2010年版 中国化粧品市場の実態と将来展望

本調査レポートでは、スキンケア化粧品(化粧水、美容液、モイスチャークリーム、乳液、洗顔料、クレンジング、パック他)、メイクアップ化粧品(ファンデーション、口紅、おしろい、アイブロウ、マスカラ、アイメイクアップ、ネイルカラー、リップクリーム、ほほ紅、他)、ヘアケア化粧品(シャンプー(リンスインシャンプー)、ヘアトリートメント、各種スタイリング剤、ヘアリンス、ヘアカラー、他)、フレグランス化粧品(オーデコロン、香水、他)といった製品を対象にし、成長著しい中国化粧品市場の動向と将来展望について調査・分析し、2005年から2008年までの市場規模推移と2012年までの市場規模予測をいたしました。また、上海・北京・広州在住消費者(バーリンホウ)の化粧品購入意向をインターネット調査いたしました。中国で成功するためのマーケティング戦略を探りました。

発刊日
2010/02/28
体裁
A4 / 197頁
資料コード
C51205900
PDFサイズ
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的
中国化粧品市場を調査・分析することにより、中国化粧品市場の現状把握と今後を展望することを目的とする。
調査対象製品
・スキンケア化粧品(化粧水、美容液、モイスチャークリーム、乳液、洗顔料、クレンジング、パック他)
・メイクアップ化粧品(ファンデーション、口紅、おしろい、アイブロウ、マスカラ、アイメイクアップ、ネイルカラー、リップクリーム、ほほ紅、他)
・ヘアケア化粧品(シャンプー(リンスインシャンプー)、ヘアトリートメント、各種スタイリング剤、ヘアリンス、ヘアカラー、他)
・フレグランス化粧品(オーデコロン、香水、他)
調査対象先
化粧品ブランドメーカー、化粧品受託製造(OEM)企業、小売店、政府関連部門
調査方法
直接面接調査、電話調査および店頭調査を実施。インターネットによるアンケート調査を実施。
調査期間
2009年10月~2010年2月

リサーチ内容

■本資料のポイント

  • 化粧品市場規模推移(2004~2008年)を調査
  • 化粧品市場規模を大胆予測(2009~2012年)
  • 2008年のカテゴリー別市場規模を調査
  • 2008年のメーカーシェアを掲載
  • 2009年度見込の流通ルート別市場規模を調査
  • 上海・北京・広州在住消費者(バーリンホウ)の化粧品購入意向をインターネット調査
  • 流通チャネル別ブランド展開図・価格分布図一覧を掲載
  • 参入有力企業の事例を研究(5社)
  • 日系企業のマーケティング戦略を分析・ポイントを提言
  • 化粧品の関連法規・関連市場の動向を掲載
  • 中国で成功するためのマーケティング戦略は?

■掲載内容

第Ⅰ章 中国化粧品市場の動向分析

1.中国化粧品市場の概況
2.中国化粧品の市場規模推移(2004~2008年)
  1)総市場
  2)製品カテゴリー別市場規模(2004年/2008年)
  3)製品カテゴリー別動向
3.中国化粧品市場のメーカーシェア(2008年)
4.中国化粧品の流通ルート別市場規模(2008年)
5.中国化粧品の流通別市場動向
  1)百貨店  2)化粧品専門店  3)薬局  4)通販  5)訪販
6.参入プレイヤーの動向
  1)欧米系メーカー  2)日系メーカー  3)韓国系メーカー  4)ローカルメーカー
7.広告宣伝の動向
8.日系企業のマーケティング戦略分析
  戦略分析サマリー
  1)参入パターン
  2)製品開発・生産体制
  3)販売チャネルの構築と管理(与信管理)
  4)模造品対策・知財戦略
  5)ブランディングと価格政策
  6)プローモーション戦略
  7)中国ビジネスにおける問題点と課題
  8)人材管理
9.中国化粧品市場の今後の見通し
10.中国化粧品の市場規模予測(2009~2013年)
11.中国で成功するためのマーケティング戦略
12.流通チャネル別主要ブランド展開図
13.市場セグメント別主要ブランド展開図

第Ⅱ章 化粧品の使用状況に関する消費者調査

調査実施概要、サンプル属性、調査結果サマリー、調査結果総括表
1.肌に関する悩み
2.髪に関する悩み
3.スキンケアに関する使用・購入習慣
  1)使用しているスキンケア  2)使用頻度  3)購入単価
  4)使用しているブランド名とその理由  5)情報の入手手段  6)購入ルート
  7)購入を増やしたい流通ルート  8)今後使用したいブランドとその理由
4.ヘアケアに関する使用・購入習慣
  1)使用しているヘアケア  2)使用頻度  3)購入単価
  4)使用しているブランド名とその理由  5)情報の入手手段  6)購入ルート
  7)購入を増やしたい流通ルート  8)今後使用したいブランドとその理由
5.メイクアップに関する使用・購入習慣
  1)使用しているメイクアップ  2)使用頻度  3)購入単価
  4)使用しているブランド名とその理由  5)情報の入手手段  6)購入ルート
  7)購入を増やしたい流通ルート  8)今後使用したいブランドとその理由
6.ブランドイメージ
  1)ブランド知名度  2)ブランド使用状況  3)今後使用したいブランド
  4)容器・包装デザインへの好感度  5)広告への好感度  6)店舗デザインへの好感度
  7)ウェブサイトデザインへの好感度  8)ブランド評価

第Ⅲ章 有力参入企業の事例研究

株式会社カネボウ化粧品,株式会社資生堂,The Procter & Gamble Company,株式会社ファンケル,L’Oreal

第Ⅳ章 中国化粧品市場の関連動向

1.中国物流の動向
2.中国決済の動向
3.中国通販の動向
4.中国広告の動向と媒体ごとの特性
5.中国における知財の動向
6.関連法規
7.主要参入企業一覧

第Ⅴ章 参考資料

1.主要12都市の経済状況比較
  1)主要12都市のGDP比較による経済発展状況
  2)社会固定資産投資による経済発展牽引状況比較
  3)社会消費品小売総額による経済発展牽引状況比較
  4)都市部住民の世帯1人当たり平均可処分所得の比較
2.所得階層別の人口規模と支出実態
  1)中国の世帯所得階層別の人口規模
  2)地域別による各所得階層の就労者年収
  3)世帯所得階層別の耐久消費財普及率
  4)中国の就労者個人所得階層別の人口規模
  5)地域別による各所得階層の世帯年収
  6)所得階層別の消費支出額
  7)所得階層別の服装消費支出
3.中国国民の消費特性および消費動向
  1)贅沢品市場が活発、「大気」の北京人
  2)世界の注目を一身に集める上海人
  3)レジャーをこよなく愛する成都人
  4)「団子より花」の大連女性
  5)預金より積極的に投資する広州市民
  6)浙江人は賢く稼ぎ、賢く消費
  7)旅行を偏愛する江蘇人
4.「80后(バーリン・フォー)」のインターネットライフスタイル
  1)ポータルサイトは80后の「情報百貨店」
  2)チャットツールを武器にする「騰訊QQ」
  3)無料メールサービスで楽しめる「鋼易net ease」
  4)ファッション情報サイト~80后が求める新しい形
  5)ネットショッピング~80后のおたく消費
  6)コミュニティサイト~80后の情報交換嗜好高まり
5.ファッションの発信実態
  1)地元のファッション展示会
  2)外資によるアパレルのファッションイベント
  3)発達していくファッション情報誌
6.中国人のファッションに対する関心度
  1)ブランド嗜好が日々強調
  2)日本のブランドを愛用

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。