2017年版 遠隔医療市場の将来展望

遠隔医療は「ICT(情報通信技術)を利活用した健康増進・医療・介護に資する行為」であり、現在の医療環境を取り巻く課題、「医師不足」、「医師偏在」、「医療費の高騰」、「高齢化」に対して効果的なソリューションとなり得る可能性があり、注目されている。「経済財政運営と改革の基本方針2015」において「遠隔医療の推進」という文言が盛り込まれた現在の遠隔医療市場の現状と、2018年度の診療報酬改定に向けた制度面から、遠隔医療市場を取り巻く現状を分析した。

発刊日: 2017/07/18 体裁: A4 / 198頁
資料コード: C59107800 PDFサイズ: 10.0MB
カテゴリ: ヘルスケア、医療、医薬、介護、医療機器

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 129,600円 (本体 120,000円 消費税 9,600円 )
定価 129,600円 (本体 120,000円 消費税 9,600円 )
定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 259,200円 (本体 240,000円 消費税 19,200円 )
定価 291,600円 (本体 270,000円 消費税 21,600円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:遠隔医療サービス展開企業のビジネスモデル及び、事業概要等について取上げ、今後の同事業の市場性等を展望すること。
調査対象:参入企業
調査方法:面接取材とTEL取材併用
調査期間:2017年4月~2017年6月

資料ポイント
Close

  • 遠隔医療をDtoDの「遠隔画像診断」と「遠隔病理診断」、DtoPを「遠隔診療」と「遠隔健康管理」の4つのドメインに分類し、それぞれの現状と将来予測を分析する。(遠隔カンファレンス/コンサルテーションは遠隔画像診断、遠隔病理診断に含む)参入企業50社個票掲載。
  • 遠隔画像診断:2016年度の市場は100億円を超え、前年度比105.8%の予測である。近年の傾向は健診・人間ドックへの需要の増加トレンドである。
  • 遠隔病理診断:慢性的な病理医不足であるが、日本病理学会は、診療報酬の制度面改善に向け働きかけている。「骨太の方針2015」に盛り込まれた遠隔医療の推進は、当該市場にも好材料である。
  • 遠隔診療:現在の診療報酬制度では、医療施設にとって制限が多く、遠隔診療用アプリケーションサービスを展開している各ベンダーもマネタイズに苦労しているが、導入医療施設数は順調に伸びている。またスマートフォンの普及率から遠隔診療のニーズは高い。
  • 遠隔健康管理:医療費削減の目的から自治体中心に稼動。

資料概要
Close

Part1 遠隔医療市場の現状と展望
Part2 セグメント別市場
Part3 参入企業個票

リサーチ内容

■掲載内容

調査結果のポイント

Part1 遠隔医療市場の現状と展望

1-1 遠隔医療の分類と概況
  1.遠隔医療の分類
  2.遠隔医療の概況
  3.遠隔診療
    1)遠隔診療の流れ
    2)現在の遠隔診療の評価点
    3)遠隔診療の展望
2-1 遠隔病理診断
  1.遠隔病理診断(テレパソロジー)とは
    1)遠隔病理診断の流れ
    2)遠隔病理診断の重要性
    3)遠隔病理診断市場の現況
3-1 遠隔画像診断
  1.遠隔画像診断とは
4-1 遠隔健康管理
  1.遠隔健康管理とは
5-1 遠隔医療市場の動向
  1.市場の現状
    1)遠隔診療市場
    2)遠隔病理診断市場
    3)遠隔画像診断市場
    4)遠隔健康管理市場

