2014年版 高齢者住宅市場の徹底研究

本調査レポートでは、有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅、ケア付きマンション等の高齢者住宅及び施設の市場動向、今後の方向性等を徹底分析いたしました。また、主な参入企業のハウスメーカーや施設運営企業、及び介護関連などの新規参入企業の事業戦略などを研究いたしました。少子高齢化が進む中で、健常高齢者や要介護高齢者のニーズは何かを探り、同市場の将来展望を分析いたしました。

発刊日
2014/03/26
体裁
A4 / 324頁
資料コード
C56102600
PDFサイズ
3.2MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

110,000
100,000
10,000
110,000
100,000
10,000
143,000
130,000
13,000
220,000
200,000
20,000
253,000
230,000
23,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

資料ポイント
Close

  • 有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅、ケア付きマンション等の高齢者住宅の市場動向や市場構造を徹底分析
  • 高齢者住宅需要者の志向性を探る
  • ハウスメーカーや施設運営企業の事業戦略などを徹底研究
  • 主な参入企業の実態掲載

資料概要
Close

総 論
第1章 高齢者住宅市場の環境変化と需要見通し
第2章 高齢者住宅・施設のトレンドと市場展望
第3章 高齢者住宅の需要動向と居住者の志向性
第4章 介護業界の市場動向と展望
第5章 主要住宅メーカー、施設運営企業の事業戦略
第6章 主要企業の事例研究

リサーチ内容

■掲載内容

総 論

◆高齢者住宅市場の体系図
◆高齢者住宅市場の視点
◆各種高齢者住宅の比較
◆高齢者住宅の運営ノウハウ
◆事業化のポイントと差別化戦略
◆医療機関の高齢者住宅事業
◆高齢者住宅の事業性評価
◆高齢者ビジネス市場の方向性
◆参入企業の事業展開の特徴
◆主要各社の運営実績
◆高齢者住宅事業の課題
◆種類別高齢者住宅需要の方向性
◆高齢者住宅市場への提言

第1章 高齢者住宅市場の環境変化と需要見通し

1.高齢者住宅の分類と考え方
  (1)高齢者住宅の定義
  (2)高齢者住宅の種類
  (3)高齢化住宅の比較分析
  (4)米国の高齢者住宅
2.高齢者住宅市場を取り巻く環境変化
  (1)2014年度診療報酬改定
  (2)老人ホームは相続税で軽減措置
  (3)地域包括ケアシステムの方向性
  (4)予防給付サービスから地域支援事業への移行
  (5)「スマートウェルネス住宅」への推進
  (6)高齢者入居支援制度の普及
  (7)ヘルスケアリートの育成
3.高齢者住宅のストック数
4.少子・高齢化の現状
  (1)高齢化の動向
  (2)高齢者の世帯構成推移
  (3)配偶者別にみた高齢者の割合
5.高齢者人口・世帯数の将来推計
  (1)高齢化の展望
  (2)地域別に見た高齢化の見通し
  (3)家族類型別高齢世帯数の将来予測
  (4)単身高齢者の将来予測
  (5)認知症高齢者の将来推計
6.高齢者の経済状況
  (1)高齢者世帯の所得
  (2)一世帯当たりの経済状況
  (3)高齢者世帯の貯蓄
7.公営住宅の建設計画
8.今後の重要見通し

第2章 高齢者住宅・施設のトレンドと市場展望

1.種類別高齢者住宅のトレンド
  (1)有料老人ホーム
  (2)サービス付き高齢者向け住宅
  (3)グループホーム
  (4)グループリビング
  (5)シルバーハウジング
  (6)ケアハウス
  (7)シニア向け分譲マンション
  (8)介護保険施設
  (9)小規模多機能型居宅介護施設
2.高齢者住宅事業の新しい展開
  (1)賃貸住宅における空き室の活用
  (2)高齢者住宅の再生事業
  (3)IT及びRTの活用
  (4)高齢者の不動産を流動化
  (5)REITによる高齢者住宅への投資
  (6)ヘルスケアアセットの動向
3.参入プレーヤーの事業戦略
  (1)主な参入企業の動向と実績
  (2)ハウスメーカー・デベロッパーによる参入
  (3)医療法人による高齢者住宅の開設
  (4)入居者紹介ビジネスの動向
  (5)生活共同組合(コープ)の福祉事業
  (6)専用ローンの取り扱いを始める金融機関
4.新規参入企業の事業展開
  (1)高齢者住宅への異業種参入
  (2)新規参入企業の事業戦略
5.高齢者住宅の市場展望

