2004年版 紙流通経営総鑑

発刊日
2004/09/24
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 540頁
資料コード
C46106900
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

112,200
102,000
10,200
224,400
204,000
20,400
336,600
306,000
30,600
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

リサーチ内容

第1章:紙流通産業の現状と将来展望

第1節:日本の紙流通産業

1.2大メーカー体制確立を受け、流通改革迫られる
2.2003年度大手代理店業績は減収減益基調
3.紙流通企業は営業・販売の強化へ傾斜
4.今、取り組まなければならない課題(アンケート集計結果)
5.代理店規模別・売上高伸び率一覧(2003年度)
6.代理店規模別・経常利益伸び率一覧(2003年度)
7.代理店規模別・税引後利益伸び率一覧(2003年度)
8.卸商模別・売上高伸び率一覧(2003年度)
9.卸商規模別・経常利益伸び率一覧(2003年度)
10.卸商規模別・税引後利益伸び率一覧(2003年度)
11.紙・板紙、メーカー・代理店販売・在庫表
12.紙類輸入推移
13.洋紙・板紙市況表
第2節:メーカーの流通戦略と流通再編展望
1.メーカーとの格差広がり、流通再編成の可能性高まる
2.メーカーの再編と流通の変遷
3.メーカーの流通戦略
4.流通再編展望、最適組み合わせはどこか
第3節:紙・紙製品流通企業1000社ランキング
1.トップ100クラス別ポートフォリオ表
2.紙・紙製品流通企業1000社ランキング表

第2章:主要代理店の部門別動向

第1節:卸商部門
卸商経営は逼迫間を強めながら二極化が進行
1.日本紙パルプ商事
2.国際紙パルプ商事
3.大倉三幸
4.サンミック商事
5.岡本
第2節:出版用紙部門
本が売れない時代、代理店の立場と役割も変化の兆し
1.日本紙パルプ商事
2.国際紙パルプ商事
3.大倉三幸
4.岡本
第3節:印刷用紙部門
激戦の商印市場で、需要開拓が販売拡大のカギ
1.日本紙パルプ商事
2.国際紙パルプ商事
3.大倉三幸
4.サンミック商事

