2008年版 「おサイフケータイ」市場の現状と将来展望

通信事業者・ICカード関連ベンダー・携帯端末ベンダーの調査結果から「おサイフケータイ」市場全体の現状・将来展望を読解。事業戦略立案の基礎資料として必読の一冊。

発刊日: 2008/05/20 体裁: A4 / 288頁
資料コード: C50200100 PDFサイズ:
カテゴリ: 環境・エネルギー、自動車、機械、エレクトロニクス / 情報通信

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 172,800円 (本体 160,000円 消費税 12,800円 )
注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的
通信事業者(キャリア)とICカード関連ベンダー、携帯端末ベンダーの実態と将来の見方を横断的に調査・研究することによって、市場全体の将来の可能性を展望し、関連各社の事業戦略立案の基礎資料に供することを目的とする。

調査対象先
目次参照

調査方法
専門調査員による直接面接取材及び電話によるヒアリング取材併用

調査,編集期間
2008年1月~2005年5月
 

リサーチ内容

第Ⅰ章 市場総論

1.市場概況
  (1) 現在までの概況
  (2) 今後の有望アプリケーション
2.おサイフケータイの概要
  (1) おサイフケータイとは
  (2) おサイフケータイのセキュリティ
  (3) 主な対応サービス分野別一覧
    ①クレジットサービス(ポストペイ型電子マネー)
    ②プリペイド型電子マネー
    ③「ショッピング・メンバーズカード」
    ④航空・鉄道
    ⑤チケット
    ⑥オンラインショッピング
    ⑦その他(多目的アプリ・ツール)
  (4) おサイフケータイの便利機能
  (5) おサイフケータイの課題・問題点
3.おサイフケータイの主な対応サービス概要
  (1) クレジットサービス(ポストペイ型電子マネー)
    ①イオンクレジットサービス「イオンiD」
    ②エヌ・ティ・ティ・ドコモ「DCMX(iD)」
    ③VJAグループ「iD」(みなとカード、スルガカード、りそなカードなど49会社)
    ④クレディセゾン「セゾンiD」
    ⑤三井住友カード「三井住友カード iD(ケータイ)」
    ⑥ユーシーカード「UCカード iD」
    ⑦ローソン・シーエス・カード「ローソンパスiD」
    ⑧オーエムシーカード「OMC-QUICPay、OMC Visa Touch」
    ⑨セントラルファイナンス「QUICPay」
    ⑩ジェーシービー「QUICPayモバイル」
    ⑪トヨタファイナンス「QUICPayモバイル」
    ⑫オリエントコーポレーション「QUICPayモバイル」
    ⑬三菱UFJニコス(DCカード)「Visa Touch」
    ⑭三菱UFJニコス(NICOSカード)「Visa Touch、Smartplus」
    ⑮三菱UFJニコス(UFJカード)「Smartplus」
  (2) プリペイド型電子マネー
    ①ビットワレット株式会社「Edy」
    ②東日本旅客鉄道株式会社「モバイルSuica、EASYモバイルSuica」
    ③株式会社アイワイ・カード・サービス「nanaco」
  (3) ショッピング・メンバーズカード
    ①株式会社アクセス「モバイルPIPO」
    ②アパホテル株式会社「アパホテル会員証アプリ」
    ③株式会社エーエム・ピーエム・ジャパン「club apアプリ」
    ④株式会社ゲオ「Mobile GEO」
    ⑤株式会社サークルKサンクス「KARUWAZA CLUB会員」
    ⑥株式会社セガ「セガモバ」
    ⑦株式会社第一興商「モバイルclub DAM MEMBERSアプリ」
    ⑧タワーレコード株式会社「TOWER MOBILE」
    ⑨日本コカ・コーラ株式会社「Cmode」
    ⑩株式会社ビックカメラ「ビックポイント機能付ケータイ」
    ⑪株式会社マツモトキヨシ「マツキヨポイントアプリ」
    ⑫株式会社ヨドバシカメラ「おサイフケータイ対応ゴールドポイントカード」
    ⑬株式会社 ワイズマート「モバイルワイズカード」
    ⑭株式会社ワンダーコーポレーション「Wonder GOO Point Cardモバイル会員」
  (4) 航空・鉄道
    ①全日本空輸株式会社「スキップサービス、ケータイ de Edyマイルサービス、iD」
    ②株式会社日本航空インターナショナル「JAL IC サービス」
  (5) チケット
    ①ウェルネット株式会社「ケータイチケットサービス」
    ②株式会社東急レクリエーション「109シネマズ提携Edy会員」
    ③東宝株式会社「mobile vit」
  (6) オンラインショッピング
    ①株式会社ソニーファイナンスインターナショナル「eLIOモバイルサービス」
  (7) その他(多目的アプリ・ツール)
    ①株式会社KESAKAシステム「FeliCa 鍵」
    ②ソニー株式会社「FeliCaポケットモバイル」
    ③日本電気株式会社「トクトクポケット」
    ④フェリカネットワークス株式会社「ピットモット、かざポン」
4.現状の課題・問題点
5.おサイフケータイ搭載端末の概要
  (1) キャリア別搭載端末一覧
  (2) NTTドコモの端末概要
  (3) KDDI(au)の端末概要
  (4) ソフトバンクモバイルの端末概要
6.通信事業者(キャリア)の戦略と今後の見通し
  (1) NTTドコモ
  (2) KDDI(au)
  (3) ソフトバンクモバイル
7.携帯電話端末ベンダーの見解
  (1) おサイフケータイビジネスへの見解
  (2) 今後の有望アプリケーション(サービス)
  (3) 製品(端末)開発の方向性
  (4) ICカード市場への影響
  (5) サービス拡大の方向性
  (6) 現状の課題・問題点
  (7) 今後の見通し


