2007年版 病院設備機器市場の現状と将来展望

本資料のPDF商品の納期は、お申込み後 2週間程度お時間を頂戴します。

発刊日
2007/06/05
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 312頁
資料コード
C48205300
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

121,000
110,000
11,000
242,000
220,000
22,000
363,000
330,000
33,000
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

本資料納期のご案内
Close

本資料のPDF商品の納期は、お申込み後 2週間程度お時間を頂戴します。

リサーチ内容

PartⅠ 病院設備機器市場の動向と展望

§1.薬事工業生産動態統計推移
  • 病院設備機器関連製品
  • 2004年施設用機器(吸入・吸引機含)国内出荷金額は260億57百万円
§2.病院設備機器の市場展望
病院設備機器市場の背景
○医療施設及び病床数
○病院の特殊設備保有状況と麻酔手術の実施状況
○病院機能別の収支状況
○療養病床の再編問題
○医療施設PFI
§3.病院設備機器の設備対象別市場展望
1.院内管理システム
2.手術室・中央材料室関連設備機器
3.調剤機器・その他
§4.調査品目における市場予測
  • 2006年度15項目 HIS(院内情報システム)を除く14項目26製品では514億42百万円市場(院外薬局向け分包器含む)
  • 調査品目における数量ベース市場推移
  • 調査品目における金額ベース市場推移
  • 品目別マーケットリーダー
  • 主要15項目における病院設備機器 分野別市場金額推移
  • 調査品目における病院設備機器分野別市場
  • 参考資料:病院新・改築(予定)状況一覧表

PartⅡ 病院設備機器別市場推移及び展望

§1.HIS オーダリングシステム・電子カルテ・医療情報システム他
  • オーダリングシステムは、2006年12月末時点で、1,730施設にて稼動、市場規模は414億20百万円に
  • オーダリングシステム 参入企業状況
  • オーダリングシステム金額市場推移
  • 電子カルテ・その他医療情報システム市場
1.電子カルテ
○大規模電子カルテ
○中規模電子カルテ
○小規模電子カルテ
2.医事会計システム
3.医用画像システム
4.RIS(放射線情報システム)
5.臨床検査システム
6.看護支援システム
7.物品管理システム
8.その他医療情報システム
§2.カルテ管理システム
  • 2006年度は330台の13億40百万円の市場に縮小、無接点LED式は297台 機械式は33台に
§3.洗浄機・ウォッシャーディスインフェクター
  • 洗浄機トータル市場 2006年度は70億97百万円市場に 院内感染防止対策反映し拡大続く
  • 洗浄機トータル市場
  • ジェットウォッシャー
  • ジェットウォッシャータイプ 2006年度660台、24億31百万円の市場
  • 超音波洗浄器市場
  • 2006年度155台・8億62百万円
  • 内視鏡洗浄機
  • 2005~2006年度では 3,080台強~3,150台強、販売中止相次ぐ
  • 病棟用汚染物処理洗浄市場
  • 2006年度850台・9億46百万円市場に拡大 モレーンコーポレーションがGetinge社製「Ninjo」
§4.滅菌器
滅菌TOTAL市場
2006年度 ほぼ横ばいの12,555台・13,413百万円市場に
1.高圧蒸気滅菌器(大型)
  • サクラ精機、三浦プロテック、ウドノ医機3社での市場形成、
  • 2006年度は765台・54億85百万円
2.高圧蒸気滅菌器(中・小型)
  • 2006年度10,104台・32億57百万円市場に
  • エルクコーポレーション、ユヤマ、高園産業の3社数量ベースでのシェア 50%超
3.EOG滅菌器(大型)
  • 中・小型のEOG滅菌器へシフトする施設もあり、市場は微減傾向が続く
4.EOG滅菌器(中・小型)
  • 2006年度 1,256台・11億73百万円市場、台数は減少もEOG装置は順調に推移
5.低温プラズマ滅菌器
  • J&J「ステラッド」 2005年12月末で、累計台数は1,400台を超える
§5.殺菌装置
1.空気殺菌・脱臭装置市場
  • 2006年度は2,447台・10億29百万円に
  • クラレメディカルは販売移管、ノリタケカンパニーに撤退
2.ホルマリン、その他の殺菌装置
  • ホルマリン殺菌器市場 2006年度 148台4億4百万円の市場
3.殺菌灯ロッカー
  • 年間約3,940台、8億62百万円
  • 参考資料:院内で使用される空気清浄・脱臭装置、システム市場
  • 参考資料:日本医療福祉設備境界規格「病院空調設備の設計指針」より
  • 清浄度クラスと換気条件(代表例)
§6.手術用照明灯
  • 手術照明灯市場、山田医療照明がシェア挽回 2006年3月に「プラネット」投入
  • 参入各メーカーは手術システム構築、手術室トータルコーディネート体制を強化
§7.ヘッドライトシステム
  • ヘッドライトシステム市場は縮小、ポータブルLEDライト市場は拡大に
  • 参考:ポータブルLEDヘッドライトメーカー(発売元)別実績推移及び予測
§8.手術台
  • 2006年度 手術台トータル市場は1,311台・47億47百万円市場に、瑞穂医科工業がトップシェア
  • Hi-end市場
  • 2006年度:329台・25億29百万円市場に拡大
  • マッケジャパンがシェアトップ
  • Middle-end市場
  • 2006年度は571台・17億21百万円の市場
  • Low-end市場
  • 2006年411台、4億97百万円の市場に縮小 合計4社が参入
  • 参考:手術部の人・物品の一般的な動き
§9.シーリングアーム
  • 2006年度697台17億19百万円市場 瑞穂医科工業が新規参入、
  • エア・ウォーター防災はHeraus
  • 小池メディカルがBerchtod製品を取り扱い開始
  • ICU・NICU向けサプライユニット市場
  • 2006年度 245台、ドレーゲルメディカルがトップシェアに
§10.医療用殺菌水装置(医療用手洗い装置)
  • 2006年度は18億39百万円に縮小へ、UF・MF方式では大研医器が34.4%のシェアを確保
  • RO方式では、三菱レイヨンエンジニアリングが圧倒的なシェアを維持
  • ROセントラル方式
  • 2006年度主要3社で24システム、8億90百万円市場、三菱レイヨンエンジニアリングが金額ベースで84.3%とトップシェア続く
  • UF・MF方式:市場規模縮小続く
  • 2006年度は800台市場に
§11.薬剤分包器
  • 2006年度 分包器トータル市場は10,128台、71億84百万円の市場形成
  • 錠剤市場
  • 2006年度 625台・11億43百万円の市場形成
  • 散剤市場
  • 2006年度 9,503台 60億41百万円市場
  • 参考資料:医薬分業動向関連
§12.薬袋印字システム
  • 薬袋印字システム
  • 2006年度は760台・16億12百万円で推移
§13.ストレッチャー
  • ストレッチャー市場 ベッド製造企業を中心に2006年度14,500台・24.5億内外の市場
§14.自動再来受付機
  • 自動再来受付機市場
  • 2006年度は965台・21億21百万円市場に拡大
  • PFUがトップシェアを維持 日本データカード、ユニコテクノス、アルメックスが第2グループを形成
§15.自動精算機
  • 自動精算機市場 2006年度414台・15億73百万円市場に拡大
  • 参考資料:デビットカード導入病院一覧表(日本デビットカード推進協議会 HPより抜粋)

