2020 米中摩擦で揺れる中国スマホメーカーの展望

2020年は新型コロナウイルス(COVID-19)が世界的な猛威を振るい、世界経済そして移動体通信サービスに於いても大きな影響を齎しているが、それ以上に移動体通信市場に大きな影響を及ぼしているのは米中摩擦である。世界最大の携帯電話基地局メーカーであり、世界第二位のスマートフォンメーカーに成長した華為技術(Huawei)はグループ企業を含めて米国商務省に「エンティティリスト」登録されたことで、基地局ビジネス、端末ビジネスで大きな痛手を負う事となった。過去、ZTE(中興通訊)にも制裁を課した際には莫大な制裁金を支払い和解したものの、Huaweiは抵抗を続けている。
中国政府は「一帯一路」戦略で海外進出を加速させ、通商面でも影響力を高めていることに、西側諸国は大きな脅威を感じ始めている。一方で中国のスマートフォンメーカー各社は世界市場で大きな存在感を高めているが、Huaweiをはじめとする中国メーカーは日本の部品メーカーにとって重要な顧客でもあり、その動向は決して目を離すことは出来ない。
本資料は中国のスマートフォンメーカーを対象に各社の製品ラインアップとハードウェア、商品戦略、参入市場等を検証しながら、制裁対象となった場合の影響を測定する。またHuawei、ZTEに関しては基地局ビジネスの動向についても調査を実施する。また、今後の米中関係のカギを握る米国大統領選挙の結果次第では状況が大きく変わることから、市場予測について「現状維持(制裁継続)」と「制裁解除」2つのシナリオで予測を行った。

発刊日
2020/10/23
体裁
A4 / 190頁
資料コード
C62119800
PDFサイズ
8.0MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000
495,000
450,000
45,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可」、「印刷不可・編集・加工不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:2020 年は新型コロナウイルス(COVID-19)と米中貿易摩擦により世界経済は大きな影響を受けている。携帯電話市場も例外ではなく、特にHuawei(華為技術)に対して相次いで課される米国商務省による制裁措置はあまりにも苛烈な内容であり、同社の企業としての存続を揺さぶるほどの内容となっている。Huawei は端末メーカーとして基地局メーカーとして確固たる地位を築いており、特に基地局ビジネスには2019 年から商用化が開始された5G(第五世代移動体通信システム)に深く関わっている為、同社への制裁は世界の移動体通信市場、特に5G 市場に及ぼす影響は大きい。当資料は2020 年10 月末上旬までの入手した情報をもとに中国のスマートフォンメーカーの予測を行った。大半の項目にて2019 年実績、2020 年見込み 2021 年~2022 年までの予測を実施した。当資料における市場規模予測は弊社「020-2021 スマートフォン・移動体通信世界市場総覧~中国リスクとCOVID-19を乗り越える5G市場~」(C62111900)を元としている。
調査対象:①携帯電話端末メーカー7社、②基地局メーカー5社、③半導体メーカー11社、④海外調査会社・コンサルティング企業4法人、計65社、7法人
調査対象企業:華為技術(Huawei)、廣東歐珀移動通信(OPPO)、维沃移动通信(VIVO)、小米科技(Xiaomi)、伝音科技(TRASSION)、モトローラ・モビリティ(Lenovo、MOTOROLA)、中興通訊(ZTE)
調査方法:①国内、海外企業 メール、Web 会議、SNS による調査、②技術、サービス動向セミナー取材、③当社データベース、過去実施の調査データからの考察
調査期間:2020年9月~2020年10月

資料ポイント
Close

  • 米中摩擦の動向
  • ハンドセット・スマートフォン市場の見通し
  • 中国スマホメーカーの製品戦略を分析
     

資料概要
Close

第1章.携帯電話市場動向
第2章.中国携帯電話市場
第3章.中国の通商政策
第4章.米中貿易摩擦
第5章.Huawei制裁減少予測
第6章.中国スマートフォンメーカー分析
第7章.Huawei・ZTE基地局ビジネス分析

リサーチ内容

調査結果のポイント

1:米国商務省によるHuawei(華為技術)の制裁の見通し(ハンドセット)
2:Huawei(華為技術)制裁により恩恵を受けるメーカーは?
3:米国商務省によるHuawei(華為技術)への制裁の見通し(基地局)

