自動車居住性技術の開発と実用化の将来展望

発刊日
2005/07/07
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 140頁
資料コード
C46106400
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
330,000
300,000
30,000
495,000
450,000
45,000
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

リサーチ内容

第1章 自動車技術における居住性

第1節 居住性の中核を構成する快適性
第2節 自動車における快適性向上技術
第3節 自動車の快適性としての居住性
第4節 日本における消費社会の変容:女性ドライバーの台頭


第2章 居住性コンセプトが見え隠れする新型車両


第1節 トヨタ車のインパネ変遷の裏にユニバーサルデザインあり
第2節 新型車「ポルテ」にみる居住性への技術訴求
第3節 プジョー「1007」にみる居住性重視のムーブメント
第4節 ミニバンにみるホンダの居住性へのアプローチ
第5節 居住性コンセプトを前面に出した日産


第3章 自動車メーカー各社の「居住性」に対する取り組み

第1節 トヨタ自動車
1-1. 「居住性」と「ユニバーサルデザイン」
1-2. トヨタの装備設定状況
1-3. ウォークスルー
1-4. スライド・ドア
1-5. 先進装備
第2節 日産自動車
2-1. 居住性における「ラグジュアリー」とは
2-2. 日産の設定状況
2-3. ウォークスルー
2-4. スライド・ドア
2-5. 先進装備
第3節 本田技研工業
3-1. 低床化による運動性能と居住性の両立
3-2. ホンダの設定状況
3-3. ウォークスルー
3-4. スライド・ドア
3-5. 先進装備
第4節 三菱自動車工業
第5節 マツダ
5-1. 効率を考えた設定の集中
5-2. ウォークスルー
5-3. スライド・ドア
第6節 スバル


第4章 居住性技術の改善とその方向


第1節 自動車メーカーにおける居住性技術の捉え方
第2節 パッケージング/空間デザイン(室内スペース)
第3節 乗降性の向上による「開放性」確保
第4節 パワーシートはなぜ普及しなかったか
第5節 将来求められる技術とは何か


第5章 カスタム・デザインへの途を開く要素

第1節 自動車におけるエレクトロニクス化の進展
第2節 導入が見込まれるエレクトロニクス技術
(1) タイヤの空気圧監視システム
(2) アドバンスド・エアバッグ・システム
(3) 衝突回避システム
(4) ブラック・ボックス
第3節 バイ・ワイヤー技術をめぐる動向
(1) 安全技術における進展:「パッシブ」から「アクティブ」へ
(2) バイ・ワイヤー技術
(3) バイ・ワイヤー技術導入上の課題
第4節 前提条件としての42V化
第5節 車内LANのプロトコル標準化
(1) 日本メーカーによるCAN標準化
(2) 欧州のコンソーシアム形成とFlexRay
第6節 統合システム制御化の重要性
第7節 バイ・ワイヤーの実現可能性
第8節 バイ・ワイヤーを実現させる技術革新


第6章 居住性志向型車両の広がりと将来展望


第1節 2010年に向けての自動車市場の推移
第2節 居住性重視車両の位置付け
第3節 居住性重視車両の市場性評価と将来性


参考文献リスト

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
330,000
300,000
30,000
495,000
450,000
45,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。