2014年版 PHR・関連市場の将来展望

現在、国策として進められようとしているPHR(Personal Health Records)について、民間事業者を中心に展開されている関連・周辺市場をまとめることで、将来のPHRビジネス化を展望した。

発刊日
2014/06/27
体裁
A4 / 343頁
資料コード
C56106200
PDFサイズ
3.4MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

132,000
120,000
12,000
132,000
120,000
12,000
165,000
150,000
15,000
264,000
240,000
24,000
297,000
270,000
27,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:PHR関連サービス展開企業のビジネスモデル及び、事業概要等について取上げ、今後の同事業の市場性及びPHR化動向を展望すること。また、一般消費者(高齢者)に対するアンケート調査を実施し、PHRへの現状と今後の可能性について総括すること。
調査対象:参入企業。一般消費者(60歳以上の男女)。
調査方法:面接取材とTEL取材併用。Webによるアンケート調査。
調査期間:2014年4月~2014年5月

資料ポイント
Close

  • PHR(Personal Health Records)の将来的な実現に向けて、想定される管理情報等を扱う市場をPHR関連市場として定義し、それら関連市場の動向を調査
  • 60代以上の男女500名に対するWeb調査を実施し、高齢者向けに健康ICTサービス事業における可能性を探る

資料概要
Close

Part1 PHR・関連市場の将来展望
Part2 PHR関連市場
Part3 有力参入企業の個別実態

リサーチ内容

■掲載内容

Executive Summary

1.市場の定義
2.市場別動向
3.注目企業の動向
4.展望と課題

Part1 PHR・関連市場の将来展望

1.PHR・関連市場の現状
  (1)市場概要
  (2)市場環境
2.PHR関連市場規模・予測
3.将来展望
4.高齢者における健康関連ICTサービスの需要性 ~消費者調査~
  1)調査要綱
  2)Webアンケート回答者属性
  3)アンケート結果概略
  4)アンケート集計結果 ※単純集計・性別・年代によるクロス集計
    問1 現在の世帯構造につい
    問2 現在の仕事の有無について
    問3 現在、持病等による定期的な通院状況について
    問4 自治体・NPO等による福祉サービスの利用状況について
    ①緊急通報サービス(緊急通報機器の配布)
    ②民生委員・ボランティアの訪問による声がけ
    ③集会所や自宅等での医師や保健師・看護師による健康相談
    ④宅配業者等民間事業者の声がけによる安否確認
    ⑤自宅に設置したセンサーによる見守りサービス
    ⑥高齢者を対象としたパソコン・インターネット講習
    ⑦携帯・スマートフォン・タブレット等での地域情報の提供
    ⑧日常品の買い物支援(非ICT含む)
    問5 現在所有しているICT機器について
    問6 所有している機器の入手方法について
    ①スマートフォン以外の従来型携帯電話
    ②スマートフォン
    ③タブレットPC
    ④パソコン
    問7 現在又は数年後において、自身の健康や暮らしについての不安
    問8 不安に思う事柄について
    問9 現在又は近い将来、自身の健康や生活における不安等の解消に効果的であると
    思われることについて
    問10 ICTを活用した以下のサービスで興味・関心のあるサービス
    問11 ICT端末を用いた高齢者向けサービスについて要望など(自由記述)

Part2 PHR関連市場

§1.健康・予防領域
  1.健康情報管理サービス
    (1)サービス概要
    (2)市場概要
    (3)企業別動向
    (4)市場規模・将来予測
  2.健康管理システム
    (1)システム概要
    (2)市場概要
    (3)企業別動向
    (4)市場規模・将来予測
  3.健診システム
    (1)システム概要
    (2)市場概要
    (3)企業別動向
    (4)市場規模・将来予測
  4.健康保険組合基幹システム
    (1)システム概要
    (2)市場概要
    (3)企業別動向
    (4)市場規模・将来予測
  5.その他市場~健康相談、健康情報サイト~
    (1)サービス概要
    (2)市場概要
    (3)企業別動向
    (4)市場規模・将来予測
§2.医療領域
  1.医療情報システム(電子カルテ)
    (1)システム概要
    (2)市場概要
    (3)企業別動向
    (4)市場規模・将来予測
  2.遠隔画像診断サービス
    (1)サービス概要
    (2)市場概要
    (3)企業別動向
    (4)市場規模・将来予測
  3.医用画像外部保管サービス
    (1)サービス概要
    (2)市場概要
    (3)企業別動向
    (4)市場規模・将来予測
  4.その他市場~診療予約システム、医療従事者向けサービス~
    (1)サービス・システム概要
    (2)市場概要
    (3)企業別動向
    (4)市場規模・将来予測
§3.高齢者・介護領域
  1.介護システム
    (1)システム概要
    (2)市場概要
    (3)企業別動向
    (4)市場規模・将来予測
  2.高齢者見守りサービス
    (1)サービス概要
    (2)市場概要
    (3)企業別動向
    (4)市場規模・将来予測

Part3 有力参入企業の個別実態

アートデータ、アイ・エム・デイ、アイテック阪急阪神、イートスマート、
イー・ビー・ヘルス・ケア、インターソフトウェア、ウィット、ウイングスタイル、
ウェルネスデータ、エス・エム・エス、エスシーシー、エヌ・ティ・ティ アイティ、
エヌ・ティ・ティ・データ、エヌ・ティ・ティ レゾナント、NECネクサソリューションズ、
NECネッツエスアイ、エヌ・ティ・ティ・ドコモ、エヌ・デーソフトウェア、エムスリー、
M2Mテクノロジーズ、エムティーアイ、オムロンヘルスケア、カナミックネットワーク、
関西メディカルネット、キーウェアソリューションズ、QLife、ケアストリームヘルス、
KDDI、サン・プランニング・システム、志幸技研工業、スキルアップ、
住友セメントシステム開発、セコム医療システム、センス・イット・スマート、
セントラル警備保障、ソフトウェア・サービス、大和総研ビジネス・イノベーション、
タック、タニタヘルスリンク、つくばウェルネスリサーチ、テクノア、テクマトリックス、
東芝ソリューション、ドクターネット、ドコモ・ヘルスケア、ニッセイ情報テクノロジー、
日本事務器、日本電気、ネオス、ネクストフューチャー、ネット・メディカルセンター、
バイオコミュニケーションズ、日立製作所、日立ソリューションズ、foo.log、富士通、
プロフェッショナル・ドクターズ・ネット、ベストライフ・プロモーション、ヘルスクリック、
マイ・カウンセラー、メディケアネットワーク、ヤフー、ユニバーサル・ビジネス・ソリューション、
横河医療ソリューションズ、リブラプラス、ringcoco、ワイズマン

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

132,000
120,000
12,000
132,000
120,000
12,000
165,000
150,000
15,000
264,000
240,000
24,000
297,000
270,000
27,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。