2013-2014 ビッグデータ市場の実態と展望

「ビッグデータ」はもっとも注目度の高いキーワードの一つとして、IT市場成長のカギを握っています。生み出されるデータの種類や量は拡大し、マーケティング、設備保全、SCM、リスク管理等、様々な分野で導入が期待されます。他方、ユーザ企業の誤った期待感による失敗事例の増加や個人情報保護などの課題もあります。本調査レポートでは、ユーザ調査、ベンダー調査、矢野経済研究所独自の市場分析によって、ビッグデータ市場は今後どのような軌道を辿るのか、短期~中期~長期の成長シナリオと事業規模を明らかにしました。

発刊日
2013/12/16
体裁
A4 / 209頁
資料コード
C55121600
PDFサイズ
4.3MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

162,000
150,000
12,000
162,000
150,000
12,000
194,400
180,000
14,400
324,000
300,000
24,000
356,400
330,000
26,400

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:ビッグデータ市場の概況をまとめるとともに、ビッグデータ市場に対する考え方、将来動向予測を把握することを目的としている。
調査対象:国内の民間企業、団体、公的機関などの法人
調査方法:1.ITベンダーに対する直接面接調査 2.ユーザ企業に対するアンケート調査
調査期間:2013年9月~2013年11月

リサーチ内容

■本資料のポイント

●2020年までのビッグデータ市場成長のシナリオを明確にし、市場規模を算出
●新市場におけるビジネスモデル、成長における課題などを分析
●主要ベンダーの事業戦略、現在の市場実態を詳細調査

■本資料の概要

Ⅰ ビッグデータ市場の成長シナリオ
Ⅱ ビッグデータ市場の実態と展望
Ⅲ 企業のデータ保有状況の分析
Ⅳ 企業のデータ保有状況の分析
Ⅴ 個別企業の戦略

■掲載内容

Ⅰ ビッグデータ市場の成長シナリオ

1.ビッグデータ市場成長のシナリオ
  1.1.ビッグデータの定義
  1.2.成長シナリオ
    図表1 企業が保有するデータ量と業種
    図表2 ビッグデータ市場の推移予測
  1.3.ビッグデータアナリティクス市場の拡大と障壁
    図表3 データ分析の進化と未来像
2.ビッグデータアナリティクス市場の将来予測
  2.1.ビッグデータアナリティクス市場規模の定義
    2.1.1.ビッグデータアナリティクス市場規模の定義
    2.1.2.市場規模推定の考え方
    図表4 データ解析のマトリックス
    図表5 ビッグデータアナリティクス市場の発展イメージ
  2.2.ビッグデータアナリティクス市場規模推移予測
    2.2.1.ビッグデータアナリティクス市場規模推定根拠
    図表6 ビッグデータアナリティクス市場規模(2012年)
    2.2.2.ビッグデータアナリティクス市場規模
    図表7 ビッグデータアナリティクス市場規模(2012~2020年予測)
    図表8 分野別ビッグデータアナリティクス市場規模推移(2012~2020年予測)
    2.2.3.ワイヤレスセンサーネットワークの普及予測について

