2020年版 ドラッグチェーンの成長戦略とエリア別競争力分析

地方別(北海道地方、東北地方、関東地方、中部地方、近畿地方、中国地方、四国地方、九州・沖縄地方)の推計ドラッグストア市場規模(2019年)および企業別シェア(2019年)を掲載。主要ドラッグチェーンの特徴を分析、コロナ禍で注目されるドラッグストアの今後を展望。

発刊日
2020/10/30
体裁
A4 / 168頁
資料コード
C62121500
PDFサイズ
4.2MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

132,000
120,000
12,000
132,000
120,000
12,000
165,000
150,000
15,000
264,000
240,000
24,000
297,000
270,000
27,000
396,000
360,000
36,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可」、「印刷不可・編集・加工不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:本資料は、近年拡大を続けるドラッグストア市場に焦点を当て、関連企業におけるマーケティング資料としての利活用を目的に作成致しました。新型コロナウイルス感染症の拡大により、衛生用品などの需要が増大し、ドラッグストアに求められる社会的役割も高まっています。他業態との提携やM&Aなど、活発な動きを見せる日本のドラッグストア市場を分析・展望しております。
調査方法:取材、文献調査その他データ収集
調査期間:2020年7月~2020年10月

資料ポイント
Close

前回版との違い
・各地方の有力ローカルドラッグチェーンを、市場特性とともに取りまとめ。
・全国約110社のドラッグチェーン概要を簡易個票として掲載。

資料概要
Close

第1章 ドラッグチェーンの現状と展望
第2章 エリア別市場規模
第3章 有力ローカルドラッグチェーンの動向
第4章 簡易個票(五十音順)

リサーチ内容

調査結果のポイント

第1章 ドラッグチェーンの現状と展望

1.薬局の店舗数
  【グラフ】店舗数と売上高
  【表】薬局・薬店数の推移
2.主要ドラッグチェーンの動向
  (1)2020年期の動向
    【表】主要企業の売上高・経常利益
  (2)M&Aおよび提携動向
    【表】2006年以降のドラッグストア・調剤薬局が関与する主なM&Aおよび提携
3.主要ドラッグチェーンの戦略
  (1)業態開発
    【表】主要企業の主な小商圏型・狭小商圏型店舗の開発状況および食品売場の強化状況
    【表】主要企業の食品売上高
  (2)調剤事業
    【表】主要企業の調剤売上高
    【表】ドラッグストアにおける処方箋取扱率推移
  (3)介護事業
  (4)PB戦略
    【表】主要企業の主なPB戦略
  (5)インバウンド対応
    【表】新型コロナウイルスによるインバウンド需要への影響
  (6)海外事業
4.ドラッグチェーンの展望
  【表】主要企業の中期計画(数値目標)
  【表】主要企業の出店戦略
  【表】株式公開企業の商品部門別売上構成比
  【表】各社の「専門性」および「利便性」指標
  【グラフ】各社の「専門性」および「利便性」指標

第2章 エリア別市場規模

北海道地方
  【表・グラフ】北海道地方の企業別シェア
東北地方
  【表・グラフ】東北地方の企業別シェア
関東地方
  【表・グラフ】関東地方の企業別シェア
中部地方
  【表・グラフ】中部地方の企業別シェア
近畿地方
  【表・グラフ】近畿地方の企業別シェア
中国地方
  【表・グラフ】中国地方の企業別シェア
四国地方
  【表・グラフ】四国地方の企業別シェア
九州・沖縄地方
  【表・グラフ】九州・沖縄地方の企業別シェア

第3章 有力ローカルドラッグチェーンの動向

北海道地方の有力ドラッグチェーン
  【表】北海道地方のドラッグストア市場概要
東北地方の有力ドラッグチェーン
  【表】東北地方のドラッグストア市場概要
関東地方の有力ドラッグチェーン
  【表】関東地方のドラッグストア市場概要
中部地方の有力ドラッグチェーン
  【表】中部地方のドラッグストア市場概要
近畿地方の有力ドラッグチェーン
  【表】近畿地方のドラッグストア市場概要
中国・四国地方の有力ドラッグチェーン
  【表】中国・四国地方のドラッグストア市場概要
九州・沖縄地方の有力ドラッグチェーン
  【表】九州・沖縄地方のドラッグストア市場概要
  【表】各地方のドラッグストア市場概要(まとめ)

