2011 成長するアジア市場におけるITベンダー実態とユーザー企業動向

海外で事業を展開するユーザ企業と、グローバル化に取組むITベンダーの動向を調査しました。
海外進出を加速させるユーザ企業では、事業基盤の確立とグローバルオペレーションの実現を目的に、情報システムを見直す機運が高まっています。IT活用の実態と課題を調査することにより、ITベンダーにとってのビジネスチャンスを分析しました。これまで内向きにビジネスを行ってきた日本のIT業界も、いよいよグローバル化へのチャレンジの正念場を迎えています。ITベンダーの海外事業の取り組みの最前線を紹介します。本調査レポートでは、海外調査に基づき、日本企業の進出が盛んなタイやASEANにおける日系ITベンダーの動向も詳述致しました。既刊レポート「2011 日本企業のグローバルIT戦略」と併せてご覧ください。

発刊日
2011/10/31
体裁
A4 / 191頁
資料コード
C53114100
PDFサイズ
2.8MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

198,000
180,000
18,000
198,000
180,000
18,000
231,000
210,000
21,000
396,000
360,000
36,000
429,000
390,000
39,000
594,000
540,000
54,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象:①ユーザ企業:海外に拠点を持つ企業、②国内ITベンダー:海外事業を行う国内ITベンダー、③ASEAN現地ITベンダー:タイの日系ITベンダー
調査方法:直接面談調査
調査期間:2011年8月~2011年9月

リサーチ内容

■本資料のポイント

  • ユーザ企業18社への取材により、海外拠点でのIT活用の現状と課題、クラウドに対する考え方、基幹システムの統一計画の有無など、詳細なIT戦略を調査
  • ユーザ企業のグローバルIT戦略の実態と展望を分析
  • 大手ITベンダーの海外事業戦略と課題を調査
  • 現地調査による、ASEANにおける日系ITベンダーの動向

■本資料の概要

第1章 グローバル企業のIT活用実態と課題
第2章 アジア市場におけるITベンダー動向
参考:アジアIT市場に関するデータ

■掲載内容

第1章 グローバル企業のIT活用実態と課題

1 日本企業の海外拠点でのIT投資規模
  ~2011年の日本企業による海外IT投資規模は2,047億円~
  図表1 日本企業による海外拠点でのIT投資規模
  図表2 海外事業を行う企業(本社)の業種区分
  図表3 海外拠点でのIT投資額 業種別集計
  図表4 海外拠点でのIT投資額 売上高(単体)規模別集計
2 ユーザ企業の海外でのIT活用状況
  ~未だ海外拠点任せの企業は多いが「見える化」「ガバナンス」目指し、システムの見直し始まる~
  図表5 海外IT投資額の把握状況
  図表6 海外投資を決定する拠点
  図表7 海外でのIT活用状況
3 海外でのIT投資規模
  ~基幹システムを見直すなどIT投資には積極的な姿勢~
  図表8 国内外のIT投資額及びIT投資比率
  図表9 IT投資規模
4 クラウドに対する考え方
  ~グローバル統一システム導入には商機あり、ただし対応力が課題に~
  図表10 海外で導入するソリューションの選定基準
  図表11 クラウドに対する考え方(国内利用を含む)
5 海外で利用しているITベンダー
  ~グローバル統一システム導入には商機あり、ただし対応力が課題に~
  図表12 海外で利用しているITベンダー/アンケート集計
  図表13 インド系ITベンダーの概要
  図表14 海外拠点で利用するITベンダーに期待すること
  図表15 海外で利用しているITベンダー/取材調査
6 事業が拡大している地域
  ~インドネシア、インドなど新興国への投資が本格化~
  図表16 IT投資が増加している地域
  図表17 ユーザ企業のアジア進出の傾向
  図表18 事業が拡大している地域
7 海外拠点のIT活用における課題
  ~グローバル経営インフラの構築が最大の課題~
  ① ガバナンスの実現
  ② 情報セキュリティ
  ③ コミュニケーション
  ④ 人材不足
  ⑤ IFRSへの対応
  図表19 IFRS適用スケジュールの変化
  図表20 海外拠点のITに関する課題

ユーザ企業個票
1. 株式会社アシックス
2. 株式会社デサント
3. 株式会社大紀アルミニウム
4. 電子部品製造業
5. 電子部品製造業
6. 自動車部品製造業
7. 自動車部品製造業
8. 化学製品、金属製品製造業
9. 化学品製造業
10. 繊維・化学素材製造業
11. プラスチック製品製造業
12. 化学製造業
13. ゴム製品・化成品製造業
14. 文房具製造業
15. 建材/住宅製造業
16. 総合建設業
17. 設備エンジニアリング業
18. 国際航空・会場貨物輸送業