Ⅱ ビッグデータ市場の実態と展望

3.ビッグデータ市場の実態と展望
  3.1.「ビッグデータ」の意義と市場へのインパクト
    図表9 ビッグデータの特性と市場へのインパクト
    図表10 多様化し拡大するデータの活用場面
  3.2.2013年時点での市場の実態
    図表11 企業が保有する電子データ量
    図表12 ビッグデータ活用で実現したいこと
  3.3.データ駆動型経済(DataDrivenEconomy)へ向かう将来像
    図表13 データ駆動型の価値創造
4.ビッグデータ市場におけるビジネスモデル
  4.1.ビッグデータ市場に生まれるIT関連ビジネスの考察
    図表14 ビジネスモデルの位置付け
  4.2.代表的なビジネスモデル
    4.2.1.関連IT製品の販売
    4.2.2.データの分析、活用支援
    4.2.3.データプロバイダー/データアグリゲーター
    図表15 ユーザ企業によるデータ提供事例
    4.2.4.ビッグデータクラウド
    4.2.5.データサイエンティスト育成支援
    4.2.6.M2M、センサーネットワーク事業への関与
    4.2.7.スマートシティ、社会インフラ事業への関与
5.ビッグデータの活用場面
  5.1.オファリングから推定される代表的な活用事例
    図表16 ビッグデータの活用事例
  5.2.マーケティング分野での活用(ユーザ企業)
    5.2.1.SNS分析
    5.2.2.社内、社外のデータ活用
    図表17 ユーザ企業によるデータ提供事例(再掲)
    5.2.3.マーケティング分野での活用(広告代理店・メディア・Web事業者)
    図表18 DSP、DMPとは
    図表19 DMP、DPSの提供企業例
  5.3.SCM分野、在庫・発注の適正化
  5.4.設備保全
  5.5.リスク管理 ガバナンス
  5.6.大手企業によるオファリングの比較
    図表20 富士通
    図表21 NEC
    図表22 アクセンチュア
    図表23 日立製作所
6.ビッグデータ活用の課題
  6.1.迷えるユーザ企業 目的と効果発揮に悩む
  6.2.データサイエンティスト不足
  6.3.プライバシー保護
    図表24 「世界最先端IT国家創造宣言」のパーソナルデータへの言及
  6.4.センサーネットワークの実効性
7.オープンデータ
  7.1.行政によるオープンデータの取組み
    図表25 オープンデータの具体的な活用イメージ例と評価の観点
  7.2.海外のオープンデータへの取組み動向
8.海外事例
  8.1.M&Aの状況
    図表26 ビッグデータ市場関連の2013年M&A事例一覧
  8.2.データアグリゲーター事業者の動向
    図表27 インターネット広告費の日米比較
  8.3.パーソナルデータに関する動向
    図表28 匿名化情報の利用に関する日本と欧米の制度の比較
    図表29 EU、米国、英国のパーソナルデータの活用と規制の状況
9.関連市場の動向
  9.1.ワイヤレスセンサーネットワーク市場
    9.1.1.ワイヤレスセンサーネットワークの現況
    ※複数のセンサー付無線端末(センサーノード)を散在させ、
    それらが協働して‘自然・環境/物理的状況・状態’などの
    各種情報を感知・収集・解析する無線ネットワークとする。
    図表30 センサーネットワークで求められる技術領域
    図表31 ワイヤレスセンサーネットワーク情報区分とターゲットカテゴリー
    図表32 感知分野及び感知対象一覧
    9.1.2.ワイヤレスセンサーネットワーク環境とその要因
    図表33 センサーネットワークのターゲット分野別のポジション
    9.1.3.ワイヤレスセンサーネットワークに関連するIT技術
    図表34 ビッグデータ活用による変化/用途
    9.1.4.分野別のワイヤレスセンサーネットワーク導入見通し(2015~2020年予測)
  9.2.解析・分析ソリューション市場
    9.2.1.解析・分析ソリューション市場の現況
    図表35 解析関連用語の解説
    9.2.2.BI市場
    9.2.3.統計解析
    9.2.4.数値解析
    9.2.5.IT創薬
    9.2.6.CAE
  9.3.参考 レコメンドエンジン市場
    図表36 レコメンドエンジン市場規模推移(2006-2012予測)

