2019年版 惣菜(中食)市場の実態と将来展望

発刊日
2019/06/下旬
体裁
A4 / 約350頁
資料コード
C61103000
PDFサイズ
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

140,400
130,000
10,400
140,400
130,000
10,400
172,800
160,000
12,800
280,800
260,000
20,800
313,200
290,000
23,200

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

資料ポイント
Close

  • 成長を続ける惣菜・中食市場の商品動向を分野別で
  • 商品別8市場の市場規模推移と予測、商品トレンド、ユーザーニーズ、課題点などを網羅
  • 末端市場が注力する惣菜(中食)商品の販売戦略とは
  • 注目されるスープ惣菜の市場実態を特集掲載
  • 首都圏在住の消費者を対象にインターネット調査を実施!惣菜・中食の利用状況や購入意向を徹底分析
  • 有力参入企業25~30社を直接取材。各社の事業戦略、商品化動向、販売チャネル対策などを詳細に

リサーチ内容

2019年5月17日更新
※掲載予定内容、発刊予定日等に一部変更が生じる場合がございます。

■掲載予定内容

第Ⅰ章 惣菜市場の全体動向(総論)

1.市場概況
2.商品動向
3.企業動向
4.チャネル動向
5.市場展望

第Ⅱ章 惣菜市場のトピックス

1.相次ぐ中食への新規参入、収益性で企業間格差が拡大・塗変わる勢力図
2.コンビニは減塩・低糖質など、健康軸の商品戦略を強化
3.ドラッグチェーン業界、食品カテゴリーの戦略的活用・中食の売場投入が本格化
4.小売・量販店はスマホアプリやIT活用で集客増に繋げる
5.末端販売チャネルでの仕入れルール見直し・緩和で食品ロス削減が加速

第Ⅲ章 注目業界動向 ~スープ惣菜の市場実態~

1.スープ惣菜市場の動向
2.市場規模の推移(2014~2018年度)
3.市場構成比(2018年度)
  (1)商品別(和風・洋風・中華など)
  (2)温度帯別(常温・チルド・冷凍)
  (3)末端販売チャネル別(惣菜専門店、CVS、小売・量販店など)
4.企業動向
5.末端販売チャネル動向
6.市場規模予測(2019~2023年度)

第Ⅳ章 惣菜市場の現状分析と展望

1.惣菜の市場規模推移(2014~2018年度)
  (1)商品別
    ①和風惣菜 ②洋風惣菜 ③中華惣菜 ④米飯
    ⑤給食弁当 ⑥調理パン ⑦ファストフード ⑧調理麺
(2)末端販売チャネル別
    ①小売・量販店 ②コンビニ ③惣菜専門店 ④百貨店
    ⑤駅ビル・駅ナカ ⑥ドラッグチェーン ⑦その他(外食チェーン、他)
2.惣菜の市場構成比(2018年度)
  (1)商品別
    ①和風惣菜 ②洋風惣菜 ③中華惣菜 ④米飯
    ⑤給食弁当 ⑥調理パン ⑦ファストフード ⑧調理麺
  (2)末端販売チャネル別
    ①小売・量販店 ②コンビニ ③惣菜専門店 ④百貨店
    ⑤駅ビル・駅ナカ ⑥ドラッグチェーン ⑦その他(外食チェーン、他)
3.地域別市場構成比(2018年度)
4.市場拡大要因と阻害要因分析
5.惣菜市場の2023年展望
  (1)市場見通し(商品、チャネル、業態)
  (2)商品別市場規模予測(2019~2023年度)
    ①和風惣菜 ②洋風惣菜 ③中華惣菜 ④米飯
    ⑤給食弁当 ⑥調理パン ⑦ファストフード ⑧調理麺
  (3)末端販売チャネル別市場規模予測(2019~2023年度)
    ①小売・量販店 ②コンビニ ③惣菜専門店 ④百貨店
    ⑤駅ビル・駅ナカ ⑥ドラッグチェーン ⑦その他(外食チェーン、他)
6.商品別の市場動向分析
  (1)和風惣菜
  (2)洋風惣菜
  (3)中華惣菜
  (4)米飯
  (5)給食弁当
  (6)調理パン
  (7)ファストフード
  (8)調理麺
7.末端販売チャネルの市場動向分析
  (1)小売・量販店
  (2)コンビニエンスストア
  (3)惣菜専門店
  (4)百貨店
  (5)駅ビル・駅ナカ
  (6)ドラッグチェーン
  (7)その他の販売チャネル

第Ⅴ章 有力惣菜関連企業の事業戦略分析

1.事業展開動向
2.全国・地域展開動向
3.メインコンセプトと取扱商品
4.新商品開発動向
5.生産動向・物流体制
6.安全・衛生対策
7.原材料調達状況
8.販売ルート・チャネル動向
9.事業展開上の課題点
10.今後の事業戦略の方向性

第Ⅵ章 惣菜(中食)の購入・利用実態 ~家族同居・単身世帯の惣菜(中食)の購入・利用実態~

首都圏在住の男女1,000名による、惣菜(中食)購入の購入・利用実態

1.惣菜の購入頻度
2.普段よく購入する惣菜・商品
3.惣菜の購入金額
4.普段、惣菜を購入するとき・理由
5.よく惣菜を購入している場所・店舗
6.惣菜購入時の店舗選択理由
7.評判の良い惣菜店とその情報源
8.惣菜に対する要望や不満点(味・商品・材料)
9.今後の惣菜購入時に重視する内容
10.魅力的に感じる惣菜サービス

第Ⅶ章 注目企業の個別実態(以下より約25~30社取材予定)

旭食品、イーグルデリカ、壱番屋、イニシオフーズ、今里食品、岩田食品、大戸屋、オリジン東秀、恩地食品、柿安本店、カネ美食品、キッコーマンデリカ、近畿日本鉄道、クックサン、グルメデリカ、京急ショッピングセンター、小僧寿し、古市庵、サンデリカ、三味、シノブフーズ、ジャパンフレッシュ、すかいらーく、ゼストクック、ゼンショー、大徳食品、玉子屋、知久、天神屋、デリア食品、デリカスイト、東急ストア、トオカツフーズ、日本マクドナルドホールディングス、日本レストランエンタプライズ、ハークスレイ、阪急デリカアイ、ヒライ、ピーシーエス、ビー・ワイ・オー、フォーシーズ、フジオフードシステム、フジフーズ、藤本食品、プリムイソベン、プレナス、阪急電鉄、まつおか、松屋フーズ、丸玉給食、ミノヤランチサービス、ライフフーズ、利恵産業、ロック・フィールド、若菜、わらべや日洋、その他有力参入企業

第Ⅷ章 惣菜市場主要参入企業一覧(約300社掲載予定)

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

140,400
130,000
10,400
140,400
130,000
10,400
172,800
160,000
12,800
280,800
260,000
20,800
313,200
290,000
23,200

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。