2006年版 可視光通信システムのアプリケーション展望

本資料のPDF商品の納期は、お申込み後 2週間程度お時間を頂戴します。

可視光通信システムの市場概況、導入ロードマップ、潜在ユーザー動向調査結果ほか/今後のビジネス展開が期待される新技術「可視光通信システム」について調査分析。

発刊日
2006/09/30
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 417頁
資料コード
C48202400
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

198,000
180,000
18,000
396,000
360,000
36,000
594,000
540,000
54,000
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

本資料納期のご案内
Close

本資料のPDF商品の納期は、お申込み後 2週間程度お時間を頂戴します。

リサーチ内容

第Ⅰ章 市場総論

1.現在までの市場概況
(1)可視光通信タグの標準化
(2)関西空港における実証実験
(3)注目技術 -イメージセンサ通信-
2.システムの基本構成と技術動向
(1)可視光通信システムの基本構成と技術動向
(2)照明光の現在(LED・蛍光灯・白熱灯)
(3)PLC(高速電力線通信)の動向
-1.概要
-2.PLCのビジネスモデル
-3.PLCのメリットと課題
-4.国内の動向
-5.海外の動向
(4)学術研究者に聞く(可視光通信コンソーシアム会長 中川正雄教授)
3.利用分野とアプリケーション
(1)照明光
-1.PC・携帯などへのデータ通信
-2.AV伝送
-3.家庭内位置情報
(2)ユビキタス
-1.位置情報
-2.広告分野
-3.空港での利用
-4.マルチリンガル
-5.音楽(アミューズメント)
(3)ITS
都道府県別の信号機LED化状況
4.可視光通信導入ロードマップ
-1.2006年から2008年にかけての可視光通信の動向
-2.2008年から2010年にかけての可視光通信の動向
-3.2010年以降の可視光通信の動向
-4.可視光通信の当面の目標と課題
5.可視光通信の研究企業(調査企業)一覧

6.研究企業の当ビジネスへの参加(参入)の経緯

7.研究企業(調査企業)の展開事業分野

8.主要開発製品とシステム概要

9.可視光通信ビジネスへの見解

10.取組動向

11.有望アプリケーション(サービス)

12.無線など他の通信方法への影響と位置付け

13.普及促進政策

14.ターゲットユーザー(アプリケーション)

15.標準化への見方

16.価格政策と低価格化のポイント

17.アプリケーション開発の主要テーマ

18.他社との差別化戦略

19.市場業界動向

20.現状の課題・問題点

21.今後の市場見通しと市場拡大のシナリオ


第Ⅱ章 潜在ユーザー調査動向

1.調査企業一覧
(1)美術館・博物館分野
(2)交通広告分野
(3)医療分野
(4)倉庫・工場分野
(5)流通・小売分野
(6)自治体分野

2.可視光通信の認知度

3.LED照明の導入状況
(1)LED照明の導入状況
(2)LED照明を導入した理由
(3)今後、LED照明の導入意向
4.美術館・博物館におけるアプリケーションニーズ
(1)現在、館内において各アプリケーションの実施方法
(2)各アプリケーションにおける可視光通信の導入意向
(3)各アプリケーションを可視光通信として利用する場合、重視すること
5.交通広告におけるアプリケーションニーズ
(1)設置広告から詳細な広告を流すサービスの実施状況
(2)広告から詳細情報を流すサービスとして可視光通信の導入意向
(3)広告の詳細情報を流すサービスとして、可視光通信を利用した場合重視すること
6.医療分野におけるアプリケーションニーズ
(1)現在、病院内において各アプリケーションの実施方法
(2)各アプリケーションにおける可視光通信の導入意向
(3)各アプリケーションを可視光通信として利用する場合、重視すること
7.倉庫・工場におけるアプリケーションニーズ
(1)倉庫・工場内において、モノ・従業員の位置情報の実施方法
(2)位置情報を把握するシステムとしての可視光通信の導入意向
(3)位置情報を把握するシステムとして、可視光通信を利用した場合重視すること
8.流通・小売業におけるアプリケーションニーズ
(1)店舗内において、商品の詳細情報を流すサービスの実施方法
(2)商品の詳細情報を流すサービスとして可視光通信の導入意向
(3)商品の詳細情報を流すサービスとして、可視光通信を利用した場合重視すること
9.自治体におけるアプリケーションニーズ
(1)屋外において防災情報や位置情報を流すサービスの実施方法
(2)防災情報や位置情報を流すサービスとして可視光通信の導入意向
(3)防災情報や位置情報を流すサービスとして、可視光通信を利用した場合重視すること

