ヘルスケア、医療、医薬、介護、医療機器

医薬品・医療機器

2017年05月15日 更新

医療・介護

2017年05月15日 更新

予防・健康

2017年02月01日 更新

ケースⅠは、「医療制度改革や薬価制度の見直しが医薬品需要に影響を及ぼすこと」を想定して作成を行った。わが国を含む先進諸国においては、今後も医療費の抑制が行われることになるものと予想される。ケースⅠでは、長期収載品が段階的に減少し、ジェネリック医薬品の数量シェアが拡大すること、高額な薬価で収載される医薬品に対しては特例拡大再算定制度や一定のルールなどにより医療費の抑制が行われることを想定した。

詳細を見る

最新マーケットレポート

放射線治療施設の整備状況を調べたところ、全国の二次医療圏344地域のうち、55地域が放射線治療を行える病院、一般診療所のない空白地域となっている(2016年10月現在)。厚生労働省は空白地域を埋めるために新たながん診療提供体制を整備しているが、実際に放射線治療施設の存在しない二次医療圏は、へき地、離島だけでなく市行政地域でも存在しており、現状ではその地域格差は大きいものと考える。

詳細を見る

プレスリリース