Ⅲ 企業のデータ保有状況の分析

10.データ保有状況とビッグデータに関するアンケート
  10.1.アンケート実施内容
11.企業が保有するデータ量
  11.1.企業が保有するデータ量
    11.1.1.平均値と中央値で大きな違い
    図表37 保有する電子データ量 一覧
    図表38 カテゴリと階級値
    11.1.2.保有データ量(自社内)
    図表39 保有するデータ量(自社内)
    図表40 保有するデータ量(自社内) パレート図
    11.1.3.保有データ量(社外)
    図表41 保有する電子データ量(外部)
    11.1.4.保有データ量(自社内+外部)
    図表42 保有する電子データ量(自社内+外部)
    図表43 保有するデータ量(自社内+社外) パレート図
12.ビッグデータに対する認識と期待
  12.1.ビッグデータの認知度
    図表44 ビッグデータの認知度
    図表45 ビッグデータの認知度(昨年比較)
  12.2.ビッグデータとして活用できそうなデータ
    図表46 ビッグデータ活用ができそうなデータ(MA)
  12.3.ビッグデータ活用で実現したいこと
    図表47 ビッグデータ活用で実現したいこと(MA)

Ⅳ 企業のデータ保有状況の分析

1.プロフィール
  1.1.業種
    1.1.1.売上高規模別業種
    1.1.2.従業員数規模別業種
  1.2.売上高規模
    1.2.1.業種別売上高規模
    1.2.2.従業員数規模別 売上高規模
  1.3.従業員数規模
    1.3.1.業種別従業員数規模
    1.3.2.売上高規模別従業員数規模
  1.4.IT関連要員数規模
    1.4.1.業種別IT関連要員数規模
    1.4.2.売上高規模別IT関連要員数規模
    1.4.3.従業員数規模別IT関連要員数規模
2.保有データ量
  2.1.自社内保有データ量
    2.1.1.業種別 自社内保有データ量
    2.1.2.売上高規模別 自社内保有データ量
    2.1.3.従業員規模別 自社内保有データ量
  2.2.自社内保有データ量(分からない除外)
    2.2.1.業種別 自社内保有データ量(分からない除外)
    2.2.2.売上高規模別 自社内保有データ量(分からない除外)
    2.2.3.従業員規模別 自社内保有データ量(分からない除外)
  2.3.外部保有データ量
    2.3.1.業種別 外部保有データ量
    2.3.2.売上高規模別 外部保有データ量
    2.3.3.従業員規模別 外部保有データ量
  2.4.外部保有データ量(分からない除外)
    2.4.1.業種別 外部保有データ量(分からない除外)
    2.4.2.売上高規模別 外部保有データ量(分からない除外)
    2.4.3.従業員規模別 外部保有データ量(分からない除外)
  2.5.自社内+外部保有データ量
    2.5.1.業種別 自社内+外部保有データ量
    2.5.2.売上高規模別 自社内+外部保有データ量
    2.5.3.従業員規模別 自社内+外部保有データ量
  2.6.ビッグデータの認知度
    2.6.1.業種別 ビッグデータの認知度
    2.6.2.売上高規模別 ビッグデータの認知度
    2.6.3.従業員規模別 ビッグデータの認知度
  2.7.ビッグデータ活用ができそうなデータ(MA)
    2.7.1.業種別 ビッグデータ活用ができそうなデータ
    2.7.2.売上高規模別 ビッグデータ活用ができそうなデータ
    2.7.3.従業員規模別 ビッグデータ活用ができそうなデータ
  2.8.ビッグデータ活用で実現したいこと
    2.8.1.業種別 ビッグデータ活用で実現したいこと
    2.8.2.売上高規模別 ビッグデータ活用で実現したいこと
    2.8.3.従業員規模別 ビッグデータ活用で実現したいこと

Ⅴ 個別企業の戦略

株式会社アイズファクトリー、株式会社ALBERT、アクセンチュア株式会社、
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社、株式会社NTTデータ、日本電気株式会社、
株式会社野村総合研究所、株式会社日立システムズ、株式会社日立製作所、
富士通株式会社、株式会社Preferred Infrastructure、株式会社ホットリンク

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

162,000
150,000
12,000
162,000
150,000
12,000
194,400
180,000
14,400
324,000
300,000
24,000
356,400
330,000
26,400

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。