2022年版 代替タンパク質 <代替肉(植物由来肉・培養肉)・昆虫食>の将来展望 ~フードテックが解決する持続可能な食の未来~

農業においては、食品廃棄・ロスの削減が急務とされている一方、2050年には世界人口が90億人に達することが予測され、食糧不足が懸念されている。
FAO(国際連合食糧農業機関)によれば、1961年から2011年までの50年間で世界人口が約2.3倍になった一方、動物性食品の消費は約5倍に増加した。FAOは、世界の食肉消費はこの先2050年までにさらに73%増えるだろうと予測している。飼料用・食用の穀物需要の増大が予想されるが、気候変動の影響、ひっ迫する水需給、土壌劣化が不安材料となっている。このような中、クリーンミートといった細胞培養から作られる肉、フェイクミートといった代用肉の研究が進んでいる。広がりをみせる代用たんぱく質市場の需要を明らかにし、「代替肉」(「植物由来肉」、「培養肉」)シーフード(植物由来・培養)・昆虫食市場を展望することを目的として、企画した。

発刊日
2022/02/17
体裁
A4 / 445頁
資料コード
C63116900
PDFサイズ
36.4MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 445頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

(準備中)の「目次をダウンロード」「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:当調査は代替タンパク質(植物由来肉・植物由来シーフード、培養肉・培養シーフード、昆虫タンパク)の取り扱い実態、販売状況、参入各社の市場戦略を調査・分析することにより、代替タンパク質(植物由来肉・植物由来シーフード、培養肉・培養シーフード、昆虫タンパク)市場を展望することを目的として実施した。
調査対象商品:代替タンパク質(植物由来肉・植物由来シーフード、培養肉・培養シーフード、昆虫タンパク)
調査対象先
・植物由来肉・植物由来シーフード参入企業等22社
・培養肉・培養シーフード参入企業等4社
・昆虫タンパク参入企業等5社
・その他大学、業界団体等
調査方法:弊社専門研究員による直接面接取材及び電話、メール等による間接調査
調査期間:2021年9月~2022年2月

調査結果サマリー
Close

代替タンパク質 (植物由来肉、植物由来シーフード、培養肉、培養シーフード、昆虫タンパク)世界市場に関する調査を実施(2022年)
2021年の代替タンパク質(植物由来肉、植物由来シーフード、培養肉、培養シーフード、昆虫タンパク)世界市場規模は4,861億300万円
~2021年は大手食肉企業・大手食品企業やスタートアップ企業の参入が活況、市場をけん引~

資料ポイント
Close

  • 新規市場である代替タンパク質(代替肉(植物由来肉、培養肉))・シーフード(植物由来・培養)・昆虫食市場の日本国内有力企業の取組みを紹介
  • 海外情報として、アメリカでの代替肉(植物由来肉、培養肉)・シーフード(植物由来・培養)・昆虫食の動向、EU・中国・イスラエルなどの状況を紹介
  • 代替タンパク質(代替肉(植物由来肉、培養肉))・シーフード(植物由来・培養)・昆虫食市場の2021年から2030年の中期展望を明らかに
  • 前回版との違い
    ・食品向け昆虫食の市場規模、市場概要、参入企業の動向を掲載
    ・植物由来魚の市場規模、参入企業の動向を掲載
    ・スタートアップ企業が盛んなイスラエルの代替肉(植物由来肉・培養肉)の動向を掲載

リサーチ内容

調査のポイント

第Ⅰ章 代替タンパク質市場の全体動向

1.代替タンパク質が注目される背景
  (1)代替タンパク質とは何か
  (2)代替タンパク質需要の背景
    ①世界人口の増加によるタンパク質需要量の増大
    ②畜産の環境への影響
2.代替タンパク質食品の分野別概況
  (1)植物由来肉
    ①原材料と製造工程
    ②製品カテゴリーと販路の拡大
    ③ターゲット層の拡大
    ④植物由来代替食品の広がり ~代替シーフード、代替卵など~
  (2)培養肉
    ①原材料と製造工程
    ②スタートアップの市場参入が活発化
    ③培養肉の名称
  (3)昆虫
    ①原材料と製造工程
    ②加工食品への広がり
  (4)その他の代替タンパク質
    ①発酵
    ②藻類
3.トピックス
  (1)新型コロナウイルスの影響
    ①アメリカの状況と今後の展望
    ②日本の状況と参入企業の動向
  (2)代替タンパク質と法規制・認証制度
    ①植物由来肉の表示をめぐる問題
    ②培養肉製品の承認
    ③昆虫食の挑戦と規制