第1章.携帯電話市場動向

1:携帯電話サービス 契約動向
  1-1:概況
  1-2:携帯電話契約数の見通し
2:5G 導入の見通し
  2-1:概況
3:ハンドセット世界市場
  3-1:ハンドセット市場概況
  3-2:メーカー別ハンドセット市場動向
  3-3:2020年ハンドセット出荷見通し
  3-4:ハンドセット地域別出荷動向
4:スマートフォン世界市場
  4-1:スマートフォン市場概況
  4-2:スマートフォン メーカー別出荷動向
  4-3:スマートフォン 地域別出荷動向
5:5Gスマートフォン世界市場
  5-1:5Gスマートフォン市場概況
  5-2:5Gスマートフォン地域別出荷動向

第2章.中国携帯電話市場

1:中国市場 携帯電話契約数とサービス概要
2:中国市場 携帯電話端末動向
  2-1:ハンドセット(フィーチャーフォン+スマートフォン)
  2-2:スマートフォン
  2-3:5Gスマートフォン

第3章.中国の通商政策

1:一帯一路
  1-1:「一帯一路」とは?
  1-2:「一帯一路」に付随する戦略
  1-3:「一帯一路」の成果
2:AIIBに代表される国際金融機関創設
  2-1:AIIB設立の経緯と目的
  2-2:AIIBが抱える問題点
3:中国製造25と情報通信産業との関わり
  3-1:中国製造25推進の背景
  3-2:米中貿易摩擦による影響

第4章.米中貿易摩擦

1:概況
2:Huawei(華為技術)、ZTE(中興通訊)の概要
3:主要国の反応
  3-1:米国
  3-2:英国
  3-3:ドイツ
  3-4:フランス
  3-5:EU
  3-6:オーストラリア
  3-7:日本
  3-8:韓国
  3-9:インド
4:中国の反応・Huaweiの見通し

第5章.Huawei制裁減少予測

1:中国スマホメーカーまとめ
  1-1:中国スマートフォンメーカーの参入市場
  1-2:中国スマートフォンメーカーの価格帯別製品導入状況
  1-3:中国スマートフォンメーカーのチップセットメーカー採用状況
2:Huawei制裁の見通し
  2-1:Huaweiへの制裁によるハンドセット出荷台数見通し
  2-2:中国市場でHuaweiのマーケットを獲得する企業
  2-3:世界市場でHuaweiのマーケットを獲得する企業
3:国内部品メーカーへの影響
  3-1:Huaweiへの制裁における国内部品メーカーへの影響

第6章.中国スマートフォンメーカー分析

1:Huawei(華為技術)
2:OPPO(廣東歐珀移動通信)
3:VIVO(维沃移动通信)
4:Xiaomi(小米科技)
5:Transsion(中国伝音科技)
6:Lenovo・Motorola(モトローラ・モビリティ)
7:ZTE(中興通迅)

【収録内容】
  -1:概要
  -2:ブランド展開と参入市場
  -3:チップセット採用動向
  -4:米中貿易摩擦の影響
  -5:今後の見通し

表1:製品カテゴリ別出荷台数実績/予測
グラフ1:製品カテゴリ別出荷台数実績/予測
※表2:ハンドセット地域別出荷台数実績/予測
※グラフ2:ハンドセット地域別出荷台数実績/予測
表:スマートフォン地域別出荷台数実績/予測
グラフ:スマートフォン地域別出荷台数実績/予測
表:2020年発売ブランド/価格帯別スマートフォン製品モデル数
表:2020年発売 ブランド別 チップセットベンダー採用数
表:スマートフォン 価格帯別出荷台数実績/予測
グラフ:スマートフォン 価格帯別出荷台数実績/予測
※表:ハンドセット 市場別 出荷台数実績/予測
表:スマートフォン 市場別 出荷台数実績/予測
表:5Gスマートフォン 市場別 出荷台数実績/予測
表:2020年 ブランド スマートフォン製品一覧

※スマートフォン製品のみの企業除く

第7章.Huawei・ZTE基地局ビジネス分析

1:Huawei・ZTE基地局ビジネスへの影響
  1-1:概況
  1-2:中国での5G基地局構築状況
  1-3:米国商務省による制裁措置の影響
  1-4:基地局ビジネス市場規模
  1-5:基地局市場規模(制裁が継続した場合)
  1-6:基地局市場規模(制裁が解除された場合)

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000
495,000
450,000
45,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。