2016年版 フレキシブル銅張積層板市場の現状と将来展望 ~FCCL編~

フレキシブル銅張積層板及びフレキシブルプリント基板に加え、フレキシブル銅張積層板用絶縁フィルム及び銅箔メーカーの現在の動向と今後の事業施策を徹底調査し、さらに周辺調査を行うことで、ワールドワイドのフレキシブル銅張積層板及び関連市場における現状と将来展望の把握を目的とした。

発刊日: 2017/05/12 体裁: A4 / 193頁
資料コード: C59106700 PDFサイズ: 4.2MB
カテゴリ: マテリアル / 環境・エネルギー、自動車、機械、エレクトロニクス

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 129,600円 (本体 120,000円 消費税 9,600円 )
定価 129,600円 (本体 120,000円 消費税 9,600円 )
定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 259,200円 (本体 240,000円 消費税 19,200円 )
定価 291,600円 (本体 270,000円 消費税 21,600円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

ご案内
Close
調査概要
Close

調査対象:フレキシブル銅張積層板(FCCL)、フレキシブルプリント基板(FPC・TAB)、絶縁フィルム(PIフィルム、LCPフィルム)、銅箔等
調査方法:直接面接取材をベースに、文献調査を併用。
調査期間:2016年7月~2016年10月

資料ポイント
Close

  • 自動車用3層FCCLや機能性CLの提案・拡販が本格化
  • 中国2層FCCLメーカーの生産設備の拡充が進むなか、過剰設備投資による2層FCCLの低価格化を懸念する声も
  • 薄型化、ハイモデュラス、高周波・大容量、微細化対応FCCL等が次期成長の鍵に

資料概要
Close

第1章 フレキシブル銅張積層板及び関連市場の現状と将来展望
第2章 フレキシブル銅張積層板市場の動向と展望
第3章 フレキシブル銅張積層板メーカーの展望と戦略

リサーチ内容

■掲載内容

調査結果のポイント

第1章 フレキシブル銅張積層板及び関連市場の現状と将来展望

[1]FPC市場動向
  (表)サムスン電子の「Galaxy Note7」の生産中止に伴う韓国主要FPCメーカーの影響
[2]TAB市場動向
[3]FCCL市場動向
[4]フレキシブル銅張積層板及び関連材料市場の現状と将来展望
  価格を競争軸にした展開から脱却を!
  価格だけで選定されない「仕掛け」を見出せ
  ユーザーニーズを的確に捉え、ユーザーと共に成長市場の創出が重要テーマに
  フレキメーカー自ら成長用途を育成することこそが、フレキの持続的な成長に繋がる
  (図・表)FCCL+CL市場規模及び構成比推移(2012~2017年度予測)
  (図・表)FCCL+CL市場規模及び構成比推移(スパッタ・めっき除く)
  (2012~2017年度予測)
  (図・表)各種FCCL市場規模及び構成比推移(2012~2017年度予測)
  (図・表)各種FCCL市場規模及び構成比推移(スパッタ・めっき除く)
  (2012~2017年度予測)
  (表)主要3層FCCL+CL販売量推移(2012~2017年度予測)
  (表)主要3層FCCL販売量推移(2012~2017年度予測)
  (表)主要CL(カバーレイ)販売量推移(2012~2017年度予測)
  (表)主要2層FCCLメーカー別販売量推移(2012~2017年度予測)
  (表)製法別主要アジア2層FCCLメーカー別販売量推移(2012~2017年度予測)
  (表)主要キャスト2層FCCLメーカー別片面・両面販売量推移
  (2014~2016年度見込み)
  (表)主要ラミネート2層FCCLメーカー別片面・両面販売量推移
  (2014~2016年度見込み)
  (表)主要3層FCCLメーカー生産拠点概要
  (表)主要2層FCCLメーカー生産拠点概要
  (表)主要2層FCCLメーカータイプ別生産拠点概要
  (表)FPCメーカーへのFCCLタイプ別サプライヤー
  (表)TABメーカーへのFCCLタイプ別サプライヤー
  (表)FCCLメーカーの資材サプライヤー

