2021年版 惣菜(中食)市場の実態と将来展望

新型コロナウイルスは惣菜市場に大きな影響を与えた。感染拡大をはじめた2020年度は、外出自粛により家庭内調理を余儀なくされた影響から惣菜市場は前年を下回った。前年割れとなったのは、2009年に発生したリーマン・ショック以来、約11年ぶりのことであったが、2009年の不況時とは打って変わり、2020年度の下半期には、自宅での調理が面倒な揚げ物などを中心に回復の兆しがみられた。また外食店で酒類が提供できなくなった影響から宅飲みのおつまみ需要も堅調となり、早期の回復が期待されている。
本調査レポートでは、惣菜専門店・惣菜メーカーほか、スーパーマーケットやコンビニ、ドラッグストアなど主要販売チャネルの現状を調査分析することで、市場機会や競合環境を明らかにし、ウイズコロナ・アフターコロナ時代の市場性を展望することを目的とする。

発刊日
2021/06/30
体裁
A4 / 301頁
資料コード
C63105800
PDFサイズ
5.0MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000
495,000
450,000
45,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:当調査は、全国の惣菜・中食関連企業の事業戦略、及び取扱商品の動向を調査・分析し、惣菜・中食市場の現状と今後の市場見通しを明らかにすることを目的とする。
調査対象事業・商品:和風惣菜、洋風惣菜、中華惣菜、米飯、給食弁当、調理パン、ファストフード、調理麺
調査対象企業・団体:惣菜・中食関連企業。官公庁、関連業界団体ほか。
調査方法
・専門研究員による直接面接取材および電話、質問紙等による間接ヒアリングを実施した。
・官公庁統計資料、関連業界団体公表資料等の収集・分析を行った。
調査期間:2021年4月~2021年6月

資料ポイント
Close

  • 外食テイクアウトのマーケット動向
  • コロナ禍での商品化・消費の変化を徹底分析
  • 注目企業に直接取材、お取組み動向を個別にレポート
  • 日配惣菜(主要8商品・6販売チャネル) + パウチ惣菜マーケットの2025年度を展望
  • 前回版との違い ※以下の内容を追加
    ・注目業界動向 ~食品スーパーにおけるコロナ禍の消費の変化~ (第Ⅱ章)
    ・外食チェーンにおけるテイクアウトマーケットの動向 (第Ⅲ章)
    ・パウチ惣菜市場の現状分析と展望 (第Ⅳ章)

リサーチ内容

調査のポイント

1.市場規模推移と予測(2016~2025年度)
2.主要市場動向
3.主要市場の展望と課題

第Ⅰ章 惣菜市場の全体動向(総論)

1.市場概況
  (1)日配惣菜の市場規模推移(2016~2020年度)
  (2)販売チャネル別の市場規模推移(2016~2020年度)
  (3)惣菜の地域別市場構成比(2020年度)
2.惣菜市場のトピックス
  (1)ウィズコロナ、アフターコロナの惣菜市場展望
    ①小売・量販店、CVSの売上高推移 ~巣ごもり消費と「新しい生活様式」の浸透~
    ②参入企業の新型コロナウイルスへの対応 ~コロナ禍で惣菜市場に起こった変化~
    ③アフターコロナに向けた惣菜市場 ~課題と対応策・訴求ポイント~
    ④省人化・省力化の取り組み ~コロナ禍で非対面・非接触の取り組みが加速~
  (2)惣菜市場におけるSDGsの取り組み
    ①食品ロス削減 ~仕入れルールの見直し・緩和で加速~
    ②DX(デジタルトランスフォーメーション)~AI の活用による業務効率化~
    ③代替肉を使用したメニュー動向 ~需要拡大も原材料価格上昇が懸念材料~
    ④参入企業のSDGsに対する取組み ~環境配慮型容器、脱プラスチック
3.商品動向
  (1)商品市場概要
  (2)惣菜の市場構成比(2020年度)
4.チャネル動向
  (1)販売チャネル概要
  (2)販売チャネル別構成比
5.市場展望
  (1)商品別の市場規模予測(2021~2025年度)
  (2)販売チャネル別の市場規模予測(2021~2025年度)
  (3)惣菜の市場拡大要因と阻害要因分析
  (4)惣菜市場の2025年展望

