して20年近くになります。多くの韓国企業とのコネクションを有し、日系企業の韓国進出をサポートさせて頂きました。近年ではビジネスマッチングニーズが高まっており、公的団体のマッチングセミナーを後援させて頂いております。

欧州・北米、オセアニア、ロシア、中東、南米
詳細はこちら

欧州・北米等先行国の実態調査を多数実施してまいりました。オセアニアでは、オーストラリア、ニュージーランドでの現地調査の実績があります。 中東ではUAE、トルコ、キプロスでの現地調査の実績があります。 ロシアに関しては、極東地区を含むロシア全域の現地調査が可能です。 南米では、ブラジルに基点があり、調査が可能です。