2016年版 企業参入が進む機能性農産物の開発動向と市場展望 ~新たな機能性表示制度で注目される農産物の差別化戦略とは~

本調査レポートでは、様々な機能性を持たせた農産物の開発動向に加え、現在、生産・流通している機能性農産物(※)、及び機能性表示食品制度の開始に伴って新たに機能性表示食品となった農産物(低次加工品を含む)の需要動向や市場特性、現状の課題、今後の方向性等についてまとめ、市場性を展望する。
※本来含まれていないか、含有量が低い成分を品種開発や栽培・生産方法の改良で高含有にした農産物、あるいは、特定の成分を低含有にした農産物

発刊日
2016/06/21
体裁
A4 / 163頁
資料コード
C57123400
PDFサイズ
3.3MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象:機能性農産物関連市場に参入する企業及び団体(研究機関)のほか、機能性農産物の(潜在)ユーザーである一般消費者や給食を実施する学校・病院等、機能性農産物を販売する流通・販売業者を調査対象とした。
調査方法:企業及び団体に対しては、弊社専門研究員による直接面談調査を主体に電話及びアンケート調査を併用した。また、一般消費者モニターに対してはインターネット(アンケート)調査、事業者(施設、流通・販売業者)に対してはテレマーケティング(電話)調査を実施した。
調査期間:2015年11月~2016年5月

資料ポイント
Close

  • 生鮮食品にも機能性表示が可能に。話題の制度と開発動向を詳細に掲載
  • 本格始動した機能性農産物市場 2020年の展望と課題は?
  • 消費者&事業者調査で明らかにする機能性農産物の需要実態
  • 有力参入企業・団体の個別動向(15社)を掲載

資料概要
Close

第Ⅰ章 機能性農産物に関する政策と開発動向
第Ⅱ章 機能性農産物の市場展望
第Ⅲ章 機能性農産物の需要動向(需要家調査)
第Ⅳ章 参入企業・関連団体の個別動向

リサーチ内容

■掲載内容

第Ⅰ章 機能性農産物に関する政策と開発動向

1.国内における農産物消費の現状
  (1)農産物の主なジャンルにおける国内の消費状況
  (2)国による消費拡大策
  (3)機能性成分の活用
2.5 A DAY(ファイブ・ア・デイ)とベジフルセブン活動
  (1)5 A DAY
  (2)ベジフルセブン活動
3.機能性表示食品制度と生鮮食品の栄養成分表示について
  (1)機能性表示食品制度の概要
  (2)生鮮食品の栄養成分表示の概要
  (3)栄養成分表示における生鮮食品の機能性成分表記事例
4.農産物の主な機能性成分と研究課題
  (1)研究報告でみる農産物の主な機能性成分
  (2)機能性農産物の研究課題
5.機能性農産物に関する研究概要
  (1)機能性を持つ農林水産物・食品開発プロジェクト
  (2)食料生産地域再生のための先端技術展開事業
  (3)伝統産業の機能性成分に関する研究

第Ⅱ章 機能性農産物の市場展望

1.機能性農産物の開発経緯と商品化の現状
  (1)機能性農産物の開発経緯
  (2)機能性農産物の定義と商品概要
    ①品種開発・改良により機能性を付与した農産物
    ②栽培・加工方法の工夫により機能性を付与した農産物
    ③機能性農産物を用いた低次加工食品
2.主要参入企業の動向
3.機能性農産物の市場概況(市場規模と予測)
4.機能性農産物周辺市場の動向
  (1)施設園芸(植物工場)関連市場
    ①市場のトピックス
    ②参入企業の動向
    ③現状の課題・問題点
    ④養液栽培システム市場の今後の見通し
  (2)健康・機能性食品素材関連市場
  (3)農畜水産品の輸出入ビジネス関連市場
    ①輸出促進体制の整備
    ②農畜水産品の輸出入概況(2005~2014年)
    ③GFSI(世界食品安全イニシアチブ:Global Food Safety Initiative)の取り組み概要
    ④企業・団体における農畜水産品の輸出促進への取り組み
    ⑤今後の輸出入ビジネスの展望
5.保健機能食品(機能性表示食品)に関する取り組み
6.現状の課題、問題点
7.機能性農産物関連事業の方向性と市場拡大に向けた取り組み