第Ⅱ章 ICカード関連ベンダー

1.調査企業一覧
2.おサイフケータイビジネスへの見解
3.取組動向
4.アプリケーション開発の主要テーマ
5.今後の有望アプリケーション(サービス)
6.ターゲットユーザー
7.ICカード市場への影響
8.他社との差別化戦略
9.サービス拡大の方向性
10.キャリアや携帯端末メーカーへの要望事項
11.現状の課題・問題点
12.今後の市場見通し


第Ⅲ章 主要関連システムの市場動向

1.おサイフケータイ市場
  (1) おサイフケータイ対応機種契約者数の推移
  (2) おサイフケータイ対応機種契約者数の推移(キャリア別)
  (3) おサイフケータイ対応機種契約者数キャリア別シェア
2.ICカード市場
  (1) 2010年度予測で3億3,300万枚市場に
  (2) ICカードの需要分野別構成比推移グラフ(数量ベース)
  (3) ICカードのアプリケーション(需要分野)展望
3.バイオメトリクス市場
  (1) 2010年度予測で424億円市場に
  (2) 需要分野・用途別市場
  (3) 識別方式(タイプ)別市場
  (4) バイオメトリクスの解説と市場拡大の要因
4.RF-ID(無線ICタグ)のユーザーニーズ動向
  (1) RF-ID(無線ICタグ)システムについての現状
  (2) 現在使用している自動認識システム
  (3) RF-ID(無線ICタグ)システム市場におけるトレンドの認識
  (4) 現在最も運用されているRF-ID(無線ICタグ)アプリケーション
5.RF-ID(無線ICタグ)の導入事例実態
  (1) RF-ID導入の経緯
  (2) RF-ID導入時の障害と克服
  (3) RF-IDの現状での課題問題点
  (4) 今後の活用方法
6.電子マネー市場
  (1) 電子マネービジネスの市場概況
  (2) 電子マネーブランド別一覧
  (3) 有力電子マネーの累積発行枚数
  (4) 有力電子マネーの一日当たりの平均取扱件数
  (5) 有力電子マネーの利用金額総市場規模
7.RF-ID(無線ICタグ)市場
  (1) 現在までの概要と今後の展望
  (2) 国内RF-ID(無線ICタグ)の総市場規模推移と需要予測
  (3) 需要分野別構成比推移グラフ(数量ベース)


第Ⅳ章 個別企業実態調査票

通信事業者(キャリア)
株式会社 エヌ・ティ・ティ・ドコモ
KDDI 株式会社
ソフトバンクモバイル 株式会社
ICカード関連ベンダー
共同印刷 株式会社
株式会社 コネクトテクノロジーズ
サクサ 株式会社
大日本印刷 株式会社
凸版印刷 株式会社
日本信号 株式会社
日本電気 株式会社
フェリカネットワークス 株式会社
モバイル・コマース・ソリューション 株式会社
 

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 172,800円 (本体 160,000円 消費税 12,800円 )

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C48205400 2006年版 IP電話関連機器市場
C48116000 2007 多機能・複合型/複写機・プリンタ・FAX市場の実態と展望
C49100300 2007~08年版 カーエレクトロニクス装置の市場実態と中期展望
C49201300 2007年版 ブロードバンド白書
C50103100 2007-2009 ユーザ企業のIT投資実態と予測