PartⅢ 参入企業分析
  • アサヒ医科器械(株)
  • (株)アサヒ電子研究所
  • (株)アスカメディカル
  • アトムメディカル(株)
  • (株)アマノ
  • (株)アムコ
  • (株)アルフ
  • アルプ(株)
  • (株)アルメックス
  • (株)イキ
  • (株)イトーキ
  • イナバエンジニアリング(株)
  • (株)イムニス
  • (株)インターメドジャパン
  • 石川島芝浦機械(株) 環境機器部
  • 伊藤忠石油販売(株)
  • (株)岩城器材
  • ウェルチ・アレン・ジャパン(株)
  • (株)ウドノ医機
  • (株)エア・ウォーター
  • エア・ウォーター防災(旧 川重防災工業)
  • (株)エムアンドエイチ
  • (株)エムイーテクニカ
  • (株)エムエス
  • エルクコーポレーション(株)
  • 荏原実業(株)
  • オカダGAJ(株)
  • オリオン電機(株)
  • オリンパスメディカルシステムズ(株)
  • 小川医理器(株)
  • 沖電気工業(株)
  • (株)カイゲン
  • ガデリウム(株)(旧 マンソン)
  • (株)柿沼製作所
  • (株)環境改善計画
  • (株)キーラー・アンド・ワイナー
  • 共和医理科(株)
  • (株)クマヒラ
  • クラレトレーディング(株)
  • グローリー(株)
  • ゲティンゲ・ジャパン
  • コスモテック(株)
  • (株)小池メディカル
  • 興研(株)
  • (株)工進
  • 小西医療器(株)
  • 小林記録紙(株)
  • 三協エアテック(株)
  • サクラ精機(株)
  • 三東医科工業(株)
  • 三洋電機(株) バイオメディカ事業部
  • (株)システムアンドコントロールジャパン
  • シャープマニファクチュアリングシステム(株)
  • (株)ジェイエスエス
  • (株)ジェイメック
  • ジョンソン・エンド・ジョンソン(株)
  • 島津エス・ディー(株)
  • (株)島津製作所
  • 昭永産業(株)
  • スリーエムヘルスケア(株)
  • (株)セントラルユニ
  • (株)精研
  • 泉工医科工業(株)
  • ソフトマックス(株)
  • タカラベルモント(株)
  • (株)タマノ
  • 第一照明(株)
  • 大研医器(株)
  • 高園産業(株)
  • (株)竹内製作所
  • (株)トーショー
  • (株)トップ
  • トノクラ医科工業(株)
  • (株)トミー精工
  • (株)ドッドウエル ビー・エム・エス
  • ドレーゲル・メディカル ジャパン(株)
  • (株)東機貿
  • 東急車輛製造(株)
  • 東西化学産業(株)
  • (株)東邦製作所
  • 東邦薬品(株)
  • 東洋ネットワークシステムズ(旧 トヨコムネットワークシステムズ)
  • 東洋紡エンジニアリング(株)
  • 永島医科器械(株)
  • (株)ニチオン
  • 西川産業(株)
  • 日本ストライカー(株)
  • 日本データカード(株)
  • 日本ファイリング(株)
  • 日本ライト(株)
  • (株)日本医化器械製作所
  • パラマウントベッド(株)
  • (株)ピーエフユー
  • (株)平山製作所
  • フクダ電子(株)
  • 不二光学機械(株)
  • マッケ・ジャパン(株)
  • (株)松永製作所
  • (株)三浦プロテック(旧 三浦工業(株))
  • 三田理化工業(株)
  • 三菱レイヨン・エンジニアリング(株)
  • 瑞穂医科工業(株)
  • 美和医療電機(株)
  • 村中医療器(株)
  • (株)メディエート
  • (株)メルシャンクリンテック
  • モイス研究所(株)
  • (株)モレーコーポレーション
  • 山田医療照明(株)
  • ユニコテクノス(株)(旧 ユニコムオートメーション(株))
  • (株)ユヤマ(旧 (株)湯山製作所)

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

121,000
110,000
11,000
242,000
220,000
22,000
363,000
330,000
33,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。