2021 アジア二輪車市場におけるユーザーアンケート調査と市場展望

SDGs、LCA、燃費規制の対策で二輪車でも電動化が進展。コロナ禍で変容した生活様式をアジア7カ国の二輪保有ユーザーを対象にアンケートで分析。

発刊日
2021/06/28
体裁
A4 / 162頁
資料コード
C62125500
PDFサイズ
7.2MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

本市場調査資料を購入される方限定のオプションとして、Excel商品を同時にご購入いただくことができます。
またExcel商品のみのご購入は出来ません。
88,000
80,000
8,000
88,000
80,000
8,000
121,000
110,000
11,000
176,000
160,000
16,000
209,000
190,000
19,000
264,000
240,000
24,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

55,000
50,000
5,000
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:二輪車に関する現状の市場動向を明らかにし、ユーザーの消費マインドの動向を踏まえ、今後の市場展望を俯瞰する
調査対象:二輪車の市場動向および対象国における二輪車ユーザー
調査対象先:7カ国における二輪車ユーザー
調査方法:研究員による面談取材、Web 取材、文献調査、ネットアンケート調査など
調査期間:2020年12月~2021年6月

調査結果サマリー
Close

アジア7カ国における二輪車ユーザーのアンケート調査を実施(2021年)
コロナ禍で利用が増えた移動手段として、アジア6カ国では「オートバイ」の回答率が高い結果に
​~日本、インド、中国、インドネシア、ベトナム、タイ、フィリピンの二輪車保有ユーザー約2,400人のコロナ禍の移動手段、電動バイクに対する意識等を調査・分析~

資料ポイント
Close

  • 世界二輪市場の約90%を占めるアジア市場のユーザーを対象にアンケート調査を実施。
  • 対象地域は日本、インド、中国、インドネシア、ベトナム、タイ、フィリピンの二輪車保有ユーザーで各300サンプルを確保。
  • アンケートは、コロナ禍での生活様式の変化、二輪購入の動機、電動化やコネクテッドなど次世代技術へのインサイトを収集分析。
  • ユーザーアンケートのほか、各国二輪市場動向と統計、電動二輪の市場規模予測、二輪で電動化が求められる理由も記載。
  • 第1章と第2章は「2021 電動化が進む二輪市場の最新動向と市場展望」(C62125400)と同じ内容となります。

リサーチ内容

調査結果のポイント

第1章 二輪車市場総論

1-1.本調査対象の範囲と市場概況
1-2.二輪車で電動化が求められる理由
  理由①:環境規制の強化
  理由②:モビリティー・マネジメント
  理由③:企業の社会的責任
  理由④:物流課題
1-3.電動バイクの問題点と秀逸点
  問題点①:法規・基準の整備(日本)
  問題点②:車体価格
  問題点③:航続距離
  問題点④:多彩な充給電方式の見極め
  問題点⑤:バイクならではの価値の創出
  秀逸点①:購入補助金
  秀逸点②:燃料コスト
  秀逸点③:メンテナンス性
  秀逸点④:加速性、静粛性
  秀逸点⑤:CSRとSWAPシステムの相性
  秀逸点⑤:DC充電の可能性
  秀逸点⑥:ハイブリッド二輪の可能性
1-4.競合となる電動小型モビリティーの動向
  ・電動自転車
  ・電動キックボード
  ・電動マイクロカー
1-5.フリート需要が電動バイクの可能性を広げる
  ・都市コミューターで導入が進む欧州
  ・Bangaloreを中心に電動バイクが普及するインド
  ・試験導入を進める東南アジアの2大デカコーン
1-6.コロナ禍における二輪車の成長シナリオ
  ・Afterコロナではマイクロモビリティーの存在感が増す
  ・2020年の四輪と二輪の販売状況
  ・レジリエンス(回復)の中心となる市場は?
  ・二輪の発展方向性

