2021 生活家電マーケット ~おうち時間を豊かにする美容・調理家電編~

近年の家電市場は、多くの企業が市場に参入しており、複数のヒット商品が誕生しています。さらには結婚祝いや新居祝いといったギフトシーンにおいても家電製品が選ばれることが増えたことによって市場は拡大傾向に。加えて2020年は、新型コロナウイルス感染症拡大によって人々の生活スタイルが大きく変化し、増加した「おうち時間」の充実を目的に家電の需要が著しく伸長した一年となりました。感染リスクを避けるための外出自粛ムードは依然根強く、ECの普及によって手軽に家電製品を購入できる門戸が広がったこともあり、今後も同市場の拡大傾向は続くと考えられます。
当調査資料では、家電のなかでもコロナ禍で特に需要が伸長したとみられる美容家電と調理家電に着目し、関連企業への取材や消費者調査を実施。市場規模の推計と、同市場を取り巻く課題や展望についてまとめています。

発刊日
2021/06/29
体裁
A4 / 314頁
資料コード
C63104900
PDFサイズ
4.8MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

198,000
180,000
18,000
198,000
180,000
18,000
231,000
210,000
21,000
396,000
360,000
36,000
429,000
390,000
39,000
594,000
540,000
54,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:近年の家電市場は、多くの企業が市場に参入し、複数のヒット商品が誕生している。さらには結婚祝いや新居祝いといったギフトシーンにおいても家電製品が選ばれることが増え、市場は拡大傾向にある。加えて 2020 年は、新型コロナウイルス感染症拡大によって人々の生活スタイルが大きく変化し、増加した「おうち時間」の充実を目的に家電の需要が著しく伸長した一年となった。感染リスクを避けるための外出自粛ムードは依然根強く、ECの普及によって手軽に家電製品を購入できる門戸が広がったこともあり、今後も同市場の拡大傾向は続くと考えられる。そこで、本書においては、家電のなかでもコロナ禍で特に需要が伸長したとみられる美容家電と調理家電に着目し、美容・調理家電市場を総合的に把握できるよう調査・編集した。
(1)美容・調理家電市場規模推移(2)アイテム別動向(3)チャネル別動向(4)主要企業の事例
調査対象:総合家電メーカー、美容・調理家電メーカー、小売等、家電に関係する企業
調査方法
(1)研究員による直接面接・オンライン取材
(2)電話取材及び郵送・FAX 等による補足調査
(3)文献調査その他データ収集
(4)消費者調査アンケートの実施
調査期間:2021年4月~2021年6月

調査結果サマリー
Close

美容家電・調理家電小売市場に関する調査を実施(2021年)
2020年の美容・調理家電小売市場は前年から大幅伸長!
~おうち時間を豊かにする家電によって市場は活性化~

資料ポイント
Close

リサーチ内容

調査結果のポイント

Ⅰ.美容・調理家電市場の概況

1.おうち時間が注目される背景
2.美容家電市場の現況/市場規模推移
3.調理家電市場の現況/市場規模推移
4.注目トピック、トレンド
  (1)サブスクリプションサービスが家電市場にも普及
  (2)コロナ禍で注目されるユーザー・メーカー間のコミュニケーション
  (3)急伸するセルフ脱毛市場
  (4)調理家電のデザインは「出しっぱなし」「インスタ映え」がキーワードに

