2020 次世代モビリティ市場の最新動向と将来展望

規格創設によって東京オリンピックを契機に本格普及・量産へ。今後が注目される次世代モビリティ市場を予測する。

発刊日
2020/01/31
体裁
A4 / 178頁
資料コード
C61122700
PDFサイズ
24.1MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000
495,000
450,000
45,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:次世代モビリティの市場動向を明らかにするとともに、開発動向や規制動向を踏まえ、今後の市場展望を俯瞰する
調査対象:本稿で定義する次世代モビリティの技術・市場動向
調査対象先:次世代モビリティメーカ、関連サービス事業者 等
調査方法:面談取材、電話取材、文献調査 等
調査期間:2019年11月~2020年1月

調査結果サマリー
Close

次世代モビリティ市場に関する調査を実施(2019年)
2025年の次世代モビリティ(電動トライク、電動ミニカー、超小型モビリティ)の国内販売台数は8,300台まで拡大と予測
~超小型モビリティ規格が創設される2020年から普及が進む見通し~

資料ポイント
Close

  • 電動トライク、電動ミニカー、超小型モビリティ(2人乗り小型EV)を対象として調査を実施。
  • 同じくラストワンマイルを保管する存在としてマイクロモビリティ(電動キックボード)の規制、直近動向も調査。
  • 日本の次世代モビリティに類する市場として欧州Lクラス、中国のLSEV市場を調査、分析。

<前回版との違い>

  • 調査対象にマイクロモビリティ(電動キックボードなど)を追加。
  • 規格創設を控え、メーカ各社が推進する戦略、動向を記載。
  • 中国で進められるLSEVの国家基準強化の動向を省別で調査。

資料概要
Close

第1章 次世代モビリティの概況
第2章 地域別次世代モビリティ市場の現状
第3章 次世代モビリティの技術動向と将来展望
第4章 主要次世代モビリティメーカの最新動向

リサーチ内容

調査結果のポイント

第1章 次世代モビリティの概況

1-1.次世代モビリティの定義
1-2.次世代モビリティが求められる背景
1-3.マイクロモビリティとグリーンスローモビリティ
1-4.既存車両との比較
1-5.次世代モビリティ普及の課題と今後

第2章 地域別次世代モビリティ市場の現状

2-1.日本
2-1.超小型モビリティの法令上の位置付け
  2-1-1.次世代モビリティの法令上の位置づけと概要
  2-1-2.電動トライク
  2-1-3.電動ミニカー
  2-1-4.超小型モビリティ(2人乗り小型EV、小型電動モビリティ)
  2-1-5.マイクロモビリティ
  2-1-6.次世代モビリティの導入状況
2-2.欧州
  2-2-1.欧州における小型自動車の法令上の位置づけと概要
  2-2-2.欧州におけるマイクロモビリティの法令上の位置づけ
  2-2-3.欧州における小型自動車の導入状況
  2-2-4.欧州におけるモビリティに関する実証事業
2-3.中国
  2-3-1.中国における小型自動車の法令上の位置づけと概要
  2-3-2.地方レベルのLSEV政策
  2-3-3.消費動向の変化によるLSEVの拡大
  2-3-4.中国におけるLSEVの導入状況
2-4.その他地域
  2-4-1.北米
  2-4-2.アジア地域

第3章 次世代モビリティの技術動向と将来展望

3-1.次世代モビリティに用いられる技術
  3-1-1.日系メーカで販売・開発される次世代モビリティ
  3-1-2.次世代モビリティで採用される技術
3-2.次世代モビリティの課題と可能性
  3-2-1.車両特性における課題と可能性
  3-2-2.用途における課題と可能性
  3-2-3.規制緩和による課題と可能性
  3-2-4.自動運転技術の導入可能性
3-3.日本における次世代モビリティ普及予測
  3-3-1.MaaSの発展による影響
  3-3-2.国内市場予測

