2005 訪問販売市場白書

発刊日
2005/09/30
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 320頁
資料コード
C47107300
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

99,000
90,000
9,000
198,000
180,000
18,000
297,000
270,000
27,000
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

リサーチ内容

第I章. 訪問販売業界の現状と動向

1. 訪問販売の現状
1.訪問販売の定義
●「訪問販売」の定義~家庭訪問だけではない広義の意味
●MLMとマルチ商法の違い
2.訪問販売実施企業、MLM展開企業の取り組み
ⅰ.法令遵守
ⅱ.販売方法の多様化
ⅲ.販売員の教育
ⅳ.販売員のモチベーションアップ方法
3.各企業のイメージアップ戦略
ⅰ.社会貢献活動
ⅱ.メディアへの露出
ⅲ.販売方法転換
4.業界における健全化
ⅰ.社団法人日本訪問販売協会
●経済産業省と関係業界の支援により設立した当団体
●協会会員の主要取扱商品と販売形態
●会員企業訪販売上高上位10商品推移
ⅱ.訪問販売員教育登録制度
ⅲ.訪問販売協会 会員企業/準会員企業/賛助会員企業一覧
ⅳ.訪問販売協会の自主行動基準改定
ⅴ.その他の協会、各種団体の主な動き

第II章. 売上高ランキング・商材別市場動向

1. 訪問販売業界全体
1.訪問販売市場全体
●訪問販売の市場規模は21,200億円
●商品分類別売上高/シェア比較
2.訪問販売実施企業売上高ランキング
●2004年訪問販売実施企業の決算数値
●上位200社ランキング
●商材別会社数/商材別売上高グラフ
栄養補助食品は参入企業も増加しており、さらなる市場拡大の様子
3.ネットワークビジネス主催企業売上高ランキング
●2004年ネットワークビジネス主宰企業の決算数値
●上位50社ランキング
●商材別会社数/商材別売上高グラフ
 ネットワークビジネスに適した商材といわれる化粧品と栄養補助食品。中でも栄養補助食品の売上シェアは 飛びぬけて高い。
4.訪問販売主力商材別売上高
●家計調査によると、実収入・可処分所得は増加したが、食料、被服及び履物、家具・家事用品は減少。 食品の消費は減少している中、健康保持用摂取品(栄養補助食品)の増加が見られる。
ⅰ.栄養補助食品
●訪販栄養補助食品の昨年の実績(上位10社)
●総売上/市場シェア
●栄養補助食品全体市場の推移
●流通経路別市場規模
●主要訪販栄養補助食品新製品、企業動向
●訪問販売栄養補助食品の市場展望
ⅱ.化粧品
●訪販化粧品の昨年の実績(上位10社)
●総売上/市場シェア
●化粧品市場全体の推移
●流通別市場規模推移
●主要訪販化粧品新製品、企業動向
●訪問販売化粧品の市場展望
ⅲ.下着
●訪販下着販売企業の昨年の実績(上位10社)
●総売上/市場シェア
●下着(レディスインナー)市場全体の推移
●チャネル別市場規模推移
●主要訪販下着関連新製品、企業動向
●訪問販売下着市場展望
ⅳ.水関連
●訪販水関連販売企業の昨年の実績(上位10社)
●総売上/市場シェア
●水関連(浄水器)市場/メーカー別売上推移
●販売チャネル別売上推移
●主要訪販における水関連新製品
●訪問販売水関連市場展望
ⅴ.健康機器
●訪販健康機器販売企業の昨年の実績(上位10社)
●総売上/市場シェア
●健康機器国内市場(全体市場)カテゴリー別/品目別マーケットシェア
●訪問販売健康機器市場展望
ⅵ.寝具
●訪販寝装品販売企業の昨年の実績(上位10社)
●総売上/市場シェア
●寝具・寝装品総市場販売チャネル別市場推移・チャネル別シェア
●寝具取扱企業における新商品・動向等
●訪問販売寝具市場展望
ⅶ.教材
●訪販教材販売企業の昨年の実績(上位10社)
●総売上/市場シェア
●教育産業主要分野の市場動向/推移
●訪問販売教材市場展望
ⅷ.住設
●訪販住設企業の昨年の実績(上位10社)
●総売上/市場シェア
●住宅リフォーム市場の市場規模予測(~2020年)
●住設機器の市場規模予測
●訪問販売住設市場展望
ⅸ.宝飾品
●宝石業界の市場規模推移
●訪販宝飾市場推移
●訪販宝飾取扱企業動向
●訪問販売宝飾品市場展望
ⅹ.その他の商材
●新商品、動向など
【参考資料】商業統計より