Ⅱ.アイテム別市場動向

1.美容家電
  (1)フェイスケア
   ①美顔器
    ⅰ)商品の特徴
    ⅱ)販売戦略・プロモーション
   ②スチーマー
    ⅰ)商品の特徴
    ⅱ)販売戦略・プロモーション
   ③目元ケア家電
    ⅰ)商品の特徴
    ⅱ)販売戦略・プロモーション
   ④電動洗顔ブラシ
    ⅰ)商品の特徴
    ⅱ)販売戦略・プロモーション
   ⑤電動まつ毛カーラー
    ⅰ)商品の特徴
    ⅱ)販売戦略・プロモーション
   ⑥電動歯ブラシ
    ⅰ)商品の特徴
    ⅱ)販売戦略・プロモーション
   ⑦フェイスシェーバー
    ⅰ)商品の特徴
    ⅱ)販売戦略・プロモーション
  (2)ヘアケア
   ①ヘアドライヤー
    ⅰ)商品の特徴
    ⅱ)販売戦略・プロモーション
   ②ヘアアイロン、ホットカーラー
    ⅰ)商品の特徴
    ⅱ)販売戦略・プロモーション
   ③頭皮ケアマシン・音波振動ブラシ
    ⅰ)商品の特徴
    ⅱ)販売戦略・プロモーション
  (3)ボディケア
   ①ボディ用美容機器、身体用EMS
    ⅰ)商品の特徴
    ⅱ)販売戦略・プロモーション
   ②ネイルケア家電
    ⅰ)商品の特徴
    ⅱ)販売戦略・プロモーション
   ③フットマッサージャー
    ⅰ)商品の特徴
    ⅱ)販売戦略・プロモーション
   ④脱毛器・ボディシェーバー
    ⅰ)商品の特徴
    ⅱ)販売戦略・プロモーション
   ⑤角質除去器
    ⅰ)商品の特徴
    ⅱ)販売戦略・プロモーション
2.調理家電
  (1)電子レンジ、オーブン
    ⅰ)商品の特徴
    ⅱ)販売戦略・プロモーション
  (2)炊飯器
    ⅰ)商品の特徴
    ⅱ)販売戦略・プロモーション
  (3)ホームベーカリー
    ⅰ)商品の特徴
    ⅱ)販売戦略・プロモーション
  (4)トースター
    ⅰ)商品の特徴
    ⅱ)販売戦略・プロモーション
  (5)ジャーポット、電気ケトル
    ⅰ)商品の特徴
    ⅱ)販売戦略・プロモーション
  (6)コーヒーメーカー
    ⅰ)商品の特徴
    ⅱ)販売戦略・プロモーション
  (7)ブレンダー(ミキサー、ハンドブレンダー等)
    ⅰ)商品の特徴
    ⅱ)販売戦略・プロモーション
  (8)電気圧力鍋
    ⅰ)商品の特徴
    ⅱ)販売戦略・プロモーション
  (9)ホットプレート
    ⅰ)商品の特徴
    ⅱ)販売戦略・プロモーション

Ⅲ.チャネル別市場動向

1.家電量販店
  (1)家電量販店全体動向
  (2)家電量販店における美容・調理家電の動向
    ⅰ)商品・価格の特徴
    ⅱ)店舗・販売戦略・プロモーションの特徴
2.百貨店
  (1)百貨店全体動向
  (2)百貨店における美容・調理家電の動向
    ⅰ)商品・価格の特徴
    ⅱ)店舗・販売戦略・プロモーションの特徴 
3.GMS
  (1)GMS全体動向
  (2)GMSにおける美容・調理家電の動向
    ⅰ)商品・価格の特徴
    ⅱ)店舗・販売戦略・プロモーションの特徴
4.通販・インターネット
  (1)通販・インターネット全体動向
  (2)通販・インターネットにおける美容・調理家電の動向
    ⅰ)商品・価格の特徴
    ⅱ)店舗・販売戦略・プロモーションの特徴
5.その他
  (1)雑貨専門店
  (2)SPA業態チャネル
  (3)エステサロン(直売)
  (4)その他

Ⅳ.主要企業の事例研究

<総合家電メーカー>
  シャープ株式会社
  パナソニック株式会社
 
<美容家電メーカー>
  株式会社アテックス
  株式会社MTG
  株式会社クレイツ
  ダイソン株式会社
  株式会社テスコム
  株式会社フィリップス・ジャパン
  マクセル株式会社
  ヤーマン株式会社
 
<調理家電メーカー>
  アイリスオーヤマ株式会社
  株式会社イデアインターナショナル
  株式会社グループセブジャパン
  シロカ株式会社
  株式会社ゼリックコーポレーション
  象印マホービン株式会社
  タイガー魔法瓶株式会社
  デロンギ・ジャパン株式会社
  東芝ライフスタイル株式会社
  日本エー・アイ・シー株式会社
  ネスレネスプレッソ株式会社
  ネスレ日本株式会社
  バルミューダ株式会社
  株式会社葉山社中
  メリタジャパン株式会社
  株式会社山善
 
<家電量販店>
  株式会社エディオン
  株式会社ビックカメラ
  株式会社ヤマダホールディングス
 
<GMS>
  イオンリテール株式会社
 
<通販・インターネット>
  eBay Japan 合同会社
  楽天グループ株式会社
 
<その他チャネル>
 雑貨専門店
  株式会社ロフト
 SPA業態
  株式会社ニトリホールディングス
 サブスクリプションサービス
  株式会社subsclife
  株式会社フェリシモ
  レンティオ株式会社

関連リンク

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

198,000
180,000
18,000
198,000
180,000
18,000
231,000
210,000
21,000
396,000
360,000
36,000
429,000
390,000
39,000
594,000
540,000
54,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。