2023年版 MICE関連市場の実態と将来展望

MICE(マイス)とは、Meeting(会議・研修・セミナー)、 Incentive(報奨・招待旅行)、 Convention(大会・学会・国際会議)、Event/ Exhibition(展示会)の頭文字をとった造語で、大きな集客効果が見込まれる大規模なビジネスイベント等の総称を指す。近年MICEが注目されている背景には、国や都市、企業などに高い経済効果が期待できる、市場規模や裾野産業が広いため経済的な波及効果も高い、ネットワーク拡大やビジネス機会の創出に寄与する、などの理由がある。そのため日本では、2010年を「MICE元年」と位置付け、国の支援が本格的にスタートしており、以来、国内の多くの自治体でMICE観光の誘致合戦が激化しつつある。
そこで当該レポートでは、コロナ禍の収束により再び注目が集まる「MICE関連市場」を幅広く調査・分析し、全体・分野ごとの実態と将来展望について考察する。

発刊日
2023/11/30
体裁
A4 / 247頁
資料コード
C65105300
PDFサイズ
5.5MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 247頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

(準備中)の「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。
オンライン試読サービスとは 詳細はこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:国内 MICE 関連市場の動向と関連事業者などを調査することにより、今後の MICE 関連業界の発展に供することを目的とする。
調査対象:国内の MICE 市場、及びその関連市場
調査項目:目次に準ずる
調査方法:直接面接取材による情報収集、弊社既存データ並びに各種オープンデータからの情報収集
調査期間:2023年9月~2023年11月

資料ポイント
Close

  • コロナ禍以降(2020~2022年)のMICE市場規模を、分野別に推計
  • 2024年までのMICE総市場規模を予測

リサーチ内容

調査結果のポイント

第1章 MICE市場を取り巻く環境

1.MICE市場の概要
  (1)MICEの領域
    1)MICEとは
    2)MICE各セグメントの概要
  (2)MICEの効果・メリット
    1)高い経済効果
    2)ビジネス機会の創出効果
    3)国・都市の競争力向上
  (3)MICEの沿革・歴史
    1)初期段階(1950年代後半~1960年代)
    2)発展期(1970年代)
    3)第1次ブーム(1980年代)
    4)後退期(1990年代~2000年代初頭)
    5)第2次ブーム(2000年代後半~現在)
2.MICE市場の動向と今後の展望
  (1)MICE市場の市場規模推移
    1)全体の市場動向
    2)セグメント別の市場動向
  (2)MICE市場の将来予測
  (3)コロナ禍前までのセグメント別の傾向・変化
    1)Meeting(企業系会議)
    2)Incentive (報酬・研修旅行)
    3)Convention (国際会議)
    4)Exhibition/Event (展示会・見本市)
3.MICEに対する政府・行政の方針・取り組み動向
  (1)MICE支援の変遷と現状
  (2)観光庁のMICE誘致・開催推進の取り組み
  (3)日本政府観光局(JNTO)の施策・取り組み
  (4)コンペンション&ビジターズ・ビューロー(CVB)
  (5)コロナ禍期における政府の対応と今後の方針
  (6)地域のMICE対応と取り組み動向
4.国内の人流動向と傾向
  (1)自動車による人流動向
    1)車種別
    2)地域別
  (2)鉄道・航空による人流動向
  (3)都道府県間の相互旅客人員数

第2章 国際会議の動向

1.日本国内の国際会議開催動向
  (1)開催件数の動向
    1)全体動向
    2)分野別
    3)規模別
    4)月別
  (2)参加者数の動向
    1)全体動向
    2)国籍別
    3)分野別(外国人のみ)
    4)月別(外国人のみ)
  (3)ハイブリッド国際会議の動向
    1)開催件数
    2)参加者数
  (4)都道府県別にみた国際会議の開催動向
2.海外の国際会議開催動向
  (1)ICCAによる開催件数の世界ランキング(国別)
    1)国別
    2)都市別
  (2)UIAによる国際会議統計
    1)大陸別
    2)国別
    3)アジア・オセアニア域内国別
    4)都市別
    5)アジア・オセアニア域内都市別
3.イベント業界の近年動向
  (1)MICEとイベント業界の関係性について
  (2)イベント業界の市況
    1)イベント産業全体の動向
    2)イベント関連産業の動向
    3)イベント周辺産業の動向
  (3)イベント業界のトピックス
    1)オンラインイベント・ハイブリッドイベントの浸透
    2)主要なイベント企画関連会社の動き
    3)イベント業界の今後の展望