Part2 セグメント別市場

2-1 遠隔診療市場
  1.市場概要
  2.参入企業状況
    ①メドレー
    ②MRT
    ③情報医療
2-2 遠隔病理診断市場
  1.市場概要
  2.制度面概要
  3.病理検査及び標本作製を行う検査・診断の流れ
    ・常勤の病理医のいる医療施設
    ・常勤の病理医のいない医療施設
  4.病理診断及びテレパソロジーの診療報酬
  5.市場規模・予測
  6.病理システム市場
  7.バーチャルスライド機器市場
  8.参入企業状況
    1)病理システム市場
    2)バーチャルスライド機器市場
  9.将来展望
    1)バーチャルスライドスキャナ
    2)診療報酬上の評価
2-3 遠隔画像診断市場
  1.市場概要
  2.市場規模・予測
    1)契約施設数内訳(企業分類別)
    2)金額市場(企業分類別)
    3)月間平均読影件数(企業分類・モダリティ別)
    4)月間平均読影件数(企業分類・検査種別)
  3.参入企業状況
    1)一般企業系
    2)大学病院系
    3)独立・起業系
    4)インフラサービス
  4.将来展望
2-4 遠隔健康管理市場
  1.市場概要
    遠隔妊娠健診
  2.市場規模・予測
  3.参入企業状況
    (株)アクセライト/一般社団法人在宅健康管理を推進する会
    芙蓉グループ
  4.将来展望

Part3 参入企業個票

(株)アイ・コミュニケーション、(株)iCARE、(株)アルム、イセット(株)、
(株)イメージ・コミュニケーション、(株)イリモトメディカル、(株)インテック、
(株)インテグリティ・ヘルスケア、(株)SEMメディカルソリューション、
NTTテクノクロス(株)、(株)エクスメディオ、エムキューブ(株)、MRT(株)、
(株)エムネス、(株)大阪先端画像センター、(有)オフィス・ラジオロジスト、
カールツァイスマイクロスコピー(株)、(株)Kids Public、京都プロメド(株)、
クラーロ(株)、一般社団法人在宅健康管理を推進する会、
サクラファインテックジャパン(株)、(株)三啓、スピンシェル(株)、
(株)情報医療、特定非営利活動法人信州画像診断ネットワーク、正晃テック(株)、
セコム医療システム(株)、ソフトバンク(株)、(株)ダイヤメディカルネット、
(株)ドクターネット、特定非営利活動法人新潟画像診断センター、
(株)ネットホスピタル、(株)ネット・メディカルセンター、浜松ホトニクス(株)、
(株)パラマテック、(株)広鉄計算センター、フィンガルリンク(株)、芙蓉グループ、
特定非営利活動法人北陸画像支援センター、ポート(株)、松浪硝子工業(株)、
(株)ミトラ、(株)メディカルイメージラボ、メディカルフィットネスラボラトリー(株)、
メドケア(株)、メドピア(株)、山口医療画像研究センター、
ライカ・バイオシステムズ(ライカマイクロシステムズ(株))、
ロシュ・ダイアグノスティックス(株)、(株)ワイズ・リーディング

