代表者あいさつ

私たちは高度な調査能力と独創的なビジネス構想力をもって顧客企業の健全な成長を支援、顧客企業の発展を通じ日本ひいては世界経済の活性化を促し、豊かで高質な社会の実現に貢献します。

(株)矢野経済研究所 代表取締役社長 水越 孝 1958年、矢野経済研究所は日本の市場調査会社のパイオニアとして、矢野雅雄によって創業されました。以来、今日に至るまで常に日本経済の発展とともに歩んでまいりました。

エレクトロニクス、環境、エネルギー、化学素材、医療福祉、住宅建材、食品、自動車、IT、バイオテクノロジー、ファッション、スポーツ、レジャー、教育、物流、サービス・・・私たちが蓄積してきた膨大な市場情報は、それぞれの産業分野で活躍している1社1社の事業活動を理解することが出発点となります。

私たちが提供する情報、私たちが提案する戦略が、顧客企業の意思決定の現場で高い信任を得ているのは、日々変化する市場のダイナミズムを、個々の企業活動の視点から捉えているからに他なりません。机上の空論を排し、徹底して現場にこだわる市場調査会社であること、ここに私たちの原点があります。

『調査能力をもって日本の産業に参画する』という創業の理念は、今日にあっても色褪せることなく私たちのDNAとして息づいています。私たちは日本におけるパイオニアとしての自負と責任において、情報の客観性、中立性の維持に注力してまいりました。

産業調査ネットワークの強化をはかるとともに、消費者調査の領域においても先進的な情報収集インフラの構築と、解析テクノロジーの開発に努力してまいりました。

一方、顧客企業を取り巻く経営環境のグローバル化に対応すべく、アジアにおける拠点づくりにも取り組んでまいりました。世界経済におけるアジアの重要性は今後ますます高まるはずです。私たちはアジアを代表する総合調査機関として顧客企業の期待に応えてゆく所存です。

そして、今私たちは総合調査機関として培ってきたコア・コンピタンスをベースに、独自のコンサルティング領域の開拓にチャレンジしています。

高度な調査ノウハウ、膨大な市場情報、6万社を超える情報ネットワーク、そして、半世紀に及ぶ市場調査活動の中で培われた産業界との強固な信頼関係、これらこそが私たちの経営資源であり、すなわち、私たちの企業価値そのものです。

私たちはこのような唯一無二の企業価値を活用し、ベンチャー支援、販路開拓、M&A、事業価値測定、新規事業開発、事業再生支援、海外進出アドバイザー業務など、顧客の事業活動を直接的に支援するコンサルティング業務を、これまで以上に強化したいと考えます。

生きた市場情報と現場で磨かれたマーケティング・ノウハウ、私たちの競争優位の根幹はここにあります。私たちは、調査能力をベースとした独自のビジネス・ソリューション・プロバイダーとして、顧客の豊かな未来づくりに参画したいと願っています。

今後ともご指導、ご鞭撻、よろしくお願い申し上げます。

代表取締役社長 水越 孝

代表者からのメッセージ

年頭所感

日本マーケットシェア事典巻頭言