2004 DLCコーティング市場

発刊日
2004/04/27
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 108頁
資料コード
C45301900
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

143,000
130,000
13,000
286,000
260,000
26,000
429,000
390,000
39,000
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

リサーチ内容

第1章 DLCコーティング市場の現状

1.DLCコーティング市場の動向

(1)DLCコーティングの定義と市場動向
(2)DLCコーティングの自動車への適用
2.DLCコーティング受託加工市場動向
(1)DLCコーティング受託加工市場規模推移
(2)受託加工市場参入メーカーシェア
3.DLCコーティング受託加工市場における主な需要分野動向
(1)受託加工市場における主な需要分野と動向
(2)受託加工市場における需要分野別市場規模推移と市場動向
①金型
②工具
③機械部品
4.DLCコーティング内製加工市場動向


2章 DLCコーティング有力受託加工メーカー動向

1.シチズン時計
(1)機動的な組織に改編
(2)DLCコーーティングは組織改編で上尾精密へ委託加工
(3)シチズン時計のDLC膜
(4)DLCコーティング事業をさらに推進
2.オンワード技研
(1)DLCコーティング着実に実績を確保
(2)豊富なDLC膜バリエーション
(3)DLC:コーティング装董は自社開発
(4)産学共同研究で技術力を向上
3.JFE精密
(1)素形材品で独自性を発揮
(2)豊富な膜種でユーザーニーズに対応
(3)DLCコーティングの方向性を模索
4.永田精機
(1)靴下編機メー・カーが薄膜事業に参入
(2)独自の表面改質技術を開発
(3)三菱マテリアル神戸ツールズとDLC膜を共同開発
(4)薄膜事業を経営の新たな柱に
5.松山技研
(1)2000年にコーティング事業に参入
(2)コーティング部門を経営の柱に
(3)DLC膜の除膜技術を確立
(4)後発としてどこまでシェアを伸ばせるか
6.東研サーモテック
(1)DLCコーティングが急成長
(2)金属含有「Me-DLC」コーティング膜
(3)海外工場も軌道に一〇4年度にDLCコーティング装置2基を導入
(4)国際的コンサルティング企業を目指す
7.働日本アイ・テイ・エフ
(1)DLCコーティング分野で先駆的役割
(2)2004年春に新膜種を投入
(3)戦略商品「F-DLC」で市場拡大狙う
(4)DLCコーティングの量産経験を生かしたマーケティング

第3章 DLCコーティング装置メーカー動向


1.不二越
(1)DLC受託加工はコーティング装置販売のサポート役
(2)DLCコーティング工具で先行
2.日精エー・エス・ビー機械
(1)独自技術で世界トップに
(2)DLCハイバリアコーティング装置を開発
(3)納入実績作りが課題に
3.栗田製作所
(1)電源装置で特異性を発揮
(2)三次元プラズマイオン注入成膜装置を開発
4.三菱重工業
(1)PETボトル用DLCコーティング装置を開発・受注
(2)総合技術力でニーズに対応
(3)PET容器用途拡大の先駆者になれるか

第4章 DLCコーティング内製メーーカー動向


1.北海製罐
(1)PETボトルへ炭素膜コーティング
(2)花開いた炭素薄膜技術
(3)リサイクル化に対応して薄膜化
(4)設備増強で供給カアップ
2.松下電工
(1)創業85周年を機に新価値創出を目指す
(2)プロ用バリカンにDCLコーティング
3.アテナ工業
(1)食品容器業界で初めてDLCコーティング容器を開発
(2)PET樹脂製味噌容器へDLCコーティングか?

第5章 DLCコーティングにおける研究開発動向

1.(株)イオン工学研究所(IERIC)
2.独立行政法人産業技術総合研究所炭素系材料開発研究センター
(1)目標誘導型研究を基本に
(2)炭素系材料開発でナノスペースを構築を目指す
3.東京都立産業技術研究所(TIRI)
(1)都内の中小企業支援
(2)DLCコーティングに対する取り組み
(3)先進的な課題にチャレンジ
(3)産学公コーディネート事業を強化
4.慶応義塾大学大学院理工学研究科


第6章 DLCコーティング市場の将来予測


1.DLCコーティングの受託加工市場規模予測
(1)DLCコーティング受託加工市場
1.金型
2.工具
3.機械部品
(2)DLCコーティング受託加工総市場
2.DLCコーティング市場規模予測
3.DLCコーティング総市場規模予測

