2021 日・中・韓におけるEC市場の最新動向とECサイト構築支援サービス市場の実態調査

コロナ禍で、人との接触が頻繁に行われる対面でのビジネスが困難となり、EC化率が急増し、ECでの取引が世界中で急拡大している。それに伴い、ECサイトの構築・運営支援および越境ECをサポートする事業者が増え、関連市場も共に拡大している。
そこで、本調査では日中韓におけるEC市場の最新トレンドを取りまとめると共に、市場の成長性を展望する。
さらに、ECサイトを構築したものの売上最大化が実現できていない企業に対する運営代行・支援市場も拡大しつつあるなか、ECサイト構築/運営代行市場を牽引する主要事業者への直接ヒアリングを通じて、業界実態を徹底解剖し、今後を展望する。

発刊日
2021/05/31
体裁
A4 / 270頁
資料コード
C63101000
PDFサイズ
5.8MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

198,000
180,000
18,000
198,000
180,000
18,000
231,000
210,000
21,000
396,000
360,000
36,000
429,000
390,000
39,000
594,000
540,000
54,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:本調査では主要事業者への取材を基にEC市場の最新トレンドとECサイト構築支援サービス市場の実態把握および今後の市長展望を目的とした。
さらに、中国と韓国のEC市場動向を追加して、近隣国の取り組みと共に越境ECを支援する事業者動向もまとめた。
調査対象:ECサイト構築支援サービス事業者、越境EC支援サービス事業者、業界団体等。
調査方法:専門調査員による直接面談取材を主体に、Web・電話によるヒアリング取材や文献調査等を併用。
調査期間:2021年2月~2021年5月

調査結果サマリー
Close

ECサイト構築支援サービス市場に関する調査を実施(2021年)
コロナ禍の影響などで急拡大するEC市場を背景に、2020年度の国内ECサイト構築支援サービス市場規模は前年度比8.6%増の1,680億円と推計
~開発スピードや低コスト、拡張性でクラウド型ECサイト構築支援サービスが主流に~

資料ポイント
Close

  • 国内EC市場動向
  • ECサイト構築支援サービス市場の最新動向と市場規模予測(2018年~2024年)
  • 国内主要ECサイト構築支援サービス事業者の動向と戦略
  • 中国・韓国のEC市場の最新動向と主要事業者動向
  • 前回版との違い:コロナ禍で主要事業者の業績動向、近隣国(中国・韓国)の市場動向、越境EC、2024年までの国内ECサイト構築支援サービス市場予測掲載等

リサーチ内容

調査のポイント

第Ⅰ章 総論

1.ECサイト構築支援サービス市場とトピックス
  1.2.ECサイト構築運用技術の進展とクラウド型の成長
  1.3.ECサイト構築支援サービス事業者のビジネスモデルの多様化
  1.4.EC事業者に対する様々な差別化戦略
  1.5.越境ECとライブコマース
2.ECサイト構築支援サービスの市場規模
3.ECサイト構築支援サービス市場の将来展望

第Ⅱ章 国内EC市場動向

1.EC市場の動向と市場規模
  1.1.国内EC市場規模推移
  1.2.物販系分野のBtoC市場の成長
  1.3.ネットショッピング利用率の増加
  1.4.コロナ禍で大手ショッピングモールの売上高は急成長
    1.4.1.Amazonの売上推移
    1.4.2.楽天の売上推移
  1.5.スマートフォンEC市場の動向
  1.6.オンライン決済サービスプロバイダー市場規模の成長
2. ECサイトの変遷とチャネル別特徴
  2.1.ECサイトの分類とチャネル別戦略
    2.1.1.自社EC
    2.1.2.ショッピングモールEC
    2.1.3.マルチチャネルEC
  2.2.D2C(Direct-to-consumer)
    2.2.1.D2Cが注目される背景
    2.2.2.D2Cの成功事例

第Ⅲ章 ECサイト構築支援サービス市場動向

1.ECサイト構築支援サービス市場のトレンド
  1.1.EC市場およびEC化率ともに引き続き上昇
  1.2.ECサイト構築運用技術の進展
  1.3.EC市場におけるコロナの影響
  1.4.EC事業者のニーズの変化
2.ECサイト構築支援サービス参入企業とビジネスモデル
3.ECサイト構築支援サービス提供事業者の戦略、事業方向性
  3.1.パッケージ型提供事業者によるクラウド型サービスの推進
  3.2.マイクロサービスの提供
  3.3.クラウド型サービス事業者の機能拡張
  3.4.EC事業者に対する様々な差別化戦略
4.ECサイト構築支援サービスの市場規模
  4.1.ECサイト構築支援サービスの市場規模推移(2018~2020)
  4.2.ECサイト開発手法別の市場規模推移(2018~2020)
5.ECサイト構築支援サービス市場予測と展望(2021~2024)