・小売業における訪問販売シェア
・商品販売形態別割合の推移

第III章. 主要企業インタビュー


株式会社シャルレ
●企業概要
●創業当時から販売形態を変えず、現在でもその売上を維持している秘訣
●商品展開
●販売体制/チャネル展開
●顧客管理・販促・企業認知度の向上
●業績推移、課題と戦略
●品目別売上高/地域別売上高/メンバー数・従業員数推移

株式会社ニッセン
●企業概要
●顧客データベースが最大の経営資源
●連結会計における売上高・営業利益・経常利益推移
●現販事業(ユービスト事業部) 現販事業売上高・営業利益・売上高構成比
●今後の課題と戦略~調達力の強化
生活協同組合コープこうべ
●組合概要
●組合員数123万人、県内で確固たる信頼を得る組合
●在宅率が減少する中、組合員数が増加している同組合
●生協といえば“協同購入”、しかし・・・
●呉服や宝飾品を取扱う「装いのコープ」の外販
●「装いのコープ」における展示会販売、ネット販売の現状と今後
●同組合の今後の施策・営業方針
●くらしの情報センター・コープベル概要と対応フロー
株式会社京セラソーラーコーポレーション
●会社概要
●企業特性~製販一貫体制をモットーに、直営店舗運営
●商品展開~住宅用ソーラー発電システムの主流
●販売体制~京セラ株式会社で製造された太陽電池の国内層販売元として、設計、販売、施行、アフターを行う同社
●カスタマーセンターでの顧客管理と、10年間保障のアフターサービス
●業績推移、課題と戦略
株式会社ナチュラリープラス
●会社概要
●企業特性~バイナリー(報酬プラン)を採用する企業大手
●商品展開~1アイテムのみの販売「スーパー・ルテイン」
●販売体制~本社⇔会員間の直取引で行なわれる販売取引
●社会貢献活動への積極参加
●大幅な売上拡大が実現している理由
エフエルピー・ジャパン有限会社
●会社概要
●企業の特徴~各営業所にGMを配した「GM制度」
●商品展開~主力商品はアロエベラジュース
●販売体制~全国39ヶ所に設置した営業所に正社員のGMを常駐。
●販売促進と社会貢献社会貢献ではユネスコ世界寺子屋運動に参加
●順調な成長、販売30周年を迎え、売上1,000億円を目指す。
株式会社マルショー
●会社概要
●商人道を貫く~その時代に合わせた営業手段と商材
●350名の販売員1人1人が店舗という考え
●ジュエリーには、卸としても力を入れていく
株式会社シーボン.
●会社概要
●「フェイシャリストサロン」において、専門の「フェイシャリスト」が、販売をおこなう製販一貫体制
●全国どこのフェイシャリストサロンでもそのデータをもとに同じサービスが受けられる「フェイシャルコンピュータシステム」
●主力商品はスキンケア商品
●「1000円体験コース」での販促活動
●業績推移と今後の戦略
ダスキン株式会社
●会社概要
●独自のレンタルシステムによる省資源・循環型事業の展開
●クリーンサービス事業の環境貢献への取り組み
●クリーンサービス事業の現在までの流れと今後の展開
●クリーンサービス事業の歴史と、今後の展開
●クリーンサービス事業売上状況
●コンプライアンスへの取り組み

日本アムウェイ株式会社
●会社概要
●取扱商品、及び今後の強化製品群「Beauty」「Wellness」「Living」の3製品群
●販売方法~ディストリビューターと“買うだけクラブ”
●売上高推移、今後の販促戦略 プロモーション活動・消費者保護の取り組みの強化
フランスベッド販売株式会社
●会社概要
●西日本地域開拓のため、新たに工場内ショールーム開設し攻勢に転じる
全国農業協同組合連合会(JA全農)
●企業概要
●農協組織の合理化などにより、新たな展開を迎える。
●商品展開/販売体制