第2章 地域別二輪車市場の現状

2-1.市場規模
  2-1-1 販売台数実績(2015~2020年)
  2-1-2 生産台数実績(2015~2020年)
  2-1-3 主要地域別、排気量別の需要台数予測(2019~2030年)
  2-1-4 電動バイクの市場規模予測(2019~2030年)
  2-1-5 メーカーシェア(2020年)
2-2.二輪車市場概況の地域別一覧
  2-3 日本
  2-4 欧州
  2-5 米国
  2-6 インド
  2-7 中国
  2-8 台湾
  2-9 インドネシア
  2-10 ベトナム
  2-11 タイ
  2-12 フィリピン
  2-13 パキスタン
  2-14 その他の注目される二輪市場
    ・ナイジェリア
    ・バングラデシュ
    ・CLM(カンボジア、ラオス、ミャンマー)

第3章 地域別のアンケート結果

3-1 アンケート調査要綱と調査項目
3-2 プロファイルとエグゼクティブ・サマリー
3-3 日本
  二輪の運転頻度(Q2)
  最も使用するバイクの排気量(Q4)
  最も使用するバイクの購入理由(Q6)
  コロナ禍で利用が増えた移動手段(Q9)
  電動バイクの利用意向(Q10)
  電動バイクのプラスイメージ(Q11)
  電動バイクのマイナスイメージ(Q12)
  求めているコネクテッド機能(Q16)
3-4 インド
  二輪の運転頻度(Q2)
  最も使用するバイクの排気量(Q4)
  最も使用するバイクの購入理由(Q6)
  コロナ禍で利用が増えた移動手段(Q9)
  電動バイクの利用意向(Q10)
  電動バイク購入者の移動手段変化(Q15)
3-5 中国
  二輪の運転頻度(Q2)
  最も使用するバイクの購入理由(Q6)
  電動バイクの利用意向(Q10)
  電動バイクのプラスイメージ(Q11)
  電動バイク購入者の移動手段変化(Q15)
3-6 インドネシア
  二輪の運転頻度(Q2)
  購入理由(Q6)
  バイク購入における不満点(Q8)
  コロナ禍で利用が増えた移動手段(Q9)
  電動バイクの利用意向(Q10)
  電動バイクのマイナスイメージ(Q12)
  電動バイク購入者の移動手段変化(Q15)
3-7 ベトナム
  二輪保有台数(Q1)
  二輪の運転頻度(Q2)
  最も使用するバイクの購入理由(Q6)
  コロナ禍で利用が増えた移動手段(Q9)
  電動バイクの利用意向(Q10)
  電動バイクのプラスイメージ(Q11)
  電動バイク購入者の移動手段変化(Q15)
3-8 タイ
  二輪の運転頻度(Q2)
  最も使用するバイクのタイプ(Q3)
  最も使用するバイクの購入理由(Q6)
  バイクの購入における不満点(Q8)
  コロナ禍で利用が増えた移動手段(Q9)
  電動バイクの利用意向(Q10)
  電動バイクのプラスイメージ(Q11)
3-9 フィリピン
  二輪の運転頻度(Q2)
  保有バイクの購入理由(Q6)
  保有バイクの購入理由(Q8)
  コロナ禍で利用が増えた移動手段(Q9)
  電動バイクの利用意向(Q10)
  電動バイクのプラスイメージ(Q11)

Excel商品 商品説明
Close

1 市場規模編:本文のグラフと図表
  台数実績データ:第2章 2-1-1、2-1-2のデータ
  台数予測データ:第2章 2-1-3、2-1-4のデータ
2 アンケート編:各サンプルの国別回答データ[300サンプル×7市場]
  ローデータ:第3章 単純集計、クロス集計 データ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

本市場調査資料を購入される方限定のオプションとして、Excel商品を同時にご購入いただくことができます。
またExcel商品のみのご購入は出来ません。
88,000
80,000
8,000
88,000
80,000
8,000
121,000
110,000
11,000
176,000
160,000
16,000
209,000
190,000
19,000
264,000
240,000
24,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

55,000
50,000
5,000
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。