第Ⅳ章 ECサイト構築支援サービス事業者の動向と戦略

1.ECサイト構築支援サービスの市場概況
2.ECサイト構築支援サービス市場の事業者分類
  2.1.EC事業者規模によるサービス分類
  2.2.ECサイト構築支援サービスの主要参入企業
3.ECサイト構築支援サービスのビジネスモデル
4.ECサイト構築支援サービス事業者の実績動向
  4.1.主要事業者の売上推移(2018~2020)
  4.2.主要事業者の導入企業数動向
5.ECサイト構築支援サービスの動向分析
  5.1.主要事業者の市場参入の経緯と事業動向
  5.2.主要事業者のEC事業におけるコロナの影響
6.主要事業者のサービス概要と特徴
7.主要事業者の製品の料金体系
8.主要事業者のユーザー企業の特徴
  8.1.主要事業者の導入企業の業種・取扱商品分野の傾向
  8.2.主要事業者の導入企業の企業規模の傾向
  8.3.主要事業者の導入企業の新規/既存の比率
  8.4.主要事業者の導入企業のニーズ動向
9.主要事業者の事業戦略分析
  9.1.主要事業者の事業強化に向けた取組み
  9.2.主要事業者の業務連携/提携戦略
10.主要事業者の競合他社に対する見解
11.主要事業者の事業の課題
12.ECサイト構築支援サービスの市場展望
  12.1.市場成長の促進要因/阻害要因
  12.2.EC市場のトレンド
  12.3.ECサイト構築手法のトレンド

第Ⅴ章 中国のEC市場動向

1.中国のEC市場の現況
  1.1.中国のEC市場規模
  1.2.中国のEC市場における運用タイプ別・取扱商品別店舗動向
  1.3.中国のEC市場における品目別取引額の比率
  1.4.中国の地域別EC市場の取引額
2.中国のEC市場における主要プラットフォーム
  2.1.Alibaba Group
  2.2.京東(JD)
  2.3.Pinduoduo(拼多多)
3.中国における越境EC市場現況
  3.1.中国の越境ECの市場規模
  3.2.中国の越境ECにおける輸入先別取引額
  3.3.中国の越境ECにおける輸入品目別取引額
  3.4.中国の越境ECの主要プラットフォーム
    3.4.1.考拉海購(Kaola)
    3.4.2.天猫国際(TMALL Global)
    3.4.3.海囤全球(JD Worldwide)
4.中国のライブコマース市場の現況
  4.1.中国のライブコマースの市場規模
  4.2.中国のライブコマース市場の進展
  4.3.中国のライブコマースの主要プラットフォーム
    4.3.1.Taobao Live(淘宝直播)
    4.3.2.Kuaishou(快手)
    4.3.3.Douyin(抖音)
  4.4.中国のライブコマースの人気品目

第Ⅵ章 韓国のEC市場動向

1.韓国EC市場の現況
  1.1.韓国のEC市場規模
  1.2.韓国の小売販売額におけるECの比率
  1.3.韓国のEC市場における品目別取引額
  1.4.韓国EC市場の事業者別シェア
  1.5.韓国における越境EC市場動向
    1.5.1.韓国の越境EC市場規模
    1.5.2.韓国の越境ECにおける輸入品目別取引額
    1.5.3.韓国の越境ECにおける輸入先別取引額
2.韓国のEC構築支援サービス市場及び事業者動向
  2.1.韓国のEC市場におけるコロナの影響
  2.2.韓国のEC構築支援サービスの動向
    2.2.1.韓国のEC運営タイプ別動向
    2.2.2.韓国におけるオープンマーケットの特徴
    2.2.3.韓国における自社ECの特徴
  2.3.韓国のEC主要事業者の動向
    2.3.1.NAVER
    2.3.2.Coupang
    2.3.3.Cafe24
    2.3.4.KOREACENTER
    2.3.5.NHN godo
3.韓国EC市場の最新トレンド
  3.1.韓国におけるライブコマースの動向
  3.2.eクーポン
  3.3.有料メンバーシップサービス

第Ⅶ章 個別企業の動向と取組

1.株式会社イーシーキューブ
2.株式会社ecbeing
3.株式会社インターファクトリー
4.株式会社ACD
5.NHN godo JAPAN株式会社
6.NHN godo株式会社(韓国)
7.株式会社クロフトクラフト
8.サヴァリ株式会社
9.株式会社システムインテグレータ
10.スパイスファクトリー株式会社
11.ジェイグラブ株式会社
12.GMOペパボ株式会社
13.株式会社フューチャーショップ
14.ヘイ株式会社
15.株式会社ワンプルーフ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

198,000
180,000
18,000
198,000
180,000
18,000
231,000
210,000
21,000
396,000
360,000
36,000
429,000
390,000
39,000
594,000
540,000
54,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。