2024年版 嚥下食、咀嚼困難者食、介護予防食に関する市場実態と将来展望

『嚥下食』『咀嚼困難者食』『介護予防食』の市場は順調に拡大しており、やわらか食等、参入活発な製品が市場を牽引、企業は様々な機能付加や味の改良で品揃えを強化する。参入企業は、乳製品、調味料、冷凍食品、水産加工品、惣菜、パン等の食品系メーカー、医薬品、介護用品、衛生材料等の医薬・医療品系メーカー等様々である。
本企画では、周辺環境の大きな変化と新たな製品の市場投入で成長期にある『嚥下食』『咀嚼困難者食』『介護予防食』の市場について、その市場動向と参入企業動向、市場の将来見通しなどを、総合的、多面的に調査、分析を行いました。
また、前回版との違いとして、本年は新型コロナウイルスが5類感染症へ移行し、当該市場にどの様に影響を与えているか、各種制度変更等を考慮し分析します。

発刊日
2024/04/下旬
体裁
A4 / 約380頁
資料コード
C66100400
PDFサイズ
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 約380頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

(準備中)の「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。
オンライン試読サービスとは 詳細はこちら

調査資料詳細データ

資料ポイント
Close

  • 嚥下食(とろみ調整用食品、デザートベース食品、水分補給ゼリー、ゲル化剤)
  • 咀嚼困難者食(やわらか食[きざみ食]、ブレンダー食[ミキサー食] 、その他〔形そのまま、ゼリー食等〕)
  • 介護予防食(たんぱく強化食品、エネルギー強化食品)

