2019年版 食品宅配市場の展望と戦略

発刊日
2019/07/下旬
体裁
A4 / 約400頁
資料コード
C61103900
PDFサイズ
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

140,400
130,000
10,400
140,400
130,000
10,400
172,800
160,000
12,800
280,800
260,000
20,800
313,200
290,000
23,200

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

資料ポイント
Close

  • 食品宅配市場は、高齢者・子育て世代・働く女性など多様なニーズに応えて成長を持続
  • 食品宅配8分野(業態)の市場&参入企業動向、現状の課題、今後の市場見通しを掲載
  • “オフィスランチ”が充実。弁当、配食、ケータリング、話題のデリバリーサービスを特集
  • ミールキット人気で業態をまたいだ競争が激化?!消費者調査で利用実態を明らかに
  • 地域に根差した生協・個配事業の強みとは
  • 有力参入企業(約30社)の取り組みを詳細に

リサーチ内容

2019年7月1日更新
※掲載予定内容、発刊予定日等に一部変更が生じる場合がございます。

■掲載予定内容

第Ⅰ章 食品宅配市場のトピックス

1.オフィスランチ(社食)を支えるデリバリーサービス市場
  (1)デリバリーサービス(運営システム)の概要
  (2)参入企業動向
  (3)運営上の課題・問題点
  (4)事業戦略と今後の方向性
2.ミールキット(料理キット)市場
  (1)商品概要
  (2)参入企業動向
  (3)現状の課題・問題点
  (4)商品戦略と今後の方向性(市場規模予測)

第Ⅱ章 マーケットの現状分析と展望

1.食品宅配総市場
  (1)市場概況と市場規模推移(2014~2018年度)
  (2)分野別市場構成比(2018年度)
  (3)食品宅配市場の拡大&阻害要因
  (4)今後の見通しと市場規模予測(2019~2023年度)
2.在宅配食サービス市場
  (1)市場動向
  (2)参入企業動向
  (3)市場規模推移(2014~2018年度)
  (4)参入企業シェア(2018年度)
  (5)現状の問題点と課題
  (6)今後の市場見通し
  (7)市場規模予測(2019~2023年度)
3.食材(惣菜)宅配市場
  (1)市場動向
  (2)参入企業動向
  (3)市場規模推移(2014~2018年度)
  (4)参入企業シェア(2018年度)
  (5)現状の問題点と課題
  (6)今後の市場見通し
  (7)市場規模予測(2019~2023年度)
4.宅配ピザ市場
  (1)市場動向
  (2)参入企業動向
    ①出店施策
    ②店舗運営
    ③販売促進活動
  (3)市場規模推移(2014~2018年度)
  (4)参入企業シェア(2018年度)
  (5)現状の問題点と課題
  (6)今後の市場見通し
  (7)市場規模予測(2019~2023年度)
5.宅配寿司市場
  (1)市場動向
  (2)参入企業動向
    ①出店施策
    ②店舗運営
    ③販売促進活動
  (3)市場規模推移(2014~2018年度)
  (4)参入企業シェア(2018年度)
  (5)現状の問題点と課題
  (6)今後の市場見通し
  (7)市場規模予測(2019~2023年度)
6.外食チェーン・ファストフード宅配市場
  (1)市場動向
  (2)参入企業動向
    ①出店施策
    ②店舗運営
    ③販売促進活動
    ④宅配体制
  (3)市場規模推移(2014~2018年度)
  (4)参入企業シェア(2018年度)
  (5)現状の問題点と課題
  (6)今後の市場見通し
  (7)市場規模予測(2019~2023年度)
7.牛乳宅配市場
  (1)市場動向
  (2)参入企業動向
    ①商品施策
    ②販売促進活動
  (3)市場規模推移(2014~2018年度)
  (4)参入企業シェア(2018年度)
  (5)現状の問題点と課題
  (6)今後の市場見通し
  (7)市場規模予測(2019~2023年度)
8.生協(個配)市場
  (1)市場動向
  (2)主要生協の個配事業の取り組み動向
  (3)市場規模推移(2014~2018年度)
  (4)個配市場の単位生協別市場構成比(2017年度)
  (5)現状の問題点と課題
  (6)今後の市場見通し
  (7)市場規模予測(2019~2023年度)
9.ネットスーパー市場
  (1)市場動向
  (2)参入企業動向
  (3)市場規模推移(2014~2018年度)
  (4)参入企業シェア(2018年度)
  (5)主要企業におけるネットスーパーサービスの比較一覧
  (6)現状の問題点と課題
  (7)今後の市場見通し
  (8)市場規模予測(2019~2023年度)
    図.食品宅配の総市場規模推移(2012~2016年度)
    図.食品宅配分野(業態)別市場構成比(2016年度)

第Ⅲ章 話題の料理キット(ミールキット)の利用実態(消費者調査)

三大都市圏(首都圏・中京圏・近畿圏)在住の女性(年代別)を対象に調査を
実施予定

・回答属性
・ミールキットの利用有無
・ミールキットの利用目的
・ミールキットの利用頻度
・最もよく利用するメーカー(ブランド)と選択理由
・よく利用するミールキットの種類(メニュー)と価格帯
・利用中のミールキットに対する要望や不満点
・今後のミールキットの利用意向 など

第Ⅳ章 注目企業の個別実態(約30社)

<在宅配食・食材(惣菜)宅配>
ウェルネスダイニング、シニアライフクリエイト、シュガーレディ、ショクブン、シルバーライフ、全国農業協同組合連合会(JA)、タイヘイ、日清医療食品、ファミリーネットワークシステムズ、ヨシケイ開発、レパスト、ワタミ

<宅配ピザ・宅配寿司・外食チェーン・ファストフード宅配>
アークランドサービスホールディングス、サンライズサービス、ジェーシー・コムサ、すかいらーく、ストロベリーコーンズ、日本KFCホールディングス、日本マクドナルド、ハークスレイ、ハマサキ・ホールディング、ピーシーエス、フォーシーズ、プレナス、ライドオン・エクスプレス

<牛乳宅配>
明治、森永乳業、雪印メグミルク

<生協・ネットスーパー>
イオンリテール、イズミヤ、イトーヨーカ堂、オイシックス・ラ・大地、オルター、生活協同組合コープこうべ、コープネット事業連合、ダイエー、髙島屋、東都生活協同組合、パルシステム生活協同組合連合会、阪急キッチンエール関西、ポランオーガニックフーズデリバリ、生活協同組合ユーコープ、楽天(楽天西友ネットスーパー)

<食品宅配関連サービス>
ウーバー・ジャパン、OKAN、ぐるなび、スターフェスティバル、ダイナプティコ、日本フードデリバリー、ノンピ、夢の街創造委員会、ワオ など

第Ⅴ章 業界別主要参入企業・団体一覧

・在宅配食サービス・食材(惣菜)宅配
・宅配ピザ・宅配寿司・外食チェーン・ファストフード宅配
・牛乳宅配
・生協・ネットスーパー
・食品宅配関連サービス

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

140,400
130,000
10,400
140,400
130,000
10,400
172,800
160,000
12,800
280,800
260,000
20,800
313,200
290,000
23,200

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。