発刊予定   2017年版 ASEAN6・UAE・トルコ食品マーケットにおける日系食品メーカーの進出・パートナーシップ戦略

発刊日: 2017/10/下旬 体裁: A4 / 約500頁
資料コード: C59114300 PDFサイズ:
カテゴリ: 食品、アグリ、バイオ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 210,600円 (本体 195,000円 消費税 15,600円 )
定価 210,600円 (本体 195,000円 消費税 15,600円 )
定価 243,000円 (本体 225,000円 消費税 18,000円 )
定価 421,200円 (本体 390,000円 消費税 31,200円 )
定価 453,600円 (本体 420,000円 消費税 33,600円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

資料ポイント
Close

  • ASEAN6・UAE・トルコ8ヶ国で展開する食品関連現地法人700社超の企業リストを国別に収録。
  • 日本国内の食品メーカーに対して、ASEAN6・UAE・トルコ8ヶ国への進出状況、今後の進出意向についてアンケート調査を実施。日系食品メーカーの当該国への進出実態と今後の展開を明らかにする。
  • イスラム諸国進出のカギとなるハラール食品の動向と日系食品メーカーのハラール認証取得状況について調査・分析。
  • ASEAN6・UAE・トルコの食品市場は、若年層及び富裕・中間層の増加と、食品に対する高い消費意欲を背景に、今後更なる成長が見込める有望市場として注目を集めている。さらに、製造業の新たな投資・進出先候補としての注目度も高まっている。この成長市場において、現地企業とのアライアンスは“成功のカギ”と言われ、日本企業による現地法人へのM&Aや事業提携が盛んに行われている。
  • インドネシア:人口2億人を超す東南アジア最大のマーケット。製造・販売拠点として日系企業の進出が旺盛。
  • マレーシア:主要都市部の所得水準上昇により消費マーケットとして注目度が高まる。今後はハラール食品の製造拠点およびイスラム諸国向けハブとして期待が高まる。
  • シンガポール:ASEAN経済のハブとして、外資誘致や産業振興を目的に税制上の優遇措置が講じられている。東南アジア随一の高所得国として日系の小売業・外食サービス業の進出が増加。
  • タイ:東南アジアやインドなどの周辺地域への輸出拠点として有望。富裕・中間所得層の拡大で消費市場としても期待高まる。
  • フィリピン:人口9,000万人を超える“東南アジアNo.2”の消費マーケット。食品加工・飲料製造は基幹産業に位置付けられ、4年連続で日本が最大の貿易相手国。
  • ベトナム:世界有数の親日国であり、人口8,700万人の有望市場。日系企業の海外進出先として注目度は高い。
  • UAE:フリーゾーンでは外資100%の会社設立が可能で、中東エリアの製造拠点としても関心が高まっている。
  • トルコ:人口8,000万人で 地理的に北西にヨーロッパ、北にロシア、東に中央アジア、南に中近東、北アフリカと、多様な経済圏がトルコを取り囲む優位性がある。

リサーチ内容

2017年8月30日更新
※掲載予定内容、発刊予定日等に一部変更が生じる場合がございます。

■掲載予定内容

Ⅰ.ASEAN6・UAE・トルコ8ヶ国の市場環境

1.ASEAN6・UAE・トルコ8ヶ国全体の市場環境
  (1)ASEAN6・UAE・トルコ8ヶ国の国別概要・基礎情報
   (地理、気候、民族、宗教、近年の政治・経済動向)
  (2)経済成長の変遷(名目GDP、実質経済成長率、貿易額)
  (3)有望な消費市場、豊富な労働力にも期待(人口推移、男女別・年齢別人口構成)
  (4)都市化に伴い進行する核家族化(世帯数推移)
  (5)拡大する中間所得層、可処分所得と食品支出額の変化(世帯収入の推移と家計消費)
  (6)ASEAN6・UAE・トルコ8ヶ国全体における今後の市場性
    1)経済成長GDP・経済成長率の予測
    2)人口動態・構成の予測
    3)世帯数の予測
    4)世帯収入の予測
    5)食品に対する支出金額の予測
2.ASEAN6・UAE・トルコ8ヶ国全体の食品総市場規模
  (1)食品総市場規模(2012~2016年度)
  (2)主要品目別の市場規模(2016年度)
  (3)ASEAN6・UAE・トルコ8ヶ国における食品輸出入動向
    1)品目別ASEAN6・UAE・トルコ8ヶ国輸出入額比較
    2)国別品目別輸出入相手国ランキング
  (4)健康食品の市場動向
3.ASEAN6・UAE・トルコ8ヶ国における食品メーカーの事業展開状況
  (1)ASEAN6・UAE・トルコ8ヶ国で事業展開する食品メーカーの特徴
  (2)日系食品メーカーの進出状況【ASEAN6・UAE・トルコ8ヶ国別の日本企業リスト】
  (3)日系食品メーカーの進出手法、現地企業とのパートナーシップ戦略
4.ASEAN8ヶ国全体の食品市場規模予測(2017~2020年度予測)