<図表一覧>

図表1-1 主な遠隔診療市場のプレーヤー
図表1-2 遠隔診療の流れ
図表1-3 医療費に占める生活習慣病の割合
図表1-4 重症化した場合の入院費と入院日数
図表1-5 人口推移予測
図表1-6 24時間対応体制で在宅医療を提供する医療機関数の推移 在宅療養支援診療所の推移
図表1-7 24時間対応体制で在宅医療を提供する医療機関数の推移 在宅療養支援病院の推移
図表1-8 在宅患者訪問診療料、往診料の算定件数推移
図表1-9 遠隔病理診断の流れ
図表1-10 がん患者年次推移(グラフ)
図表1-11 がん患者年次推移(表)
図表1-12 がんによる死亡数の割合(2015年度)
図表1-13 病理診断科を標榜する医療機関推移(表)
図表1-14 病理診断科を標榜する医療機関推移(グラフ)
図表1-15 遠隔画像診断(インフラ利用型)サービス
図表1-16 遠隔健康管理サービス
図表1-17 主な遠隔医療サービスの概要
図表1-18 遠隔診療の対象となっている主な疾患群
図表1-19 医療費に占める生活習慣病の割合
図表1-20 高血圧疾患患者の推移(グラフ)
図表1-21 脂質異常症患者の推移(グラフ)
図表1-22 糖尿病患者の推移(グラフ)
図表1-23 病理診断科を標榜する施設推移(一般病院)
図表1-24 病理診断科を標榜する施設推移(一般病院)(グラフ)
図表1-25 病理診断科に従事する医師数の推移(表)
図表1-26 病理診断種別の年間検査数とテレパソロジー数推計
図表1-27 放射線科に従事する医師数の推移
図表1-28 CT・MRIの月間検査数(患者数)推移
図表1-29 CT・MRIの月間検査数(患者数)推移(グラフ)
図表1-30 糖尿病患者数の推移(グラフ)
図表1-31 高血圧性疾患患者数の推移(グラフ)
図表1-32 虚血性心疾患患者数の推移(グラフ)
図表1-33 脳血管疾患患者数の推移(グラフ)
図表1-34 画像診断に関する届出状況
図表1-35 病理診断に関する届出状況
図表1-36 在宅医療に関する届出状況
図表1-37 在宅医療に関する届出状況
図表2-1 遠隔医療市場に参入している主なプレーヤー
図表2-2 遠隔医療市場における遠隔診療の領域
図表2-3 厚生労働省通知情報通信機器を用いた診療(いわゆる「遠隔診療」について)
図表2-4 「骨太の方針2015」における遠隔診療のポイント
図表2-5 遠隔診療の適用範囲の拡大
図表2-6 遠隔診療の対象となっている主な疾患群
図表2-7 情報通信機器の保有状況の推移(世帯)
図表2-8 「Join」の位置づけ
図表2-9 対面診療と遠隔診療の診療報酬の差額
図表2-10 遠隔診療にて有効性が示された参考例
図表2-11 遠隔診療の導入による治療継続率の変化
図表2-12 人口1,000人あたりの臨床医数の国際比較(2010年)
図表2-13 医師数の推移と人口10万人あたりの医師数
図表2-14 国民医療費の推移予測
図表2-15 市場サイズのイメージ
図表2-16 2015-2019年度(予)遠隔診療市場規模推移(表)
図表2-17 2015-2019年度(予)遠隔診療市場規模推移(数量)(グラフ)
図表2-18 2015-2019年度(予)遠隔診療市場規模推移(金額)(グラフ)
図表2-19 スマホを利活用した主な遠隔医療の参入プレーヤー
図表2-20 CLINICSのサービス
図表2-21 Pocket Doctorのサービス
図表2-22 Pocket Doctorのかかりつけ医診療のスキーム
図表2-23 Pocket Doctor「かかりつけ医診療」(アップデート後)
図表2-24 「curon」のスキーム
図表2-25 「OMRON connect」と「curon」
図表2-26 遠隔病理診断の概念図
図表2-27 病理診断の種類
図表2-28 病床別の病理医の状況
図表2-29 病理医の年次推移
図表2-30 がん患者の年次推移(グラフ)
図表2-31 がん患者の年次推移(表)
図表2-32 術中迅速病理診断の件数推移(グラフ)
図表2-33 術中迅速病理診断の件数推移(表)
図表2-34 病理診断件数の推移(グラフ)
図表2-35 病理診断件数の推移(表)
図表2-36 免疫染色件数の推移(グラフ)
図表2-37 免疫染色件数の推移(表)
図表2-38 都道府県別の病理専門医数(グラフ)
図表2-39 「骨太の方針2015」にて遠隔医療の推進が盛り込まれた点
図表2-40 平成30年度改定:提案書受付状況一覧 日本病理学会の要望(既収載)
図表2-41 平成30年度改定:提案書受付状況一覧 日本病理学会の要望(未収載)
図表2-42 第84の3保険医療機関間の連携よる病理診断
図表2-43 主な病理検査~診断までの流れ(衛生検査所経由)
図表2-44 衛生検査所数の推移(グラフ)
図表2-45 2016年診療報酬改定日本病理学会要望
