2011 クラウドコンピューティング市場-現状と今後の展開予測-

クラウドコンピューティングの実態についてユーザアンケートとベンダインタビューの両面から調査。ユーザニーズ動向ではユーザ企業内に構築するプライベートクラウド、ベンダのデータセンタ内に構築するプライベートクラウド、パブリッククラウドという切り口で調査。また、国内IaaSベンダの取り組み動向などをインタビューし、直近のクラウドの現状と今後の予測を徹底分析。

発刊日
2011/01/31
体裁
A4 / 225頁
資料コード
C52115700
PDFサイズ
3.3MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

162,000
150,000
12,000
162,000
150,000
12,000
194,400
180,000
14,400
324,000
300,000
24,000
356,400
330,000
26,400

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:国内のクラウドコンピューティング市場を把握するため、ユーザー企業のクラウドコンピューティング利用動向などについてアンケート調査を実施した。またクラウドインテグレーションやIaaS、PaaS、SaaSを提供するベンダーの調査を実施した。上記調査を通じ、クラウドコンピューティングの現状及び将来動向について、アウトラインを策定することを目的としている。
調査方法:ユーザー企業への郵送アンケート調査、クラウドコンピューティングベンダーへの直接面談調査
調査期間:アンケート調査 2010年5月、市場調査・分析 2010年10月~2011年1月

リサーチ内容

■本資料のポイント

  • インターナルプライベートクラウド、エクスターナルプライベートクラウド別のユーザー利用状況や利用意向、想定投資額などを調査。
  • ホスティングサービスなど既存サービスとクラウドコンピューティングの違いを明確化。そのコアベネフィットに注目したユーザーニーズ調査を実施。
  • クラウド事業を展開するSIerなどの取り組み実態を詳細に研究。

■本資料の概要

Ⅰ 総論
Ⅱ アンケート結果の分析
Ⅲ 各社の戦略

■掲載内容

Ⅰ 総論

1. 2011年 クラウドのテーマは「社会」をどう変えるかに
  1.1. テーマは「クラウドが社会へ与える影響」に
    1.1.1. クラウド時代のビジネスモデルは固まった
    図表 1 クラウドに関するテーマの変化
    図表 2 クラウド転換によるビジネスの変化
    1.1.2. 「クラウドの構築」から「クラウドの活用」へ
  1.2. 再整理が必要なクラウドコンピューティングの定義
    1.2.1. 複合的なメリットが混乱の原因
    1.2.2. 俊敏性・柔軟性がテクノロジー目線からの特徴
    図表 3 ITアウトソーシングのトレンドのなかのクラウド
    1.2.3. これからはユーザー目線でクラウドの整理が必要に
    図表 4 視点の違いによるクラウドイメージの差
    1.2.4. クラウドのメリットは必須ではない
    図表 5 クラウドの特徴に対するニーズ
    1.2.5. テクノロジーはコモディティ化する
    1.2.6. クラウド活用が焦点に
  1.3. クラウドが社会を進化させる
    1.3.1. クラウドの真価はこれから問われる
    1.3.2. クラウド利活用の時代-主役はインフラベンダーからSIerに
    図表 6 クラウドに関するテーマの変化(再掲)
    図表 7 ベンダーのクラウドに対する考え方
2. クラウドコンピューティングの分類
  2.1. プライベートは企業内部と企業外部に
    図表 8 クラウドコンピューティングの分類
  2.2. IaaS/PaaS/SaaSの区分は賞味期限切れか
3. クラウドコンピューティング市場の実態
  3.1. クラウド市場概況
    3.1.1. コスト削減を狙いプライベートクラウドが注目の市場に
    3.1.2. 2010年は国産パブリッククラウド元年
  3.2. 国産IaaSの評価
  3.3. ハイブリッドは発展途上も確実に進展
    3.3.1. 確実に進展するハイブリッドクラウドとクラウド間連携
    図表 9  日本ユニシス「プライベート・コネクション」
    3.3.2. 立場により異なるハイブリッドクラウドへの接し方
    図表 10 クラウド利用/提供 ベンダー区分
  3.4. インターナルプライベートクラウド市場規模
    3.4.1. 2010年のインターナルプライベートクラウド市場は640億円に
    図表 11 インターナルプライベートクラウド市場規模予測(2010見込~2015予測)
    3.4.2. 早い段階で競争激化になる可能性
    図表 12 仮想化・クラウド二つの成長曲線
    図表 13 自社クラウド基盤構築予算イメージ
    図表 14 従業員規模別 自社クラウド基盤構築予算イメージ