第4章 主要次世代モビリティメーカの最新動向

4-1.主要日系メーカの最新動向
  4-1-1.トヨタ自動車株式会社
  4-1-2.トヨタ車体株式会社
  4-1-3.日産自動車株式会社
  4-1-4.本田技研工業株式会社
  4-1-5.株式会社rimOnO
  4-1-6.ヤマハ発動機株式会社
  4-1-7.株式会社FOMM
  4-1-8.有限会社タケオカ自動車工芸
  4-1-9.株式会社光岡自動車
  4-1-10.株式会社日本エレクトライク
  4-1-11.株式会社タジマEV
  4-1-12.テラモーターズ株式会社
  4-1-13.その他の参入事業者の取組み(日本)
4-2.主要欧州メーカの最新動向
  4-2-1.Renault(フランス)
  4-2-2.AIXAM(フランス)
  4-2-3.Ligier Group(フランス)
  4-2-4.Automobiles Chatenet(フランス)
  4-2-5.Bellier Automobiles(フランス)
  4-2-6.Piaggio Group(イタリア)
  4-2-7.その他の参入事業者の取組み(欧州)
4-3.主要中国LSEVメーカの最新動向
  4-3-1.時風集団(Shifeng Group)
  4-3-2.御捷集団(YOGOMO)
  4-3-3.山東麗馳新能源汽車有限公司(LICHI)
  4-3-4.山東梅拉徳能源動力科技(LEVDEO)
  4-3-5.河北躍迪新能源科技集団(Hebei Yuedi New Energy Technology Group)
  4-3-6.濰坊瑞馳汽車系統(Weifang Ruichi Automobile System)
  4-3-7.その他の参入業者の取り組み(中国)
 

図表目次

第1章 次世代モビリティの概況

図1-1 次世代モビリティの国内市場予測
図1-1 自動車のエネルギ消費効率の比較
図1-2 日本の高齢者人口および割合の推移
図1-3 三大都市圏・地方都市圏別の代表交通手段利用率
図1-4 Bird社とLime社の乗車実績
図1-5 自動車メーカが展開するパーソナルモビリティ
図1-6 グリーンスローモビリティ
図1-7 次世代モビリティの位置づけイメージ
表1-1 電動モビリティの種類と調査対象

第2章 地域別次世代モビリティ市場の現状

図2-1 東京モーターショー2019に展示された移動支援ロボット
図2-2 日本の次世代モビリティ市場の推計(電動トライク、電動ミニカー)
図2-3 「超小型モビリティの利活用に関する実証実験」における実証地域
図2-4 欧州自動二輪・マイクロカー市場(小型四輪:L6e、L7e)
図2-5 欧州電動自動二輪・マイクロカー市場(小型四輪:L6e、L7e)
図2-6 ロンドンのCongestion Charge Zone
図2-7 ロンドンのULEZ
図2-8 Paxster「配送用小型EV」
図2-9 ACM City
図2-10 中国農村部の一人あたりの可処分所得(2011年~2018年)
図2-11 中国LSEV販売台数推移(2015年~2020年)
図2-12 中国全土と山東省のLSEV販売台数比較
図2-13 インドの三輪車販売台数および生産台数
図2-14 フィリピンの三輪車販売台数
図2-15 タイの三輪車新規登録および登録台数
表2-1 CEV補助金対象車(2015年度と2019年度の比較)
表2-2 トライクに関する定義(道路交通法施行規則)
表2-3 3個の車輪を有する自動車に適用する保安基準
表2-4 日本国内で販売される電動トライク
表2-5 電動ミニカーの法令上の定義
表2-6 主な電動ミニカーのモデル
表2-7 超小型モビリティへの基準緩和項目
表2-8 超小型モビリティの保安基準案
表2-9 超小型モビリティに関する保安基準等の基準緩和項目(2019年時)
表2-10 ミニカーと事故対象者の速度の対比と超小型モビリティの保安基準
表2-11 認定制度下で使用された2人乗り小型EVのモデル
表2-12 移動支援ロボットの定義
表2-13 国内参入の主要な電動キックボード事業者
表2-14 日本の次世代モビリティ市場の推計(電動トライク、電動ミニカー)
表2-15 超小型モビリティに関わる取り組み(2010~2020年)
表2-16 「地域と共生する超小型モビリティ勉強会」のとりまとめ内容
表2-17 欧州のLクラスにおけるカテゴリ区分
表2-18 欧州のLクラスにおけるカテゴリ区分(L1e~L5e)
表2-19 欧州のLクラスにおけるカテゴリ区分(L6e~L7e)
表2-20 EU共通の自動車免許制度
表2-21 欧州自動二輪・マイクロカー市場(小型四輪:L6e、L7e)
表2-22 欧州電動自動二輪・マイクロカー市場(小型四輪:L6e、L7e)
表2-23 欧州各国におけるクワドリシクルの台数
表2-24 四輪低速EV技術要件(草案)
表2-25 中国の免許制度
表2-26 「LSEV管理強化に関する通知」の段階別内容
表2-27 LSEV管理強化施策における中国各地方政府の動向
表2-28 中国LSEV販売台数推移(2015年~2020年)
表2-29 「FMVSS 500」による性能要件
表2-30 米国各州のLSVに対する通行規制
表2-31 インドの三輪車販売台数および生産台数
表2-32 FAME-India PHASE2の概要
表2-33 フィリピンの三輪車販売台数
表2-34 タイの三輪車新規登録および登録台数

