2013年版 飲料市場の現状と展望

本調査レポートでは、人口減少時代を生き抜くための飲料メーカー各社のカテゴリー別、チャネル別戦略を取材する事で今後の各社の方向性、マーケットの方向性を分析した。また、注目のカテゴリーや企業に特に焦点を当て飲料市場の今後を予測した。

発刊日
2013/09/27
体裁
A4 / 593頁
資料コード
C55117100
PDFサイズ
4.9MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

115,500
105,000
10,500
115,500
105,000
10,500
148,500
135,000
13,500
231,000
210,000
21,000
264,000
240,000
24,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:飲料市場を広く調査・収録することによって、当該市場に関するマーケティング戦略作成のための基礎資料とする。
調査対象:飲料メーカー、販売企業を調査対象とした。
調査方法:直接面接取材、アンケート調査、電話取材を実施
調査期間:2013年7月~2013年9月

リサーチ内容

■本資料のポイント

●注目市場の増減要因、カテゴリー別動向、各社の商品別動向を詳説。飲料市場の今後の進むべき方向性を分析し、将来を予測。
●急成長した栄養飲料(エナジードリンク)の日本と中国における飲用動向をインターネット消費者調査。ユーザーは何を期待して栄養飲料を摂取するのか?その効果は?栄養飲料の飲用実態を詳細分析。
●主要企業33社に直接面接取材。各社の市場戦略、商品動向を詳説。
●注目市場の品目別市場規模、企業別シェアを掲載。

■本資料の概要

第Ⅰ章 飲料市場の動向
第Ⅱ章 品目別市場規模・シェア
第Ⅲ章 消費者動向分析
第Ⅳ章 有力飲料メーカーの動向

■掲載内容

第Ⅰ章 飲料市場の動向

1.飲料市場概況
  (1)2012年度の飲料市場動向
    大型新商品が数多く発売され、市場拡大に寄与
    清涼飲料、生産量ベースでも拡大、炭酸飲料や野菜飲料などが引き続き拡大
    2012年度カテゴリー別動向
  (2)大手メーカーの動向
    有力企業の飲料売上高推移
    ①コカ・コーラシステムの動向
    2012年度の活動概況
    進むボトラー再編
    2020年に向けた成長戦略
    ②ビール系メーカーの動向
    ③乳業系メーカーの動向
    ④その他大手メーカーの動向
  (3)業界のアライアンス・再編動向
    近年の国内におけるアライアンス一覧
  (4)飲料市場の今後の見通し
2.流通チャネル別のメーカー戦略
  (1)手売りチャネル
    主要メーカーの手売りチャネル戦略
  (2)自販機チャネル
    主要メーカーの自動販チャネル戦略
  (3)通販・宅配チャネル
    主要メーカーの通販・宅配チャネル戦略
  (4)チャネル別市場規模
    大手飲料メーカー自販機展開台数
    主要メーカーの流通ルート構成
3.注目される品目別市場動向
  (1)コーラ飲料
  (2)炭酸飲料
  (3)コーヒー飲料
  (4)日本茶飲料
  (5)スポーツ・機能性飲料
  (6)野菜飲料
  (7)ミネラルウォーター
  (8)エナジードリンク
4.飲料容器の動向
  (1)2012年度飲料容器動向
  (2)容器別飲料市場の動向
    ①PETボトル
    2012年度概況
    耐熱ボトルの軽量化が進展、500ml容量19gや2L容量49gからもう一段の軽量化へ
    「PEPSINEX」に続き、2012年は「メッツ コーラ」がバリアボトル市場を牽引
    BtoBが進展、ケミカルリサイクル樹脂で耐熱ボトルの製造も開始
    ②缶容器
    缶コーヒーのアルミSOT缶化が始動、飲料缶市場は転機のときを迎える
    ブラックコーヒー向けにアルミボトル缶が拡大
    コーヒーに次ぐ中身飲料の開発が課題のスチール缶
    ③紙容器
    2012年は野菜系飲料、ドリンクヨーグルト、豆乳向けが伸長
    牛乳・加工乳市場の減少続くもLL製品の開発に取り組み
    ④チルドカップ
    チルドカップの動向
  (3)メーカー別容器戦略の動向
    主要メーカー容器戦略・動向
    主要メーカーPET比率推移一覧
    主要メーカー缶比率推移一覧
    企業別容器別構成比一覧
    企業別容量別構成比一覧
    PETボトル入り清涼飲料生産量推移(09~12年)
    炭酸飲料のビン、PETボトル、缶のシェアの推移
    ガラスびんの出荷状況
    清涼飲料主要品目容器別シェア(2012年)
    清涼飲料の容器別生産量とシェア(2012年)
5.注目すべき市場環境
  (1)品質・衛生管理・環境への取り組みに関する各社動向
    主要メーカーの品質・衛生管理・環境問題に関する取り組み
  (2)宅配水市場の動向
    ①宅配水市場の動向
    ②宅配水の市場規模推移(2007~2012年度)
    ③宅配水の市場構成比(2011年度/2012年度)
    ⅰ.メーカーシェア
    ⅱ.販売容器別構成比(リターナブル方式、ワンウェイ方式)
    ⅲ.販売チャネル別構成比(個人向け、法人向け)
    ④宅配水市場の問題点と課題
    ⑤宅配水市場の今後の市場見通し
  (3)CVSのコーヒー戦略と清涼飲料への影響
  (4)熱中症対策飲料の動向
  (5)飲料メーカーの海外進出動向
    主要メーカーの海外展開動向
    2012年1月~2013年6月のトピックス