第2章 フレキシブル銅張積層板市場の動向と展望

1.日本FCCLメーカー
  [1]3層FCCL及びカバーレイ
    2層FCCLへのシフトがさらに加速、3 層FCCLの市場縮小を促す
    (表)日本3層FCCL及びCLメーカー生産拠点概要
    FCCLにおける新製品開発と新規用途開拓への取り組みを強化
    CLとBSの新製品による拡販展開、3層FCCLの減少分をカバー
    (表)日本3層FCCL及びCLメーカー別販売量推移(外販メーカーのみ)
  [2]2層FCCL
    スマートフォン向けを中心に微増での成長が続くも
    技術の進展、アプリケーション市場縮小、後発メーカーの成長がネックに
    (表)日本2層FCCLメーカー生産拠点概要
    キャスト2層FCCL「エスパネックス」が市場成長をけん引
    (表)日本2層FCCLメーカー別販売量推移
    (表)日本2層FCCLタイプ別販売量推移
    (表)日本2層FCCLメーカー片面・両面別販売量推移
    自動車、高周波・高速伝送向けへの展開が次期成長のカギに
2.韓国FCCLメーカー
  [1]3層FCCL及びカバーレイ
    3層FCCLの需要減少により、3層FCCLの市場縮小が鮮明に
    高密度FPCの需要拡大に伴い、CL市場は拡大が続く
    (表)韓国3層FCCL及びCLメーカー生産拠点概要
    韓国の3層FCCL及びCL市場は、INNOXとハンファの2強体制
    自動車用3層FCCLや機能性CLの提案・拡販に注力
    (表)韓国3層FCCL及びCLメーカー別販売量推移
  [2]2層FCCL
    国内FPC・COFの市場拡大により、2層FCCLの生産能力は290万㎡/月まで拡大
    ただし、メーカー間の競争激化に伴い2016年末にLG化学が2層FCCLから撤退
    (表)韓国2層FCCLメーカー生産拠点概要
    生産能力、価格競争力、顧客対応等を武器に、斗山がトップシェアを確保
    COF需要拡大に伴い、LSMとTAKのスパッタ・めっき2層FCCLも販売拡大へ
    (表)韓国2層FCCLメーカー別販売量推移
    (図)韓国2層FCCLメーカー別販売量シェア推移(2012~2017年予測)
    (表)韓国2層FCCLタイプ別販売量推移
    (表)韓国2層FCCLメーカー片面・両面別販売量推移
    薄型化、ハイモデュラス、高周波・大容量対応、ファインピッチ用FCCLの開発が進む
    (表)製造別韓国FCCLの平均価格(2016年夏)
3.台湾FCCLメーカー
  [1]3層FCCL及びカバーレイ
    3層FCCLの需要減少に伴い、CLや2層FCCLへの事業展開が加速
    MicrocosmはPSPI・FRCC等の特殊材料の開発・拡販に注力
    (表)台湾3層FCCL及びCLメーカー生産拠点概要
    台湾3層FCCL+CL市場は270~280万㎡/月で成長鈍化の傾向に
    台湾市場の需要減少により、台湾FCCLメーカーの中国市場での展開が進む
    (表)台湾3層FCCL及びCLメーカー別販売量推移
  [2]2層FCCL
    両面2層FCCLの需要増加に対応し、ラミネートタイプの設備増強が相次ぐ
    (表)台湾主要2層FCCLメーカー生産拠点概要
    (表)台湾主要2層FCCLメーカーの両面2層FCCLの設備増強現況
    台湾2層FCCL市場はThinFlexがトップシェアを確保
    Rogers、Microcosm、Taiflexはラミネート2層FCCLでシェア拡大を狙う
    (表)台湾主要2層FCCLメーカー別販売量推移
    (図)台湾主要2層FCCLメーカー別販売量シェア推移(2012~2017年予測)
    (表)台湾主要2層FCCLメーカータイプ別販売量推移
    (表)台湾主要2層FCCLメーカー片面・両面別販売量推移
    (表)製造別FCCLの平均価格(2016年夏)
4.中国FCCLメーカー
  [1]3層FCCL及びカバーレイ
    200万㎡/月の生産能力を持つA-PLUSが中国3層FCCL・CL市場で存在感を増す
    ソンイとドンイ等の中国ローカルメーカーもFCCL事業強化に注力
    (表)グレース・ゴールディン・ATEMの詳細会社概要
    (表)中国主要3層FCCL及びCLメーカー生産拠点概要
    2015年度、中国主要3層FCCL及びCLメーカーの販売量は1,476万㎡/年まで拡大
    Huawei、Vivo、Oppo等の販売拡大に伴い、中国FCCL市場は拡大傾向に
    (表)中国3層FCCL及びCLメーカー別販売量推移
  [2]2層FCCL
    3層FCCLから2層FCCLへの需要シフトにより、2層FCCLの本格量産が始まる
    投資費用の低減、作り易さ、生産性等の理由から、ラミネート工法の生産設備の拡充が進む
    (表)中国主要2層FCCLメーカー生産拠点概要
    (表)中国主要2層FCCLメーカーの両面ラミネート2層FCCLの設備増強現況
    (表)日本・韓国・台湾2層FCCLメーカーの中国展開状況
    中国スマホメーカーの輸出拡大と2層FCCL需要増に伴い、中国2層FCCL販売は拡大傾向に
    過剰設備投資による2層FCCLの低価格化を懸念する声も
    (表)中国主要2層FCCLメーカー別販売量推移
    (図・表)中国主要2層FCCLメーカー別販売量シェア推移(2012~2017年予測)
    中国2層FCCLは両面タイプのラミネート2層FCCLが主体に
    中国主要FCCLメーカーにおけるFCCLの用途開拓や新製品の開発・拡販が活発化
    (表)中国主要2層FCCLメーカータイプ別販売量推移
    (表)中国主要2層FCCLメーカー片面・両面別販売量推移
    (表)製造別中国FCCLの平均価格(2016年夏)