第Ⅱ章 日本市場の動向

1.植物由来肉
  (1)参入動向と商品動向
    ①植物由来食品のトレンドとキーワード ~健康に加え、消費者の満足感を訴求~
    ②植物由来肉の原材料 ~粒状大豆蛋白の国内生産量は増加傾向~
    ③植物由来肉の生産設備 ~大豆ミート製造のコストダウンを可能にする設備も登場~
    ④植物由来肉向けの添加物 ~植物由来肉はナトリウムの低減が課題~
    ⑤植物由来代替食品の広がり ~植物由来卵、シーフードなどの製品も登場~
    ⑥日本政府がフードテックを推進 ~農林水産省 フードテック官民協議会が始動~
    ⑦プラントベース食品表示の明確化~消費者庁が表示ルールに関するQ&Aを公開~
    ⑧大豆ミート製品がJAS規格化へ ~日本産品の国際競争力向上を高める狙い~
    ⑨植物由来タンパク質 国内主要参入企業(60社)一覧
  (2)販売チャネル動向
    ①コンビニエンスストア ~健康意識の高まりに簡便食で対応~
    ②小売・量販店 ~売場の確立が進み、イオンの精肉売場で植物由来肉が登場~
    ③百貨店 ~環境意識の高まりを受け、催事でアピール。消費の裾野拡大へ~
    ④外食(外食チェーン、ファストフードチェーン等)
    ~手軽なハンバーガーに加え、焼肉、ラーメンなどジャンクな満足感へ~
    ⑤給食(病院、学校、社員食堂、等)~高齢者食、企業給食に加え、食育にも拡大~
  (3)課題・問題点
    ①食味の向上 ~メーカーのノウハウを生かし、味・香り・食感が大幅向上~
    ②コスト ~原料価格上昇や加工コストを課題としつつも生産量増加に期待~
    ③ターゲット層 ~ライフスタイルとして定着させ、市場拡大を加速へ~
    ④参入事業者による現状の課題・問題点~代替肉の普及拡大には認知度向上も必要~
  (4)今後の方向性と市場の見通し
    ①今後の方向性と事業戦略 ~食糧問題などエシカル消費の意識により市場は拡大~
    ②今後の市場の見通し~市場の更なる拡大のためには、タッチポイントの増加が重要~
2.培養肉
  (1)参入動向 ~培養肉の産業化に向け、産官学が連携した法整備が不可欠~
  (2)課題・問題点 ~技術面、コスト、消費者の受容度向上~
  (3)今後の見通し ~2022年中に培養肉の製品化を目指す国内企業も~
3.昆虫タンパク
  (1)参入動向と商品動向
    ①参入動向 ~次世代のタンパク源として世界的に注目~
    ②新商品と研究開発動向 ~スタートアップ企業の商品化が加速~
  (2)課題・問題点 ~昆虫食の拡大には、消費者へのより一層の理解促進が必要~
  (3)今後の見通し ~今後、大規模生産を目指す企業も~

