2017年版 中古住宅・リノベーション市場の徹底研究

中古住宅市場のストックビジネスにスポットを当て、業界の最新動向や市場規模、リノベーションや再生・販売の主要プレーヤーなどを総覧したマーケティング資料。新築住宅の需要は中長期的に低下傾向にあるが、中古住宅のストックは一貫して増加傾向にある。その中で、中古住宅のストック市場を睨んだリノベーションや再販事業は今後も住宅市場の中で期待できる分野である。

発刊日: 2017/09/28 体裁: A4 / 332頁
資料コード: C59113200 PDFサイズ: 9.8MB
カテゴリ: 建設、住宅、不動産、建材、住宅設備機器

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 129,600円 (本体 120,000円 消費税 9,600円 )
定価 129,600円 (本体 120,000円 消費税 9,600円 )
定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 259,200円 (本体 240,000円 消費税 19,200円 )
定価 291,600円 (本体 270,000円 消費税 21,600円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:本書においては、中古住宅のリノベーションを担う主要参入企業の事業展開及び方向性や中古住宅流通関連市場のトレンドを中心とした調査・分析を実施し、下記を明らかにすることを目的としている。
(1)中古住宅市場のトレンドと展望
(2)住宅リノベーション市場の展望と戦略
(3)空き家の実態と市場分析
(4)住宅流通市場の展望と戦略
(5)住宅ストック市場における事業戦
(6)主要企業の業績推移と事業戦略
調査対象:住宅リノベーション業界、中古住宅流通業界、その他の中古住宅業界、関連業界など
調査対象エリア:日本国内
調査期間:2017年6月~2017年9月

資料ポイント
Close

  • 中古住宅市場のトレンドと展望
  • 住宅リノベーション市場の展望と戦略
  • 空き家の実態と市場分析
  • 住宅流通市場の展望と戦略
  • 住宅ストック市場における事業戦略と展望
  • 主要企業の業績推移と事業戦略

資料概要
Close

総論
第1章 中古住宅市場のトレンドと展望
第2章 住宅リノベーション市場の展望と戦略
第3章 空き家の実態と市場分析
第4章 住宅流通市場の展望と戦略
第5章 住宅ストック市場における事業戦略と展望
第6章 主要企業の事例研究

リサーチ内容

■掲載内容

調査結果のポイント

総論

◆住宅ストック市場のトレンド
◆中古住宅市場における事業者の分類
◆中古住宅ビジネスの形態と市場性
◆住宅ストックからみた中古市場ニーズ
◆新築マンションと中古マンションの比較
◆階層別にみた中古住宅購入者像
◆住宅取得の需要量
◆中古住宅の価格動向
◆中古住宅再生販売の事業スキーム
◆事業モデル別参入ポイント
◆リノベーション事業戦略の重要ポイント
◆参入企業各社の事業戦略の特徴
◆中古住宅市場の方向性
◆住宅ストックビジネスのキーと今後の事業性
◆中古住宅市場の課題
◆中古住宅市場の展望

第1章 中古住宅市場のトレンドと展望

1.中古住宅における市場環境の変化
  (1)注目される中古住宅
  (2)中古住宅に対するブランド制度
  (3)「住宅セーフティネット法」の改正案
  (4)「フラット35」リノベがスタート
  (5)断熱リノベ事業者の登録制度
  (6)国・自治体の不動産情報が統合
2.住宅ストックの市場構造
  (1)住宅ストック量、市場規模推移
  (2)種類別・築年数別住宅ストック
  (3)地域別・築年数別住宅ストック
  (4)都道府県別住宅ストック
  (5)分譲マンションのストック
3.中古住宅の需要動向
  (1)中古戸建て住宅の特徴
  (2)中古マンションの需要動向
  (3)普及してきた中古住宅の品質規格
  (4)耐震診断のニーズ
  (5)マンションの建て替え需要
  (6)住宅履歴の重要性
4.中古住宅の価格動向
  (1)中古住宅の価格推移
  (2)中古マンションの地区別価格推移
  (3)中古マンションの県別価格動向
5.中古住宅市場の展望と見通し

第2章 住宅リノベーション市場の展望と戦略

1.リノベーション業界の市場構造
  (1)リノベーション業界の新しい動き
  (2)様々なリノベーションビジネス
  (3)戸建て・マンションの再生販売
  (4)中古住宅買取再販の市場構造
  (5)付加価値仲介の動向
  (6)ゲストハウスへのリノベーション
2.参入企業の動向と事業戦略
  (1)中古住宅市場のビジネスモデル
  (2)主要参入企業の事業概要
  (3)新規参入企業の動向
  (4)大手ハウスメーカーの中古住宅再生事業
  (5)買取再販ビジネスのFC展開
  (6)大手デベロッパーの動向
3.市場規模の推定
4.中古住宅再生・販売の市場性と需要動向
  (1)住宅リノベーションの可能性と課題
  (2)買取再販事業の特徴
  (3)住宅リノベーションの購入層
  (4)住宅リノベーションの方向性
  (5)中古住宅買取再販事業者の実態調査
5.主要企業の事業戦略
  (1)中古住宅再生事業への取り組み方
  (2)中古物件の仕入れ戦略
  (3)商品戦略
  (4)施工体制
  (5)営業・販売戦略
  (6)今後の注力分野・事業展開