第3章 フレキシブル銅張積層板メーカーの展望と戦略

新日鉄住金化学株式会社
  高屈曲性・耐屈折性を武器に、スマートフォン用での販売が好調
  「エスパネックス」の受注量増加により増強を実施、2016年より新規ライン稼働中
  スマートフォン向けのみならず、車載向け、高周波・高速伝送などの用途にも注力

住友金属鉱山株式会社
  精密なスパッタ技術をベースに新規用途開拓に取り組む
  COF用スパッタ・めっき2層FCCL市場で50%のシェア堅持
  4K、8KのハイエンドTVとスマートフォン用両面COFの需要拡大に期待

株式会社有沢製作所
  新製品展開や車載用途開拓などにより、差別化と収益性向上を目指す
  3層FCCLは縮小が継続、2層FCCLとCL・BSは増加傾向に
  高周波対応グレード、UV感光性カバーレイ、PIプロテクトフィルムなど新製品で差別化

ニッカン工業株式会社
  ユーザーニーズに合わせた多様な新製品を展開し、差別化を目指す
  全体販売量は縮小傾向にあるも、指定材としての底堅い販売量を維持
  ボンディングシートの販売量は順調に拡大中
  Low Dk/DfのCLとBS、万能接着シート、熱伝導性接着シートなど、
  独自の接着剤技術を活かした様々な新製品を戦略製品として展開

パナソニック株式会社
  高周波通信システム市場の立ち上がりを見据え、最適な材料供給を推進
  2016年春より520mm幅の2層FCCL供給を開始

宇部エクシモ株式会社
  貼合技術を活かしたフレキシブル積層板事業を推進
  ユーザーからは「ユピセルN」の高品質かつ短納期対応が評価
  2016年10月から520mm幅の供給を開始
  「ユピセルN」に続き、「ユピセルH」や「ユピセルC」をラインナップに加える
  LCP製FCCL「エクシラムL」では2018年度に1万㎡/月の販売量達成を目指す

INNOX Corporation
  独自の接着剤技術に加え、顧客ニーズに対応した製品開発ときめ細かい技術サポートに注力
  2013年よりラミネート2層FCCLを量産開始
  ラミネート2層FCCLは自社が開発したTPIを使用
  高寸法安定性と低価格を武器に、自動車向けに3層FCCLの展開を更に注力
  CLは製品群の拡充とユーザーサポート強化等により差異化を図る
  汎用CLに加え、スリムCL、Black CL、高Tg CL、Anti Ion Migraion CLをラインナップ
  USB3.0や5G等の高周波・大容量対応基板材料の開発に注力

SK Innovation Co.,LTD.(SKI)
  独自のPI設計・合成技術を活かし、新製品開発と新規ユーザーの獲得を狙う
  2014年8月に第2工場を稼動、キャスト2層FCCLの生産能力は50万㎡/月に拡大
  4層・8層等の多層FPCの需要拡大に伴い、片面キャスト2層FCCLの需要が拡大
  台湾・中国系FPCメーカーへの拡販に注力し、海外向け販売比率を40%まで引き上げる
  PI設計・重合技術を活かし、製品仕様や多様な顧客ニーズに合わせた製品提案が強み
  総厚20μmのFCCLやハイモデュラスFCCLを開発し拡販に注力

TORAY ADVANCED MATERIALS KOERA Inc.(東レ尖端素材株式会社)
  先取りした製品開発と市場展開で、リーディング企業としての優位性堅持を目指す
  2016年末により3層FCCLの生産中止へ
  両面COF需要増に対応し、スパッタ・めっきの生産能力拡大を検討
  無線充電用CL、レイヨンマイグレーションCL、White CLの販売が拡大
  CLのバージョンアップと製品バリエーションの拡充に注力

LS MTRON LTD.(FCCL)
  両面スパッタ・めっき2層FCCLの顧客提案に注力
  ユーザーの設計仕様とCOF需要動向を見極めながら設備増強を検討
  COFの市場拡大に伴い、スパッタ・めっき2層FCCLの販売量も拡大傾向に
  セミアディティブ対応FCCLの拡販にも注力