第Ⅲ章 海外市場の動向

1.アメリカ
  (1)市場概況
    ①アメリカのプラントベースフード市場と植物由来肉市場
    ②植物由来肉ブームの背景
    ③植物由来肉の購入者層
    ④植物由来肉のカテゴリーと製品
    ⑤成功例と取り組み
    i)Papa John’s(パパジョンズ)
    ii)ペットフード
    ⑥大手食肉企業、大手食品企業の動向
  (2)主要参入企業、主要製品 ~主要参入企業に関するニュース~
    ①Impossible Foods インポッシブルフーズ(アメリカ)
    i)アメリカ市場での新製品の販売~インポッシブルソーセージ~
    ii)インポッシブルナゲットの発売によりビーガンチキンカテゴリーに参入
    iii)バーガーキングとの提携
    iv)ビーガンビーフで中近東に参入
    v)資金調達
    ②Beyond Meatビヨンドミート(アメリカ)
    i)ビヨンドチキンの発売
    ii)マクドナルドとの3か年計画
    iii)協業 ~KFC、 ピザハット、ペプシコとの取り組み~
    iv)資金調達
    ③Eat Justイートジャスト(アメリカ)
    ④Ocean Hugger Foods オーシャン ハガー フーズ(アメリカ)
    ⑤Upside Foods アップサイドフーズ
    (旧社名:Memphis Meats メンフィスミーツ)(アメリカ)
    ⑥Wildtype ワイルドタイプ(アメリカ)
    ⑦BlueNalu ブルーナル(アメリカ)
    ⑧Aspire Food Group アスパイア フード グループ(アメリカ、カナダ)
    ⑨Don Bugitoドン・ブギト(アメリカ)
  (3)将来展望
    ①製品の多様化と今後の期待
    ②課題とチャレンジ
2.ヨーロッパ
  (1)市場概況
    ①ヨーロッパの食肉消費量
    ②環境配慮・動物福祉の意識 ~強まるエシカル消費意識が追い風でビーガン急増~
    ③スーパーマーケットにビーガン専用の売り場 ~Asdaが消費者に向けてアピール~
    ④Protein Challenge 2040の取り組み~世界的なコンソーシアムとして課題解決へ~
    ⑤ベーカリー大手Greggs、消費者需要から植物由来肉メニューを拡充
    ⑥オーツ麦、ソラマメを原料とした植物由来肉~新しい原材料の模索~
    ⑦昆虫食~環境問題解決や栄養素の豊富さから需要拡大~
  (2)主要参入企業、主要製品
    ①Mosa Meatモサミート(オランダ)
    ②Quorn クォーン(イギリス)~代替肉の老舗、英ベーカリー大手Greggsにも販売~
    ③Meatless Farm ミートレスファーム(イギリス)
  (3)将来展望
3.イスラエル
  (1)市場概況
    ①植物由来のタンパク質
    ②代替肉スタートアップが活況 ~イスラエル政府が資金調達などをサポート~
    ③昆虫食でもリーダー的存在
  (2)主要参入企業、主要製品
    ①Aleph Farms アレフ・ファームズ(イスラエル)
    ②Super Meatスーパーミート(イスラエル)
    ③Future Meat Technologiesフューチャーミート テクノロジーズ(イスラエル)
    ④Redefine Meatリディファインミート(イスラエル)
    ⑤Hargol Food Techハーゴルフードテック(イスラエル)
  (3)将来展望
4.中国、東南アジアなど
  (1)市場概況
    ①中国で注目を集める植物由来肉および培養肉
    ②中華圏の素食文化と食の安全 ~中国では植物由来肉の自主基準を確立~
    ③行事食にも健康志向 ~端午節、中秋節は植物由来肉のちまきや月餅が若年層に人気~
    ④培養肉 ~植物由来肉とのハイブリッド製品の研究が進む~
  (2)主要参入企業、主要製品
    ①Green Monday(香港)
    ②Shiok Meats(シンガポール)
    ③Avant Meats(香港)
    ④CP FOODS(タイ)
    ⑤タイ・ユニオン・グループ(タイ)
  (3)将来展望
5.代替タンパク質市場に出資・参入している主要食肉・食品企業リスト

第Ⅳ章 代替タンパク質市場規模

1.日本市場
  (1)市場概況
  (2)主要企業の販売・開発動向
  (3)代替タンパク 日本総市場規模予測(2020~2030年)
  (4)植物由来肉 日本市場規模予測(2020~2030年)
  (5)植物由来シーフード 日本市場規模予測(2020~2030年)
  (6)培養肉 日本市場規模予測(2020~2030年)
  (7)培養シーフード 日本市場規模予測(2020~2030年)
  (8)昆虫タンパク 日本市場規模予測(2020~2030年)
  (9)原料別 市場動向
  (10)今後の市場の見通し
2.世界市場
  (1)市場概況
  (2)主要企業の販売・開発動向
  (3)代替タンパク 世界総市場規模予測(2020~2030年)
  (4)植物由来肉 世界市場規模予測(2020~2030年)
  (5)植物由来シーフード 世界市場規模予測(2020~2030年)
  (6)培養肉 世界市場規模予測(2020~2030年)
  (7)培養シーフード 世界市場規模予測(2020~2030年)
  (8)昆虫タンパク 世界市場規模予測(2020~2030年)
  (9)代替タンパク総市場規模(2021年、2025年、2030年)
  (10)原料別 市場動向
3.今後の方向性
  (1)ロードマップ
  (2)植物由来肉・植物由来シーフード
    ~大手やスタートアップの参入が活況、製造拠点が拡大~
  (3)培養肉・培養シーフード
    ~商業用エコシステムの確立が市場拡大に寄与する見通し~
  (4)昆虫タンパク
    ~消費者の抵抗感少なく汎用性高い粉末状から導入の見通し~

