「ファン」の消費行動調査2021

SNSの普及とコロナ禍で激変する「ファン」の環境。演者・クリエイターとファンの立ち位置が接近する昨今、「ファン」の消費行動はどうなったのか?本書は、最新の「ファン」の消費行動を調査分析したレポートです。
「ファン」の消費額、消費時間、主要なライブ配信サービス、オープン型ファン交流サイトの利用率等、重要データが満載!

発刊日
2021/07/14
体裁
A4 / 53頁
資料コード
R63200601
PDFサイズ
1.7MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:この調査は、世の中に多数存在する演者・クリエイター(プロ・アマチュア問わず)の「ファン」に焦点を当て、その最新の消費行動を調査分析するものである。SNSや各種プラットフォームの普及が、演者・クリエイターとファンの立ち位置を接近させていることや、コロナ禍で対面式のライブイベントが通常通り行われなくなる等、「ファン」を取り巻く環境は昨今、劇的に変化しており、本書では、その変化の実態および最新の「ファン」の消費行動を明らかにしてゆく。
調査対象:15~59歳の日本在住の方
調査方法:インターネットアンケート調査
調査期間:2021年6月~2021年7月
※「ファン」とは:本書では「特定の人(グループ)や物を熱烈に支持している人」と定義した。「熱烈」かどうかは、主観によるものであり、当人が主観として「熱烈」に支持をしている特定の人物(グループ)や物を持っている人を本書では「ファン」とする。

リサーチ内容

調査目的
「ファン」とは
調査実施概要

①「ファン」の対象

1.「ファン」が対象としている人物(グループ)の分野
2.「ファン」対象人物(グループ)の知名度の度合い
3.「ファン」対象人物(グループ)はプロかアマチュアか
4.「ファン」歴
5.「ファン」のタイプ分類

②「ファン」の活動

1.「ファン」の活動(※ネットでの情報収集・無料動画視聴・作品コンテンツ鑑賞以外で活動)
2.「ファンクラブ」入会の理由
3.イベントへの参加経験
4.コロナ禍後のイベントへの参加状況
5.「ファン」自身の創作活動
6.「ファン」自身の創作物の発表手段

③「ファン」の消費行動

1.「ファン」活動の消費額
2.「ファン」活動の消費時間
3.新型コロナ禍後の「ファン」活動の消費額変化
4.新型コロナ禍後の「ファン」活動の消費時間の変化
5.クリエイター・演者と交流が可能なネットサービスの利用状況
6.ライブ配信サービスの利用状況

④まとめ

本調査で判明したこと(まとめ)

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。