産業全般

【スマートシティ・プロジェクト】各産業分野に特化したスマートシティに関する調査結果

 スマートシティはデータ連携の中核となるIoTプラットフォームだけでなく、エネルギーやモビリティ、医療・福祉、ICTなどの幅広い産業分野に関連づけられます。今後、スマートシティの実現のためには、運営主体となる地方自治体や団体だけでなく、さまざまな産業の民間事業者が参加するなど、プロジェクトの裾野の広がりが必須となります。

スマートシティに向けたデータ連携の取り組みは、各産業毎に始動しています。さまざまな産業分野別の動きについて、当社で無償公開している調査結果をご紹介いたします。なお、さらに詳細な情報に興味をお持ちの方は、有料の市場調査資料の目次等の内容をぜひご覧下さい。

【特定産業に特化した産業分野別の調査結果】
ADAS/自動運転用センサ世界市場に関する調査を実施(2020年)~ADAS/自動運転用センサの世界市場規模は2025年に2兆4千億円に成長を予測(2020年10月26日公開)

国内スマートシティ市場、都市OS実装エリア数を予測(2020年)~国内の都市OS実装エリア数は2030年度に累計335件まで拡大を予測、普及率は16.8%に(2020年10月26日公開)

国内スマートシティ市場、地方自治体におけるヘルスケアサービス導入件数を予測(2020年)~地方自治体への電子母子健康手帳サービスと遠隔健康医療相談サービスの導入件数は、2025年に1,130件(2020年比235.4%)まで増加すると予測(2020年12月8日公開)

【スマートシティ・プロジェクト概要レポート 無償配布中】
産業横断型で調査・研究したスマートシティ・プロジェクトの概要や意義をまとめた無料レポート(要YRI Webメンバー会員登録)を配布中!
スマートシティ全体を俯瞰するスマートシティ・ビジョンレポートは2021年度に発刊を予定しています。
無料レポートはこちらから​

【その他スマートシティに関連した、産業分野別の調査結果】
位置・地図情報関連市場に関する調査を実施(2020年)~屋外位置情報や地図情報を活用したビジネスの市場規模は、2025年には1,900億円に達すると予測(2020年11月5日公開)