第Ⅱ章 品目別市場規模・シェア

飲料品目別市場動向
コーヒー飲料
レギュラーコーヒー
インスタントコーヒー
紅茶飲料
ウーロン茶
日本茶飲料
ミネラルウォーター
コーラ飲料
その他炭酸飲料
天然果汁
果汁入り飲料(果汁100%未満)
野菜飲料(トマトジュース含む)
スポーツ・機能性飲料
栄養飲料
飲用牛乳類
ココア
乳酸菌飲料
豆乳

第Ⅲ章 消費者動向分析

栄養(エナジー)ドリンクの飲用状況に関する日本と中国の比較分析
  (1)日常生活で気になる点
  (2)健康、美容、体調を気にした際に飲用するもの
  (3)(2)の中で最もよく飲用するもの
  (4)直近1年の栄養(エナジー)ドリンクの飲用経験
  (5)飲用する栄養(エナジー)ドリンクの容器形態
  (6)飲用する栄養(エナジー)ドリンクの購入金額
  (7)栄養(エナジー)ドリンクの飲用頻度
  (8)1年前と比較した栄養(エナジー)ドリンクの飲用割合の増減
  (9)栄養(エナジー)ドリンクの飲用後の日常生活での変化
  (10)栄養(エナジー)ドリンクの飲用理由
  (11)栄養(エナジー)ドリンクの非飲用理由
  (12)栄養(エナジー)ドリンク飲用のタイミング
  (13)栄養(エナジー)ドリンクの飲用目的
  (14)栄養(エナジー)ドリンクの飲用シーン
  (15)栄養(エナジー)ドリンクの選択基準
  (16)栄養(エナジー)ドリンクに求める要素
  (17)栄養(エナジー)ドリンクの今後の飲用意向

第Ⅳ章 有力飲料メーカーの動向

企業研究編
アサヒ飲料(株)、味の素ゼネラルフーヅ(株)、(株)伊藤園、(株)えひめ飲料、大塚食品(株)、大塚製薬(株)、オハヨー乳業(株)、カゴメ(株)、カルピス(株)、キーコーヒー(株)、協同乳業(株)、キリンビバレッジ(株)、グリコ乳業(株)、コカ・コーラウエスト(株)、コカ・コーラセントラルジャパン(株)、サンスター(株)、サントリーフーズ(株)、ダイドードリンコ(株)、タカナシ乳業(株)、(株)日本サンガリアベバレッジカンパニー、日本たばこ産業(株)、日本ルナ(株)、ネスレ日本(株)、ハウス食品(株)北海道コカ・コーラボトリング(株)、ポッカサッポロフード&ビバレッジ(株)、三国コカ・コーラボトリング(株)、三井農林(株)、(株)明治、森永乳業(株)、(株)ヤクルト本社、UCC上島珈琲(株)、雪印メグミルク(株)、ユニリーバ・ジャパン・カスタマーマーケティング(株)

その他関連資料

2012年の主要飲料新製品一覧
飲料の1世帯当りの年間品目別支出金額(全国)
清涼飲料の世帯当りの年間支出金額の変化
清涼飲料の世帯当りの月別支出金額の割合(2012年)
飲料類の支出金額順都市名(2012年)
果汁・飲料の輸出・輸入実績推移
自動販売機普及台数及び年間自販金額
機種別普及状況
中身商品別年間自販金額・構成比

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

115,500
105,000
10,500
115,500
105,000
10,500
148,500
135,000
13,500
231,000
210,000
21,000
264,000
240,000
24,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。