第2章 アジア市場におけるITベンダー動向

1 日本企業の海外進出状況
  ~アジア、特に中国のみならずASEANなどへの関心が高まる~
  図表21 現地法人の地域別分布比率の推移
  図表22 現地法人経常利益(地域別)
  図表23 国/地域別対外直接投資額
2 ASEANでの日系ITベンダーの概況
  ~大手企業はカバレッジを広げ、中堅企業はスポット対応を狙う~
  図表24 タイ/ASEANの日系ITベンダーが注力するソリューション
3 ユーザ企業のITベンダー選択状況
  ~ユーザ企業の姿勢の変化により日系ベンダーのチャンスが増える~
4 パッケージビジネスの状況
  ~パッケージの導入は進むが外資系製品が有利~
  図表25 海外生産形態の変化
5 アジア市場における日系ITベンダーの課題
  ~売上前年比2~30%の成長市場だが、価格や商材などの難しさも~
6 現地企業へのサービス提供
  ~M&A、新技術の活用などで新市場獲得を目指す~
  図表26 タイ/ASEANの日系ITベンダーの考える自社の強み
  図表27 ITベンダーのM&Aの状況
  図表28 グローバルベンダーの地域別売上推移(2006年~2010年)
    IBM
    Accenture
    Oracle
    SAP
ITベンダー個票
  タイ/ASEAN現地日系ベンダー
    Fujitsu Systems Business (Thailand) Ltd.
    NEC Corporation (Thailand) Ltd.
    NTT DATA Asia Pacific Pte.Ltd.
    Toyo Business Engineering(Tailand) Co.,Ltd.
    タイの日系現地ベンダー
  国内ITベンダー
    株式会社NTTデータ
    日本電気株式会社
    富士通株式会社
    【国内ITベンダー個票】
    株式会社NTTデータ
    日本電気株式会社
    富士通株式会社

参考:アジアIT市場に関するデータ

1 中国IT市場データ
  1.1 2010年中国ソフトウェア産業の現状
  ~2010年ソフトウェア・情報サービス業務売上は1兆3,364億元~
    図表29 中国ソフトウェア産業規模推移
    図表30 中国ソフトウェア産業企業数推移
    図表31 2009年~2010年のソフトウェア・情報サービス市場の分野別比率
    図表32 地域別/ソフトウェア産業分野別売上高(2008年~2010年)
  1.2 中国IT市場の動向(CCDIコンサルティングの調査結果による)
    1.2.1中国ソフトウェア・サービス市場の状況
    ~政府の大型投資等によって伸びる クラウドもトレンドに~
    図表33 中国ソフトウェア・サービス売上の推移(2008年~2010年予測)
    図表34 中国ソフトウェア市場の構成(2009年)
    1.2.2 中国SI市場動向
    図表35 中国SI市場の推移(2005年~2010年)
    1.2.3 中国BPO市場
    図表36 中国のBPO市場の推移(2005年~2009年)
    図表37 中国大手ITベンダー
2 ベトナムIT市場データ
    図表38 ASEAN 国別の人口(2009年)
    図表39 ASEAN 国別の一人当たりGDP(2009年)
    図表40 アジア国別対外直接投資の推移(2008年~2010年)
    図表41 アジア主要都市の賃金比較
    ベトナム情報通信省(MIC)によるIT産業振興計画(2010年)の概要
    図表42 ベトナムIT産業の分野別売上(2008年~2009年)
    図表43 ベトナムIT産業雇用者数(2008年~2009年)
    図表44 ベトナムIT産業の従業員一人当たり売上高(2008年~2009年)
    図表45 ベトナムIT産業における平均賃金(2008年~2009年)
    図表46 ベトナム現地ITベンダー
3 タイIT市場データ
    図表47 タイICT市場(2008年~2010年)
    図表48 2009年のICT市場/公共・企業・家庭の区分
    図表49 2009年ソフトウェア市場 種類別比率
    図表50 2009年ソフトウェア市場 業種別比率
    図表51 ITサービス市場 分野別の推移(2008年~2010年)
    図表52 2009年 サービス市場の公共・企業・家庭の区分
    図表53 2009年 サービス市場の業種別比率
    図表54 タイ現地ITベンダー
 

 

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

198,000
180,000
18,000
198,000
180,000
18,000
231,000
210,000
21,000
396,000
360,000
36,000
429,000
390,000
39,000
594,000
540,000
54,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。