2012年版 理化学分析機器に関する市場動向調査

バイオ関連の分析機器市場は、ゲノム解読の完了以降、ポストゲノム領域も含め各方面で発展を遂げてきました。オーダーメイド医療を実現するSNP(一塩基多型)解析、遺伝マーカーの発見、遺伝子をもとにしたゲノム創薬の開発、解読データによる疾病関連遺伝子の発見などゲノミクス分野をはじめ、迅速測定に優れる質量分析装置等を用いた、たんぱく質発現量解析などのプロテオミクス分野、iPS細胞に関する研究が注目を集めるセロミクス分野などで研究開発が進み、各分野の解析装置に関する戦略的ポジションの重要性は高まっています。現在では、細胞・組織または個体レベルでタンパク質などの分布・局在を捉え、その動態を画像として解析するバイオイメージングの利用が、疾病の解明や創薬を目指すライフサイエンス研究領域で急速に発展しており、今後は診断・病理などメディカル領域でさらに応用が進むものと期待されています。このような状況の下、遺伝子解析装置、タンパク解析装置、バイオイメージング関連装置を中心とした理化学分析機器に焦点を当て、市場の最新注目動向をはじめ、分類別にそれぞれの市場規模とメーカーシェア、需要への対応などについて調査・分析を行いました。さらに、参入企業の事業展開、今後の方向性などについて総合的、多角的に捉え、2015年度の市場を展望。マーケットの可能性を提示しました。

発刊日
2011/09/30
体裁
A4 / 191頁
資料コード
C53114800
PDFサイズ
1.8MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

132,000
120,000
12,000
132,000
120,000
12,000
165,000
150,000
15,000
264,000
240,000
24,000
297,000
270,000
27,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象
【遺伝子解析装置】
1.DNAシーケンサー(次世代、キャピラリー) 2.核酸電気泳動装置 3.サーマルサイクラー 4.リアルタイムPCR
【DNAチップ】
5.汎用DNAチップ 6.DNAチップ解析装置
【蛋白解析装置】
7.ペプチドシーケンサー 8.TOF/MS 9.分子間相互作用解析装置 10.蛋白分離クロマトグラフィー
【バイオイメージング装置】
11.セルアナライザー 12.セルソーター 13.イメージングサイトメーター 14.共焦点レーザー顕微鏡
15.ライフサイエンス研究向けAFM 16.実験動物用CT
調査方法:直接・間接調査ならびに弊社保有データおよび公的資料等の分析・編集
調査期間:2011年7月~9月

リサーチ内容

■本資料のポイント

  • 調査対象品目
     ・遺伝子解析装置
      DNAシーケンサ、核酸電気泳動装置、サーマルサイクラー、リアルタイムPCR増幅装置、DNAチップ、
      汎用DNAチップ、DNAチップ解析装置
     ・タンパク解析装置
      ペプチドシーケンサ、TOF-MS、分子間相互作用解析装置、タンパク分離クロマトグラフィー
     ・細胞解析装置
      セルアナライザー、セルソーター、イメージングサイトメーター、共焦点レーザー顕微鏡、
      ライフサイエンス研究向けAFM、実験動物用CT
  • 参入企業の事業展開、今後の方向性などについて総合的、多角的に調査

■本資料の概要

第1章 市場環境編
第2章 製品市場実態編
第3章 理化学分析機器関連企業実態編
図表目次

■掲載内容

第1章 市場環境編

Ⅰ.理化学分析機器の市場概要
  1.理化学分析機器の概要
  2.理化学分析機器市場の動向
  3.理化学分析機器の販売戦略および活動
  4.理化学分析機器の市場展望
Ⅱ.科学研究費の動向
  主要品目メーカーシェアマップ

