2022年版 偏光板及び部材フィルム市場 2nd Half Report ~LIMITED PUBLICATION FOR THE SPECIFIC CUSTOMERS~

国内外の偏光板メーカー及びその部材メーカーの現在の動向と今後の事業施策を徹底調査し、さらに周辺調査を行うことで、ワールドワイドの偏光板市場における現状と今後の動向の把握を目的とする。

発刊日
2022/11/21
体裁
A4 / 140頁
資料コード
C64115800
PDFサイズ
23.8MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本マーケットレポートは、下記レポートのシリーズをセットしたシリーズセット商品です。単品でのご購入は出来ません。

資料コード
タイトル
価格(税込)
PDFサイズ
C64115800
2022年版 偏光板及び部材フィルム市場 2nd Half Report ~LIMITED PUBLICATION FOR THE SPECIFIC CUSTOMERS~
198,000円
〔23.8MB〕
C64101400
2022年版 偏光板及び部材フィルム市場 Annual Report
220,000円
〔72.4MB〕
418,000
380,000
38,000
418,000
380,000
38,000
484,000
440,000
44,000
836,000
760,000
76,000
902,000
820,000
82,000
1,254,000
1,140,000
114,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
(準備中)の「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。
オンライン試読サービスとは 詳細はこちら

調査資料詳細データ

シリーズセット商品のお申し込みについて
Close

​本マーケットレポートは、単品でのご購入は出来ません。

2022年版 偏光板及び部材フィルム市場 Annual Report」とのシリーズセット商品です。2冊シリーズセットでお申込みください。
なお、「2022年版 偏光板及び部材フィルム市場 Annual Report」をすでにご購入いただいている方は、「ご要望事項」欄に購入済と記入のうえ、一旦、シリーズセットをお申込みください。
「2022年版 偏光板及び部材フィルム市場 2nd Half Report」単品のご納入、ご請求をさせていただきます。

調査概要
Close

調査目的:国内外の偏光板メーカー及びその部材メーカーの現在の動向と今後の事業施策を徹底調査し、さらに周辺調査を行うことで、ワールドワイドの偏光板市場における現状と今後の動向の把握を目的とする。
調査対象:偏光板メーカー、位相差フィルムメーカー、PVA保護フィルムメーカー、表面処理フィルムメーカー
調査方法:弊社専門調査員による直接面接取材をベースに、文献調査を併用。
調査期間:2022年9月~2022年11月

調査結果サマリー
Close

偏光板・部材フィルム世界市場に関する調査を実施(2022年下期)
2022年のLCD-TFT/AMOLED向け偏光板の世界生産量は、前年比79.4%の48,920万㎡の見込
~世界的なインフレ・景気悪化など外部要因により、偏光板世界市場はマイナスへ~

資料ポイント
Close

  •  市況悪化を甘受せず、体力を削り必死に抵抗する偏光板メーカーのみが物量を確保
    不況下で問われる「事業存続の戦略」、従来のポリシーに固執しない実力勝負へ
  •  2022年の偏光板マーケットは市場形成以来、初のマイナス成長。コロナ特需がはじけたレベルでは済まない
    景気悪化・消費心理の冷え込みなどによる電子デバイス全般の不況、見えぬ出口への戦慄が走る
  •  偏光板メーカー平均稼働率は7月がダウンピーク。サムスン・VD向けを手掛けるメーカーはより厳しい展開
    不況下で本格化した偏光板側での値下げ競争、このチキンゲームは2022年で終わらず
  •  2023年の立ち直りスピードは当然市況回復のほか、Shanjin・HMOが稼働する新ラインの生産拡大次第
    過当競争による共倒れを恐れず仕掛ける中国偏光板メーカー、このまま終わらせぬ日・韓国系の切り札は?
  •  この市況下でShanjin は2022年にシェア約5%アップ。RTP買収によるSAPOへの物量移動にも注目
    実力アップ・価格対応可の中国偏光板メーカー、偏光板原材料フィルム側は既に有望顧客の選別作業に突入
  •  2022年OLED向けも例外なく全用途・全メーカーが苦しむなか、コニカのVA-TACのみタイト
    High-End TV向けCOPフィルムの被害は大きく、PETフィルムも減少するも最小限に抑えられた形へ
  •  BOEはサムスン電子・8K TV向けでFujiの「液晶型視野角補償フィルム」搭載の新規偏光板を採用
    BMCが参入したほか、サムスン狙いのサムスンSDIは自社での液晶塗布補償フィルムを開発中
  •  2023年以降のOLED TV市場は「液晶塗布タイプ」が残り、「COP構造」の採用は新規モデルから全量外し
    2022年はOLEDパネル搭載の最高品位スマホ・2モデル向けでFujiの「1枚液晶塗布型」を採用
    出荷面積の減少も利益確保を優先。2023年以降Fuji「1枚液晶塗布型」の更なる採用拡大を見込む