第IV章. 消費者アンケート~訪問販売に対するイメージ調査

【実施概要】調査対象/有効回答数/実施期間等

<アンケート結果と分析>

1. 「訪問販売」に関するイメージ調査


1.「訪問販売」全体に対するイメージ
●40代では「悪い」60.2%、他の年代でも「悪い」が圧倒的多数を占める。報道によるイメージが定着した印象を受ける。
●イメージに対する自由回答(抜粋)
2.「販売員」に対するイメージ
●「しつこい」「強引」をいうイメージが大多数。一部の悪質訪問販売員の存在により、イメージが定着。
●イメージに対する自由回答(抜粋)
3.「販売方法」に対するイメージ
●若い世代に否定的回答が多い。高齢者層には比較的好意的な回答も見受けられる。
●イメージに対する自由回答(抜粋)
4.「商品」に対するイメージ
●全世代に否定的回答が多い。その理由の一つとして、アフターケアに対する不安や価格に対する不信感を示す回答がある。
●イメージに対する自由回答(抜粋)
2. 利用したことのある訪問販売

1.過去に利用したことのある訪問販売
●最も多いのは家庭用品(鍋・台所用品)
●紹介販売や展示会販売の利用者が多い
●年代別傾向
30~40代は下着、30~50代で化粧品
50~60代以上は家庭用品の利用が多い。
2.購入して「良かった」と思う商品
●最も多い回答は「なし」(53.02%)
●家庭用品(12.1%)、下着(11.74%)は満足度が高い。
●年代別傾向
30代で化粧品、30~40代では下着と家庭用品
50~60代では栄養補助食品や家庭用品に満足
●買って「良かった」商品とその理由(自由回答/抜粋)
2.購入して「良かった」と思っていない商品
●最も多い回答は「なし」(38.43%)
●学習教材(14.95%)が他の商材と比較し高い回答となる。他の商材においても「高かった」「断れず購入した」「結局使わなかった」「アフターサービスが悪い」という回答も。
●年代別傾向
30代で下着・学習教材、40代で学習教材とその他衣料
50代で学習教材と家庭用品、60代以上で学習教材と下着
●買って「良かった」と思わない、もしくは契約解除した商品とその理由(自由回答/抜粋)
3. 訪問販売に望むもの、購入したい商品など

1.よくアプローチがある訪問販売業者
●アプローチ(電話・チラシ投函・訪問)などが多い訪問販売業者のトップは住宅リフォーム(44.37%)、次いで浄水器(39.07%)、化粧品(37.97%)
●年代別結果~住宅リフォームは、50代以上に多く、化粧品や学習教材は40代に多い。しかし、その他の商材に年代差はあまり見受けられない。
2.購入しても良いと思う販売員
●信用ある販売員(46.36%)、知人紹介の販売員(23.18%)の順に。しかし、「できれば利用したくない」との回答も。
3.今後、訪問販売で購入したいと考えている商品
●この質問は回答者各自が自由に書き込める「自由回答形式」であったが、「なし」との記入が80.4%となった。
●年代別購入希望商品(抜粋)
4.訪問販売業者へ望むこと<年代別要望抜粋>
●全年齢層で多い回答は「しつこく勧めるのはやめてほしい」
●また「個人情報の入手先を教えてほしい」という回答も多数。
●夜中の訪問、訪問先の都合を考えない訪問はNG
●法令を遵守していない営業方法も多く見受けられる。
●販売員の質の向上を望む声が多い。
5.アンケートまとめ
●訪問販売業界復活の鍵は「基本的なこと」から

第V章. 訪問販売実施企業企業個表

訪問販売実施企業企業個表
1.アンケート回答企業企業個表(47社)
2.その他訪問販売実施企業個表(737社)

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

99,000
90,000
9,000
198,000
180,000
18,000
297,000
270,000
27,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。

この資料を見た人は、こんな資料も見ています