新揚科技股份有限公司(ThinFlex Corporation)
  PI配合・合成技術等の技術優位性を強みに、キャスト2層FCCLの拡販に注力
  2015年にパナソニックの保有株を取得し、中国昆山工場を100%子会社化
  キャスト2層FCCLの需要増加を受け、2017年に生産能力を40万㎡/月に拡大
  2008年より両面キャストタイプのW-Typeを量産
  高寸法安定性、低反発力、耐薬品性等を特徴としてW-Typeの拡販に注力
  スマートフォン向けに両面タイプのキャスト2層FCCLの需要が拡大
  PIの設計技術とLow Profile銅箔の使用等により、高速伝送対応FCCL開発に注力

律勝科技股份有限公司(Microcosm Technology Co.,Ltd.)
  PSPI(感光性CL)やFRCC(樹脂付銅箔材料)の拡販に注力
  2層FCCLの需要拡大に対応し、ラミネート2層FCCLの生産能力を25万㎡/月に拡大
  ラミネート2層FCCLとPSPIを組み合わせ製品提案に注力
  PSPIはカメラモジュール向け採用拡大に期待

昆山雅森電子材料科技有限公司(Kunshan Aplus Tec. Corporation)
  CLの新製品開発と製品ラインナップの拡充を進め、
  中国CL市場でトップシェアを確立
  2014年に520mm幅のラミネート2層FCCLを稼動開始
  3層FCCL及びCL等の関連材料の生産能力は、トータルで220万㎡/月まで拡大
  CLやスティフナー、BS等の販売好調に伴い、2016年度のトータル販売量は922万㎡を見込む
  自動車向け需要増に対応し、厚膜CLや高Tg CLの開発に注力
  2017年から中国国内向け5G対応CL需要拡大にも期待

中山新高電子材料股份有限公司(Allstar Tech. (Zhongshan) Co.,Ltd.)
  多様な製品群と地理的な利点を活かし、更なるFCCL 事業拡大を狙う
  2011年にラミネートラインを、2012年にコーティングラインを導入
  2016年内に上場を計画、市場動向を見極めながらラミネート2層FCCLの増設も検討
  3層FCCLはローエンド向け、2層FCCLはハイ・ミドルエンド向けに注力
  2015年4Qより高周波・大容量FCCLの量産を開始
  新製品として低伝送損失(Low Dk・Df)CLやWhite CLの開発に注力

九江福莱克斯有限公司(JIU JIANG Flex co.,Ltd)
  技術力と知名度、多様な製品群を強みに、
  3層FCCL及びラミネート2層FCCLの拡販に注力
  スマートフォン向け2層FCCL需要を受け、2015年にラミネート2層FCCLを量産開始
  スマートフォンの市場拡大に伴い、3層FCCL及び2層FCCLの販売が拡大
  CLは薄膜・厚膜CLに加え、高速伝送対応CLの開発を進め、販売拡大を目指す

廣東生益科技有限公司(Guangdong Shengyi Sci. Tech Co., Ltd.,)
  リジッド用CCLの物流体制と多様な製品群、技術サポートを武器にFCCL事業拡大を目指す
  2016年末にラミネート2層FCCLの生産能力は15万㎡/月まで拡大
  将来的にラミネート2層FCCLの生産能力を50万㎡/月まで拡大していく計画
  3層FCCLから2層FCCLへの需要シフトにより、ラミネート2層FCCLの販売が拡大
  スマートフォンのLCDモジュール用にラミネート2層FCCLの需要が拡大
  薄膜・厚膜FCCL等、顧客ニーズを捉えたFCCLの開発に注力

東溢新材料有限公司(Dongyi high-tech material Co., Ltd.)
  独自の接着剤技術で、BS・CL・3層FCCLの拡販へ
  2014年に江蘇省・南通市に新工場を建設
  主要顧客への安定材料供給と価格競争力強化のため、将来的には南通工場の増強も検討

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 129,600円 (本体 120,000円 消費税 9,600円 )
定価 129,600円 (本体 120,000円 消費税 9,600円 )
定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 259,200円 (本体 240,000円 消費税 19,200円 )
定価 291,600円 (本体 270,000円 消費税 21,600円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C59106900 2016年版 フレキシブル銅張積層板市場の現状と将来展望 ~FCCL材料編~
C59106800 2016年版 フレキシブル銅張積層板市場の現状と将来展望 ~FPC・TAB編~
C59100100 2017年版 日本マーケットシェア事典
C58113000 2016年版 フレキシブル銅張積層板市場の現状と将来展望
C59100400 2017 拡大するパワーモジュールの最新動向と将来展望