Ⅱ アンケート結果の分析

1. アンケートについて
  1.1. アンケート実施内容
2. クラウドコンピューティングの認知と利用
  2.1. クラウドコンピューティングの認知率 ―高いクラウド認知も理解浸透にはまだ時間が必要
    図表 15 クラウドコンピューティングの認知状況
    図表 16  売上高規模別 IaaS・PaaS・SaaSの認知度
  2.2. 利用率および利用意向 ―インターナルプライベートクラウドが先行
    図表 17 クラウドコンピューティングの利用状況と利用意向
    図表 18 従業員別関心度(インターナル、エクスターナル、パブリック)
  2.3. 利用開始時期
    2.3.1. 3年内には大幅な進展がみられそう
    図表 19 クラウドの利用時期
    図表 20 利用を開始する予定
    図表 21 平均導入時期(インターナル、エクスターナル、パブリック)
    2.3.2. インターナルプライベートクラウドの予算動向
    図表 22 業種別 自社クラウド基盤構築予算イメージ
    図表 23 従業員規模別 自社クラウド基盤構築予算イメージ
  2.4. クラウド移行割合 ―システムの30%が上限
    図表 24 クラウド移行割合
    図表 25 クラウド移行割合
  2.5. まとめ
    図表 26 関心有無→利用時期へのユーザー割合の流れ
3. クラウドのコアベネフィットに対するニーズ
  3.1. 俊敏性・柔軟性に対するニーズ
    図表 27 クラウドの特徴に対するニーズ
    図表 28 業種別 クラウド特徴(迅速な利用・解約)
    図表 29 業種別 クラウド特徴(迅速なストレージ容量変更)
    図表 30 業種別 クラウド特徴(必要な分だけコスト負担)
4. 基幹系SaaSの今後の進展について
  4.1. 2008年9月実施アンケート 回答企業のプロフィール
    4.1.1. 業種(2008年調査)
    4.1.2. 従業員数(2008年調査)
    4.1.3. 売上高規模(2008年調査)
  4.2. SaaSの認知度 ―認知度は高まるが上昇率は弱い
    図表 31 SaaSの認知度(2008/2010)
  4.3. 基幹システムのSaaS利用 ―少しずつだが着実に増加
  4.4. 基幹システムのSaaS利用 検討する理由
  4.5. 基幹システムのSaaS利用 検討しない理由
  4.6. 基幹システムのSaaS利用開始時期 ―2011~2012がベンダー選定時期になるか

Ⅲ 各社の戦略

株式会社インターネットイニシアティブ
  IIJ GIOサービスメニュー
  図表 32 IIJ GIOサービスメニュー
  急伸するIaaS「ホスティングパッケージ」
  図表 33 ホスティングパッケージ プラン一覧
  地理的優位性とテクノロジーで差別化を狙う
  クラウドにより新規ユーザの獲得も
  ハイブリッドクラウドに対する考え
  インフラベンダーとして明確なポジショニング
株式会社CSK
  CSKが目指すハイブリッドクラウド
  CSKのクラウドメニュー
  図表 34 ハイブリッドクラウドのアーキテクチャ
  CSKのクラウド戦略と同社の強み
ソフトバンクテレコム株式会社
  ホワイトクラウドを新たな柱に
  サービスラインアップ
  図表 35 ホワイトクラウド サービスラインアップ
  自らがファーストユーザー
  デスクトップサービスが堅調
  マーケティングツールとしてのホワイトクラウド
  システム特性により使い分けるハイブリッドクラウドに
ニフティ株式会社
  順調なスタートを切ったニフティクラウド
  ゲームやSNSなどエンターテイメント系が先行
  エンタープライズ系の開拓が今後の狙い
  クラウドならではの利活用が今後の課題
  ハイブリッドクラウドへの対応
日本アイ・ビー・エム株式会社
  グローバル・スケールを活かしたIaaSの提供を開始
  図表 36 IBM 共通パブリック・クラウド基盤の概念図
  図表 37 クラウド・データセンタの拠点
  クラウド基盤上で展開されるサービス
  適用業務に応じたクラウドサービスを提供
  昨今の市況
  CAST IRON社の買収でハイブリッドも充実
日本ユニシス株式会社
  日本ユニシスのICTサービス
  図表 38 日本ユニシス クラウドサービス全体像
  伸びるIaaSと徐々に実現するハイブリッドクラウド
  図表 39
  ICTホスティングサービスの全体像
  図表 40  エクスターナルプライベートクラウド
  クラウドにおける課題
  クラウドが変える業界構造
株式会社日立情報システムズ
  日立情報システムズのクラウドサービス
  図表 41 クラウドソリューション体系
  プライベートクラウドが伸張
  オンデマンドサービスは付帯サービスを含めた提供に
  ハイブリッドクラウドやNWに関する今後の課題など
株式会社日立製作所
  Harmonious Cloudのコンセプト
  金額ではプライベート・件数ではパブリック
  2012年にはハイブリッドクラウドが本格化
  図表 42 日立が考えるクラウドの進化
  ハイブリッドクラウドの課題
  ミッションクリティカル領域へのクラウド適用を目指す
富士ソフト株式会社
  富士ソフトのクラウドインテグレーションサービス
  図表 43 富士ソフトのクラウドインテグレーション メニュー
  Google・Microsoftの両方を提供
  エクスターナルプライベートクラウド基盤の構築へ
  IaaS/PaaSを利用するクラウドインテグレーターへ
富士通株式会社
  富士通の多彩なクラウドサービスラインアップ
  来年度には本格化する見通し
  ユーザーのニーズ動向
  パブリックからプライベートまで全方位提供
  各種連携が進みハイブリッドクラウドも現実のものに
  社会に役立つクラウドを目指す
  図表 44 価値創造型ICT基盤 概念図
みずほ情報総研株式会社
  みずほ情報総研のクラウドビジネス
  みずほFG向けSalesforce CRMから発展
  ハイブリッドクラウドの意義
  クラウドコンピューティングがSIerに与える影響
  競争激化になるほど経験が生かせる市場に