リサーチ内容

2024年1月16日更新
※掲載予定内容、発刊予定日等に一部変更が生じる場合がございます。
 
■掲載予定内容
 
第Ⅰ章 市場分析編
 
1.嚥下食、咀嚼困難者食、介護予防食の市場概況
  1)市場の定義
  2)栄養療法における嚥下食、咀嚼困難者食、介護予防食の位置付け
  3)2024年の最新市場概況
    (1)嚥下食
    (2)咀嚼困難者食
    (3)介護予防食
  4)嚥下食、咀嚼困難者食、介護予防食の関連基準
    (1)特別用途食品
    (2)ユニバーサルデザインフード
    (3)スマイルケア食
    (4)嚥下食ピラミッド
    (5)日本摂食・嚥下リハビリテーション学会嚥下調整食分類2021
    (6)IDDSI
    (7)黒田留美子式高齢者ソフト食
  5)市場に影響を与える制度変更
    (1)入院時食事療養費における特別食加算の廃止
    (2)在宅半固形栄養経管栄養法指導管理料(2,500点)
    (3)食品表示法への対応
    (4)高齢者の保健事業と介護予防の一体的実施
    (5)診療報酬改定(令和6年度のトピックス)
  6)介護食品の流通構造
  7)日本メディカルニュートリション協議会の活動
  8)地域高齢者等の健康支援を推進する配食事業の栄養管理に関するガイドライン
  9)日本栄養支援配食事業協議会(NSD)の活動
  10)3Dフードプリンターで介護食を製造
  11)省力化に貢献するとろみ調整機
  12)「とろみづけ」のサブスクリプション型サービス
2.嚥下食、咀嚼困難者食、介護予防食の市場規模推移
  1)嚥下食の市場規模推移(2018~2022年度)
  2)咀嚼困難者食の市場規模推移(2018~2022年度)
  3)介護予防食の市場規模推移(2018~2022年度)
3.嚥下食、咀嚼困難者食、介護予防食の市場構成比(2022年度)
  1)製品別
    (1)嚥下食
    (2)咀嚼困難者食
    (3)介護予防食
  2)温度帯別
    (1)嚥下食
    (2)咀嚼困難者食
    (3)介護予防食
  3)チャネル別
    (1)嚥下食
    (2)咀嚼困難者食
    (3)介護予防食
  4)対象患者別(用途別)
    (1)嚥下食
    (2)咀嚼困難者食
    (3)介護予防食
4.嚥下食、咀嚼困難者食、介護予防食のメーカーシェア(2022年度)
  1)嚥下食の製品別
    (1)嚥下食全体
    (2)とろみ調整食品
    (3)デザートベース食品
    (4)水分補給ゼリー
    (5)ゲル化剤
  2)嚥下食の温度帯別
    (1)常温
  3)嚥下食のチャネル別
    (1)病院・福祉施設
    (2)ドラッグストア
    (3)量販店・スーパー
    (4)通販、その他
  4)咀嚼困難者食の製品別
    (1)咀嚼困難者食全体
    (2)やわらか食(きざみ食)
    (3)ブレンダー食(ミキサー食)
    (4)その他(形そのまま、ゼリー食等)
  5)咀嚼困難者食の温度帯別
    (1)常温・レトルト
    (2)冷凍
  6)咀嚼困難者食のチャネル別
    (1)病院・福祉施設
    (2)ドラッグストア
    (3)量販店・スーパー
    (4)通販、その他
  7)介護予防食のメーカー別
5.嚥下食、咀嚼困難者食、介護予防食の研究開発、生産、流通、販売動向
  1)研究開発動向
    (1)嚥下食
    ①第三世代の次はコストパフォーマンス重視
    ②特別用途食品、学会分類2021
    ③色(にごり)、味、臭いの改良
    ④付着性の低減
    ⑤スピード化、少量化
    ⑥コストダウン
    ⑦ゲル化剤
    ⑧容器の工夫、改良
    ⑨新しい嚥下食メニュー
    (2)咀嚼困難者食
    ①主食(おじや、お粥、雑炊、麺類、パン)メニュー
    ②栄養バランスと強化(エネルギー強化、たんぱく質強化、微量元素配合)
    ③品揃えの強化
    ④見た目のおいしさを重視
    ⑤酵素応用やわらか食
    ⑥健常者に近いシルバー向けメニュー
    ⑦冷凍食品(業務用、市販用)
    ⑧味の改良
    ⑨お湯をかけるだけで食べられる即席タイプのおかゆ
    ⑩介護食『らくらく食パン』
    (3)介護予防食
  2)生産動向(市場拡大と自社生産)
    (1)嚥下食
    (2)咀嚼困難者食
    (3)介護予防食
  3)流通動向(専門卸売企業への販売)
    (1)嚥下食の流通動向
    (2)嚥下食の流通経路
    (3)咀嚼困難者食の流通動向
    (4)咀嚼困難者食の流通経路
    (5)介護予防食の流通動向
    (6)介護予防食の流通経路
  4)販売動向(一般市販ルートの拡大)
    (1)嚥下食
    (2)咀嚼困難者食
    (3)介護予防食
6.嚥下食、咀嚼困難者食、介護予防食の参入企業製品概況(製品一覧)
  1)嚥下食
  2)咀嚼困難者食
  3)介護予防食
7.製品動向
  1)形状(形態)の改良
  2)添加栄養素の改良
  3)味の改良、見た目のおいしさの追求
  4)食感の改良
  5)食物繊維入り(消化、吸収性の改良)
  6)褥瘡対策
  7)たんぱく質の重要性
  8)エネルギー強化製品
  9)冷凍食品タイプの増加
  10)現場の省力化対応
  11)特別用途食品の取得が増加
8.価格動向(製品別実勢価格)
  1)嚥下食
  2)咀嚼困難者食
  3)介護予防食
9.新規参入動向
  1)嚥下食
  2)咀嚼困難者食
  3)介護予防食
10.企業提携動向(専門卸売企業との提携)
  1)嚥下食
  2)咀嚼困難者食
  3)介護予防食
11.対象患者&ユーザー動向
12.在宅栄養市場&一般家庭市場動向
  1)嚥下食
  2)咀嚼困難者食
  3)介護予防食
  4)在宅介護市場との相関
    (1)行政施策の今後
    (2)商流、物流の今後
13.市場拡大要因・阻害要因
  1)嚥下食
  2)咀嚼困難者食
  3)介護予防食
14.嚥下食、咀嚼困難者食、介護予防食の将来展望
  1)嚥下食の将来展望
  2)嚥下食の市場規模予測(2023~2027年度)
  3)咀嚼困難者食の将来展望
  4)咀嚼困難者食の市場規模予測(2023~2027年度)
  5)介護予防食の将来展望
  6)介護予防食の市場規模予測(2023~2027年度)
 
第Ⅱ章 参入企業個別実態調査編
 
※以下より20~25社を掲載予定
アサヒグループ食品株式会社、旭松食品株式会社、イーエヌ大塚製薬株式会社、伊那食品工業株式会社、株式会社ウエルハーモニー、株式会社大塚製薬工場、カセイ食品株式会社、キッセイ薬品工業株式会社、キユーピー株式会社、クックデリ株式会社、森永乳業クリニコ株式会社(2024/3より)、サラヤ株式会社、SOMPOケアフーズ株式会社、株式会社タカキベーカリー、大和製罐株式会社、堂本食品株式会社、日清オイリオグループ株式会社、株式会社ニチレイフーズ、日東ベスト株式会社、ニュートリー株式会社、ネスレ日本株式会社、株式会社ハーバー研究所、ハウスギャバン株式会社、バランス株式会社、株式会社フードケア、株式会社ファイン、株式会社ふくなお、株式会社伏見製薬所、フジッコ株式会社、ヘルシーフード株式会社、株式会社ベスト、株式会社北洋本多フーズ、ホリカフーズ株式会社、まつや株式会社、株式会社マルハチ村松、マルハニチロ株式会社、三島食品株式会社、株式会社宮源、株式会社明治、株式会社メディカルフーズ、株式会社ヤヨイサンフーズ、株式会社𠮷野家、その他

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 約380頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。