発刊予定   2018年版 ガーデニング・家庭菜園市場の展望と販売チャネルの徹底研究

発刊日: 2017/11/中旬 体裁: A4 / 約400頁
資料コード: C59116300 PDFサイズ:
カテゴリ: 食品、アグリ、バイオ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 129,600円 (本体 120,000円 消費税 9,600円 )
定価 129,600円 (本体 120,000円 消費税 9,600円 )
定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 259,200円 (本体 240,000円 消費税 19,200円 )
定価 291,600円 (本体 270,000円 消費税 21,600円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

資料ポイント
Close

  • 主要ユーザーの高齢化が進むガーデニング・家庭菜園市場、新規ユーザー獲得に向けた主力企業の取り組み動向
  • 消費者購買行動を独自のネット調査で解明、年代別購入利用実態を徹底検証
    ・全体の消費行動の特徴・次世代を担う若年層の消費行動の実態
    ・家庭菜園に興味はあるがふみ出せない理由、不満点、良かったことなど
  • 植物・資材別ガーデニング市場の2023年中期展望
  • 末端チャネル別ガーデニング市場の2023年中期展望を明らかに

リサーチ内容

2017年10月31日更新
※掲載予定内容、発刊予定日等に一部変更が生じる場合がございます。

■掲載予定内容

第1章 ガーデニング・家庭菜園市場のトピックス

1.大きく伸長する家庭菜園市場
2.拡大する家庭菜園市場に対応する種苗業界
3.大手種苗メーカーの次世代戦略
4.ガーデニングにおける注目業態店
5.ホームセンターにおける農業生産資材の取扱い状況
6.ガーデニング習い事市場

第2章 ガーデニング・家庭菜園市場の現状と展望

1.ガーデニングの市場規模推移(2013~2017年度見込み)
  (1)生産者・メーカー出荷ベース
  (2)末端ベース
2.ガーデニングの商品別市場構成比(2017年度見込み)
  (1)生産者・メーカー出荷ベース
  (2)末端ベース
3.ガーデニングの市場規模予測(2018~2022年度見込み)
  (1)生産者・メーカー出荷ベース
  (2)末端ベース
4.ガーデニング市場における成長課題とポイント
5.商品動向と参入企業動向

<調査対象>
  (1)花壇用苗物
  (2)家庭菜園向け野菜苗・果樹苗
  (3)花木
  (4)球根
  (5)芝・グランドカバープランツ
  (6)鉢・プランター
  (7)家庭園芸用農薬
  (8)家庭園芸用肥料
  (9)家庭園芸用培養土
  (10)その他、注目商品(園芸向け草刈機)

第3章 ガーデニングの販売チャネル分析

1.ホームセンター
2.ガーデンセンター・量販店
3.フラワーショップ
4.通信販売・インターネット販売
5.造園・緑化・住宅関連業

第4章 家庭菜園市場の販売チャネル分析

1.市場概要
  (1)家庭菜園市場が好調な背景
  (2)貸し農園・市民農園の動向
2.家庭菜園市場の流通動向
  (1)家庭菜園向け野菜苗の動向
  (2)野菜苗の流通動向
3.家庭菜園関連事業に新規参入した企業の動向
4.ホームセンターにおける家庭菜園関連の販売動向
5.商品動向
  (1)家庭菜園向け野菜苗
  (2)家庭菜園向け肥料・培養土
  (3)家庭菜園向けプランター
6.市場拡大の課題・問題点

第5章 ガーデニング・家庭菜園関連用品の購入利用実態
  ~全体の消費行動の特徴・次世代を担う若年層の消費行動の実態~

※全国の男女400名によるガーデニング・家庭菜園関連用品の購入利用実態
1.ガーデニングの実施状況
2.ガーデニング関連用品の購入状況
3.ガーデニング関連用品に対する要望と不満
4.ガーデニング関連用品の今後の購入について
5.今後してみたいガーデニングタイプ
6.ガーデニングのインターネット利用について
7.家庭菜園の実施状況
8.家庭菜園への不満
9.家庭菜園に興味はあるが踏み出せない理由など

第6章 ガーデニング関連の最新データ

1.花卉生産統計(2010~2016年)
2.新品種の登録状況
3.花卉関連の遺伝子組換え植物(GMO)一覧
4.種苗輸出入実績の推移(2013~2016年)
5.花卉市場流通調査(2010~2016年)
6.家計調査年報
7.余暇に関する調査(レジャー白書)

第7章 有力ガーデニング・家庭菜園関連企業の戦略

1.事業展開動向
2.全国・地域展開動向
3.メインコンセプトと取扱商品
4.新商品開発動向
5.生産動向・物流体制
6.安全・衛生対策
7.原材料調達状況
8.販売ルート・チャネル動向
9.事業展開上の課題点
10.今後の事業戦略の方向性

※注目企業の個別実態 (下記、ホームセンター・園芸資材メーカーより約25~30社取材予定)
アイリスオーヤマ、アーキネット(園芸ネット)、アグリメディア、
アサヒフードアンドヘルスケア、イオンリテール、エコマルシェオニヅカ、
小田急ランドフローラ、カインズ、カゴメ、カネコ種苗、クボタ、京成バラ園芸、
ケーヨー、コーナン商事、コスモALA、コメリ、サカタのタネ、
サントリーフラワーズ、ジョイフル本田、住友化学園芸、千趣会イイハナ、大都、
タキイ種苗、竹内園芸、ディノス、DCMホールディングス、東邦レオ、トキタ種苗、
トヨタルーフガーデン、日本デルモンテ、ハイポネックスジャパン、ハンズマン、
プラネット、プロトリーフ、ベルグアース、マイファーム、マキタ、三浦園芸、
MonotaRO、ユニバーサル園芸社、ヨネヤマプランテイション、LIXILビバ、
リッチェル、レインボー薬品、ロイヤルホームセンター、その他有力参入企業

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 129,600円 (本体 120,000円 消費税 9,600円 )
定価 129,600円 (本体 120,000円 消費税 9,600円 )
定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 259,200円 (本体 240,000円 消費税 19,200円 )
定価 291,600円 (本体 270,000円 消費税 21,600円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C59100100 2017年版 日本マーケットシェア事典
C59112900 2017 国内企業のIT投資実態と予測
C59105300 VOL.1分析編 2017年度版 乗用車向けコネクテッドカーの事業モデル別2025年予測
C59113400 2017 クールジャパンマーケット/オタク市場の徹底研究
C59114400 2017-2018年版 AMOLEDパネル・主要部材市場の現状と将来展望