Ⅳ 集計表

1. プロフィール
  1.1. 業種
    1.1.1. 売上高規模別 業種
    1.1.2. 従業員規模別 業種
  1.2. 売上高規模
    1.2.1. 業種別 売上高規模
    1.2.2. 従業員規模別 売上高規模
  1.3. 売上高(2010年度予想)
    1.3.1. 業種別 売上高規模(2010年度予想)
    1.3.2. 従業員規模別 売上高規模(2010年度予想)
  1.4. 従業員数規模
    1.4.1. 業種別 従業員規模
    1.4.2. 売上高規模別 従業員数規模
  1.5. IT関連要員数規模
    1.5.1. 業種別 IT関連要員数規模
    1.5.2. 売上高規模別 IT関連要員数規模
    1.5.3. 従業員規模別 IT関連要員数規模
  1.6. 上場有無
    1.6.1. 業種別 上場有無
    1.6.2. 売上高規模別 上場有無
    1.6.3. 従業員規模別 上場有無
  1.7. サーバ台数
    1.7.1. 業種別 サーバ台数(平均)
    1.7.2. 売上高規模別 サーバ台数(平均)
    1.7.3. 従業員規模別 サーバ台数(平均)
2. クラウド認知度
  2.1. 認知度
  2.2. 認知度(クラウドコンピューティング)
    2.2.1. 業種別 認知度(クラウドコンピューティング)
    2.2.2. 売上高規模別 認知度(クラウドコンピューティング)
    2.2.3. 従業員規模別 認知度(クラウドコンピューティング)
  2.3. 認知度(IaaS)
    2.3.1. 業種別 認知度(IaaS)
    2.3.2. 売上高規模別 認知度(IaaS)
    2.3.3. 従業員規模別 認知度(IaaS)
  2.4. 認知度(PaaS)
    2.4.1. 業種別 認知度(PaaS)
    2.4.2. 売上高規模別 認知度(PaaS)
    2.4.3. 従業員規模別 認知度(PaaS)
  2.5. 認知度(SaaS)
    2.5.1. 業種別 認知度(SaaS)
    2.5.2. 売上高規模別 認知度(SaaS)
    2.5.3. 従業員規模別 認知度(SaaS)
  2.6. 認知度(プライベートクラウド)
    2.6.1. 業種別 認知度(プライベートクラウド)
    2.6.2. 売上高規模別 認知度(プライベートクラウド)
    2.6.3. 従業員規模別 認知度(プライベートクラウド)
  2.7. 認知度(パブリッククラウド)
    2.7.1. 業種別 認知度(パブリッククラウド)
    2.7.2. 売上高規模別 認知度(パブリッククラウド)
    2.7.3. 従業員規模別 認知度(パブリッククラウド)
3. クラウドの利用状況
  3.1. 関心度(自社クラウド基盤活用)【SA】
    3.1.1. 業種別 関心度(自社クラウド基盤活用)
    3.1.2. 売上高規模別 関心度(自社クラウド基盤活用)
    3.1.3. 従業員規模別 関心度(自社クラウド基盤活用)
  3.2. 利用開始時期(自社クラウド基盤)【SA】
    3.2.1. 業種別 利用開始年(自社クラウド基盤)
    3.2.2. 売上高規模別 利用開始年(自社クラウド基盤)
    3.2.3. 従業員規模別 利用開始年(自社クラウド基盤)
  3.3. 予算イメージ(自社クラウド基盤)
    3.3.1. 業種別 予算イメージ(自社クラウド基盤)
    3.3.2. 売上高規模別 予算イメージ(自社クラウド基盤)
    3.3.3. 従業員規模別 予算イメージ(自社クラウド基盤)
  3.4. 構築期間イメージ(自社クラウド基盤)
    3.4.1. 業種別 構築期間イメージ(自社クラウド基盤)
    3.4.2. 売上高規模別 構築期間イメージ(自社クラウド基盤)
    3.4.3. 従業員規模別 構築期間イメージ(自社クラウド基盤)
  3.5. 関心度(ITベンダのクラウド基盤活用)【SA】
    3.5.1. 業種別 関心度(ITベンダのクラウド基盤活用)
    3.5.2. 売上高規模別 関心度(ITベンダのクラウド基盤活用)