第3章 次世代モビリティの技術動向と将来展望

図3-1 次世代モビリティで採用されるインホイールモータ
図3-2 超小型モビリティの環境性能
図3-3 超小型モビリティのサイズ比較
図3-4 「チョイモビヨコハマ」で活用される「NMC」
図3-5 大手町駅付近の路上駐車スペース
図3-6 電磁誘導式自動走行システムの原理
図3-7 限定されたエリアでの自動運転機能を搭載した超小型EV活用イメージ
図3-8 次世代モビリティの国内市場予測
表3-1 日系メーカで販売・開発される主な次世代モビリティ
表3-2 バッテリ・充電性能などに関するヒアリング結果
表3-3 本調査で得られた次世代モビリティが求められる背景
表3-4 国内各地で取り組まれている移動支援の例
表3-5 各分類の仕様地域別ベネフィットと課題
表3-6 想定される次世代モビリティの用途
表3-7 既存車両の制度比較(2019年12月時点)
表3-8 超小型モビリティの潜在的な需要
表3-9 次世代モビリティの国内市場予測

第4章 主要次世代モビリティメーカの最新動向

図4-1 トヨタが考えるEVビジネスモデル
図4-2 「日産ニューモビリティコンセプト」認定制度下での運用状況
図4-3 太陽光発電と蓄電池を組み合わせた充電ステーション
図4-4 リアタイヤ独立駆動
図4-5 スイング・スポーツ
図4-6 ニノ・ロボティクスの着席型電動モビリティ
表4-1 「超小型EV」、「i-Roadスペック
表4-2 「コムス」車両スペック
表4-3 「日産ニューモビリティコンセプト」車両スペック
表4-4 「MC-β」車両スペック
表4-5 「rimOnO」車両スペック
表4-6 「AR-05」、「YG-M」の車両スペック
表4-7 「FOMM ONE」車両スペック
表4-8 「Milieu R」、「T-10」の車両スペック
表4-9 「Lala」の車両スペック
表4-10 「Like-T3」車両スペック
表4-11 「エレクトライク」車両スペック
表4-12 「TAJIMA-JIAYUAN」「E-RUNNER」車両スペック
表4-13 「R6」、「Y4 Alfa」の車両スペック
表4-14 アップル「e-Apple」(左)、ローランド・ベルガー「バトラーカー」(右)
表4-15 「Twizy」の車両スペック
表4-16 「Twizy」バッテリ月額リース費用
表4-17 「e-City」、「e-TRUCK」車両スペック
表4-18 「JS 50」、「Due」の車両スペック
表4-19 「Pulse3」、「Pulse4」の車両スペック
表4-20 「EZ10」の車両スペック
表4-21 「CH26」、「CH30」の車両スペック
表4-22 「Sporteevo Coup驀」、「PICK-UP」の車両スペック
表4-23 「B8」の車両スペック
表4-24 「Docker」の車両スペック
表4-25 「MP3 LT」、「MP3 Yourban」車両スペック
表4-26 「MP3 Hybrid」、「NT-3」車両スペック
表4-27 「Nils」、「Minimo」の車両スペック
表4-28 「Minimo」、「Ami One」の車両スペック
表4-29 「BIRO」、「ZERO CITY」の車両スペック
表4-30 「D208」、「D301」車両スペック
表4-31 「D306」、「D501」車両スペック
表4-32 「御捷A280」、「御捷Qシリーズ」車両スペック
表4-33 「御捷E330」、「御捷S325」車両スペック
表4-34 「吉瑞280」、「麗馳V5」車両スペック
表4-35 「麗馳E9」、「米」車両スペック
表4-36 「雷丁小王子」、「雷丁小騎士」車両スペック
表4-37 「雷丁i5」、「雷丁i9」車両スペック
表4-38 「T70」、「YD-360 悦享版H」車両スペック
表4-39 「A00」、「R5Li」車両スペック

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000
495,000
450,000
45,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。