第3章:主要代理店の徹底分析

1.日本紙パルプ商事
規模・内容共に紙流通のトップ企業

2.国際紙パルプ商事
王子製紙流通の一角を狙いつつ、海外事業にも注力

3.大倉三幸
物流サービスで卸商との連携強化

4.サンミック商事
合併による規模拡大に続き、収益の向上に注力

5.三菱製紙販売
「新中期3ヵ年計画」で総合的な収益力強化目指す

6.岡本
創業300年、利益率改善に取り組み体質強化へ

7.伊藤忠紙パルプ
紙を主力に、紙以外の新規分野開拓にも注力

8.旭洋紙パルプ
洋紙・段原紙・化成品主力に展開、正念場へ

9.丸紅紙パルプ販売
合併から4年目突入、規模拡大で得意先との関係深まる

10.服部紙商事
体質強化で浮上の機会狙う

11.王子通商
王子グループの一員として経営基盤の確立目指す


12.オザックス
5カンパニー制を確立、本業の紙事業の収益力強化へ

13.コミネ日昭
合併から3年目に突入、情報・印刷用紙の拡販に注力

14.マンツネ
中期経営計画で4本目の柱となる特殊機能紙の確立へ

15.シロキ
三菱、大王を軸に環境資材本部で新たな展開を推進

16.カミ商事
新マシン稼動、コスト競争力高め着実な前進図る


第4章:有力卸商の徹底分析

1.吉川紙商事
中期3ヵ年計画で営業力強化と物流費削減に取組む

2.竹尾
市場を開拓し続けるファインペーパーのパイオニア

3.平和紙業
環境対応商品で市場創造型の営業を展開

4.はが紙販
日本製紙系列で再スタート。組合品にも注力

5.小津産業
不織布好調、さらなる収益力強化に取り組む

6.柏井紙業
情報用紙主力の展開、エンドユーザー開拓にも注力

7.文友社
豊富な環境対応製品を武器に営業を展開

8.千代田洋紙
商印分野の強化で他分野をカバー

9.深山
板紙を主力に加工部門で強化で収益力アップ図る

10.中庄
事業4本柱で相互に補完しあいながら堅調に維持

11.鵬紙業
自社物流と共同物流のバランス良い運用を図る

12.河内屋紙
物流事業を分社化、収益力強化を目指す

13.昭和紙商事
板橋支店を本社に統合、合理化で収益力アップ図る

14.シオザワ
新組織浸透で顧客志向と自立した営業の強化図る

15.桜井
インクジェット用品、クリーンルーム無塵紙が伸長

16.サンオーク
三島製紙の薄葉紙主力、加工原紙の輸出にも注力

17.大文字洋紙店
メーカー、ユーザーと商品を育てる開発型卸商

18.立川紙業
三多摩地域一番店として、卸商機能を追及

19.富国紙業
自社開発ブランド商品で他社との差別化図る

20.神田洋紙店
KPP共同物流へ参加、印刷企業の需要開拓へ特化

21.城南洋紙店
社内体制の整備で高収益企業への構造転換図る


第5章:全国地域別の動向

全国地域別の動向
紙、地区別販売・在庫実績

1.北海道地区
(1)大丸藤井
(2)日藤
(3)北海道紙商事
(4)大西紙店
2.東北地区
(1)赤澤紙業
(2)木津屋本店
(3)七星社
(4)オビサン
3.東海地区
(1)中央紙通商
(2)名古屋紙商事
(3)大河内紙業
(4)三協通商
4.近畿地区
(1)大一洋紙
(2)永井産業
(3)江越
(4)光陽社
(5)土佐紙業
(6)因州屋
(7)関西シオザワ
(8)松村洋紙店
(9)丸楽紙業
5.中・四国地区
(1)西崎紙販売
(2)岡山紙業
(3)高田洋紙店
(4)ゴークラ
(5)セキ
6.九州地区
(1)レイメイ藤井
(2)大平紙業
(3)児島洋紙
(4)永池
(5)紙弘
(6)九州洋紙
(7)大空洋紙店

第6章:代理店・卸商の業績、業種別、品種別、地域別ランキング


1.代理店・卸商の業績推移
2.主要流通企業販売数量
3.代理店・卸商の売上高ランキング
4.代理店・卸商の経常利益ランキング
5.代理店・卸商の税引後利益ランキング
6.従業員1人当売上高ランキング
7.代理店・卸商業種別売上ランキング
8.代理店・卸商品目別売上ランキング
9.代理店・卸商地域別売上ランキング
10.紙卸売申告所得ランキング


第7章:全国100社、代理店・卸商の業務内容


1.日本紙パルプ商事
2.国際紙パルプ商事
3.大倉三幸
4.サンミック商事
5.三菱製紙販売
6.岡本
7.丸紅紙パルプ販売
8.旭洋紙パルプ
9.伊藤忠紙パルプ
10.カミ商事
11.服部紙商事
12.王子通商
13.オザックス
14.住商紙パルプ
15.マンツネ
16.コミネ日昭
17.日商岩井紙パルプ
18.丸大紙業
19.シロキ
20.竹尾
21.吉川紙商事
22.あらた
23.小津産業
24.平和紙業
25.柏井紙業
26.文友社
27.はが紙販
28.大丸藤井
29.レイメイ藤井
30.日藤
31.桜井
32.千代田洋紙
33.深山
34.中庄
35.大平紙業
36.東京産業洋紙
37.鵬紙業
38.中央紙通商
39.河内屋紙
40.福山商事
41.昭和紙商事
42.セキ
43.シオザワ
44.エヌ エイ シー
45.サンオーク
46.光陽社
47.大一洋紙
48.ゴークラ
49.児島洋紙
50.京橋紙業
51.永井産業
52.大文字洋紙店
53.永池
54.ヤマト
55.江越
56.西崎紙販売
57.土佐紙業
58.興人商事
59.オビサン
60.木津屋本店
61.岡山紙業
62.釜谷紙業
63.七星社
64.因州屋
65.東芳紙業
66.名古屋紙商事
67.稲岡
68.関西シオザワ
69.松村洋紙店
70.紙弘
71.田村紙商事
72.赤澤紙業
73.久保田
74.北海道紙商事
75.丸楽紙業
76.ムーサ
77.立川紙業
78.山文
79.丸三紙業
80.富国紙業
81.紙大倉
82.加清
83.吉星
84.神田洋紙店
85.茨木紙業
86.スギウラ
87.高田洋紙店
88.タカラ
89.武正
90.浅中紙商事
91.えひめ洋紙
92.ダイゲンコーポレーション
93.城南洋紙店
94.中川紙商事
95.大空洋紙店
96.九州洋紙
97.石田洋紙店
98.大西紙店
99.久保田紙店
100.内野紙店
101.三村洋紙店
102.鍵助商店

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

112,200
102,000
10,200
224,400
204,000
20,400
336,600
306,000
30,600

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。