矢野経済研究所の調査業のご案内


図表目次


表1 DLC膜が適用・または適用が期待される分野・部品
表2 最近のエンジンに採用されているフリクション低減技術
表3 ピストン・ピストンリングへの表面処理
表4 DLCコーティング受託加工市場規模推移(受託加工賃ベース、単位:万円)
表5 DLCコーティング受託加工市場メーカーの加工実績推移(単位:万円))
表6 DLCコーティング受託加工市場における用途別実績推移(単位:万円)
表7 DLCコーティング内製加工メーカー一覧
表8 シチズン時計のDLC受託加工実績推移
表9 シチズン時計の成膜可能材料
表10 オンワード技研のコーティング受託加工実績:推移(加工賃ベース、単位:万円)
表11 2003年度オンワード技研におけるコーティング受託加工の需要分野別構成比
表12 オンワード技研のDLCコーティング膜種と用途
表13 JFE精密の会社概要
表14 JFE精密のコーティング被膜(DLCを除く)と適用例
表15 「SX-2」と他の膜との被膜性能比較
表16 JFE精密のDLC膜
表17 永田精機の2003年度売上実績
表18 一般的なDLC硬度比較 39
表19 各種DLC膜と「NAGATA-COATDLC」の特性比較
表20 松山技研のDLC膜「NewDLC」の特徴
表21 松山技研におけるDLCコーティングの需要別内訳
表22 総売上に占めるコーティング・DLCコーティングの受託加工金額
表23 Me-DLCの応用例
表24 日本アイ・テイ・エフのDLCコーティング受託加工実績推移(単位:万円)
表25 日本アイ・ティ・エフ・のDLC膜の種類
表26 不二越の受託加工膜種と適用分野
表27 不二越のDLC膜
表28 2002年度・2003年度売上と商品別構成比(単位:万円)
表29 三菱重工業のセグメント別売上げ額(平成14年度)
表30 平成13年度の三菱重工業・産業機器事業部の売上構成比率
表31 2002年度市場別売上構成比率(連結)
表32 平成15年度(9月期)における売上実績・商品別構成比
表33 イオン工学センターの主な導入装置
表34 産業分野のおけるイオン工学技術の応用分野
表35 産業技術総合研究所の活動区分
表36 コンソーシアム参加企業・機関の役割分担
表37 DLCコーティング受託加工市場規模予測(単位:万円、矢野経済研究所予測)
表38 DLCコーティング総市場規模予測(単位:万円、矢野経済研究所予測)

図1 DLCコーティング受託加工市場規模推移(受託加工賃ベース、単位:万円)
図2 DLCコーティング受託加工メーカーシェア推移(矢野経済研究所推定)
図3 2003年度見込みDLCコーティング受託加工メーカーシェア(矢野経済研究所推定)
図4 DLCコーティング受託加工市場における用途別実績推移(単位:万円)
図5 DLCコーティング受託加工市場の2002年度用途別内訳(金額ベース)
図6 DLCコーティング受託加工市場の2003年度用途別内訳(金額ベース)
図7 DLCコーティング受託加工市場の金型市場規模推移(単位:万円)
図8 DLCコーティング受託加工市場の金型市場メーカーシェア(単位:万円)
図9 DLCコーティング受託加工市場の工具市場規模推移(単位:万円)
図10 DLCコーティング受託加工市場の工具市場メーカーシェア(単位:万円)
図11 DLCコーティング受託加工市場の機i械部品市場規模推移(単位:万円)
図12 DLCコーティング受託加工市場の機械部品市場メーカーシェア(単位:万円)
図13 シチズン時計のDLCコーティング受託加工実績推移
図14 シチズン時計の成膜方法(同社ホームページより)
図15 オンワード技研のコーティング受託加工実績推移(加工賃ベース、単位:万円)
図16 2003年度オンワード技研におけるDLCコー・ティング受託加工の用途別内訳
図17 オンワード技研自社開発(特許)P-CVD装置概要
図18 永田清輝の事業分野別売上構成比(2003年度)
図19 「NAGATA-COATDLC」の加工原理
図20 松山技研におけるコーティングの需要別比率
図21 松山技研におけるDLCコーティングの需要別内訳
図22 DLCコーティングの用途別割合
図23 「Me-DLC」コーティング膜
図24 2003年度DLCコーティングの需要分野別売上比率(金額ベース、見込み)
図25 PETボトルへのDLC蒸着プロセス(同社カタログより)
図26 栗田製作所の新開発重畳技術による装置構成
図27 平成13年度の三菱重工業・産業機器事業部の売上構成比率
図28 三菱重工業のDLCコーティングプロセス図
図29 2002年度市場別売上構成比率(連結)
図31 UBM(非平衡:マグネトロンスパッタリング)を用いたDLC皮膜形成技術
図32 全方位イオン注入・成膜方式の特徴
図33 全方位イオン注入装置による金型の表面改質例
図34 産業技術相好研究所の新炭素材料開発研究センター技術関係図
図36 金型におけるDLCコーティング受託加工市場規模(矢野経済研究所予測)
図37 工具におけるDLCコーティング受託加工市場規模予測(矢野経済研究所予測)
図38 機i械部品におけるDLCコーティング受託加工市場規模予測(矢野経済研究所予測)
図39 DLCコーティング受託加工市場規模予測(単位:万円、矢野経済研究所予測)
図40 DLCコーティング内製加工市場規模予測(加工賃ベース、矢野経済研究所予測)
図41 DLCコーティング総市場規模予測(単位:万円、矢野経済研究所予測)

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

143,000
130,000
13,000
286,000
260,000
26,000
429,000
390,000
39,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。