Ⅱ.ASEAN6・UAE・トルコ8ヶ国におけるハラール認証動向

1.各国のハラール認証制度動向
2.ハラール食品市場の今後の予測
3.日系企業におけるハラール認証取得状況

Ⅲ.ASEAN6・UAE・トルコ8ヶ国別の食品市場動向

※8ヶ国別に掲載予定。国よって掲載内容が一部異なる場合あり。
①インドネシア、②シンガポール、③タイ、④フィリピン、⑤ベトナム、⑥マレーシア、⑧UAE、⑧トルコ

1.ASEAN6・UAE・トルコ8ヶ国別の基本情報
  (地域特性、経済成長率、人口動態・構成、世帯数、世帯収入、等)
2.食品の市場規模
  (1)ASEAN6・UAE・トルコ8ヶ国別の食品総市場規模
  (2)国別における主要品目別の市場規模
3.食品関連の法制度・規制
4.日系流通小売の進出状況
  (ショッピングセンター、スーパー、コンビニエンスストアの出店状況、等)
5.消費者動向(食文化・食生活・食習慣、等)
6.今後の市場性
  (1)食品の市場予測
  (市場動向、需要動向、支出価格、品質に対する要求、志向の変化、等)
  (2)食品市場における周辺環境の変化
  (経済開発区及び都市の開発計画、流通等インフラの整備、日系外食事業者の進出状況、等)

Ⅳ.食品関連現地法人リスト

[掲載項目]
①企業名 ②食品カテゴリー ③主要製品 ④所在地・連絡先 ⑤URL

[掲載予定社数 合計700社以上]
インドネシア、タイ、ベトナム、UAE、シンガポール、フィリピン、マレーシア、トルコ

Ⅴ.ASEAN6・UAE・トルコ8ヶ国における主要な現地食品メーカーの企業概要[企業個表] 

※30社程度の企業個表を掲載予定。国によって掲載企業数は異なる。
1.企業概要
  【基本情報(所在地、代表者、創業年、資本金、従業員数、等)、業績推移、
  主要取引先、製造拠点、事業内容、事業展開エリア、沿革、企業特徴、等】
2.商品戦略(取り扱い食品の概要、特徴、等)、営業戦略、等

Ⅵ.日本国内食品メーカーにおける5.  ASEAN6・UAE・トルコ8ヶ国への事業展開・進出状況

1.日本国内食品メーカーにおけるASEAN6・UAE・トルコ8ヶ国の食品マーケットへの
  参入・進出の有無、関心度
  (1)ASEAN6・UAE・トルコ8ヶ国への食品マーケットへの参入・進出状況
  (2)東南アジアの市場性に対する見解、関心度
2.日本国内食品メーカーにおけるASEAN8ヶ国の食品マーケットへの事業展開状況
  (進出企業を対象)
  (1)進出先、進出時期、進出拠点数、進出形態
  (2)進出拠点の機能・役割
  (3)ASEAN6・UAE・トルコ8ヶ国で製造・販売している製品
  (日本からの輸出品も含む)とその仕向け先
  (4)ASEAN6・UAE・トルコ8ヶ国への事業展開・進出に対する問題点・課題点
  (5)業績全体に対する東南アジア事業の貢献度
3.日本国内食品メーカーにおけるASEAN6・UAE・トルコ8ヶ国に対する今後の進出・
  拡大展開の意向
  (1)進出先とその理由
  (2)進出形態
  (3)進出拠点の機能・役割
  (4)(進出意向無しの場合)進出意向・計画無しの理由
4.ハラール食品について
  (1)ハラール認証の取得状況
  (2)ハラール認証取得製品、認証取得時期、認証取得した国および機関・団体、仕向け先
  (3)ハラール認証を取得した目的
  (4)ハラール食品の今後の販売先として有望視する国・地域

Ⅶ.日本国内食品メーカーのASEAN8ヶ国における事業展開動向[企業個表]

1.企業概要(所在地、事業内容、業績推移、主要取引先、事業展開エリア、企業特徴、等)
2.製品の製造・販売状況(製品・ブランド名、容器・容量、販売価格帯、製品特徴、等)
3.東南アジア進出の経緯・沿革
4.東南アジア事業の問題点・課題点
5.東南アジア事業の今後の方針、事業戦略
  (1)既存展開エリア(国・地域、都市)における事業拡大策
  (2)未展開エリアに対する事業拡大の意向

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 210,600円 (本体 195,000円 消費税 15,600円 )
定価 210,600円 (本体 195,000円 消費税 15,600円 )
定価 243,000円 (本体 225,000円 消費税 18,000円 )
定価 421,200円 (本体 390,000円 消費税 31,200円 )
定価 453,600円 (本体 420,000円 消費税 33,600円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C59100100 2017年版 日本マーケットシェア事典
C59104900 2017年版 ワイドバンドギャップ半導体単結晶市場の現状と展望 ~SiC、GaN、その他~
C59110100 ペット関連サービスの市場実態と将来展望 ~多様化するニーズと拡大する各種サービス~
C59108600 16~17年版 医療・衛生用品の市場実態と製品別需要動向
C59107300 2017年版 中古車流通総覧