第Ⅴ章 参入企業等の個別実態調査

<植物由来肉>
 
あづまフーズ(株)
~水産代替品のパイオニアを目指し、水産資源の減少・枯渇の問題解決に取り組む~
 
伊藤ハム米久ホールディングス(株)
~伊藤ハムでは「まるでお肉!」シリーズ、米久では
「AIRMEAT(エアミート)」シリーズおよび「お肉屋さんの大豆MEAT」シリーズをそれぞれ展開~
 
オイシックス・ラ・大地(株)
~取扱製品の増加と共に、宅配サービスの取扱増も追い風となり、売上が増加~
 
大塚食品(株)
~「ゼロミート」を、動物性原材料を完全に不使用にリニューアル~
 
(株)かるなぁ
~ベジタリアン向け食品を30年以上販売 自社開発の加工食品も展開~
 
グリーンカルチャー(株)
~「健康と地球とずっと。」を提唱する日本初植物肉ベンチャー企業~
 
ケンコーマヨネーズ(株)
~野菜にもこだわった「やさいと大豆ミート」を展開し、業態ごとのメニュー提案に注力、
今後はソース類なども含め“プラントベース”を総合的に考えた展開に取り組んでいく~
 
相模屋食料(株)
~植物性肉「肉肉しいがんも ~INNOCENT MEAT~」を発売~
 
(株)染野屋
~5年ほど前から代替肉ブランド「ソミート(SoMeat)」シリーズの展開を開始、
本業の豆腐屋としての強みを活かして、品質の高い大豆ミートを訴求~
 
DAIZ(株)
~発芽大豆を原料とした「ミラクルミート」の生産体制を拡充、海外拠点設立~
 
(株)TWO
~美味しさと健やかさを両立したヘルシージャンクフードで市場拡大へ~
 
(株)ニッコクトラスト
~SDGsの浸透により、約120ヶ所の事業所給食でベジメニューを提供~
 
(株)日本アクセス
~「MAL de MEAT®」にて業務用の冷凍商品・常温商品、市販向けの家庭用キットを揃える、
総合食品卸売企業の強みを活かして、プラントベースフードの総合的な提案も進める~
 
日本ハム(株)
~植物由来たんぱく質商品を拡充。2030年度の出荷金額目標100億円へ~
 
ネクストミーツ(株)
~代替肉で「地球を終わらせない。」社会問題解決型フードテックベンチャー~
 
不二製油グループ本社(株)
~植物性食品素材を用いて世界の食の困りごとを解決~
 
プリマハム(株)
~食べきりサイズでお手頃価格の「Try Veggie(トライベジ)」シリーズが好評~
 
(株)ベジタリアンブッチャージャパン
~欧州製プラントベースミートで、売上目標を数億円へ~
 
マルコメ(株)
~小売各社での専用コーナー設置で、出荷実績が前年比160 %以上に~
 
ヤマダイ(株)
~健康意識の高まりなどで、「ヴィーガンヌードル」の売上が好調~
 
(株)ヤヨイサンフーズ
~健康志向の高まりに向けて「野菜を中心とした植物性食材を食べよう」を
コンセプトに野菜や大豆ミートなどの植物由来食材を使用した「イートベジ」シリーズを展開~
 
(株)ロッテリア
~「ソイ野菜ハンバーガー」は期間限定での販売から通常メニューとしての展開へ~
 
<培養肉>
 
インテグリカルチャー(株)
~低価格培養液の開発に注力。細胞培養技術を用いた、持続可能な食料生産に期待~
 
ダイバースファーム(株)
~ミシュラン8年連続の高級料亭が、医療向けバイオ技術を使って培養肉を開発~
 
日清食品ホールディングス(株)
~世界初、大型立体筋組織の作製に成功。食料生産の課題解決へ~
 
日本細胞農業協会
~細胞農業が人々の理解と信頼のもとに社会普及することをミッションに掲げ、活動を行う~
 
<昆虫>
 
(株)MNH
~地域商社ビジネスで「コンフェクショナリー・コオロギ」を展開~
エリー(株)~蚕(かいこ)を次世代の食資源、タンパク源へリノベート~
 
(株)グリラス
~コオロギの力でタンパク質危機と食品ロスを解決し、生活インフラに革新を~
 
日本サプリメントフーズ(株)
~昆虫食ブランド「bugoom」を展開~
 
FUTURENAUT(株)
~自社ネットワークでコオロギの生産を開始~

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 445頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。