2020年版 コメビジネス・米飯市場の実態と将来展望

国内におけるコメの消費量は、ほぼ一貫して減少しており、50年前の半分以下にまで落ち込んでいる。高齢化の進行で1人あたりの消費量が減少していることに加え、単身世帯や共働き世帯の増加による食の外部化の進展が背景にある。
一方、農林水産省の推計によると、2019年現在、世界的な和食ブームを追い風に世界各国の日本食レストランの数は約156,000店となり、この2年間で約1.3倍に拡大したという。日本食には水分が多く粘り気のあるジャポニカ米が不可欠であり、日本米の需要は海外で高まりつつある。
加工・日配米飯においては、昨今の消費者ニーズを反映した商品の誕生により市場は拡大している。例えば、パックご飯(無菌包装米飯)は、家庭で炊くごはんの代替品として定着したほか、常温で日持ちのする利便性の高さから、インバウンドの土産品、防災食、人手不足を課題とする 病院・高齢者施設給食や外食などの業務用需要なども取込みつつある。また、おにぎりは、定番商品を中心に、変わり種、健康志向、地域限定、高級品など、バリエーションを拡大させている。ラベルには具材のイメージ写真も加え、外からは見えない具材を訪日客にもすぐ分かるようにするなど、オリンピックを目前にして益々、高まるインバウンド需要を取込むための工夫も見受けられる。
本調査レポートでは、コメビジネス及び米飯関連企業の事業戦略、商品動向、課題・問題点、市場拡大に向けた取り組み等を調査・分析することにより、コメ及び加工・日配米飯ビジネスの有望需要領域や市場の方向性を明らかにする。

発刊日
2020/01/31
体裁
A4 / 281頁
資料コード
C61123200
PDFサイズ
2.9MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

143,000
130,000
13,000
143,000
130,000
13,000
176,000
160,000
16,000
286,000
260,000
26,000
319,000
290,000
29,000
429,000
390,000
39,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象事業・商品:
・コメビジネス(コメの品種開発・生産・加工・流通・販売(輸出及び現地生産)ビジネス、 機能米の開発・加工関連ビジネス)
・日配米飯(弁当、おにぎり、持ち帰り弁当、持ち帰り寿司、持ち帰り丼、給食弁当)
・加工米飯(冷凍米飯、レトルト米飯、無菌包装米飯)
調査対象企業・団体:コメビジネス関連企業6社、日配米飯メーカー11社、加工米飯メーカー3社、官公庁、関連業界団体ほか
調査方法:面談取材及び電話、質問紙等による間接ヒアリングを実施した。また、官公庁統計資料、関連業界団体公表資料等の収集・分析を行った。
調査期間:2019年4月~2020年1月

資料ポイント
Close

  • 面談取材を中心に有力参入企業20社の個別実態を収録
    加工/日配米飯メーカー・関連企業14社、コメビジネス関連企業6社
  • 下記3セグメントにおける、計11市場の中期展望を考察。
    ※2014~2018年度(実績)、2019~2023年度(予測)
    1.コメビジネス市場(コメの品種開発・生産・加工・流通・販売ビジネス、機能米の開発・加工関連ビジネス)
    2.日配米飯市場(弁当、おにぎり、持ち帰り弁当、持ち帰り寿司、持ち帰り丼、給食弁当)
    3.加工米飯市場(冷凍米飯、レトルト米飯、無菌包装米飯)
  • シルバー層における高単価購入者の購買実態を収録

 

資料概要
Close

第1章 米飯市場の全体動向(総論)
第2章 注目業界動向 ~シルバー層における高単価購入者の購買実態~
第3章 コメビジネスの現状分析と展望
第4章 米飯市場の現状分析と展望
第5章 有力関連企業の戦略分析
第6章 米飯関連統計データ
第7章 注目企業の個別実態(20社)

リサーチ内容

第1章 米飯市場の全体動向(総論)