第Ⅱ章 注目業界動向 ~食品スーパーにおけるコロナ禍の消費の変化~

1.はじめに
2.市場概況(食品全体)
  (1)食品スーパー全体の購買行動(全会員)
  (2)食品スーパー全体の購買行動(性年代別)
3.市場概況(惣菜カテゴリー)
  (1)惣菜カテゴリーの購買行動(半惣菜・惣菜・弁当)
  (2)惣菜カテゴリーの月別購買行動(半惣菜・惣菜・弁当)
    ①半惣菜
    ②惣菜
    ③弁当
    ④まとめ
  (3)惣菜カテゴリーの購買行動
    ①半惣菜
    ②惣菜
    ③弁当
  (4)今後の各惣菜カテゴリーの方向性
4.惣菜月別販売点数PI
  (1)半惣菜
    ・揚物半惣菜
    ・煮物半惣菜
    ・焼物半惣菜
    ・和風半惣菜
    ・洋風半惣菜
    ・中華半惣菜
    ・スナック半惣菜
    ・半惣菜セット物
    ・その他半惣菜
  (2)惣菜
    ・揚物惣菜
    ・焼物惣菜
    ・蒲焼惣菜
    ・和風惣菜
    ・洋風惣菜
    ・中華惣菜
    ・スナック惣菜
    ・サラダ惣菜
    ・惣菜盛合せ
  (3)弁当
    ・米飯惣菜
    ・寿司惣菜
    ・麺惣菜
    ・パン惣菜
    ・弁当・セット物
5.各種定義
  (1)指標の算出方法
    ・半期の購買行動
    ・カテゴリー別の購買行動
  (2)分類定義
    ①半惣菜
    ②惣菜
    ③弁当

第Ⅲ章 日配惣菜市場の現状分析と展望

1.惣菜の商品別市場動向分析
  (1)和風惣菜
    ①注目トレンド・伸長要因
    ②参入企業動向~有力和風惣菜メーカーの参入形態~
    ③現状課題と見通し~和風惣菜における市場規模予測(2021~2025年度)~
  (2)洋風惣菜
    ①注目トレンド・伸長要因
    ②参入企業動向~有力洋風惣菜メーカーの参入形態~
    ③現状課題と見通し~洋風惣菜における市場規模予測(2020~2025年度)~
  (3)中華惣菜
    ①注目トレンド・伸長要因
    ②参入企業動向~有力中華惣菜メーカーの参入形態~
    ③現状の課題点と見通し~中華惣菜における市場規模予測(2021~2025年度)~
  (4)米飯
    ①注目トレンド・伸長要因
    ①-1 おにぎり
    ①-2 持ち帰り弁当
    ①-3 持ち帰り寿司
    ②参入企業動向 ~有力おにぎりメーカー、有力持ち帰り弁当メーカー、
    有力持ち帰り寿司メーカーの参入形態~
    ③現状課題と見通し~米飯における市場規模予測(2021~2025年度)~
    ③-1 おにぎり
    ③-2 持ち帰り弁当
    ③-3 持ち帰り寿司
  (5)給食弁当~事業所向けの減少を高齢者向けがカバー
    ①注目トレンド・伸長要因~給食弁当市場の内訳(2019年度)~
    ②参入企業動向~在宅配食サービス市場の参入パターン~
    ③現状課題と見通し~給食弁当における市場規模予測(2021~2025年度)~
  (6)調理パン
    ①注目トレンド・伸長要因
    ②参入企業動向~調理パンにおける市場規模予測(2021~2025年度)~
  (7)ファストフード
    ①注目トレンド・伸張要因
    ②企業動向~ファストフードにおける市場規模予測(2021~2025年度)~
  (8)調理麺
    ①注目トレンド・伸長要因
    ②参入企業動向
    ③現状課題と見通し~調理麺における市場規模予測(2021~2025年度)~
2.惣菜の末端市場動向分析
  (1)コンビニエンスストア
    ①注目トレンド・伸張要因
    ②参入企業動向
    ③現状課題と見通し
    ~コンビニエンスストアにおける市場規模予測(2021~2025年度)~
  (2)小売・量販店
    ①注目トレンド・伸長要因
    ②参入企業動向
    ③現状課題と見通し~量販店における市場規模予測(2021~2025年度)~
  (3)百貨店
    ①注目トレンド
    ~伊勢丹新宿店、サステナブルな「コベントウ」で食品ロス削減。
    松坂屋上野店は「おうちde居酒屋」フェアを開催し家飲み需要を狙う~
    ②参入企業動向
    ③現状課題と見通し~百貨店における市場規模予測(2021~2025年度)~
  (4)惣菜専門店
    ①注目トレンド・伸長要因
    ②参入企業動向
    ③現状課題と見通し
    ~惣菜専門店における市場規模予測(2021~2025年度)~
  (5)ドラッグストア
    ①注目トレンド・伸長要因
    ②参入企業動向
    ②-1 小商圏型・狭小商圏型、食品売場の強化
    ~ドラッグストア各社の食品強化により、
    スーパーマーケットやコンビニとの競合へ~
    ②-2 ディスカウント型、ディスカウントストア
    注目企業①コスモス薬品
    ~「毎日安い(エブリデイ・ロープライス)」を実践し、
    売上に占める食品の割合が50%を超える~
    注目企業②Genky DrugStores
    ~業界初の自社プロセスセンターなどにより、
    生鮮食品販売に係るコスト削減に取り組む~
    注目企業③サンドラッグ
    ~ダイレックスを融合した新業態店は154店舗にまで拡大~
    ③現状課題と見通し
    ~ドラッグストアにおける市場規模予測(2021~2025年度)~
  (7)外食チェーン・ファストフード
    ①注目トレンド・伸長要因
    ②参入企業動向
    ③現状課題と見通し
    ~外食チェーン・ファストフードにおける市場規模予測(2021~2025年度)~