リサーチ内容

第1章 偏光板市場

1-1. 偏光板市場動向(ディスプレイ市況・全体需要予測)
  (図・表)偏光板市場規模推移(全体生産量・2018年~2023年予測)
  (図・表)偏光板市場規模推移(モード別生産量・2018年~2023年予測)
  (図)偏光板・部材フィルム市場規模(全体、2022年見込み)※2022年Q4時点での予測値
  (図・表)全用途別偏光板市場規模(構成比・2021~2023年予測)
  (図・表)主要用途別偏光板市場規模推移(前年比・2018~2023年予測)
  (図・表)用途別偏光板市場規模推移(構成比・2018~2023年予測)
  (表)主要偏光板メーカーの稼働率推移(2022年1月~2022年12月予測・月ベース)
1-2. 偏光板メーカーの動向
  (図)偏光板メーカー平均稼働率推移(2022年1月~2022年12月予測・月ベース)
  (図)偏光板メーカーの生産量推移(2021~2023年予測)
  (図)偏光板メーカーの生産量推移(2021~2023年予測) 
  (図)偏光板市場・メーカーシェア(2022年)
  (図)偏光板市場のメーカーシェア(2021~2023年予測)
1-3. 偏光板製造ラインの稼働状況及び新規増設計画
  (表)主要中国偏光板メーカーの生産能力拡大状況(2021年末~2025年末)
  (表)主要中国偏光板メーカーの生産能力推移及び増設計画(Shanjin・2022年Q4時点)
  (表)主要中国偏光板メーカーの生産能力推移及び増設計画(HMO・2022年Q4時点)
  (表)主要中国偏光板メーカーの生産能力推移及び増設計画(SAPO・2022年Q4時点)
  (表)主要中国偏光板メーカーの生産能力推移及び増設計画(SunnyPol・2022年Q4時点)
1-4. 偏光板主要部材フィルムメーカーの新規投資状況
  (表)主要部材フィルムメーカーの追加投資状況(2022年Q4時点)
1-5. 偏光板後加工(RTP/RTS、AIC)
  (表)中国内RTP/RTS,AICによる偏光板後加工の導入状況(BOE・CSOT、2022年Q4時点)
  (表)中国内RTP/RTS,AICによる偏光板後加工の導入状況(HKC・CHOT・Sharp、22年Q4時点)
1-6-1. VA TV向け偏光板市場(CSOT TV向け)
  (図)CSOT TV向け 偏光板の材料構成及び使用比率(面積ベース) 
  (図)CSOTにおけるTV向け偏光板メーカーシェア(2021年~2023年予測)
1-6-2. VA TV向け偏光板市場(AUO TV向け)
  (図)AUO TV向け 偏光板の材料構成及び使用比率(面積ベース)
  (図)AUOにおけるTV向け偏光板メーカーシェア(2021年~2023年予測)
1-6-3. VA TV向け偏光板市場(Innolux TV向け)
  (図)Innolux TV向け 偏光板の材料構成及び使用比率(面積ベース)
  (図)InnoluxにおけるTV向け偏光板メーカーシェア(2021年~2023年予測)
1-6-4. VA TV向け偏光板市場(BOE・B18/B19(CEC-Panda)TV向け)
  (図)BOE・B18/B19(CEC-Panda) TV向け 偏光板の材料構成及び使用比率(面積ベース)
  (図)BOE・B18/B19(CEC-Panda)におけるTV向け偏光板メーカーシェア(2021年~2023年予測)
1-6-5. VA TV向け偏光板市場(HKC VA-TV向け)
  (図)HKC VA-TV向け 偏光板の材料構成及び使用比率(面積ベース)
  (図)HKCにおけるVA-TV向け偏光板メーカーシェア(2021年~2023年予測)