1.米飯の総市場規模推移(2014~2018年度)
2.米飯の商品別市場構成比(2018年度)
3.米飯の末端チャネル別市場構成比(2018年度)
4.米飯の地域別市場構成比(2018年度)
5.米飯市場のウェイト変化の予測
6.米飯の総市場規模予測(2019~2023年度)

第2章 注目業界動向 ~シルバー層における高単価購入者の購買実態~

1.回答者属性
  (1)回答状況
  (2)回答者の男女比
  (3)クロス集計(1回の購入金額が1,700円以上の回答者)
2.惣菜(中食)の購入・利用実態
  (1)惣菜・中食の主な利用目的
  (2)惣菜購入先の主な選択理由
  (3)惣菜・中食の情報源
  (4)惣菜・中食商品についての要望・不満点
  (5)コンビニの「手巻きおにぎり日高昆布」の価格感度(受容価格帯)
    ①高いと感じ始める価格
    ②安いと感じ始める価格
    ③高すぎて買わないと感じ始める価格
    ④安すぎて品質に問題があるのではないかと感じ始める価格
  (6)今後、惣菜・中食の購入時に重視する内容
  (7)今後、惣菜・中食を購入する際に魅力的と感じるサービス

第3章 コメビジネスの現状分析と展望

1.コメビジネスの市場背景と概況
  (1)コメビジネスの市場背景
  (2)コメの品種開発・生産・加工・流通・販売(輸出及び現地生産を含む)ビジネスの概況
  (3)機能米の開発・加工関連ビジネスの概況
2.コメビジネス市場の現状と市場規模予測
  (1)コメの品種開発・生産・加工・流通・販売(輸出及び現地生産)ビジネス市場の現状
  (2)コメの品種開発・生産・加工・流通・販売(輸出及び現地生産)ビジネス市場の展望と市場規模予測
  (3)機能米の開発・加工関連ビジネス市場の現状
  (4)機能米の開発・加工関連ビジネス市場の展望と市場規模予測
3.コメビジネスの参入動向
  (1)コメの品種開発・生産・加工・流通・販売(輸出・現地生産)
  (2)機能米の開発・加工関連
4.商品概要
  (1)コメの品種開発・生産・加工・流通・販売(輸出・現地生産)
  (2)機能米の開発・加工関連
5.需要・販売動向
  (1)コメの品種開発・生産・加工・流通・販売(輸出・現地生産)
  (2)機能米の開発・加工関連
6.課題・市場拡大に向けた取組み
  (1)コメの品種開発・生産・加工・流通・販売(輸出・現地生産)
  (2)機能米の開発・加工関連

