2021年版 スマート農業の現状と将来展望 ~省力化・高品質生産を実現する農業IoT・精密農業・農業ロボットの方向性~

国内の農業の課題は、農業従事者の減少と高齢化が挙げられる。農林業センサスによれば、1995年から2020年までの間に、農業就業人口は414万人から136万人に減少し、平均年齢は59.1歳から67.8歳に上昇している。国内農業の活性化を図るために、ICTの活用による農作物の栽培条件の最適化や、高い生産技術を持つ篤農家の技術・ノウハウをデータ化し、活用可能とする技術の確立による生産性向上、生産から消費までの情報連携による消費者のニーズに対応した農作物の生産や付加価値の向上が期待されている。
農業分野でのICT利用はここ数年、生産工程、流通・販売行程を支援するソリューションとして広がりつつある。当該レポートでは、現在普及し始めている農業IoT(農業クラウド(栽培支援・販売支援・経営支援)、精密農業、農業ドローン、農業ロボットなどの参入メーカーの現状の取組みと方向性と、農業生産法人のICT利用意向を調査することで、拡大が期待されるスマート農業市場を明らかにします。

発刊日
2021/09/下旬
体裁
A4 / 約500頁
資料コード
C63104600
PDFサイズ
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

209,000
190,000
19,000
209,000
190,000
19,000
242,000
220,000
22,000
418,000
380,000
38,000
451,000
410,000
41,000
627,000
570,000
57,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

資料ポイント
Close

  • 前回版との違い
    ・普及拡大している農業用ドローンについて、農業生産法人(100件)に対して、アンケート調査
    ・「Ⅳ章参入企業の個別動向」ヒアリング掲載大幅増加(前回48社→今回:58社)

リサーチ内容

2021年8月16日更新
※掲載予定内容、発刊予定日等に一部変更が生じる場合がございます。
 
■掲載予定内容

第Ⅰ章 農業の現状と将来展望

1.国内農業の現状
  (1)農業総産出額と生産農業所得推移(1984、2013~2019年)
  (2)農作物の作付面積推移(2013~2020年)
  (3)農業就業人口の推移(2007~2019年)
  (4)全国農業経営体における経営耕地面積規模別耕地集積割合の変化
  (5)農業経営体あたりの経営耕地面積
2.急増する農地所有適格法人の状況
  (1)農業法人の種類
  (2)現行の農地所有適格法人の農地権利取得の要件
  (3)組織形態別 農地所有適格法人数の推移(2011~2020年)
    ~農地所有適格法人(農業生産法人)数は19,000法人を突破~
  (4)主要生産作物別農地所有適格法人構成比(2020年)~米・麦作法人は2020年で8,669法人~
3.農業の6次産業化への取組状況
4.農業政策の動向
  (1)スマート農業の加速化と農業のデジタルトランスフォーメーションの推進
  (2)農林水産省2022年度 概算要求 ~スマート農業は2021年度予算を大幅に増額要求~
  (3)農林水産省 「スマート農業の実証農場」を全国179地区にて展開