第3章 空き家の実態と市場分析

1.空き家に関する市場環境の変化
  (1)空き家に関する法律
  (2)空き家の需要動向
  (3)空き家ストックの市場分析
  (4)空室対策の重要ポイント
2.空き家ビジネスへの参入動向
  (1)転機を迎えている住宅ビジネス
  (2)空き家活用ビジネスが活発化
  (3)空き家から民泊へ
3.空き家ビジネスの事業戦略
  (1)空き家管理ビジネスの動向
  (2)主要各社の戦略
  (3)鉄道会社の空き家活用
  (4)宿泊事業への参入
4.空家実態調査の結果概要
  (1)居住状況及び利用状況等
  (2)戸建て空き家の属性等
  (3)人が住んでいない戸建て空き家等の状況
  (4)管理状況
  (5)今後の利用意向等

第4章 住宅流通市場の展望と戦略

1.最近の業界動向
  (1)中古住宅流通市場の動向
  (2)優良中古住宅の認定
  (3)インスペクションの動向
  (4)中古マンションの取引推移
  (5)不動産代理・仲介業者の倒産動向
2.指定流通機構の活用状況
  (1)新規登録件数
  (2)総登録件数
  (3)成約報告件数(売り物件)
3.売買仲介の市場規模
  (1)売買仲介件数の推計
  (2)市場規模(金額ベース)の推計
4.賃貸仲介の市場規模
  (1)人口移動数の推移
  (2)賃貸仲介件数の推計
5.主要企業の業績ランキング及びシェア
  (1)売買仲介
  (2)賃貸仲介
6.不動産流通企業の事業戦略
  (1)主要各社の事業戦略
  (2)不動産仲介会社のリフォーム事業
  (3)ベンチャー系企業の動向
  (4)中古住宅価格の透明性を高めるICT
7.首都圏不動産流通市場の動向
  (1)調査結果の概要
  (2)中古マンションの概況
  (3)中古戸建住宅の概況
  (4)新築戸建住宅の概況
  (5)土地(100~200㎡)の概況
8.中古住宅流通市場の課題と方向性

第5章 住宅ストック市場における事業戦略と展望

1.住宅ストックビジネスのポテンシャル
  (1)中古住宅市場の有望分野
  (2)中古仲介ビジネスのノウハウ
  (3)「中古住宅+リフォーム」事業での差別化
  (4)団地の再生
  (5)期待されるホームインスペクション
  (6)ホームステージングの活用が急拡大
  (7)求められる民泊の活用
2.主要参入企業の事業戦略
  (1)業態別にみた住宅リフォーム市場への参入
  (2)ハウスメーカーのリフォーム事業戦略
  (3)ワンストップサービスの事業戦略
  (4)中古物件の価格査定サービス
  (5)DIY型賃貸借の取り組み
  (6)建材・住宅設備メーカー各社の戦略
3.マンション管理市場の動向
  (1)マンション管理業者の登録状況
  (2)マンション管理業界の動向と主要企業の実績
  (3)マンション管理受託動向調査の結果概要
4.賃貸管理市場の動向
  (1)賃貸管理業界の動向と主要企業の実績
  (2)賃貸管理業の方向性
5.住宅リフォーム市場の動向
  (1)住宅リフォームの市場動向
  (2)住宅リフォームの市場規模推移
  (3)住宅リフォームの需要動向
  (4)住宅リフォームのパッケージプラン
  (5)今後の市場展望
6.競売市場の動向

第6章 主要企業の事例研究

①株式会社カチタス
②株式会社インテリックス
③フジ住宅株式会社
④スター・マイカ株式会社
⑤株式会社イーグランド
⑥株式会社トータルエステート
⑦株式会社大京穴吹不動産
⑧株式会社長谷工リアルエステート
⑨株式会社エフステージ
⑩株式会社東武住販
⑪グローバルベイス株式会社
⑫株式会社リビタ
⑬株式会社未来都市開発
⑭株式会社ムゲンエステート
⑮株式会社エフ・ジェー・ネクスト

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 129,600円 (本体 120,000円 消費税 9,600円 )
定価 129,600円 (本体 120,000円 消費税 9,600円 )
定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 259,200円 (本体 240,000円 消費税 19,200円 )
定価 291,600円 (本体 270,000円 消費税 21,600円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C59113700 2017年版 住宅設備機器市場の展望と戦略
C59113000 2017 社会インフラ向けICT市場の実態と展望
C59100100 2017年版 日本マーケットシェア事典
C59108300 2017年版 スマート農業の現状と将来展望 ~省力化・高品質生産を実現する農業IoT・精密農業・農業ロボットの方向性~
C59110800 2017年版 インナーウェア市場白書