食品、アグリ、バイオ

食品

2017年11月07日 更新

アグリビジネス

2017年10月11日 更新

バイオビジネス

2017年08月04日 更新

2016年度惣菜(中食)市場の販売チャネル別では、日常生活により身近なコンビニエンスストア、量販店、惣菜専門店が好調であった。なかでもコンビニエンスストアは店内調理の拡充による出来立て惣菜の強化やカウンターコーヒーの提供による新規利用客の開拓やついで買い、またイートインスペースを設置した店舗拡大が奏功している。

詳細を見る

最新マーケットレポート

スマート農業の国内市場は、2017年度頃まで栽培支援ソリューションが中心となり、2018年度以降は、販売支援ソリューションや経営支援ソリューションが拡大する見通しである。その後、農機の無人運転を実現する精密農業が普及する見込みで、2022年度の同市場規模は331億8,600万円まで拡大すると予測する。

詳細を見る

プレスリリース

現在、日本国内のバイオ・ヘルスケアベンチャーが有する技術の独自性、有用性の高さは、国内外の大手ライフサイエンス企業から業務提携・技術導入の対象として関心を集めている。特に、再生医療関連の研究開発はノーベル賞受賞や規制緩和の影響を受けて活発化しているほか、関連したベンチャーと大手企業の提携、上場が続くなど、近年注目される業界である。

詳細を見る

注目ソリューション