第2章 製品市場実態編

1.DNAシーケンサー
  (1)参入企業別シェア (2)市場概況 (3)主要参入企業の動向 (4)主要製品概況 (5)今後の市場展望
2.核酸電気泳動装置
  (1)参入企業別シェア (2)市場概況 (3)主要参入企業の動向 (4)主要製品概況 (5)今後の市場展望
3.サーマルサイクラー
  (1)参入企業別シェア (2)市場概況 (3)主要参入企業の動向 (4)主要製品概況 (5)今後の市場展望
4.リアルタイムPCR
  (1)参入企業別シェア (2)市場概況 (3)主要参入企業の動向 (4)主要製品概況 (5)今後の市場展望
5.汎用DNAチップ
  (1)参入企業別シェア (2)市場概況 (3)主要参入企業の動向 (4)主要製品概況 (5)今後の市場展望
6.DNAチップ解析装置
  (1)参入企業別シェア (2)市場概況 (3)主要参入企業の動向 (4)主要製品概況 (5)今後の市場展望
7.ペプチドシーケンサー
  (1)参入企業別シェア (2)市場概況 (3)主要参入企業の動向 (4)主要製品概況 (5)今後の市場展望
8.飛行時間型質量分析装置(TOF/MS)
  (1)参入企業別シェア (2)市場概況 (3)主要参入企業の動向 (4)主要製品概況 (5)今後の市場展望
9.分子間相互作用解析装置
  (1)参入企業別シェア (2)市場概況 (3)主要参入企業の動向 (4)主要製品概況 (5)今後の市場展望
10.蛋白分離クロマトグラフィー
  (1)参入企業別シェア (2)市場概況 (3)主要参入企業の動向 (4)主要製品概況 (5)今後の市場展望
11.セルアナライザー
  (1)参入企業別シェア (2)市場概況 (3)主要参入企業の動向 (4)主要製品概況 (5)今後の市場展望
12.セルソーター
  (1)参入企業別シェア (2)市場概況 (3)主要参入企業の動向 (4)主要製品概況 (5)今後の市場展望
13.イメージングサイトメーター
  (1)参入企業別シェア (2)市場概況 (3)主要参入企業の動向 (4)主要製品概況 (5)今後の市場展望
14.共焦点レーザー顕微鏡
  (1)参入企業別シェア (2)市場概況 (3)主要参入企業の動向 (4)主要製品概況 (5)今後の市場展望
15.ライフサイエンス研究向けAFM
  (1)参入企業別シェア (2)市場概況 (3)主要参入企業の動向 (4)主要製品概況 (5)今後の市場展望
16.実験動物用CT
  (1)参入企業別シェア (2)市場概況 (3)主要参入企業の動向 (4)主要製品概況 (5)今後の市場展望

第3章 理化学分析機器関連企業実態編

(株)アサイラムテクノロジー、アズワン(株)、アフィメトリクス・ジャパン(株)、(株)イニシアム、
イルミナ(株)、(株)エービー・サイエックス、(株)オンチップバイオテクノロジーズ、(株)キアゲン、
コスモ・バイオ(株)、GEヘルスケア・ジャパン(株)、(株)島津製作所、住商ファーマインターナショナル(株)、
(株)DNAチップ研究所、(株)東陽テクニカ、日本電子(株)、日本ベクトンディッキンソン(株)、
日本ミリポア(株)、日本ウォーターズ(株)、バイオ・ラッド ラボラトリーズ(株)、
ブルカー・ダルトニクス(株)、ベックマン・コールター(株)、ライカマイクロシステムズ(株)、
ライフテクノロジーズジャパン(株)、ロシュ・ダイアグノスティックス(株)、和光純薬工業(株)
他主要関連企業簡易個票(386社)