第4章 米飯市場の現状分析と展望

1.日配米飯
  (1)弁当
    ①商品トレンド
    ②参入企業動向
    ③消費ニーズと需要動向
    ④課題・問題点
    ⑤市場規模推移(2014~2018年度)
    ⑥市場見通しと市場規模予測(2019~2023年度)
  (2)おにぎり
    ①商品トレンド
    ②参入企業動向
    ③消費ニーズと需要動向
    ④課題・問題点
    ⑤市場規模推移(2014~2018年度)
    ⑥市場見通しと市場規模予測(2019~2023年度)
  (3)持ち帰り弁当
    ①商品トレンド
    ②参入企業動向
    ③消費ニーズと需要動向
    ④課題・問題点
    ⑤市場規模推移(2014~2018年度)
    ⑥市場見通しと市場規模予測(2019~2023年度)
  (4)持ち帰り寿司
    ①商品トレンド
    ②参入企業動向
    ③消費ニーズと需要動向
    ④課題・問題点
    ⑤市場規模推移(2014~2018年度)
    ⑥市場見通しと市場規模予測(2019~2023年度)
  (5)持ち帰り丼
    ①商品トレンド
    ②参入企業動向
    ③消費ニーズと需要動向
    ④課題・問題点
    ⑤市場規模推移(2014~2018年度)
    ⑥市場見通しと市場規模予測(2019~2023年度)
  (6)給食弁当
    ①商品トレンド
    ②参入企業動向
    ③消費ニーズと需要動向
    ④課題・問題点
    ⑤市場規模推移(2014~2018年度)
    ⑥市場見通しと市場規模予測(2019~2023年度)
2.加工米飯
  (1)冷凍米飯
    ①商品トレンド
    ②参入企業動向
    ③消費ニーズと需要動向
    ④課題・問題点
    ⑤市場規模推移(2014~2018年度)
    ⑥市場見通しと市場規模予測(2019~2023年度)
  (2)レトルト米飯
    ①商品トレンド
    ②参入企業動向
    ③消費ニーズと需要動向
    ④課題・問題点
    ⑤市場規模推移(2014~2018年度)
    ⑥市場見通しと市場規模予測(2019~2023年度)
  (3)無菌包装米飯
    ①商品トレンド
    ②参入企業動向
    ③消費ニーズと需要動向
    ④課題・問題点
    ⑤市場規模推移(2014~2018年度)
    ⑥市場見通しと市場規模予測(2019~2023年度)
3.末端チャネル別動向
  (1)コンビニエンスストア
    ①注目トレンド・伸張要因
    ②参入企業動向
    ③現状課題と見通し
  (2)小売・量販店
    ①注目トレンド・伸張要因
    ②参入企業動向
    ③現状課題と見通し
  (3)百貨店
    ①注目トレンド・伸張要因
    ②参入企業動向
    ③現状課題と見通し
  (4)ドラッグストア
    ①注目トレンド・伸張要因
    ②参入企業動向
    ③現状課題と見通し
  (5)専門店
    ①総菜専門店
    ②持ち帰り弁当
    ③持ち帰り寿司店
    ④持ち帰り丼店

第5章 有力関連企業の戦略分析

1.日配米飯メーカーの企業戦略
  (1)事業展開動向
  (2)全国・地域展開動向
  (3)新商品開発動向
  (4)生産動向
  (5)物流体制
  (6)販売ルート・チャネル
  (7)事業展開上の課題点・事業戦略
2.加工米飯メーカーの企業戦略
  (1)事業展開動向
  (2)全国・地域展開動向
  (3)新商品開発動向
  (4)生産動向
  (5)物流体制
  (6)販売ルート・チャネル
  (7)事業展開上の課題点・事業戦略

第6章 米飯関連統計データ

1.加工米飯の生産量推移(2009~2018年)
2.すし・弁当・おにぎりの全国出荷金額、事業所推移(2010~2017年)
3.すし・弁当・おにぎりの都道府県別出荷金額ランキング(2017年:上位ベスト10)
4.食料品の消費支出に占める「米飯類」「惣菜・中食」のウェイト推移(2008~2018年)
5.1世帯あたりの「米飯類」「惣菜・中食」の年間支出額推移(2008~2018年)
6.1世帯あたりの年間消費支出伸び率(2006~2018年:2006年比)
7.1世帯あたりの米飯類の年間支出額
  (1)1世帯あたりの米飯類の年間支出額の内訳(2018年)
  (2)米飯類の地区別年間支出額(2018年)

第7章 注目企業の個別実態(20社)

1.加工米飯メーカー
  佐藤食品工業
  テーブルマーク
  東洋水産
2.日配米飯メーカー
  アークランドホールディングス
  岩田食品
  オリジン東秀
  Genky DrugStores
  シノブフーズ
  玉子屋
  デリカスイト
  プレナス
  マルハニチロ
  吉野家ホールディングス
  わらべや日洋ホールディングス
3.コメビジネス関連企業
  アイリスオーヤマ
  ファンケル
  幸南食糧
  神明ホールディングス
  発芽玄米
  木徳神糧

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

143,000
130,000
13,000
143,000
130,000
13,000
176,000
160,000
16,000
286,000
260,000
26,000
319,000
290,000
29,000
429,000
390,000
39,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。