ヘルスケア、医療、医薬、介護、医療機器

医薬品・医療機器

2016年05月10日 更新

医療・介護

2016年05月09日 更新

予防・健康

2016年05月09日 更新

2016年4月から実施された薬価改定では、C型肝炎治療薬が特例拡大再算定制度の対象品目となったことから、大幅な薬価の引き下げを受けた。これは、薬価が高額となる新薬が一気に売上規模を拡大したことによる。世界的に、今後もがん免疫療法剤など薬価が高額となる新薬が発売される傾向にあり、がん以外にも患者数が増加するとされているアルツハイマー型認知症や2型糖尿病、神経疼痛などに対する治療薬が発売されれば、ファースト・イン・クラス(画期的な新薬)として成長する可能性があると考える。

詳細を見る

最新マーケットレポート

2014年度の市場規模は病院給食で前年度比99.4%の1兆1,971億円、高齢者施設給食で前年度比103.0%の8,316億円、在宅配食サービスで前年度比108.2%の1,050億円であった。
日本は超高齢社会を迎え、高齢者施設の増加と在宅高齢者の増加により、高齢者施設給食と在宅配食サービスの市場は拡大が見込まれる。

詳細を見る

プレスリリース

健康食品販売企業38社に対し、機能性表示食品制度への取り組み意向についてアンケート調査を実施した。「既に届出を行った」と回答した企業は18.4%であった。一方で、「現在対応を検討中」(28.9%)と「状況を静観している」(26.3%)を合算した企業の割合が過半数を超える結果となった。しかし、「展開する意向はない」と回答した企業が2.6%に止まっており、全体として同制度に対する関心が高いという傾向が見られる。

詳細を見る

注目ソリューション