図表目次

図1 研究主体別研究費の内訳推移
表1 研究費、国内総生産の推移
表2 研究主体別研究費の推移
図2 研究費の推移
表3 研究費の推移
表4 性格別研究費(自然科学に使用した研究費)の推移
表5 シェアマップ(2010年度)
図3 2010年度次世代DNAシーケンサーの市場規模(国内販売額)
図4 2010年度次世代DNAシーケンサーの市場規模(国内販売台数)
図5 次世代DNAシーケンサーの市場規模推移(国内販売額)(2006年度~2015年度予測)
図6 2010年度キャピラリー型DNAシーケンサーの市場規模(国内販売額)
図7 2010年度キャピラリー型DNAシーケンサーの市場規模(国内販売台数)
図8 キャピラリー型DNAシーケンサーの市場規模推移(国内販売額)(2006年度~2015年度予測)
表6 DNAシーケンサーの主要製品
図9 2010年度核酸電気泳動装置の市場規模(国内販売額)
図10 核酸電気泳動装置の市場規模推移(国内販売額)(2006年度~2015年度予測)
表7 核酸電気泳動装置の主要製品
図11 2010年度サーマルサイクラーの市場規模(国内販売額)
図12 2010年度サーマルサイクラーの市場規模(国内販売台数)
図13 サーマルサイクラーの市場規模推移(国内販売額)(2006年度~2015年度予測)
表8 サーマルサイクラーの主要製品
図14 2010年度リアルタイムPCR装置の市場規模(国内販売額)
図15 2010年度リアルタイムPCR装置の市場規模(国内販売台数)
図16 リアルタイムPCR装置の市場規模推移(国内販売額)(2006年度~2015年度予測)
表9 リアルタイムPCR装置の主要製品
図17 2010年度汎用DNAチップの市場規模(国内販売額)
図18 汎用DNAチップの市場規模推移(国内販売額)(2006年度~2015年度予測)
表10 汎用DNAチップの主要製品
図19 2010年度DNAチップ解析装置の市場規模(国内販売額)
図20 2010年度DNAチップ解析装置の市場規模(国内販売台数)
図21 DNAチップ解析装置の市場規模推移(国内販売額)(2006年度~2015年度予測)
表11 DNAチップ解析装置の主要製品
図22 2010年度ペプチドシーケンサーの市場規模(国内販売額)
図23 ペプチドシーケンサーの市場規模推移(国内販売額)(2006年度~2015年度予測)
表12 ペプチドシーケンサーの主要製品
図24 2010年度飛行時間型質量分析装置の市場規模(国内販売額)
図25 2010年度飛行時間型質量分析装置の市場規模(国内販売台数)
図26 飛行時間型質量分析装置の市場規模推移(国内販売額)(2006年度~2015年度予測)
表13 飛行時間型質量分析装置の主要製品
図27 2010年度分子間相互作用解析装置の市場規模(国内販売額)
図28 2010年度分子間相互作用解析装置の市場規模(国内販売台数)
図29 分子間相互作用解析装置の市場規模推移(国内販売額)(2006年度~2015年度予測)
表14 分子間相互作用解析装置の主要製品
図30 2010年度蛋白分離クロマトグラフィーの市場規模(国内販売額)
図31 2010年度蛋白分離クロマトグラフィーの市場規模(国内販売台数)
図32 蛋白分離クロマトグラフィーの市場規模推移(国内販売額)(2006年度~2015年度予測)
表15 蛋白分離クロマトグラフィーの主要製品
図33 2010年度セルアナライザーの市場規模(国内販売額)
図34 2010年度セルアナライザーの市場規模(国内販売台数)
図35 セルアナライザーの市場規模推移(国内販売額)(2006年度~2015年度予測)
表16 セルアナライザーの主要製品
図36 2010年度セルソーターの市場規模(国内販売額)
図37 2010年度セルソーターの市場規模(国内販売台数)
図38 セルソーターの市場規模推移(国内販売額)(2006年度~2015年度予測)
表17 セルソーターの主要製品
図39 2010年度イメージングサイトメーターの市場規模(国内販売額)
図40 2010年度イメージングサイトメーターの市場規模(国内販売台数)
図41 イメージングサイトメーターの市場規模推移(国内販売額)(2006年度~2015年度予測)
表18 イメージングサイトメーターの主要製品
図42 2010年度共焦点レーザー顕微鏡の市場規模(国内販売額)
図43 2010年度共焦点レーザー顕微鏡の市場規模(国内販売台数)
図44 共焦点レーザー顕微鏡の市場規模推移(国内販売額)(2006年度~2015年度予測)
表19 共焦点レーザー顕微鏡の主要製品
図45 2010年度ライフサイエンス研究向けAFMの市場規模(国内販売額)
図46 2010年度ライフサイエンス研究向けAFMの市場規模(国内販売台数)
図47 ライフサイエンス研究向けAFMの市場規模推移(国内販売額)
表20 ライフサイエンス研究向けAFMの主要製品
図48 2010年度実験動物用CTの市場規模(国内販売額)
図49 2010年度実験動物用CTの市場規模(国内販売台数)
図50 実験動物用CTの市場規模推移(国内販売額)(2006年度~2015年度予測)
表21 実験動物用CTの主要製品

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

132,000
120,000
12,000
132,000
120,000
12,000
165,000
150,000
15,000
264,000
240,000
24,000
297,000
270,000
27,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。