有力企業の農業参入動向

発刊日
2005/12/16
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 162頁
資料コード
C47112600
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
(準備中)の「目次をダウンロード」「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。

調査資料詳細データ

リサーチ内容

〔1〕.農業を取り巻く環境
~輸入野菜の増勢、弱体化する国内農業 農業の法人化に活路~

(1)日本の農業の現状
~輸入野菜の増勢、農業総産出額は減少傾向。弱体化する国内農業への民間参入に期待~
(2)農業に関する規制緩和の流れ
~段階的な規制緩和により民間企業に農業の門戸を徐々に開放~
(3)農業生産法人数の推移
~農業生産法人数が増加傾向。農事者の法人化が加速傾向~
(4)農林水産省'低コスト植物工場'への取組み
~ハウス建設費用で植物工場の実現を目指す~

〔2〕.企業の農業参入

~新規事業の創出、優良野菜の確保、システム販売等が農業参入の目的~

(1)企業の農業ビジネス参入スタイル
~参入目的により土地利用、施設栽培を選択~
-1.土地利用型
-2.施設栽培型
■植物工場事例:キユーピー(株)「TSファーム」
■完全制御型植物工場リスト
■太陽光併用型植物工場リスト
(2)参入企業事例に見る農業取り組み状況
-1.事業内容・生産品目
-2.参入の経緯・目的
-3.流通先・販売チャネル
-4.野菜生産の現況
-5.生産方法・ノウハウ
-6.今後の課題・目標

〔3〕.企業動向事例集


<土地利用型>
■ワタミ(株)
~自社農場栽培有機栽培農産物をグループ内、小売用に供給~
■キューサイ(株)
~キューサイファームにて無農薬ケールを栽培。無農薬ケール栽培にこだわり~
■(有)阪急泉南グリーンファーム
~阪急百貨店が農業生産法人を設立し、安全野菜を生産・販売~
<施設栽培型>
■JFEライフ(株)
~鉄鋼大手JFEグループ。鉄鋼メーカーのDNAを活かした野菜づくり~
■カゴメ(株)
~オリジナル品種を一般、業務用に提供。04年度生鮮事業売上高約35億円にまで成長。~
■GOKOアグリファクトリ(株)
~長野県に10億円を投じガラス張り温室の野菜生産工場を設置。養液栽培でトマトを生産~
■(株)ラプランタ
~サラダ野菜の生産販売。 'ラプランタ式栽培システム'の普及を目指す~
■三洋アグリカルチャー(株)
~三洋電機(株)子会社。葉物野菜の生産・販売。農業トータルソリューション提供を視野に~
<流通等>
■(株)りょくけん
~独自開発の農法「永田農法」で契約農家がつくる
「美味しくて安心、体に良い農作物」を販売~
■オイシックス(株)
~健康にいい野菜を便利に届けるネットスーパー。
2000年に設立、04年度に黒字化を達成~
■(株)パソナ
~東京・大手町の地下でハイテク農業を展開 地方でインターンシップ事業を展開~

〔4〕.高付加価値野菜流通への取組み

~加速する野菜のブランド化~

(1)生産野菜の高付加価値化
~環境保全型農業、独自基準の認定による野菜の高付加価値化が進展~
-1.有機JAS規格制度
-2.特別栽培農産物
-3.独自基準策定による生産の取組み
-4.施設型栽培による減・無農薬栽培
-5.ブランド野菜への取組み
(2)各流通チャネルにおける取組み
~独自の仕入基準、こだわりを明示することで消費者にアピール~
-1.量販店
-2.百貨店
-3.卸売店
-4.食品宅配
-5.八百屋・自然食品店


〔5〕.農業ビジネスの課題と今後の展望
~生産から販売までの一貫した戦略立案が鍵 更なる規制緩和に期待~

(1)参入企業の動向から見る農業ビジネス展開の課題
~優良土壌の確保、コスト削減、有力販路の確保が大きな課題~

(2)農業ビジネスの今後の展望
~企業の農業参入促進には更なる規制緩和が必要~

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。