第Ⅲ章 潜在ユーザー個別企業実態調査票

1.美術館・博物館分野
東京国立博物館
三重県立美術館
名古屋市博物館
京都国立近代美術館
細見美術館
徳島県立博物館
篠山市立歴史美術館
広島県立美術館
思文閣美術館
愛媛県歴史文化博物館
京都大学総合博物館
京都市青少年科学センター
国立国際美術館
神戸海洋博物館
大阪市立住まいのミュージアム
神戸市立青少年科学館
大鳴門橋記念館
大阪歴史博物館
大津市歴史博物館
市立長浜城歴史博物館
2.交通広告分野
江ノ電商事 株式会社
株式会社 ゆりかもめ
関東鉄道 株式会社
株式会社 京急アドエンタープライズ
財団法人 札幌市交通事業振興公社
埼玉新都市交通 株式会社
埼玉高速鉄道 株式会社
東京都交通局
株式会社 北海道ジェイ・アール・エージェンシー
仙台市交通局
京阪電気鉄道 株式会社
株式会社 ジェイアール東海エージェンシー
名古屋市交通局
大阪モノレールサービス 株式会社
横浜新都市交通 株式会社
株式会社 東急エージェンシー
小田急電鉄 株式会社
株式会社 京王エージェンシー
西武鉄道 株式会社
株式会社 京成エージェンシー
3.医療分野
医療法人 医真会 八尾総合病院
社団法人 北里研究所 北里研究所病院
特定医療法人 大坪会東和病院
医療法人 清恵会 清恵会病院
大阪厚生年金病院
医療法人 藤井会 石切生喜病院
箕面市立病院
市立枚方市民病院
公立阿伎留病院
日本赤十字社東京都支部 武蔵野赤十字病院
青梅市立総合病院
独立行政法人 国立病院機構 大阪医療センター
財団法人 田附興風会 医学研究所北野病院
特定医療法人 きつこう会 多根総合病院
市立吹田市民病院
医療法人 仙養会 北摂総合病院
東京都立墨東病院
医療法人 三世会 河内総合病院
財団法人 阪南医療福祉センター 阪南中央病院
東京都立府中病院
4.倉庫・工場分野
森本倉庫 株式会社
株式会社 杉村倉庫
ホクト 株式会社
オカモト 株式会社
世界長 株式会社
琉球中央倉庫 株式会社
不二ラテックス 株式会社
諏訪倉庫 株式会社
伊藤ハム 株式会社
アイシン精機 株式会社
カネコ種苗 株式会社
マルハ 株式会社
株式会社 極洋
株式会社 ニチロ
キユーピー 株式会社
株式会社 サカタのタネ
雪印乳業 株式会社
新生倉庫運輸 株式会社
藤倉ゴム工業 株式会社
昭和ゴム 株式会社
5.流通・小売分野
株式会社 エブリワン
株式会社 川徳
株式会社 イズミ
株式会社 大丸ピーコック
株式会社 阪神百貨店
株式会社 ダイエー
株式会社 近鉄百貨店
株式会社 京阪百貨店
株式会社 山形屋
株式会社 遠鉄百貨店
株式会社 山陽百貨店
株式会社 丸榮
株式会社 大和
株式会社 トキハ
株式会社 井筒屋
株式会社 ラルズ
株式会社 カスミ
株式会社 ハセガワストア
東日本キヨスク 株式会社
株式会社 JR西日本デイリーサービスネット
6.自治体分野
徳島市役所
下関市役所
山口市役所
福山市役所
倉敷市役所
岡山市役所
市原市役所
茨木市役所
八尾市役所
浜松市役所
大津市役所
鳥取市役所
藤沢市役所
旭川市役所
青森市役所
柏市役所
いわき市役所
川越市役所
横須賀市役所
松山市役所

第ⅠⅤ章 主要関連システムの市場動向

1.RF-ID市場
(1) RF-ID市場
(2)国内RF-ID(無線ICタグ)の総市場規模推移と需要予測
(3)国内RF-ID(無線ICタグ)の需要分野別構成比推移(数量)
2.移動体通信市場
(1)2004年度 2005年度の加入動向
(2)2005年度携帯電話端末(PDC、PHS)の出荷見込みについて
(3)カメラ搭載携帯電話の出荷動向
(4)モバイルFeliCa対応携帯電話の出荷動向
(5)音楽再生対応携帯電話の出荷動向
3.LED市場
(1)LED市場規模推移
(2)レーザダイオード市場規模推移
4.照明市場
(1)2004年の市場規模は8,566億円になると推定
(2)建物用途別の市場規模シェアでは、住宅用が33.0%で最も高い
(3)販売チャネル別の市場規模シェアでは、卸売ルートが73.8%で最も高い
(4)電設資材卸業者における建物用途別の注力度が高いのは住宅用途
(5)照明にこだわる消費者が商品探索によく活用するのは家具・インテリアショップ
5.ブロードバンド市場
(1)ブロードバンド回線普及の傾向
(2)インターネット接続 回線種別普及予測
(3)インターネット接続 回線種別 加入者年純増数の推移

第Ⅴ章 個別企業実態調査票
アバコ・テクノロジー 株式会社
NECライティング 株式会社
カシオ計算機 株式会社
KDDI 株式会社
ソニー 株式会社
東京電力 株式会社
株式会社 東芝
豊田合成 株式会社
株式会社 中川研究所
日本信号 株式会社
日本電気 株式会社
浜松ホトニクス 株式会社
松下電工 株式会社

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

198,000
180,000
18,000
396,000
360,000
36,000
594,000
540,000
54,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。