2024年版 フードロスソリューションビジネスの現状と将来展望 ~フードロス対策の今とソリューションビジネスの進化~

近年フードロス問題が注目され、国や自治体、各社がフードロス削減に注力するも、未だ年間500トンを超えるロスが出ている。フードロス削減は、フードサプライチェーンのあらゆる場面で求められていることから、CSRの観点だけでなく、ビジネスとして注目する企業も出てきており、フードシェアリングサービスやAI、ITを活用した取り組みなど、フードロス削減を契機に新たなビジネスも生まれており、大きな変革をもたらす可能性を秘めている。
本資料においては、アップサイクルやサステナビリティ、DXの活用といった現在の時流に沿いながら、フードロス削減の現状や期待される技術、取り組みを整理し、フードロス削減がもたらすビジネス面からみた可能性と今後の展望を探る。

発刊日
2024/04/下旬
体裁
A4 / 約250頁
資料コード
C65127300
PDFサイズ
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 約250頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら
購入商品の提供・発送のタイミングについてはこちら

(準備中)の「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。
オンライン試読サービスとは 詳細はこちら

調査資料詳細データ

資料ポイント
Close

  • 「食品ロスの削減の推進に関する法律」の施行から4年、国内のフードロスの状況はどう変化しているのか?フードロスを取り巻く環境や、削減に向けたロードマップ、今後の課題、展望を網羅。
  • フードサプライチェーンの各現場ではどのような動きが起きているのか?サプライチェーン別の動向を整理し、今後の方向性、期待される動きを導き出す。
  • フードロス削減にもイノベーションの進化がもたらされる中、フードテック(Food×IT)は食品産業を変革できるのか?フードロス削減に繋がる最新技術の動向を追う。
  • 「フードロス削減」をキーとした新たなビジネスが続々誕生する一方でサービスを休止・撤退する企業も。何が明暗を分けたのか?ビジネスモデル別の特徴を整理し、各ビジネスモデルの課題と将来性、成功のポイントを分析。ビジネスモデル別の注目企業の取り組み動向も紹介。
  • 国の統計には含まれない農家など生産現場で廃棄される規格外の野菜。指定14野菜における「隠れフードロス」を推計することで真のフードロスの実態を明らかに。同時に生産現場における規格外野菜の有効活用に向けた取り組みや課題をアンケート結果から読み解く。
  • 前回版との違い
    ・指定14野菜における「隠れフードロス」量を推計
    ・JA各社にアンケート調査、生産現場におけるフードロスの状況や取り組みを統計的に分析

リサーチ内容

2024年3月21日更新
※掲載予定内容、発刊予定日等に一部変更が生じる場合がございます。
 
■掲載予定内容
 
第Ⅰ章 フードロス削減の概況
 
1.フードロス削減の現状
  (1)フードロス削減に向けた全体動向
  (2)行政のフードロス削減に向けた取り組み
2.フードロス削減に関わる注目トピック
  (1)アップサイクルで加速するフードロス削減
  (2)サステナビリティの取り組みがもたらすフードロス削減の動き
  (3)DX化の進展やAI活用に伴うフードロス削減の未来
3.フードロス削減に向けた今後の展望 
  (1)フードロス削減における課題
  (2)フードロス削減の将来展望 
 
第Ⅱ章 フードサプライチェーン別のフードロス削減の動向
 
1.生産者におけるフードロス削減の動向
2.食品製造業におけるフードロス削減の動向
3.食品卸・物流におけるフードロス削減の動向
4.小売業におけるフードロス削減の動向
5.外食産業におけるフードロス削減の動向
 
第Ⅲ章 フードロスソリューションビジネスの動向
 
1.フードロスソリューションビジネスの全体像
2.ビジネスモデル別の動向
  (1)ロス素材リデュース・プロテクト型サービス
  (2)保存期間延長型サービス
  (3)ロス素材活用型サービス
  (4)ロス商材シェアリング・マッチング型サービス
 
第Ⅳ章 生産現場におけるフードロスの実態調査
 
1.生産現場におけるフードロス量
  (1)指定14野菜の“隠れフードロス”量
2.生産現場におけるフードロス削減の取り組み状況
  (1)生産現場におけるフードロスの発生原因
  (2)フードロス削減の取り組みの有無
  (3)フードロス削減の取り組み理由
  (4)フードロス削減の取り組み内容
  (5)フードロス削減に取り組みが困難な理由
  (6)フードロス削減の取り組みにおける現在の状況
  (7)生産現場におけるフードロス削減の課題・問題点
  (8)フードロス削減に関する生産者へのサポート・連携状況
  (9)フードロス削減に関する生産者からの要望・意見
  (10)生産現場のフードロス削減の実現に必要と思われること
  (11)フードロス削減の取り組みについての今後の意向
  (12)今後取り組んでいく必要のある内容
 
第Ⅴ章 ソリューションビジネス参入企業の動向
 
【掲載候補企業】
1.ロス食材リデュース・プロテクト型サービス
  ■株式会社シノプス
  ■一般財団法人日本気象協会
  ■株式会社ブライセン
2.保存期間延長型サービス
  ■大倉工業株式会社
  ■デイブレイク株式会社
  ■株式会社テクニカン
  ■株式会社ミートエポック
3.ロス素材活用型サービス
  ■株式会社アイル
  ■ASTRA FOOD PLAN株式会社
  ■オイシックス・ラ・大地株式会社
  ■豊島株式会社
  ■株式会社バイオマスレジンホールディングス 
4. ロス商材シェアリング・マッチング型サービス
  ■ICS-net 株式会社
  ■アイムライズ株式会社
  ■株式会社雨風太陽
  ■株式会社NTTコミュニケーションズ
  ■株式会社クラダシ
  ■株式会社コークッキング
  ■株式会社G-Place
  ■ZERO株式会社
  ■株式会社ネットプライス
  ■株式会社ビビッドガーデン
  ◆ソリューションビジネス参入企業リスト

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 約250頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら
購入商品の提供・発送のタイミングについてはこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。