第Ⅱ章 スマート農業市場の現状と将来展望

1.スマート農業市場概要
  (1)スマート農業とは
  (2)スマート農業が求められている背景
  (3)データを活用した農業を行っている農業経営体数
  (4)スマート農業版プラットフォーム構築を目指し、他企業団体との連携・協業が相次ぐ
2.政府におけるスマート農業の取組み
  ~メーカー間の垣根を越えたデータ連携の取組「農機API共通化コンソーシアム」が始動~
3.農業データ連携基盤協議会(WAGRI)
  (1)現状の農業データ連携基盤協議会(WAGRI)の取組み
  (2)スマート農業参入企業における農業プラットフォームに対する見解
  (3)農業データ連携基盤(WAGRI)の今後の方向性
4.持続可能な農業を目指し、農林水産省が「みどりの食料システム戦略」を策定
  (1)「みどりの食料システム戦略」とは
  (2)「みどりの食料システム戦略」の目標達成のために欠かせないスマート農業
  (3)農機の電動化の研究開発動向
  (4)スマート農業参入企業における環境配慮型農業への見解・取組み
5.海外におけるスマート農業の動向
  (1)海外におけるスマート農業プラットフォームの動向
  (2)イスラエルにおけるアグリテックの動向
  (3)海外におけるスマート農業を展開している主な企業
6.主要参入企業の動向
  (1)栽培支援ソリューション
    ①農業クラウド
    ②複合環境制御装置
    ③畜産向け生産支援ソリューション
  (2)販売支援ソリューション
  (3)経営支援ソリューション
  (4)精密農業
    ①リモートセンシングの動向
    ②ロボット農機の動向
    ③スマート田植機システムの普及状況
    ④スマート田植機システムの市場規模(2016~2021年度見込み)
    ⑤農業向けGPSガイダンスシステム・自動操舵装置の普及状況
    ⑥農業向けGPSガイダンスシステム・自動操舵装置の市場規模(2008~2020年度)
  (5)農業用ドローンソリューション
    ①農業用ドローンにおける規制緩和
    ②農業用ドローンの普及計画
    ③安心安全な国産ドローンが始動 ~NTT東日本が「NTT e-Drone Technology」を設立~
  (6)農業用ロボット
  (7)主要参入企業におけるスマート農業の展開分野
7.主要参入企業の販売動向
  (1)栽培支援ソリューション
    ①農業クラウド ~サービス開始後3年弱で、登録生産者数が1万6千人以上の製品も~
    ②複合環境制御装置 ~複合環境制御装置メーカーの他企業との連携・協業が活発~
    ③畜産向け生産支援ソリューション ~大手畜産業者を中心にスマート畜産が普及拡大~
  (2)販売支援ソリューション ~コロナ禍で生産者の直販が加速、「産直テック」の販売拡大~
  (3)経営支援ソリューション ~大規模生産者や主要産地に経営支援ソリューションが普及~
  (4)精密農業 ~ロボット農機や農機シェアリングなど新たなビジネスが始動~
  (5)農業用ドローンソリューション ~農業用ドローン累計出荷台数は1万3千台以上に拡大~
  (6)農業用ロボット ~スタートアップ企業や大手企業の実証試験が活発化、一部市販化も開始~
  (7)主要参入企業におけるスマート農業関連売上高
8.スマート農業の現状の課題と問題点
  (1)ロボット農機・農業用ドローンにおける課題・問題点
  (2)ソリューション別 スマート農業の現状の課題・問題点
9.スマート農業における今後の事業の方向性
  (1)スマート農業の潜在ターゲットユーザー数
  (2)スマート農業における関連市場動向
    ①植物工場の市場規模推移(運営事業者ベース)
    ②農業用ハウスの市場規模推移
  (3)ソリューション別 スマート農業の今後の事業の方向性
10.スマート農業市場規模推移と予測(2020年度~2027年度予測)
  (1)栽培支援ソリューション
    ①農業クラウド
    ②複合環境制御装置
    ③畜産向け生産支援ソリューション
  (2)販売支援ソリューション
  (3)経営支援ソリューション
  (4)精密農業
  (5)農業用ドローンソリューション
  (6)農業用ロボット
  (7)スマート農業 総市場規模推移
    ①スマート農業 市場構成比(2020年度→2027年度予測)
    ②スマート農業 総市場規模推移
    ③スマート農業が普及するための施策

第Ⅲ章 農業生産法人(100法人)における農業ICT利用意向調査

1.回答属性
2.ICTの利用動向
3.ICTサービスを利用しない理由
4.現在、農業生産・農業経営で利用しているICTサービス
  (1)現在、利用しているICTサービス
  (2)ここ数年、普及拡大しているICTサービス
5.農業生産現場、農業経営におけるICTの普及が遅れている理由
6.農業分野においてICT普及のために必要な条件
7.今後、利用してみたいICTソリューション
8.今後ICT利用する際の年間投資可能額
9.農業ICT関連製品の認知度
10.利用している農業ICT製品
11.利用している農業ICT製品の評価
12.今後利用したい農業ICT製品
13.農業用ドローンの動向
  (1)農業用ドローンの利用状況
  (2)農業用ドローンを利用している農業生産法人
  (3)農業用ドローンメーカーの認知度
  (4)農業用ドローンの今後の利用意向
  (5)今後、農業用ドローンで利用してみたいソリューション
14.農業ICT・精密農業についての自由意見
 