第3章 MICE関連市場を取り巻く環境

1. MICE市場を取り巻く関連業界の動向
  (1)裾野の広いMICE関連業種・業界
    1)運営サポートに関わる主な業種とその役割
    2)会場・宿泊・飲食に関わる主な業種とその役割
    3)交通・輸送に関わる主な業種とその役割
2. 貸し会議室・ホール市場の動向
  (1)貸し会議室・ホール市場の定義と特徴
    1)貸し会議室とは
    2)貸し会議室・ホール市場の定義
  (2)貸し会議室・ホール市場の市場構造・特徴
  (3)貸し会議室・ホール市場の市場規模推移・予測
  (4)貸し会議室・ホール市場のトピック
3. 宿泊施設市場の動向
  (1)ホテル・旅館市場の動向
  (2)主要ホテル・旅館運営企業の動向
  (3)建築着工統計からみるホテルの市場規模推移
    1)全体動向
    2)分野別動向
  (4)ホテルストック市場の分析
    1)全体動向
    2)分野別動向
  (5)その他の宿泊施設の動向
    1)公営宿泊施設
    2)民宿・ペンション
    3)ユースホステル
    4)カプセルホテル・ゲストハウス
    5)その他の宿泊施設
  (6)宿泊施設市場における今後の課題と市場展望
4. 旅行市場の動向
  (1)旅行取扱状況・旅行者数の動向
  (2)主要旅行業者の動向
    1)旅行代理店の動向
    2)主要旅行サイトの動向
5. 企業向け研修サービス市場の動向
  (1)企業向け研修サービスの分類と定義
    1)研修サービスの形態別分類と定義
    2)研修サービスの内容別分類と定義
    3)研修事業者の分類と定義
  (2)企業向け研修サービスの市場概況
6. テーマパーク市場の動向
  (1)遊園地・テーマパークの規模感・成長率
  (2)遊園地・テーマパークのトレンド・トピックス
  (3)遊園地・テーマパークの今後の展望
7. アミューズメント施設市場の動向
  (1)アミューズメント施設の規模感・成長率
  (2)アミューズメント施設のトレンド・トピックス
  (3)アミューズメント施設の今後の展望
8. 映画館・シネコン市場の動向
  (1)映画館・シネコンの規模感・成長率
  (2)映画館・シネコンのトレンド・トピックス
  (3)映画館・シネコンの今後の展望
9. 劇場・ホール市場の動向
  (1)劇場・ホールの規模感・成長率
  (2)劇場・ホールのトレンド・トピックス
  (3)劇場・ホールの今後の展望
10. ミュージアム(博物館・美術館・ミュージアム)市場の動向
  (1)ミュージアム(博物館・美術館・ミュージアム)の規模感・成長率
  (2)ミュージアム(博物館・美術館・ミュージアム)のトレンド・トピックス
  (3)ミュージアム(博物館・美術館・ミュージアム)の今後の展望
11. 体育館・スポーツ施設市場の動向
  (1)体育館・スポーツ施設の規模感・成長率
  (2)体育館・スポーツ施設のトレンド・トピックス
  (3)体育館・スポーツ施設の今後の展望
12. SC(ショッピングセンター)市場の動向
  (1)SC(ショッピングセンター)の規模感・成長率
  (2)SC(ショッピングセンター)のトレンド・トピックス
  (3)SC(ショッピングセンター)の今後の展望
13. アウトレットモール市場の動向
  (1)アウトレットモールの規模感・成長率
  (2)アウトレットモールのトレンド・トピックス
  (3)アウトレットモールの今後の展望
14. 百貨店市場の動向
  (1)百貨店の規模感・成長率
  (2)百貨店のトレンド・トピックス
  (3)百貨店の今後の展望
15. 道の駅市場の動向
  (1)道の駅の規模感・成長率
  (2)道の駅のトレンド・トピックス
  (3)道の駅の今後の展望

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 247頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。