1-6-6. VA TV向け偏光板市場(CHOT TV向け)
  (図)CHOT TV向け 偏光板の材料構成及び使用比率(面積ベース)
  (図)CHOTにおけるTV向け偏光板メーカーシェア(2021年~2023年予測)
1-6-7. VA TV向け偏光板市場(Sharp・SIO/SDP TV向け)
  (図)SIO TV向け 偏光板の材料構成及び使用比率(面積ベース)
  (図)SDP TV向け 偏光板の材料構成及び使用比率(面積ベース)
  (図)SIOにおけるTV向け偏光板メーカーシェア(2021年~2023年予測)
  (図)SDPにおけるTV向け偏光板メーカーシェア(2021年~2023年予測)
1-6-8. VA TV向け偏光板市場(SDC TV向け)
  (図)SDC TV向け 偏光板の材料構成及び使用比率(面積ベース)
  (図)SDCにおけるTV向け偏光板メーカーシェア(2021年~2022年)
1-7-1. IPS TV向け偏光板市場(BOE TV向け)
  (図)BOE TV向け 偏光板の材料構成及び使用比率(面積ベース)
  (図)BOEにおけるTV向け偏光板メーカーシェア(2021年~2023年予測)
1-7-2. IPS TV向け偏光板市場(LGD TV向け)
  (図)LGD TV向け 偏光板の材料構成及び使用比率(面積ベース)
  (図)LGDにおけるTV向け偏光板メーカーシェア(2021年~2023年予測)
1-7-3. IPS TV向け偏光板市場(HKC IPS-TV向け)
  (図)HKC IPS-TV向け 偏光板の材料構成及び使用比率(面積ベース)
  (図)HKCにおけるIPS-TV向け偏光板メーカーシェア(2021年~2023年予測)
1-8. AMOLED TV向け偏光板市場(LGD OLED-TV向け)
  (図)LGD OLED-TV向け 偏光板の材料構成及び使用比率(面積ベース)
  (図)LGD OLED-TV向け偏光板メーカーシェア(2021年~2023年予測)
1-9-1. 各パネルメーカーにおける偏光板メーカーシェア(CSOT向け全体)
  (図)CSOTにおける偏光板メーカーシェア(金額ベース、2021年~2023年予測)
1-9-2. 各パネルメーカーにおける偏光板メーカーシェア(BOE向け全体)
  (図)BOEにおける偏光板メーカーシェア(金額ベース、2021年~2023年予測)
1-9-3. 各パネルメーカーにおける偏光板メーカーシェア(HKC向け全体)
  (図)HKCにおける偏光板メーカーシェア(金額ベース、2021年~2023年予測)
1-9-4. 各パネルメーカーにおける偏光板メーカーシェア(BOE・B18/19(CEC-Panda)向け全体)
  (図)BOE・B18/19(CEC-Panda)における偏光板メーカーシェア(金額ベース、2021年~2023年予測)
1-9-5. 各パネルメーカーにおける偏光板メーカーシェア(CHOT向け全体)
  (図)CHOTにおける偏光板メーカーシェア(金額ベース、2021年~2023年予測)
1-9-6. 各パネルメーカーにおける偏光板メーカーシェア(LGD向け全体)
  (図)LGDにおける偏光板メーカーシェア(金額ベース、2021年~2023年予測)
1-9-7. 各パネルメーカーにおける偏光板メーカーシェア(AUO向け全体)
  (図)AUOにおける偏光板メーカーシェア(金額ベース、2021年~2023年予測)
1-9-8. 各パネルメーカーにおける偏光板メーカーシェア(Innolux向け全体)
  (図)Innoluxにおける偏光板メーカーシェア(金額ベース、2021年~2023年予測)