<農業生産法人(100法人)個別調査票>
 
1.水稲<65法人>
  (有)ファームキトラ
  (有)ケイホットライス
  十和田アグリ(株)
  (有)金沢
  (株)田伝むし
  (農)みずほファーミング
  (有)北浦郷
  (有)東雲農園
  (有)真正ファーム
  (有)藤岡農産
  みすず農場
  (農)成生組合
  (農)りぞねっと
  (有)でんぱた
  (有)関農産
  (株)風の丘ファーム
  越後ファーム(株)
  (有)おおた
  (有)ささかみやまびこ農産
  (有)サンライス魚沼
  (株)千手
  徳田農産
  (有)中条農産
  新潟ゆうき(株)
  (有)ホープイン中沢
  (有)リバーサイド石津
  (農)安清集落営農組合
  (有)カナダ農園
  (有)グリーンパワーなのはな
  (株)紅農友会
  (農)こすりど営農組合
  (農)寺坪営農組合
  (有)農業カズミ
  (農)和向
  (有)グリーンアース杉浦
  (有)グリーン松任
  (株)中口農産
  (有)のむら農産
  (有)ばんば
  (株)六星
  (有)山田農園
  あずみのライスファーム
  (有)佐久平興農
  (有)テヅカライス
  (農)野沢農産生産組合
  (有)やまとリッチ
  (株)農健
  (有)田園
  農業屋ファーム(株)
  (有)アグセス愛知
  (株)グリーンパワー長浜
  (有)親和
  (有)もりかわ農場
  (株)エチエ農産
  (農)アイガモの谷口
  北山農産(有)
  (株)ジョイファーム朝日
  (農)丹波たぶち農場
  (株)グリーンファーム大黒
  (株)ファーム木精
  (農)さだしげ
  (農)二島西
  (有)七島農産
  (株)うきうき森田牧場
  (株)那須自然農園
2.農園芸(野菜・果樹・花き)<25法人>
  (株)箱根牧場
  (株)奈良岡ファーム
  (有)岩手園芸
  りんご工房きただ
  (有)氏家農場
  (株)しらかみファーマーズ
  (有)菊地園芸
  (有)まるせい果樹園
  (有)高橋農園
  (株)照沼勝一商店
  (株)グリンリーフ
  (株)関東地区昔がえりの会
  (農)クラインガルテン
  (農)JAアグリひみ
  佐藤農園
  (有)永田バイオ研究所
  日本農産(株)
  (有)ネクト
  (株)丸利吉田銘茶園
  (有)山口農園
  (株)山本きのこ園
  (有)やさか共同農場
  (株)山本デンドロビューム園
  (有)岡松バラ園
  (有)勝山シークヮーサー
3.酪農・畜産<10法人>
  (有)上田畜産
  (株)平田牧場
  (株)オーケーコーポレーション
  (有)朝霧メイプルファーム
  (有)大西畜産
  大江ノ郷自然牧場
  中山農場
  (有)トムミルクファーム
  (株)丸山農場
  (有)坂元種畜場

