2019年版 ドラッグチェーンの成長戦略とエリア別競争力分析

全国9エリアにおける主要チェーンの競争力を徹底分析。医薬品、化粧品、トイレタリーの各メーカー、卸をはじめGMS、SM、HC、DSなど小売業の営業、企画、市場調査、マーケティングの各担当者およびDgS事業への参入やドラッグチェーンとのビジネス展開をご検討の皆様方に必携の調査レポート。

発刊日
2019/03/下旬
体裁
A4 / 約270頁
資料コード
C60126000
PDFサイズ
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

129,600
120,000
9,600
129,600
120,000
9,600
162,000
150,000
12,000
259,200
240,000
19,200
291,600
270,000
21,600

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

資料ポイント
Close

地域有力チェーンを対象とした広域チェーンのM&A戦略が急展開
生き残りを賭ける地域チェーンとの雌雄を決する本格対決へ

  • 各地区別における主要チェーンの売上高および店舗数シェア(2018年)
  • 市場成長の可能性高いエリアと成長企業の戦略を探る。主要チェーン約60社の地域別売上高と店舗数(2018年)
  • 成長継続に求められる、さらなる専門性の強化と利便性の追求。多様な品揃えを持つ強みを生かしセルフメディケーションの推進役を目指す
  • 健康拠点に加え、多様な商品・サービスの提供による社会的基盤としての役割を期待。調剤併設型ドラッグストアでは、かかりつけ薬剤師・薬局への対応不可欠
  • 主要チェーンは積極的な出店戦略を背景にさらに広域化目指す。中堅チェーンは二極化傾向強まる

 

リサーチ内容

2019年2月13日更新
※掲載予定内容、発刊予定日等に一部変更が生じる場合がございます。

■掲載予定内容

第1章 ドラッグチェーンの現状と将来展望

1.薬局・薬店数の推移
 【表】薬局・薬店数の推移
2.主要ドラッグチェーンの動向
 【表】主要企業の売上高・経常利益・店舗数(最新年度実績)
 【表】主要企業の出店・閉店実績と計画
3.主要ドラッグチェーンの戦略
 (1)業態開発
  ①小商圏型・狭小商圏型、食品売場の強化
  【表】主要企業の食品売上高(最新年度)
  【表】主要企業の主な小商圏型・狭小商圏型店舗の開発状況および食品売場の強化状況
  ②ディスカウント型、ディスカウントストア
  ③コンビニエンス複合型
  ④その他
 (2)調剤事業
  【表】主要企業の調剤売上高(最新年度)
 (3)介護事業
 (4)PB戦略
  【表】主要企業の主なPB戦略
 (5)海外事業
4.ドラッグチェーンの将来展望
 【表】主要企業の中期計画(数値目標)
 【表】主要企業の出店戦略
 【表】株式公開企業の収益状況
 【表】株式公開企業の商品部門別売上構成比
 【表】主要ドラッグチェーンの店舗数推移
 【表】主要ドラッグチェーンの地域別売上高・店舗数
 【表】2008年以降のドラッグストア・調剤薬局業界における主な合併および提携状況

第2章 ドラッグチェーンのエリア別競争力分析

1.ドラッグチェーンのエリア別競争力分析
 【表】地区別の市場規模および店舗数(2018年)
 【表】全国における売上高および店舗数シェア(2018年)
 【表】ドラッグチェーンの地域別売上高一覧(2018年)
 【表】主要ドラッグチェーンの売上高順位表(2018年)
 【表】主要ドラッグチェーンの店舗数順位表
 【表】主要企業の地域別売上高および店舗数(2018年)

本社所在地 北海道
ツルハホールディングス、サツドラホールディングス、アインホールディングス
本社所在地 東北
薬王堂、クスリのマルト、ヤマザワ薬品、マルエーうちや
本社所在地 関東
ウエルシアホールディングス、マツモトキヨシホールディングス、サンドラッグ、ココカラファイン、カワチ薬品、クリエイトSDホールディングス、富士薬品、トモズ、セキ薬品、千葉薬品、ウェルパーク、カメガヤ、ミネ医薬品、クスリのマルエ、一本堂、エービン、エフケイ、クスリのナカヤマ
本社所在地 甲信越
クスリのサンロード、とをしや薬局
本社所在地 北陸
クスリのアオキホールディングス、Genky DrugStores
本社所在地 東海
スギホールディングス、中部薬品、スギヤマ薬品
本社所在地 近畿
キリン堂ホールディングス、コクミン、ダイコク、ナガタ薬品、アカカベ、ミック・ジャパン、ゴダイ、ケアーズ
本社所在地 中国・四国
ザグザグ、ププレひまわり、大屋、よどや
本社所在地 九州
コスモス薬品、ドラッグストアモリ、JR九州ドラッグイレブン、サンキュードラッグ、大賀薬局、新生堂薬局、ミズ、ふく薬品、下川薬品

第3章 エリア別動向

1.広域チェーンの動向
 (1)ウエルシアホールディングス
 (2)ツルハホールディングス
 (3)マツモトキヨシホールディングス
 (4)サンドラッグ
 (5)コスモス薬品
 (6)スギホールディングス
 (7)ココカラファイン
2.エリア別の動向
 (1)北海道地区
   【表】北海道地区の売上高および店舗数シェア(2018年)
 (2)東北地区
   【表】東北地区の売上高および店舗数シェア(2018年)
 (3)関東地区
   【表】関東地区の売上高および店舗数シェア(2018年)
 (4)甲信越地区
   【表】甲信越地区の売上高および店舗数シェア(2018年)
 (5)北率地区
   【表】北率地区の売上高および店舗数シェア(2018年)
 (6)東海地区
   【表】東海地区の売上高および店舗数シェア(2018年)
 (7)近畿地区
   【表】近畿地区の売上高および店舗数シェア(2018年)
 (8)中国・四国地区
   【表】中国・四国地区の売上高および店舗数シェア(2018年)
 (9)九州地区
   【表】九州地区の売上高および店舗数シェア(2018年)

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

129,600
120,000
9,600
129,600
120,000
9,600
162,000
150,000
12,000
259,200
240,000
19,200
291,600
270,000
21,600

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。