第Ⅳ章 パウチ惣菜市場の現状分析と展望

1.パウチ惣菜市場の概況
  (1)パウチ惣菜市場の現状
  (2)パウチ惣菜の市場規模推移(2016~2020年度)
2.販売チャネル動向
  (1)小売・量販店
  (2)コンビニエンスストア
  (3)ドラッグチェーン
3.ナショナルブランドメーカーにおけるパウチ惣菜の動向
  (1)成長性の見込まれる商品分野・新商品
  (2)商品展開・新商品開発の方向性
  (3)原材料の調達状況~安全・安心・健康志向の高まりを背景に無添加志向が高まる~
  (4)パッケージ戦略
  (5)新たな需要開拓に向けた方策
  (6)事業展開上の課題点
4.パウチ惣菜の市場規模予測(2021~2025年度)

第Ⅴ章 有力惣菜関連企業の事業戦略分析

1.事業展開動向
2.全国・地域展開動向
3.メインコンセプトと主力商品
4.新商品開発動向
5.生産動向、物流体制
6.安全・衛生対策
7.原材料の調達状況
8.販売ルート・チャネルの動向
9.事業展開上の課題点
10.今後の事業戦略の方向性

第Ⅵ章 注目企業の個別実態

伊藤ハム米久ホールディングス
~伊藤ハム「おかずプラス」シリーズ、「クイックディナー」シリーズが伸長、変化に柔軟に対応し、新たなニーズ開拓へ~

今里食品
~味と香りを追求して、家庭に本物のおいしさを提供する~

岩田食品
~ロングライフ商品の構成比を高めるべく、取り組みを加速~

オリジン東秀
~日本の食のインフラを目指し、その意義を高める~

恩地食品
~「うどん一本からの愛」を通して、「大阪うどん(Osaka Udon)」を世界に発信~

柿安本店
~「肉の老舗柿安」の強みである「肉」関連商品の強化~

カネハツ食品
~コロナ禍の商品展開、主力ブランド「サラダがあったら」、大容量和惣菜が好調~

国分グループ本社
~オリジナル商品16種類をラインナップ、誰もが想像できる定番お惣菜を目指す~

シノブフーズ
~カフェ業態へ新規参入するとともに、環境負荷低減の取り組みへ注力~

知久
~「安全でおいしい惣菜づくり」を目指し、生産から加工、販売までの一貫体制の取組み~

デリカスイト
~惣菜・飲食の駅ビル同時出店でドミナント戦略を実施。運営効率・認知度向上へ~

フジッコ
~消費者の絶えなき欲求に対し、「おいしさ、けんこう、つぎつぎ、わくわく。」を企業スローガンに商品化を極めていく~

プレナス
~内製化商品の活用、サプライチェーンマネジメントの強化、FC化の推進による販管費の効率化~

まつおか
~オンラインショップ「良菜なずな」、天ぷら惣菜「てんとてん」など新業態に注力~
 
ヤマザキ
~もう一品「ファミリー」シリーズが売上を牽引、パウチ惣菜事業が飛躍的に成長~

ロック・フィールド
~高付加価値・競争力のある商品で、豊かなライフスタイルの創造に貢献~

わらべや日洋ホールディングス
~根強いチルド需要の高まり、長鮮度商品の開発に注力~

第Ⅶ章 惣菜市場主要参入企業一覧

惣菜メーカー

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000
495,000
450,000
45,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。