図表2-46 テレパソロジーの「転送病理画像」にいる病理診断支援に関する厚生労働省のコメント・課題
図表2-47 テレパソロジーの年間件数
図表2-48 2015-2019年度(予)テレパソロジー市場規模・予測(件数)(表)
図表2-49 2015-2019年度(予)テレパソロジー市場規模・予測(件数)(グラフ)
図表2-50 2015-2019年度(予)病理システム市場規模・予測(表)
図表2-51 2015-2019年度(予)病理システム市場規模・予測(数量)(グラフ)
図表2-52 2015-2019年度(予)病理システム市場規模・予測(金額)(グラフ)
図表2-53 都道府県がん診療連携拠点病院一覧(2017年4月時点)
図表2-54 都道府県別の地域がん診療連携拠点病院数(2017年4月時点)
図表2-55 2015-2019年度(予)バーチャルスライド機器市場規模・予測
図表2-56 2015-2019年度(予)バーチャルスライド機器市場規模・予測(数量)(グラフ)
図表2-57 バーチャルスライド機器市場規模・予測(金額)(グラフ)
図表2-58 病理システムの主要企業
図表2-59 バーチャルスライド機器の主要企業
図表2-60 遠隔画像診断の届出状況
図表2-61 遠隔画像診断の施設基準
図表2-62 CT・MRIの設置状況(2014年10月時点)
図表2-63 画像診断管理加算1・2の施設基準(2014年度改定)
図表2-64 画像診断管理加算1・2の届出状況
図表2-65 放射線科に従事する医師数の推移
図表2-66 放射線科に従事する医師数の推移(グラフ)
図表2-67 CT・MRIの画像診断件数に占める遠隔画像診断の割合
図表2-68 遠隔画像診断市場の変遷
図表2-69 遠隔画像診断(読影サービス)金額市場規模・予測(表)
図表2-70 遠隔画像診断(読影サービス)金額市場規模・予測(グラフ)
図表2-71 遠隔画像診断(読影サービス)数量市場規模・予測
図表2-72 遠隔画像診断(読影サービス)数量市場規模・予測(グラフ)
図表2-73 遠隔画像診断の契約施設数の推移
図表2-74 遠隔画像診断の契約施設数の推移(グラフ)
図表2-75 企業分類別の契約施設数(2015年度)
図表2-76 企業分類別の契約施設数(2016年度(予))
図表2-77 企業分類別の金額市場(2013年度~2016年度)
図表2-78 企業形態別の金額市場(2013年度~2016年度)(グラフ)
図表2-79 モダリティ別読影件数(2015年度)
図表2-80 企業分類・モダリティ別の読影内訳(2015年度)
図表2-81 モダリティ別読影件数(2016年度)
図表2-82 企業分類・モダリティ別の読影内訳(2016年度)
図表2-83 検査種別読影件数(2015年度)
図表2-84 企業分類別読影件数(2015年度)
図表2-85 検査種別読影件数(2016年度)
図表2-86 企業分類別読影件数(2016年度)
図表2-87 企業分類別実績推移(契約施設数)
図表2-88 企業分類別実績推移(月間平均件数)
図表2-89 企業分類別実績推移(金額)
図表2-90 遠隔読影プロバイダー有力参入企業実績一覧
図表2-91 インフラサービス有力参入企業実績一覧
図表2-92 遠隔画像診断の将来展望
図表2-93 コンティニュア・ヘルス・アライアンス・「実現されるサービス」
図表2-94 健康管理機器と主な対象疾患とメーカー、遠隔健康管理システム
図表2-95 タイプ別遠隔健康管理システム
図表2-96 遠隔妊婦健診イメージ図(遠野市)
図表2-97 主な自治体の遠隔健康管理システムの実施状況
図表2-98 2011年慢性疾患通院患者数(人口千対)
図表2-99 遠隔健康管理市場規模・予測(金額)
図表2-100 遠隔健康管理市場規模・予測グラフ(金額)(グラフ)
図表2-101 まいにち安診ネットの仕組み
図表2-102 遠隔健康管理 導入費用

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 129,600円 (本体 120,000円 消費税 9,600円 )
定価 129,600円 (本体 120,000円 消費税 9,600円 )
定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 259,200円 (本体 240,000円 消費税 19,200円 )
定価 291,600円 (本体 270,000円 消費税 21,600円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C59100100 2017年版 日本マーケットシェア事典
C59104800 2017年版 宝石・貴金属市場年鑑<市場分析編>
C59102700 2017年版 有力企業による農業ビジネス参入動向と将来展望
C59101200 2017 ネット通販市場白書
C59107200 2017年版 住宅産業白書