第Ⅲ章 機能性農産物の需要動向(需要家調査)

1.消費者アンケート調査
  (1)調査概要
  (2)対象者の属性
  (3)結果の詳細
    ①健康について
    ②農産物について
    ③機能性農産物について
    ④機能性表示食品について
2.事業者テレマーケティング調査
  (1)調査概要
  (2)対象者の属性
  (3)結果の詳細
    ①給食について
    ②機能性農産物・地域の伝統野菜について
3.消費者アンケート調査フリーアンサー(機能性農産物に対する意見)

★消費者アンケート調査項目
Q1 健康面で不安に思うこと
Q2 健康維持・増進のために心がけていること
Q3 健康に関する情報源
Q4 農産物の購入・摂取方法
Q5 農産物の購入や摂取に関して重視するポイント
Q6 農産物の購入や摂取に関する情報源
Q7 農産物の購入・摂取場所
Q8 機能性農産物の認知状況
Q9 機能性農産物の購入・摂取経験
Q10 機能性農産物に期待する機能性と効果
Q11 機能性農産物の販売・提供方法
Q12 機能性農産物の購入・摂取限度額
Q13 機能性表示食品の認知状況
Q14 機能性表示による購入・摂取意向
Q15 機能性農産物についての意見

★事業者テレマーケティング調査項目
<1.学校給食/2.病院・施設給食/3.食品流通・販売業者はQ5のみ>
Q1 給食の実施状況
Q2 給食の提供方法
Q3 給食の平均費用
Q4 給食メニュー(献立)の作成方法
Q5-1 機能性農産物や地域の伝統野菜の認知状況
Q5-2-1 機能性農産物の使用/取り扱い状況
Q5-2-2 地域の伝統野菜の使用/取り扱い状況
Q5-3 使用している/取り扱っている主な機能性農産物、地域の伝統野菜の種類
Q5-4 機能性農産物、地域の伝統野菜を使用する/取り扱う理由
Q5-5 機能性農産物、地域の伝統野菜を使用する/取り扱う上での課題・問題
Q5-6 機能性農産物、地域の伝統野菜を使用しない/取り扱わない理由
Q5-7-1 機能性農産物の今後の使用/取り扱い意向
Q5-7-2 地域の伝統野菜の今後の使用/取り扱い意向

第Ⅳ章 参入企業・関連団体の個別動向

えひめ飲料
  ~独自の濃縮技術で高機能みかんジュースを商品化、機能性表示食品に~

小倉屋柳本
  ~「おいしい蒸し豆」シリーズ5品目が機能性表示食品に食育にも活用~

幸南食糧
  ~近大・サタケと共同で「金賞健康米」を開発、おかゆシリーズも好評~

サカタのタネ
  ~「今までにないタネ」を 今後も多様な機能の開発を継続~

サタケ
  ~お米としては日本初 「GABAライス」が機能性表示食品に~

サラダコスモ
  ~機能性表示の大豆もやしで手軽に栄養補給を~

JAかごしま茶業
  ~「べにふうき」緑茶、今後は海外展開も~

植物育種研究所
  ~機能性野菜で健康に タマネギ博士の挑戦は続く~

タキイ種苗
  ~高齢社会で注目される“機能性”に期待「ファイトリッチ」シリーズを拡充へ~

東京フーズクリエイト
  ~高機能米で生活習慣病を予防、農業・農村振興にも寄与~

東洋ライス
  ~「金芽米」が順調に成長 機器販売も強化へ~

日本製紙
  ~高アントシアニン茶品種「サンルージュ」の育苗を実現 認知向上に取り組む~

(農研機構)食品総合研究所
  ~農産物の機能性を科学的に解明 組み合わせて提案を~

ファンケル
  ~「発芽米 金のいぶき」が好調 健康志向の中高年層を取り込む~

三ヶ日町農業協同組合(JAみっかび)
  ~機能性表示食品「三ヶ日みかん」の差別化戦略とは~

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。