2004年版 飲料市場の現状と展望

発刊日
2004/08/30
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 365頁
資料コード
C46107700
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
(準備中)の「目次をダウンロード」「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。

調査資料詳細データ

リサーチ内容

第Ⅰ章 飲料市場の動向

1.飲料市場概況
(1)2003年の飲料市場動向
◆有力企業の飲料売上高推移

(2)メーカー・ベンダーなど業界再編の動向 大手メーカーの動向
1.コカ・コーラグループの動向
2.ビール系大手メーカーの動向
3.乳業系大手の動向
4.その他大手メーカーの動向

(3)コカ・コーラグループの動向 業界アライアンス・再編動向

2.流通ルート別動向
(1)手売りルート
(2)自販機ルート
(3)通販・宅配ルート
◆大手飲料メーカー自販機展開台数
◆専業オペレーター自販機展開台数

3.注目される品目別市場動向
(1)コーヒードリンク
(2)茶系飲料
(3)野菜飲料
(4)果汁飲料
(5)ミネラルウォーター
(6)機能性飲料
(7)特定保健用食品
◆2003~2004年上半期の主要飲料新製品
◆特定保健用食品の表示許可 販売状況一覧

4.飲料容器の動向
(1)2003年飲料容器動向
■リサイクルの動向
1.PETボトル
2.スチール缶
3.アルミ缶

(2)容器別・製品別飲料市場の構造
■PETボトル
1.「孫 PET」が牽引し、市場規模拡大
2.ホット飲料では広口ボトルの拡大
■缶飲料
1.ボトル型アルミ缶の登場により伸長するアルミ缶市場
2.ボトル缶の戦略的商品展開
3.リシール機能を付与したスチール缶の登場
■紙容器
■びん容器

(3)メーカー別容器戦略の動向
◆主要メーカーPET比率推移一覧
◆主要メーカー缶比率推移一覧
◆企業別容器別構成比一覧
◆企業別容量別構成比一覧
□PETボトル入り清涼飲料生産量推移(00~03年)
□炭酸飲料のビン、PETボトル、缶のシェアの推移
◆ガラスびんの出荷状況
◆清涼飲料の容器別生産量とシェア(2002~2003年)

5.注目すべき市場環境
(1)特定保健用食品に関する市場動向
(2)品質・衛生管理に関する動向
(3)環境問題に関する各社取り組み
(4)自動販売機を巡る市場環境
◆2003~2004年のトピックス


第Ⅱ章 品目別市場規模・シェア


■品目別市場規模・シェア推移
飲料品目別市場動向
コーヒードリンク
レギュラーコーヒー
インスタントコーヒー
紅茶ドリンク
ウーロン茶
日本茶ドリンク
ミネラルウォーター
栄養ドリンク
コーラ
天然果汁
果汁入り飲料
スポーツドリンク
野菜ジュース
飲用牛乳
ココア
乳酸菌飲料


第Ⅲ章 有力飲料メーカーの動向


企業研究編
コカ・コーラウエストジャパン(株)
東京コカ・コーラボトリング(株)
コカ・コーラ セントラル ジャパン(株)
近畿コカ・コーラボトリング(株)
サントリーフーズ(株)
キリンビバレッジ(株)
森永乳業(株)
明治乳業(株)
日本ミルクコミュニティ(株)
(株)伊藤園
アサヒ飲料(株)
大塚製薬(株)
ダイドードリンコ(株)
(株)ヤクルト本社
カルピス(株)
UCC上島珈琲(株)
味の素ゼネラルフーヅ(株)
カゴメ(株)
日本たばこ産業(株)
サッポロ飲料(株)
グリコ乳業(株)
(株)ポッカコーポレーション
協同乳業(株)
三井農林(株)
キーコーヒー(株)
タカナシ乳業(株)
宝酒造(株)
ハウス食品(株)
和光堂(株)
(株)紀文フードケミファ
サンスター(株)
日本ルナ(株)
日本リーバ(株)

その他関連資料
□飲料の一世帯当りの年間品目別支出金額(全国)
□清涼飲料の世帯当り月別支出割合の変化
□飲料類の支出金額順都市名(2003年)
□果汁・飲料の輸出・輸入実績推移
□自動販売機普及台数及び年間自販金額
□機種別普及状況

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。