第4章 簡易個票(五十音順)

〔ア〕
株式会社アインホールディグス
アクサス株式会社
株式会社アカカベ
赤松製薬有限会社
株式会社アマノ
株式会社イヌイ
株式会社岩崎宏健堂
ウエルシアホールディングス株式会社
株式会社ウェルパーク
株式会社永寿屋本店薬局
株式会社エトフ
株式会社エフケイ
株式会社大賀薬局
株式会社大島薬局
有限会社大手町薬局
有限会社沖館薬局
株式会社沖縄ファーマシー
株式会社オダギリ

〔カ〕
株式会社勝原薬局
金光薬品株式会社
株式会社カメガヤ
株式会社カワチ薬品
株式会社キク薬舗
株式会社杏林堂薬局
協和商事株式会社
株式会社キリン堂ホールディングス
薬日本堂株式会社
株式会社クスリのアオキホールディングス
株式会社くすりのコーエイ
株式会社クスリのサンロード
株式会社くすりのダイイチ
株式会社クスリのナカヤマ
株式会社くすりの福太郎
株式会社クスリのマルエ
株式会社くすりのマルト
クリエイトSDホールディングス
クレハ薬品商事株式会社
株式会社ケアーズ
株式会社ケイポート
Genky DrugStores株式会社
株式会社ケンミン
株式会社コクミン
株式会社ココカラファイン
株式会社コスモス薬品
ゴダイ株式会社
株式会社コメヤ薬局
株式会社子安

〔サ〕
株式会社サカイヤ
株式会社ザグザグ
株式会社サツドラホールディングス
株式会社サンキュードラッグ
株式会社三千里薬品商会
株式会社サンドラッグ
JR九州ドラッグイレブン株式会社
シグマ薬品株式会社
シミズ薬品株式会社
株式会社湘南薬品
株式会社新生堂薬局
スギホールディングス株式会社
株式会社星光堂薬局
株式会社セキ薬品

〔タ〕
株式会社ダイコク
株式会社大屋
株式会社太陽堂
株式会社千葉薬品
中部薬品株式会社
株式会社ツルハグループドラッグ&ファーマシー西日本
株式会社ツルハホールディングス
株式会社東海セイムス
株式会社同仁堂
株式会社トモズ
株式会社ドラッグストアモリ
株式会社とをしや薬局

〔ナ〕
ナガタ薬品株式会社
株式会社ニシイチドラッグ
株式会社西日本セイムス
株式会社西本真生堂

〔ハ〕
株式会社灰吹屋薬局
株式会社ハシドラッグ
株式会社ぱぱす
株式会社阪神薬局
株式会社ビー・アンド・ディー
光株式会社
株式会社廣岡/エバグリーン廣甚株式会社
株式会社ファーマシー木のうた
株式会社ふく薬品
株式会社富士薬品
株式会社ププレひまわり
紅屋商事株式会社
株式会社ほしまん

〔マ〕
株式会社マツモトキヨシ九州販売
株式会社マツモトキヨシ甲信越販売
株式会社マツモトキヨシ中四国販売
株式会社マツモトキヨシ東日本販売
株式会社マツモトキヨシホールディングス
有限会社まつや
株式会社丸大サクラヰ薬局
株式会社ミック・ジャパン
有限会社みなと薬品
ミネ医薬品株式会社
株式会社宮本薬局
株式会社村源
株式会社明治堂薬品
株式会社モリキ

〔ヤ〕
株式会社薬王堂ホールディングス
株式会社ヤナセ薬局
株式会社ヤマザワ薬品
山田薬品株式会社
株式会社ユタカファーマシー
ユニバーサルドラッグ株式会社
株式会社横浜ファーマシー
株式会社よどや

〔ラ〕
株式会社龍生堂本店
株式会社レデイ薬局

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

132,000
120,000
12,000
132,000
120,000
12,000
165,000
150,000
15,000
264,000
240,000
24,000
297,000
270,000
27,000
396,000
360,000
36,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。