    3.5.3. 従業員規模別 関心度(ITベンダのクラウド基盤活用)
  3.6. 利用開始年(ITベンダのクラウド基盤)【SA】
    3.6.1. 業種別 利用開始年(ITベンダのクラウド基盤)
    3.6.2. 売上高規模別 利用開始年(ITベンダのクラウド基盤)
    3.6.3. 従業員規模別 利用開始年(ITベンダのクラウド基盤)
  3.7. 関心度(パブリッククラウド活用)【SA】
    3.7.1. 業種別 関心度(パブリッククラウド活用)
    3.7.2. 売上高規模別 関心度(パブリッククラウド活用)
    3.7.3. 従業員規模別 関心度(パブリッククラウド活用)
  3.8. 利用開始年(パブリッククラウド活用)【SA】
    3.8.1. 業種別 利用開始年(パブリッククラウド活用)
    3.8.2. 売上高規模別 利用開始年(パブリッククラウド活用)
    3.8.3. 従業員規模別 利用開始年(パブリッククラウド活用)
4. クラウドのコアベネフィットに対するニーズ
  4.1. クラウド特徴(迅速な利用・解約)【SA】
    4.1.1. 業種別 クラウド特徴(迅速な利用・解約)
    4.1.2. 売上高規模別 クラウド特徴(迅速な利用・解約)
    4.1.3. 従業員規模別 クラウド特徴(迅速な利用・解約)
  4.2. クラウド特徴(迅速なストレージ容量変更)【SA】
    4.2.1. 業種別 クラウド特徴(迅速なストレージ容量変更)
    4.2.2. 売上高規模別 クラウド特徴(迅速なストレージ容量変更)
    4.2.3. 従業員規模別 クラウド特徴(迅速なストレージ容量変更)
  4.3. クラウド特徴(必要な分だけコスト負担)【SA】
    4.3.1. 業種別 クラウド特徴(必要な分だけコスト負担)
    4.3.2. 売上高規模別 クラウド特徴(必要な分だけコスト負担)
    4.3.3. 従業員規模別 クラウド特徴(必要な分だけコスト負担)
5. 基幹システムのSaaS利用
  5.1. 基幹システムのSaaS利用【SA】
    5.1.1. 業種別 基幹システムのSaaS利用
    5.1.2. 売上高規模別 基幹システムのSaaS利用
    5.1.3. 従業員規模別 基幹システムのSaaS利用
  5.2. 基幹システムのSaaS利用 検討しない理由【MA】
    5.2.1. 業種別 基幹システムのSaaS利用 検討しない理由
    5.2.2. 売上高規模別 基幹システムのSaaS利用 検討しない理由
    5.2.3. 従業員規模別 基幹システムのSaaS利用 検討しない理由
  5.3. 基幹システムのSaaS利用 検討したい理由【MA】
    5.3.1. 業種別 基幹システムのSaaS利用 検討したい理由
    5.3.2. 売上高規模別 基幹システムのSaaS利用 検討したい理由
    5.3.3. 従業員規模別 基幹システムのSaaS利用 検討したい理由
  5.4. 利用希望時期【SA】
    5.4.1. 業種別 利用希望時期
    5.4.2. 売上高規模別 利用希望時期
    5.4.3. 従業員規模別 利用希望時期
6. 将来のクラウド移行割合
  6.1. クラウド移行割合【SA】
   6.1.1. 業種別 クラウド移行割合
    6.1.2. 売上高規模別 クラウド移行割合
    6.1.3. 従業員規模別 クラウド移行割合
  6.2. アウトソーシングプロセス【SA】
    6.2.1. 業種別 アウトソーシングプロセス
    6.2.2. 売上高規模別 アウトソーシングプロセス
    6.2.3. 従業員規模別 アウトソーシングプロセス
アンケート票

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

162,000
150,000
12,000
162,000
150,000
12,000
194,400
180,000
14,400
324,000
300,000
24,000
356,400
330,000
26,400

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。