第Ⅳ章 スマート農業 有力参入企業の個別動向

AGRIST(株)
~ロボットの試験用ビニールハウスを開設、分析システム開発も本格化~
 
(株)Agrihub
~サービス開始後3年弱で登録生産者約1万6千名以上が利用している農作業管理アプリ~
 
イーサポートリンク(株)
~生鮮流通サプライチェーン全体の“見える化”で業務の効率化を実現~
 
井関農機(株)
~農業生産性と環境保全型農業を両立させ、持続可能な農業の実現を目指す~
 
伊藤忠飼料(株)
~「デジタル目勘」ソフトウェアアップデート、自動撮影機能を新搭載~
 
inaho(株)
~自動野菜収穫ロボットを中心とした生産者向けサービスの提供~
 
(株)インターネットイニシアティブ
~地域の通信網整備とともに、LoRaWAN®対応の水田センサーで省力化を実現~
 
(株)Eco-Pork
~完全自働で豚体重を測定する「AI豚カメラ(ABC)」の提供を開始~
 
SBテクノロジー(株)
~「agmiru(アグミル)」上で新たなサービスを続々とラインナップ~
 
(株)NTTアグリテクノロジー
~地方自治体との連携で、農業を起点とした街づくりを推進~
 
NTTテクノクロス(株)
~2021年秋に母豚増体可視化システムのリリースを目指す~
 
(株)NTTデータ
~営農支援プラットフォーム「あい作®」が生産者と組合担当者をつなぐ~
 
(株)NTTドコモ
~「MIHARAS」+「MIWATASU」で生産者の栽培作業判断を強力に支援~
 
(株)笑農和
~「paditch」は全国で導入が増加し着実に浸透~
 
(株)オプティム
~「米産業全体のDX化」と「農業DXサービスの販売拡大」により更なる飛躍を!~
 
(株)kikitori
~LINE利用型アプリ「nimaru」の導入がJA、卸売市場で加速~
 
(株)クボタ ~日本の農業に未来と希望を。クボタが進める「スマート農業」~
 
KDDI(株)
~秋田県立大学と協定締結、スマート農業や農業人材育成などの地域活性化を目指す~
 
国際航業(株)
~「天晴れ」で人工衛星による広域リモートセンシングの普及を目指す~
 
XAG JAPAN(株)
~バイエルとの共同開発の農業用無人車の発売で、総合農機メーカーに事業拡大~
 
(株)JSOL
~生産者の所得向上につながる高精度な出荷予測システムの提供へ~
 
(株)JPP
~安価な自動操舵システムを使用し、スマート農業分野への参入を加速~
 
ジオサーフ(株)
~精密農業製品で、圃場管理システムなどとの情報連携強化が進む~
 
(株)スカイマティクス
~「図面」の概念から農業用途のアプリ・クラウドサービスを展開~
 
(株)セラク
~「みどりクラウド」とAIを活用した青果流通支援プロジェクトを展開~
 
全国農業協同組合連合会
~「Z-GIS」の機能グレードアップ、「xarvio(ザルビオ)」と2021年春から連携~
 
ソフトバンク(株)
~「e-kakashi」のCO2吸収量推定システムを活用した実証実験を実施~
 
ソリマチ(株)
~農業利益創造研究所を設立、農業者の利益創造を支援する情報発信サイトを公開~
 
テラスマイル(株)
~JAグループ、自治体など行政関連の営農支援実績が拡大~
 
(株)天地人
~土地評価エンジンのAPI連携を開始、農業以外の業界にも展開図る~
 
(株)DATAFLUCT
~野菜のサプライチェーン上で廃棄ロス削減につながるクラウドサービスを展開~
 
DJI JAPAN(株)
~2020年はコロナ関連の助成制度等が追い風になり、農業用ドローンの累計出荷台数7,000台に急拡大~
 
(株)デンソー
~自動車で培った技術を活かし持続可能な農業生産に貢献、農食分野への新たな価値の提供を目指す~
 
(株)トプコン
~農家の投資意欲高まり本州エリアにも販売網を拡大~
 
ドローン・ジャパン(株)
~オープンソース型フライトコントローラーやドローンのLTE通信への対応を進める~
 
(株)ナイルワークス
~「Nile-T20」のセンシング機能を活用、デジタル農業アプリ「Nile Bank」の開発を進める~
 
(株)ニコン・トリンブル
~独自の補正情報サービスをベースにした自動操舵システムの展開~
 
日本電気(株)
~「CropScope」でグローバル市場に挑む~
 
(株)農業情報設計社
~アプリやハードウェアの販売に加え、トラクターの走行データを分析した「データ販売」に注力~
 
(株)農業総合研究所
~ブランディング力で産直卸事業を第2の柱へ~
 
(株)ハレックス
~気象情報の提供に留まらず、営農サポートの提案も目指す~
 
バイエルクロップサイエンス(株)
~AIを活用した農薬散布時期の予測や散布の自動化等を展開し、デジタル農業を推進~
 
パナソニック(株)
~トマト自動収穫ロボットの実証実験終了、引き続き開発を進める~
 
(株)日立システムズ
~農業現場に眠るデータの活用を目指す~
 
(株)日立ソリューションズ
~九州はじめ西日本エリアでのシステムの営業・提案を強化~
 
(株)ファームノート
~丸紅と酪農・畜産DXの推進に向けた協業開始~
 
(株)farmo
~farmo気象センサーで遅霜対策の実証実験を開始~
 
プラネット・テーブル(株)
~SENDの事業基盤を活かしてデータ事業、生産者への総合支援事業へ~
 
(株)プラントライフシステムズ
~世界初!植物シミュレーターを用いた採算性の高い生産支援技術を展開~
 
ベジタリア(株)
~産地クラスター全体を効率化するスマートフードファクトリーマネジメント構想~
 
(株)ポケットマルシェ
~生産者と消費者を直接繋ぐCtoCプラットフォームを展開~
 
(株)丸山製作所
~ドローンとハイクリブームの双方の強みを生かし、農薬散布の省力化を推進~
 
ヤマハ発動機(株)
~無人自動走行・自動収穫技術などの農業支援サービス拡大を開始~
 
ヤンマーアグリ(株)
~ヤンマー農機製造と統合し、ものづくりの現場対応を重視した体制に~
 
ヤンマーアグリジャパン(株)
~栽培から収穫、翌年の施肥設計まで稲作バリューチェーン全体をグループで支援~
 
ユーピーアール(株)
~アシストスーツ「サポートジャケット Bb+FIT」、B2Cチャネルでの展開開始~
 
(株)ルートレック・ネットワークス
~水やりや肥料を最適化する「ゼロアグリ(ZeRo.agri)」による持続型農業に貢献を目指す~
 
(株)レグミン
~自律走行型農薬散布ロボットで、ネギへの農薬の自動散布を実現~

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

209,000
190,000
19,000
209,000
190,000
19,000
242,000
220,000
22,000
418,000
380,000
38,000
451,000
410,000
41,000
627,000
570,000
57,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。