第2章 偏光板用大型位相差フィルム市場

2-1. モード別大型位相差フィルム市場規模全体(VA、IPS、AMOLED、 TFT-TN)
  (図・表)モード別大型位相差フィルム市場規模全体(前年比・VA、IPS、TFT-TN、AMOLED)
  (図)モード別大型位相差フィルム市場規模全体(構成比・VA、IPS、TFT-TN、AMOLED)
2-2. 材料別大型位相差フィルム市場規模全体(TAC、COP、PMMA、液晶塗布型)
  (図・表)大型分野における位相差フィルム材料別需要量推移(前年比・TAC、PMMA、COP系、液晶塗布型)
  (図)大型分野における位相差フィルム材料別需要量推移(構成比・TAC、PMMA、COP系、液晶塗布型)
  (図・表)大型分野における位相差フィルム材料別需要量推移(構成比・TAC、PMMA、COP系、液晶塗布型)
2-3. 全モード別大型位相差フィルム市場規模全体(全メーカー別)
  (表)大型分野における全モード別位相差フィルムの販売量推移(前年比)
  (表)大型分野における全モード別位相差フィルムの販売量推移(構成比)
2-4-1. 大型VA用位相差フィルム市場(メーカー別)
  (図・表)大型TFT-VAにおけるメーカー別位相差フィルム販売量推移
  (図)大型TFT-VA向け位相差フィルム市場・メーカーシェア(2022年)
  (図)大型TFT-VA向け位相差フィルム市場におけるメーカーシェア(2021年~2023年予測)
2-4-2. 「COP系」大型位相差フィルム市場
  (表)大型TV向けCOPフィルムの供給能力一覧(2022年Q4)
  (図)大型位相差向けCOPフィルムのサプライチェーン(2022年Q4時点)
2-5-1. 大型IPS用位相差フィルム市場(メーカー別)
  (図・表)大型TFT-IPSにおけるメーカー別位相差フィルム販売量推移
  (図)大型TFT-IPS向け位相差フィルム市場・メーカーシェア(2022年)
  (図)大型TFT-IPS向け位相差フィルム市場におけるメーカーシェア(2021年~2023年予測)
2-5-2. 「PMMA系」大型位相差・PVA保護用フィルム市場
  (表)大型位相差・PVA保護用PMMAフィルムの供給能力一覧(2022年Q4)
  (図)大型位相差・PVA保護用PMMAフィルムのサプライチェーン(2022年Q4時点)
2-6-1. 大型AMOLED用位相差フィルム市場(メーカー別)
  (図・表)大型AMOLEDにおけるメーカー別位相差フィルム販売量推移
  (図)大型AMOLED向け位相差フィルム市場・メーカーシェア(2022年)
  (図)大型AMOLED向け位相差フィルム市場におけるメーカーシェア(2021年~2023年予測)
2-7. 大型TFT-TN向け位相差フィルム市場
  (表)大型TFT-TNにおける「WV」の販売量推移

第3章 偏光板用中小型位相差市場

3-1. モード別中小型位相差フィルム市場規模全体(AMOLED、IPS、TFT-TN、VA)
  「iPhone」、「Galaxy S」向けに搭載されている中小型OLED向け位相差フィルムは物量維持
  (図・表)中小型分野における位相差フィルムモード別需要量推移
  (図)中小型分野における位相差フィルムモード別需要量推移(構成比、2021年~2023年予測)
3-2. 材料別中小型位相差フィルム市場規模全体(液晶塗布型、 TAC、COP、PMMA)
  (図・表)中小型分野における位相差フィルム材料別需要量推移
3-3-1. 中小型AMOLED用位相差フィルム市場(メーカー別)
  22年発売の最高品位スマホ・2モデル向けで富士フイルム「1枚液晶塗布型」の採用
  (図・表)中小型AM-OLEDにおけるメーカー別位相差フィルム販売量推移
  (図)中小型AM-OLED用位相差フィルム市場・メーカーシェア(2022年)
  (図)中小型AM-OLED用位相差フィルム市場におけるメーカーシェア(2021年~2023年予測)
3-3-2. 中小型AMOLED向け偏光板構造(iPhone、Galaxyシリーズ、その他)
  (図)「iPhone14」向け偏光板構造及び材料構成
  (図)「GalaxyS 22」向け偏光板構造及び材料構成
  (図)「GalaxyZ-Fold4・GalaxyZ-Flip4」向け偏光板構造及び材料構成
3-4-1. 中小型IPS用位相差フィルム市場(メーカー別)
  (図・表)中小型TFT-IPSにおけるメーカー別位相差フィルム販売量推移
3-5-1. 中小型TFT-TN用位相差フィルム市場(メーカー別)
  (図・表)中小型TFT-TNにおける「WV」の販売量推移

