食品、アグリ、バイオ

食品

2016年09月05日 更新

アグリビジネス

2016年08月10日 更新

バイオビジネス

2015年11月20日 更新

流通菓子は、子供のおやつに対応した商品が数多く存在するが、少子高齢化が進む中で、大人をターゲットにした商品開発に菓子メーカー各社が注力しており、こうした大人消費がここ数年の流通菓子市場を下支えしている。実際に、ロングセラー商品の素材や製法に対する拘りを強めたプレミアム商品や、健康機能性を切り口にした商品などがここ数年人気を呼んでいる。モノがあふれる中で、‘少々割高でも味や品質が良いものを食べたい’というニーズが顕在化していると考える。

詳細を見る

最新マーケットレポート

2015年度の国内の家庭菜園向け野菜苗・果樹苗市場規模は、前年度比102.6%の157億円であった。キッチン菜園を始める20歳代の若年層が増加するなど、家庭菜園は若年層から中高年、性別に関係なく、幅広い層が新たに参加しているのが特徴であり、市場拡大を支えている。今後も、引き続き消費者の健康志向や食への安全志向を背景に市場は拡大し、2016年度の家庭菜園向け野菜苗・果樹苗市場規模は前年度比100.6%の158億円を予測する。

詳細を見る

プレスリリース

現在、日本国内のバイオ・ヘルスケアベンチャーが有する技術の独自性、有用性の高さは、国内外の大手ライフサイエンス企業から業務提携・技術導入の対象として関心を集めている。特に、再生医療関連の研究開発はノーベル賞受賞や規制緩和の影響を受けて活発化しているほか、関連したベンチャーと大手企業の提携、上場が続くなど、近年注目される業界である。

詳細を見る

注目ソリューション