第3章 高齢者住宅の需要動向と居住者の志向性

1.高齢者の居住状況
  (1)高齢者世帯の居住形態
  (2)住宅の建て方・所有の関係
  (3)居住状況
  (4)高齢者等のための設備工事
2.高齢者等対応設備の整備状況
3.高齢者の生活意識
  (1)高齢者の住環境
  (2)居住地域の不便な点
  (3)虚弱化したときの居住形態
  (4)団塊世代の経済状況
4.高齢者住宅の需要動向
  (1)高齢者の住宅ニーズ
  (2)中間所得層向け高齢者住宅の増加
  (3)高額ホームと低価格ホームの比較
  (4)UR団地に供給される低廉な高齢者住宅
  (5)建材メーカーが提案するシニアリフォーム
5.高齢居住者の志向性
  (1)高齢者の住み替え行動
  (2)海外の高齢者住宅需要
  (3)高齢者住宅需要の見通し
6.有料老人ホームにおける入居者の状況
  (1)入居率
  (2)入居者の平均年齢
  (3)平均入居年数
  (4)要介護度別の入居状況
  (5)入居者の認知症の状況

第4章 介護業界の市場動向と展望

1.高齢者介護の業界動向
  (1)在宅系介護サービスの事業概要
  (2)通所介護(デイサービス)の業界動向
  (3)訪問介護の業界動向
  (4)広がる定期巡回・随時対応サービス
  (5)介護保険サービスの需給実態
2.介護サービスの市場動向
  (1)介護サービス事業所・施設数の推移
  (2)要介護度別認定者数の推移
  (3)介護サービス利用者数の推移
  (4)介護保険サービスの利用状況
  (5)介護サービスの市場規模と見通し
3.参入企業の動向と業績推移
  (1)介護業界における参入企業の特徴
  (2)介護事業者の業績動向
4.主要各社の事業拠点数
  (1)デーサービス拠点
  (2)訪問介護拠点
  (3)ショートステイ床数
  (4)小規模多機能居宅介護拠点
5.介護事業者の事業戦略
  (1)介護業界のM&A
  (2)認知症高齢者に対する事業戦略
  (3)介護事業者の中国進出動向
  (4)24時間定額制の訪問介護・看護
  (5)「ロボット介護機器開発・導入促進事業」の動向
6.介護業界の課題
7.介護市場の方向性

第5章 主要住宅メーカー、施設運営企業の事業戦略

1.高齢者住宅への取り組み及び参入経緯
2.事業展開の特徴
3.商品企画戦略
4.営業・販売戦略
5.現状の問題点・課題
6.需要家の志向性及び方向性
7.今後の事業展開及び注力分野
8.今後の市場見通し

第6章 主要企業の事例研究

①積水ハウス株式会社
②大和ハウス工業株式会社
③ミサワホーム株式会社
④住友林業株式会社
⑤パナホーム株式会社
⑥株式会社メッセージ
⑦株式会社ベネッセホールディングス
⑧株式会社ニチイ学館
⑨ワタミの介護株式会社
⑩株式会社ユニマットそよ風
⑪株式会社さわやか倶楽部
⑫株式会社スーパー・コート
⑬ロングライフホールディング株式会社
⑭株式会社シダー
⑮株式会社木下の介護
⑯株式会社ベストライフ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

110,000
100,000
10,000
110,000
100,000
10,000
143,000
130,000
13,000
220,000
200,000
20,000
253,000
230,000
23,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。