第4章 偏光板用PVAフィルム(保護側:Outer側)市場

4-1. 材料別PVA保護フィルム(保護側:Outer)市場規模全体(TAC、PET、PMMA)
  (図・表)PVA保護フィルム(保護側:Outer)材料別需要量推移(TAC、PET、PMMA系)
  (図)PVA保護フィルム(保護側:Outer)の材料別需要量推移と予測(2021~2023年予測)
4-2-1. PVA保護フィルム(保護側:Outer)市場全体(メーカー別全体)
  (表)PVA保護フィルム(保護側:Outer)の市場規模及びメーカー販売量推移(前年比)
  (図)PVA保護フィルム(保護側:Outer)の市場・メーカーシェア(2022年)
  (図)PVA保護フィルム(保護側:Outer)の市場規模及びメーカーシェア(2021年~2023年予測)
  (表)PVA保護フィルム(保護側:Outer)の市場規模及びメーカー販売量推移(構成比)
4-2-2. PVA保護フィルム(保護側:Outer)TAC市場(TACメーカー別)
  (図・表)PVA保護側(Outer)向けP-TACフィルム市場及びメーカー販売量推移(前年比)
4-2-3. PVA保護フィルム(保護側:Outer)PET市場(PETメーカー別)
  (図・表)PVA保護側(Outer)向けPETフィルム市場及びメーカー販売量推移(前年比)
  (表)PVA保護側向け PETフィルムの供給能力一覧(2022年Q4)
  (図)PVA保護フィルム用(Outer側)PETフィルムのサプライチェーン(2022年Q4時点)
4-2-4. PVA保護フィルム(保護側:Outer)PMMA市場(PMMAメーカー別)
  (図・表)PVA保護側(Outer)向けPMMAフィルム市場及びメーカー販売量推移(前年比)
4-3. 偏光板主要部材フィルムの価格動向
  (表)PVA保護フィルム(位相差・保護)の材料別平均価格動向(2022年Q4)
4-4. 材料別需要量推移と予測(全体、PVA保護フィルム+位相差フィルム)
  (図)材料別需要量推移と予測(PVA保護フィルム+位相差フィルム、2021~2023年予測)
  (図)位相差フィルムの材料別需要量推移と予測(2021~2023年予測)
  (表)PVA保護フィルムと位相差フィルムの材料別需要量推移と予測
  (図・表)材料別需要量推移と予測(前年比・PVA保護フィルム+位相差フィルム)
  (図・表)材料別需要量推移と予測(構成比・PVA保護フィルム+位相差フィルム)

第5章 偏光板用表面処理フィルム市場

5-1. 表面処理フィルム規模全体(AG、AG・LR、クリアLR、CHC、ドライAR)
  (図・表)偏光板用表面処理フィルム市場規模(タイプ別・前年比)
  (図)偏光板用表面処理別市場構成比(2021~2023年予測)
  (図・表)偏光板用表面処理フィルム市場規模(タイプ別・構成比)
5-2. AG市場
  (図・表)偏光板用AG市場規模(メーカー別・前年比)
  (図)偏光板用AG市場メーカーシェア(2021~2023年)
5-3. AG・LR市場
  (図・表)偏光板用AG・LR市場規模(メーカー別・前年比)
  (図)偏光板用AG・LR市場メーカーシェア(2021~2023年)
5-4. クリアLR市場
  (図・表)偏光板用クリアLR市場規模(メーカー別・前年比)
  (図)偏光板用クリアLR市場メーカーシェア(2021~2023年)
5-5. CHC市場
  (図・表)偏光板用CHC市場規模(メーカー別・前年比)
  (図)偏光板用CHC市場メーカーシェア(2021~2023年)
5-6. ドライAR市場
  (図・表)偏光板用ドライAR市場規模(メーカー別・前年比)
  (図)偏光板用ドライAR市場メーカーシェア(2021~2023年)

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。